プロミスの解約方法と契約解除の判断基準|電話・店舗での手続きと解約後の影響

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • プロミスで借りてるお金を完済した!
  • 完済したから解約をしたい!
  • 解約の方法は?解約のメリットは?

テレビCMなどで有名なプロミスはカードローンの大手で、毎日たくさんの新規契約者もいれば、解約する人もいるでしょう。

今回は、プロミスとの契約を解除する方法と、本当に解約すべきかどうかの判断基準について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

プロミスを解約する2つの方法

プロミスで完済をしたら、解約手続きすることを考えるはずです。まずはプロミスを解約する方法を確認しましょう。

プロミスを解約する方法!
【1】プロミスコール(電話)での解約手続き
【2】お客様サービスプラザ(店頭窓口)での解約手続き

新規申し込みや限度額変更などの手続きとは異なり、どちらの解約方法も対人での契約解除手続きが必要になります。ただ完済しただけでは解約とはならず、必ず上記どちらかの手続きが必要になります。

解約の条件は完済していること

プロミスを解約するには「完済」が絶対条件になります。借入残高が1円でも残っているうちは、プロミスとの契約を解除することはできません。

プロミスの残高をキッチリ「0円」にするには、ひと手間が必要です。コンビニATMやプロミスATMでは、小銭(端数)の返済ができないので、先にプロミスに電話をして正確な残高を確認して振込返済をするか、直接プロミスの窓口へ行って現金で完済するかが求められます。

すべての返済が終了すると、利用明細に今回の返済で完済という旨が記載されます。その後に、解約(契約解除)の手続きをするという流れになります。

Q.完済と解約の違いとは

元 銀行員|手塚大輔
枠が残っているか否か

完済とは、返済がすべて終了して、来月以降、返済の必要性がない状態を示します。自動車ローンや住宅ローンなどは完済すると契約書に「完済」と押印された契約書が送られてくるため完済=契約終了となります。しかしカードローンはいくらまで借りることができるという枠を作成するものですので完済しても枠が残っている限りは解約ではありません。
枠がある限りはいつでも借入可能です。
カードローンにおける解約とは、借入枠そのものを閉鎖する手続きを示し、この手続きは返済とは別に行わなければなりません。カードローンは1,000円未満の利用残高について返済義務がないことが多いですが、解約時にはこの端数もすべて振込や窓口で返済し、残高を0にしてから枠を閉鎖する解約手続きをとらなければなりません。

プロミスを解約した方がいいケース

プロミスの借入残高を完済したら、すぐにでも解約をした方が良いのでしょうか。

これは人によりますが、解約した方が良いケースもあれば、契約をそのままにしておいた方が良いケースがあります。まずは、プロミスを解約した方が良いケースを見ていきましょう。

他のローンを組むために信用情報を整理したい場合

解約の手続きをしないでおくと、信用情報機関に「プロミス利用中」という情報が残ったままになります。その状態だと、自動車や住宅など、大型のローンが組みにくくなります。

プロミスの契約解除を行っていないまま住宅ローンの申込を行うと、銀行の担当者から「消費者金融からの借入がある現状では住宅ローンの審査がおりない」と明言される場合があるのです。

近い将来でそうしたローンを組む予定がある場合は、プロミスをきちんと解約しておいた方が良いでしょう。

もう絶対に使わないと決めた場合

最も多い解約理由は、完済後に新たな借入を行わないように自ら借入枠の廃止を申し込むものです。無駄なキャッシングを防ぐ方法として、契約解除を行うということです。

「もう絶対にプロミスは使わない」という確信があるなら、解約するのも良いでしょう。ただし、少しでも再借り入れの可能性があるなら、少し貯金ができてから解約手続きをおこなうというのも手です。

 かずやんさん 31歳会社員

もう絶対にプロミスは使わないと心に決めて、プロミスカードにハサミを入れました。それ以来、何度も何度もギリギリの場面を迎えていますが、カップ麺や自炊で凌ぎ、寝る間も惜しんで夜間の日払いバイトをしてきました。借金生活にはもう絶対に戻りたくない。そのためなら、どんな地獄でも乗り越えてやりますよ。

