アコム借入の流れと2通りのキャッシング方法|借入上限・増額・提携ATMについて

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

「はじめてのアコム」と、テレビCMでもおなじみのアコムですが、実際に借入するときはどのような手続きが必要になるのでしょうか。
申し込みから利用まで、詳しく解説していきます。

アコムで借入する流れ

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

大手消費者金融の代表格、アコム。利用のハードルが高いように感じるかもしれませんが、実のところ借入までの流れはとてもシンプルです。

まずは、その借入の流れを確認してみましょう。

  1. 申し込み
  2. 書類提出
  3. 電話連絡
  4. 結果通知
  5. 契約手続き

上記の流れが完了すれば、その時点でアコムからの借入ができるようになります。
以下のボタンからもアコムへの申し込みができます。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコムの借入方法は振込キャッシングとATMキャッシング

アコムとは、限度額の範囲内で現金を借入できるサービスです。具体的な借入方法は振込キャッシングATMキャッシングに分かれていて、都合に合わせて使い分けることができます。

具体的にはどのように借入し、またどのように使い分ければいいのでしょうか?

借入方法1:振込キャッシング

振込キャッシングは、全国どこにいてもスマホ1台で利用できる借入方法です。

会員ページにログインして希望額を入力すれば、指定口座に直接必要な金額を入金してもらえます。

ただし、当日中に入金してもらえるのは平日14時まで(銀行営業時間内)だけなので注意してください。

向いている人

先月クレジットカードを使いすぎた
家賃や光熱費の支払い日前でお金が無い

借入方法2:ATMキャッシング

ATMキャッシングは、ローンカードを使ったアコムの最も代表的な借入方法です。
ATMの稼働時間内であればいつでも利用できるので、非常に手軽な借入方法と言えるでしょう。

実際の借入手順はシンプルそのもので、キャッシュカードで預貯金を引き出すのと同じ要領でキャッシングができます。

向いている人

飲み会や合コンがあるのに現金が無い
デートの約束があるのにお金が無い

コンビニで借入すべき3つの理由

では、実際のところどうやって借入するのが"もっとも効率的"と言えるのか?マネットがおすすめするのは、コンビニATMでの借入です。

なぜコンビニATMを利用するのが効率的なのか?理由は、3つあります。

理由1:どのコンビニATMでも利用できる

アコムカードは、どのコンビニATMでも利用できる万能性があります。
代表的なコンビニのATMでは、ほぼ借入できるので、旅先で突然お金が必要になったときでも頼りになるのです。

アコムが利用できるコンビニATM

セブン銀行ATM
セブンイレブン

コンビニATM E-net
ファミリーマート
ミニストップ

ローソンATM
ローソン
ナチュラルローソン

理由2:店舗数が多いのですぐ借入できる

コンビニATMは、とにかく店舗数が多いことが大きな利点のひとつです。メガバンクのATMが駅周辺にしかないような地方であっても、コンビニATMなら各区にいくつも存在しています。

例えば、スマホの地図アプリで「セブン銀行ATM」の設置店舗を検索するだけで、最短ルートで借入ができるでしょう。

セブン銀行ATM(新宿)

理由3:コンビニが開いていれば24時間いつでも借入できる

マネットがコンビニATMの利用をおすすめする最大の理由は、24時間営業のコンビニがあれば時間を選ばずに借入できるからです。

自宅の近くにATMを設定しているコンビニがあれば、基本的にいつでもアコムを利用できるでしょう。

必要な時に、必要なだけ借入できる。これが、アコムのなにより大きなメリットと言えます。
しかし、アコムで借入できるのは、あくまでも利用可能限度額の範囲内だけです。

上限まで借入しまったら

アコムは、最初に借入した金額分を完済していなくても、限度額の上限までは自由に現金化できます。

そのため、借入癖がついてしまうと気づいたら上限まで利用してしまっていたという事態になりかねません。

返済がすすめば再び借入できるようになる

利用可能限度額というのは、返済が進めばその分再び借入ができるようになっています。
要するに、上限まで借入していても、元金1万円分を返済すればその分また引き出すことができるわけです。

