旅行先で利用できるクレジットやローンを紹介|学生にオススメの3つの方法を紹介

Murakami

この記事のアドバイザ

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

『どうしよう…旅行の費用がない…』

学生でそんな悩みを抱えた人は多いのではないでしょうか?

学生は友人や恋人と旅行にいく機会が多くあります。ですが、そんな時急に旅行費用というようなまとまった費用を用意するのは、難しいですよね?

そんな場合に、旅行費用を捻出する方法はあるのでしょうか?

学生の旅行はどのくらいお金がかかる?

学生の場合、旅行に行こうと思っても、なかなかまとまったお金をつくるのは難しいですよね?

特に学生にとっては、アルバイトをしていても、普段の付き合いや生活費で結構出費が激しく、旅行のお金を捻出するのは一苦労です。

ですが、学生の場合、友人や恋人から旅行の誘いがきたら、なんとか費用をやりくりして、旅行にいきたいものです。

国内旅行なのか、海外旅行なのかでも、旅行にかかる金額の違いは存在すると思いますが、学生は旅行の為に、どのくらいのお金が必要なのでしょうか?

国内旅行:1万円~5万円

国内旅行に行く場合、旅行費用としてかかる金額としては、1万円~5万円が平均的なようです。学生の旅行目的としては以下の通りになります。

国内旅行費

自然・景観観光
温泉
食べ歩き・グルメ
テーマパーク・アミューズメントパーク

などが挙げられます。もちろん旅行費用に幅があるのは、近場に行く場合と遠方に行く場合で、それぞれ費用が異なる為と言えるでしょう。

特に学生の場合は、社会人になったらいけない旅行を計画することもあるので、今を楽しむ若者だからこそ、贅沢にお金を使いたい場合が多いようです。

海外旅行:アジア10万円、欧米20万円

学生の場合、卒業旅行で海外旅行に行く事も多いようです。

行先としては、アジアからオーストラリア、アメリカ、ヨーロッパなど多岐に渡ります。

基本的には海外旅行の費用としては、アジアなら10万円程度、欧米なら20万円程度の金額が必要になります。

基本的には旅行会社のツアーを利用して、旅行に出かける人が大多数のようですが、海外旅行に行くとなると、結構な金額を用意する必要がありそうですね。

では、お金がない学生の場合は、どのようにして旅行費用を準備すればよいのでしょうか?

【1】クレジットカードで分割払い

学生の旅行費用の捻出方法として、もっとも一般的なのはクレジットカードの分割支払いです。旅行会社や交通費は、ほとんどこのパターンで凌ぐことが出来ます。

クレジットカードは、支払いの際に、お金ではなくカードの提示のみで支払いを済ませられる大変便利な決済方法です。

特に分割払いは2回から36回程度まで、分割する事が可能です。2回に分割した時は、金利手数料もかからず支払を済ませられます。翌月以降の収入を考えて、自分にあった分割回数を選びましょう。

ただし、インターネットで予約する場合は、クレジットカードの分割払いができない可能性があるので、可能であれば旅行会社の店舗で予約する事をオススメします。

メリット:国内旅行・海外旅行どちらでも使用可能

クレジットカードを旅行先で使用する場合、国内旅行でも海外旅行のどちらでも使用可能となります。

また海外旅行の金額としてクレジットカードを使う場合、現金だと外貨両替をして海外のお金に換える必要がありますが、クレジットカードは海外で利用したものは日本円に自動換算して、請求がなされるので、わざわざ慣れない海外のお金を計算する必要もありません。

もちろん、分割払いが可能な店舗もあります。

メリット:現金を持ち歩かないので盗難のリスク回避に

海外旅行に行く場合、気を付けたいのは盗難被害でしょう。現金を持ち歩いていると、被害にあう可能性もゼロではありません。そのクレジットカードならカード1枚持ち歩くだけで良いので、現金を奪われるというようなケースが少なくなります。

ぜひ学生が旅行に行く場合は、クレジットカードの分割の支払い回数を調整して、自分でより支払いやすいプランを選んで、国内・海外旅行を満喫しましょう。

【2】トラベルローンを使用する

学生が旅行に行く際に、最近では、カードローン会社(消費者金融や銀行)や旅行会社によって、旅行プランにのみ特化して使用が出来る「トラベルローン」を設定しているところもあります。

トラベルローンは分割払いを基本にしていて、旅行費用が足りない学生向けに作られた金融商品になります。もちろん、分割払いの他にも、ボーナス併用払いやボーナス一括払いなど、社会人として働いてから返済できる支払い方法もあります。