プロミスを解約しないほうが良いケース

続いてはプロミスを解約しない方が良いケースを見ていきましょう。完済しても、解約手続きを行わないままにしておけば、プロミスとの契約は続きます。

再び借り入れる可能性がある場合

プロミスで契約解除する前には、今後プロミスを利用する可能性はないかを再度考えましょう。 完済した後でも、急にお金が必要になる場面があるかもしれません。

もしも利用する予定があれば、契約解除した後に再度申し込み手続きなどを行うのは非常に手間がかかります。

再契約時の審査に不安がある場合

また、解約後の申し込みは再度審査が必要となりますが、その際の与信状況によっては審査がおりない可能性もあります。

近い将来に年収が下がる見込みの方も、年収によっては新規の申し込みが難しくなる可能性がありますので、解約方法を実行する前に、現在の利用枠の必要性を十分に検討してから解約に踏み切ってください。

それを考えると、少し貯金ができてから解約の手続きをすることをオススメします。ただし、解約の手続きを忘れないように注意が必要です。

 アーミーさん 38歳会社員

プロミスの借金をやっとの思いで完済して数ヶ月、車の事故を起こしてしまって、20万円のお金が必要になりました。完済したばかりでそんなに貯金があるはずもなく、再びプロミスのお世話になる事に・・・。既に解約をしてしまったので、再申し込みという事で再び審査が必要でしたが、無事に通貨できてお金も借りられました。解約は少し余裕ができてからの方が良いですね。

Q.消費者金融解約時の注意点とは

元 銀行員|手塚大輔
再度契約できない可能性も考慮

使っていないカードローンは枠さえ残っていればいつでも借入可能なため、借入残高がなくても他債務があるとみなされます。
このため、住宅ローン借入前などは使っていないカードローンは解約しておいたほうがよいといわれます。
しかし、1度カードローンを解約してしまうと、またカードローンが必要になったときに同じように契約できるとは限りません。
契約時よりも信用状態が悪化している場合や、年収が減少している場合や、転職によって金額年数が短くなっている場合には、今の限度額のカードローンを新たに契約できるとは限りません。
また、一般的に解約してからすぐに新たなカードローンを契約するのは難しくなりますので、本当に解約しても金銭的に大丈夫かということを慎重に判断してから解約しましょう。

まとめ

今回はプロミスの解約について紹介しました。

おさらい

◆完済するには残高をゼロにする必要がある
◆解約方法は電話もしくは窓口での手続き
◆今後の可能性をじっくり考えて解約を検討する

プロミスでは、新規申し込みやその他の手続きについては、「公式ホームページ」で詳細な方法を確認することができます。しかし解約方法については詳細な手続きの記載はなく、プロミスコールもしくは店頭窓口で契約解除の手続きを行えることのみ記載されているのです。

解約方法で不明な点があれば、利用者個人で直接プロミスコールに事前確認することをお勧めします。

Q.消費者金融解約後に再度借り入れが必要になった場合の対処法とは

元 銀行員|手塚大輔
解約情報が反映されてから申込を

消費者金融カードローンを解約したあとに、再度カードローン契約が必要になった場合には、解約してから1,2か月してから再度契約を行うのがよいとされています。
当然ですが、他債務は多いより少ないほうが審査には有利になります。
しかし、解約してからすぐに「解約した」という情報が信用情報に反映されるわけではありません。
通常、カードローンやクレジットカードを解約してから信用情報に反映されるのは1~2か月必要になります。
「解約した」という情報が信用情報に記載されてから再度申込を行ったほうが審査の際には有利になります。
解約情報が信用情報に反映されていない状況では、いくら実際には解約していたとしても審査上他債務があるとみなされることもあるため、解約情報が信用情報に反映されてからのほうがよいでしょう。

プロミスに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る