しかし、上限まで借入してしまったが、どうしても追加でお金が必要になったという場合は、増額という手段もあります。

増額は安易に申し込んではいけない

増額とは、利用可能限度額の上限を増やす手続きです。
利用者であればいつでも会員ページから申し込むことができ、増額に成功すればその分だけ追加借入ができるようになります。

しかし、限度額の上限を増やすには増額審査を受けなくてはいけません。
この審査が厄介で、簡単には通過できないため、増額は安易に申し込むと後悔します。

借入実績をチェックするのでハードルが上がっている

一度アコムの入会審査を通過した人にとっては、「増額審査も大したことはない」と思うことでしょう。

しかし、甘く見ているとあっけなく審査落ちしてしまいます。と言うのも、増額審査ではアコムの借入実績が重視されているからです。

基本的に、以下の要素を全て満たせない限りは、増額は成功しないと考えてください。

※増額に成功する条件※

累計10万円以上の借入をしている
初回借入から半年以上経っている
1度も返済に遅れたことが無い
収入証明書を提出している

この条件に加えて、アコムから増額案内の電話が来ていなければ、基本的に審査通過は難しいと考えましょう。

Q.増額審査のポイントは?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

利用実績が良好であることです。

増額とは、現在よりも多くの限度額を借りることができるようにすることです。
言い方を変えれば、1社に今よりも多くのリスクを負ってもらうことになります。
契約時よりも増額後の方がローン会社にとってリスクが大きくなるため、利用状況や属性が向上していないと審査通過は難しいかもしれません。
具体的には半年以上の利用実績があり返済に遅れがないこと、また年収が上がっていた方が有利になります。

借入できない、そんなときは

「お金が必要なのに上限まで借入してしまった」
「返済に遅れてしまい利用停止になっている」
「限度額の残高以上にお金が必要だ…」

せっかく手元にアコムカードがあるのに、借入できない。借入できるけど、限度額が足りない。
そういったときは、まず借入できない原因に応じた対処を実践すべきでしょう。

原因に応じた対処法

アコムカードがあるにも関わらず、借入できない。その原因は、主に磁器不良返済の遅れ上限までの借入という3つに絞られます。

それぞれ、対処法は以下の通りです。

磁器不良の対処法

単純にアコムカードが磁器不良で借入できない場合、取るべき対処法はカードの再発行手続きを行うことです。
フリーコールに電話して担当者に事情を説明すれば、速やかに新しいカードを郵送してくれます。


返済遅れの対処法

返済が遅れてアコムカードが利用停止になっているなら、支払いを済ませるしかありません。
滞納が長引くと信用情報にも悪影響があるので、早めの対処を心がけましょう。


上限まで借入たときの対処法

限度額が残っていないなら、増額という対処も手段のひとつです。しかし、増額審査に通過する材料がそろっていなければ、むやみに申し込むべきではありません。

上記の対処を行えば、基本的にアコムカードは復活することでしょう。

ただし今日中には解決しない可能性が高い

注意しなくてはいけないのは、いずれの対処法も解決するまでには数日以上の時間が必要ということです。

要するに、今日中には決して解決できません。
今日・明日中に借入できないと困るという方は、新しいカードローンを作って一時的に利用するという手段もあります。

緊急時に増額以外で対処する方法

新しいカードローンを作れば、少なくともアコムで増額をするよりまとまったお金を用意できる可能性が高いでしょう。

更に、アコムの利用実績がある分、次の審査はもっとスピーディーに通過できるでしょう。
では、どのカードローンを選ぶのが適切か?おすすめは、以下の2社です。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

アコムで借入をするには、シンプルな手続きを行うだけで十分です。契約手続きが完了したら、その時点でキャッシングができるようになるでしょう。

これから申し込みを行うという方は、スマートフォンからアコムの公式サイトにアクセスしてください。

申し込み手続きそのものも5分程度で終わるので、大した手間には感じないでしょう。もしも使い続けるうちに借入できない状況に陥ったら、慌てずに紹介した対処法を実践してください。

アコムに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る