旅行費用が足りない学生にとっては、大変有効な商品と言えるでしょう。

メリット:学生優遇金利

トラベルローンの場合は、通常金利と学生優遇金利の2種類が用意されている場合が多いです。

学生がトラベルローンを利用する際は、一般の人と比較すると、低金利で旅行費を借入できるのですね。
具体的な金利を見てみると以下の通りになります。

学生優遇金利

HISトラベルローンの金利:8.98~9.35%
JTBローンの金利    :11.9%
楽天銀行の金利     :11.5%

上記のように、かなりの低金利になります。

もちろん、トラベルローンなので、利用目的は旅行費のみになりますが、低金利で借入て、旅行に行けるのであれば、利用するほかないといえるでしょう。

メリット:利用者特典

カードローン会社や旅行会社が展開しているトラベルローンのプランは、旅行の支払いを分割にするとても便利なシステムです。

利用する旅行会社と提携しているカードローンの使用するで利用できる場合も多いのです。

トラベルローンを使用した人だけが申し込めるツアーや旅行パックも大変多いと言えます。具体的には、オプションプランがサービス価格になったり、ローン使用者だけが楽しめるアメニティなどのパターンもあります。

学生にとって、トラベルローンで旅行費を分割すれば、お金の心配をしなくても良いですし、更に特典盛りだくさんだとすれば、トラベルローンを軸に、国内なのか、海外なのか決めてみても良いかもしれませんね。

【3】カードローンを利用する

最後に紹介する旅行費捻出方法は、カードローンの利用です。

カードローンは特に保証人や目的を必要とせず、現金の借入ができます。
前述したトラベルローンでは、旅行費と目的があって初めて借入が可能になります。

クレジットカードに関しても、モノを購入することはできますが、手元には現金ではなく、品物のみ購入する事となります。

ですが、カードローンでは、借入したお金を何に使っても良いですし、現金が手に入るので、使用先も自由です。

カードローンなら、旅行費のみならず、国内旅行であれば、食費やお土産を購入する事ができますし、海外旅行でも外貨両替をおこなえば、同様に様々な目的で使用できます。

カードローンは旅行費の捻出に大変役立つと言えるでしょう。

メリット:月々の返済がとにかく安い

カードローンの返済額は、月々最低1,000円からという商品も珍しくありません。
月々の支払い負担が大きくなりすぎることはないので、借りすぎにさえ注意すれば問題なく利用できるでしょう。

メリット:どの店舗でも利用できる

カードローンの最大の魅力は、前述でも少し触れましたが、用途の自由さにあります。

カードローンはほとんどの場合その用途に制限を設けておらず(場合によって制限がある)、基本的に引き出したお金は何に使おうと問題ありません。

クレジットカードは、利用可能店舗が限られますが、カードローンなら現金を借入できるので、どの店でも利用できます。

 ※ここに注意※ 
カードローンの使い過ぎには注意してください
カードローンで利用したお金は、利息を上乗せして返済しなくてはいけません。
使いすぎると生活が更に圧迫されてしまうので、あくまでも一時的な緊急対応としてご利用ください。

旅行の足りない費用は学生でも捻出できる

学生の場合、友人や恋人と旅行に行く機会は多いですよね?しかし、急な計画ともなるとなかなか費用を用意するのは難しいはずです。

旅行の費用を捻出するのに、クレジットカードやローンは賢い旅行方法の1つです。まとまったお金がなくても、クレジットカードやローンという方法をチョイスすることで、より便利で気軽に旅行を楽しむことが出来るようになるでしょう。

予算をはじめとして様々な可能性を考えて、自分に適したタイプの旅行費用の捻出方法を選択するようにしてください。

▼下記で最短1時間で借りられる金融機関や、初心者の方でも安心して利用できるカードローンを紹介しています。本当にお金がなくて困っている場合は、一度目を通してみてはいかがでしょうか?


【副業】今もっとも注目されているお小遣い稼ぎ

足りない旅行費用を短時間で稼ぎたい!

今、空き時間にスマホ1つでできる「副業」が注目されています。ネットの普及に伴い、自宅や移動中の車内でも、誰でも手軽に副収入を稼げる時代になりました。

中でもおすすめなのが「FX投資」です。主婦・サラリーマン・学生など、世代を問わずに誰でもできて、スキマ時間にコツコツと利益を積み重ねることが可能です。

ポイントはまず「1000円を1100円にする」といったコツコツ投資です。最初から何倍もの利益を狙うと、それは投資でなくギャンブルになってしまいます。以下で初心者が5,000円で始められるFXを紹介していますので、検討してみてはいかがでしょうか。

大学生に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る