貯金ゼロの状態から結婚資金を効率的に貯めるための方法|憧れの結婚式・新生活に向けて

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

愛はあるけど貯金ゼロでお金はない。そんなカップルも、結婚するとなると貯金が必要になります。

婚約指輪の購入費をはじめ、結婚式費用や新婚旅行代など、結婚前にはまとまったお金が必要になるもの。貯金ゼロの状態から結婚資金を貯める方法を学んでいきましょう。

結婚するために必要なお金

まずは結婚するためにどのくらいのお金が必要なのかをみていきましょう。

貯金ゼロの状態から、どのくらいの金額を貯めれば良いか、具体的な金額を知ることは、大変重要です。

一体結婚するには、いくら必要になるのでしょうか?

結婚に必要な貯金は300万円以上

結婚にかかる平均的な費用は、440万円前後とされています。ご祝儀でいくらか補填できると考えても、結婚には300万円程度の資金が必要だといえそうです。

基本的には300万あれば、不自由なく、素敵な挙式をあげられると言えます。

しかし、世間のカップルたちは本当に300万円もの結婚資金を用意できているのでしょうか。

実は意外に低い…カップルの貯金額

実際には、結婚前のカップルがみんな300万円も貯めているわけではありません。結婚直前のカップルの貯金額は、平均200万円前後。一人あたりでは100万円前後です。

この程度の貯金額でも、親からの資金援助や披露宴のプランの工夫などにより、立派に結婚にたどり着くことができます。一人100万円程度の貯金なら、貯金ゼロの状態からでも達成しやすいのではないでしょうか。

結婚資金の貯金は計画的に行おう

結婚のための貯金は、計画的に行う必要があります。まず、貯金開始から結婚を実現するまでの期間を設定しましょう。結婚のために貯金を続ける期間は、1年程度が理想です。あまり貯金期間を長く設定すると、途中でテンションが下がってしまいます。

「貯金期間がなかなか決まらない」という人は、毎月貯められる金額から貯金期間を算出してください。貯金ゼロの状態から、一人あたり100万円程度を貯金できるまでの期間を算出するのです。

式を挙げる日程を決めて目標にするのも1つ

貯金期間が決まったら、式を挙げる会場を予約してしまいましょう。貯金ゼロの状態で会場を予約するのは、ちょっと無謀に感じるかもしれませんね。しかし、目標へと自分たちを追い込むためにも、会場は早い段階で予約することをおすすめします。

会場選びは、親御さんを交えて行うとよいでしょう。話が盛り上がる中で、思わぬ多額の資金援助を提案してもらえるかもしれませんよ。

貯金ゼロから効率よくお金を用意するには?

貯金の計画を立て、会場を決めたら、いよいよ結婚へ向けた貯金生活のスタートです。貯金ゼロの状態から目標を達成するには、効率よく貯金を行う必要があります。

貯金になれていないカップルが効率よくお金を貯めるために、以下の方法を試してみてください。

結婚資金の貯金ゼロを解決する方法:専用通帳

結婚資金用の通帳を作っておくと、貯金の効率が上がります。

通帳はカップルで共有し、毎月一定額を貯金するようにしましょう。一定額の貯金に自信のない人は、定額貯金を利用してみてください。

結婚資金の貯金ゼロを解決する方法:自炊

自炊を徹底すると、節約につながり毎月の貯金額を増やせます。料理の勉強にもなるので、男女ともに自炊にチャレンジしてみましょう。

自炊は結婚後の生活を、イメージできるので本当にオススメです。幸せな新婚生活を夢見て、二人で頑張ってみてください。

結婚資金の貯金ゼロを解決する方法:同棲

同棲は、貯金の効率を飛躍的に高める手段となります。

同棲で家賃などの生活費を削れば、毎月の貯金額も大幅に増えるでしょう。貯金ゼロから一気に結婚資金を貯めたいカップルに、同棲はおすすめです。

貯金に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る