親からお金を借りる方法や注意点と借りられない人向けの解決策

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 親から借金する際は理由や用途をしっかり説明しよう
  2. 親からの借金でも借用書をきちんと書くべき
  3. 返済の仕方についてしっかり取り決めよう
  4. どうしても親から借りられない人は…
  5. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • 金欠で親からお金を借りたい
  • どんな風に伝えればいいの?
  • なんとかしてお金を用意したい

会社の飲み会や医療費がかさんで、家賃や携帯電話料金を支払えない…そんなときに頭をよぎるのが、親からお金を借りる方法です。

しかし、自分の親とは言え、お金の貸し借りをするのは気が引けてしまいます。

親からお金を借りるときにどのような説明をすればいいのか、この記事で確認していってください。

親から借金する際は理由や用途をしっかり説明しよう

親から借金する際は、お金を借りたい理由を正直に説明しましょう。

親も心苦しいながらも、子供からの頼みなので無下にはできないものです。その際に、親だからと借金の理由をうやむやにできると期待してはいけません。

必ず下記のようなポイントを明確に説明しましょう。そうすることで、多少は親を安心させることができるはずです。

親に説明する際のポイント
・なぜお金を借りるのか
・何に使う必要があるのか
・いくら必要なのか
・いつ返せるのか

正直に話さない方が良い理由もある

親からお金を借りる理由として、正直に話さないほうが良い場合もあります。

例えば、ギャンブルで作ってしまった借金や、キャバクラやホスト通い、買い物のし過ぎなどです。

こういった理由を親に話してしまうと、よっぽど優しい親でなければ貸してくれる可能性が低いと言えるでしょう。

万が一、親からお金を借りる状況に陥った理由が上記のようなものだった場合は、正当な理由を伝えてあげてください。

不当な理由は、親からの信頼を失ってしまいます

親からの借金でも借用書をきちんと書くべき

上記の説明をした上で、親からお金を借りる了解が得られたとします。その場合は、「借用書」を作成しましょう。

親子という密度の濃い関係だからこそ、借金をしたことにより今後の関係を悪化させないためにも「借用書の作成」は大切です。

また、親から無利息でまとまったお金を借りた際、税務署から贈与とみなされ、贈与税の支払いを求められる場合もあります。

そうした場合の対策としても、借用書を作成し金利を記載しておくことは大切です。金利の設定は、親子で相談して決めましょう。

借用書に書かくべき内容を確認

借用書を作成する際は、下記のような情報を記載しましょう。これらは手書きでもかまいません。

借用書に記載すべき情報
・誰が
・誰から
・いつ
・いくら借りたのか
・毎月いくら返済するのか
・利息はいくらなのか

また、必ず本人の署名・捺印を忘れないようにしましょう。

Q.個人作成した借用書にも法的な力があるの?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

個人作成のでも法的効果があります

個人間の借入を行った際に借用書を作成した場合でも、法的な効果はあります。このため、返済が行われない場合には、裁判所に訴えれば借用書は大きな証拠となるのです。

なお、借用書を公正証書によって作成しておくことで、裁判なしで差し押さえができるなどの効果がありますので、借用書はできる限り公正証書で作成するようにしておきましょう。

返済の仕方についてしっかり取り決めよう

最後に、親からお金を借りた場合の返済方法について考えていきます。

親を安心させるため、関係を悪化させないためにも、返済期間・返済額・返済方法をはっきり決めておきましょう

毎月決まった日にちに決まった金額を銀行口座に振り込んだり、月末に親に実際に決まった金額を手渡したり、どのようにお金を返していくか決めてください。

返済に遅れてはいけない

どのような返済方法にしても、返済が遅れないように気を付けてください。万が一遅れてしまう場合は、親であっても必ず連絡を入れるのが道理です。

お金を借りる際は、親にも人生設計があることを決して忘れてはいけません。親から借りたお金は、誠意を持ってきっちり返済していきましょう

どうしても親から借りられない人は…

『親に借りるなんてとても言えない…』
『でも支払いがあるからお金は必要…』

お金に関して厳しい親もいるので、そういった人は別の方法を検討しなければいけません。

お金を借りるなら親や友人が最善ですが、それが難しいと感じているのであれば、カードローンを利用してみてはいかがでしょうか?

銀行や消費者金融からお金を借りることに抵抗がある人は多いものですが、仕組みを把握することで不安は確実に解消できます。

こっそり借りられるカードローンが人気

カードローンの中でも、親からお金を借りられなかった人に人気なのが、内緒でこっそり利用できる消費者金融の商品です。

申し込みから契約するまでの手続きがネット上で進められるので、周囲の人にバレにくくなっています。

必要書類もネット上から提出可能

通常の申し込み方法と違い、書類提出までもがインターネット上からおこなえるので、郵送物でバレてしまう可能性もほとんどありません。

ネット上から書類を提出するには、手持ちのスマホで運転免許証を撮影し、その画像をアップロードするだけの簡単ステップです。

運転免許証がない人は、下記のいずれかを用意しておけばスムーズに手続きが進められるでしょう。

本人確認書類
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード

大手消費者金融なら早ければ今日中に借入れが可能

緊急でお金が必要な人は、大手消費者金融のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか?

大手消費者金融のカードローンは、審査が最短30分で完了し、早ければ今日中に借入れが可能です。

ちなみに、今日中に借入れ可能なカードローンは以下の通りです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

親からお金を借りることに心苦しさを感じない人はいないでしょう。

万が一親からお金を借りる状況に陥った場合、必ず今までのお金の使い方を反省すると同時に対応してください。

親からお金を借りる時に感じた心苦しさを、今後の自分への戒めのためにも忘れないようにしましょう。

お金借りるに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る