プロミスの自動契約機の使い方とカード発行までの流れ

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

自動契約機とは申込み手続き/カード発行を行える

自動契約機とは、スタッフと対面することなくプロミスへの申し込み手続きやカード発行ができる場所になります。

昨今ですと、カードを発行しないスマホで借入できる、「カードレス」のサービスも用意されていますが、まだまだカード発行の割合が多いです。

郵便でカードを受け取ることもできますが、本日中にお金を借りたいなどのニーズを応えるためにも、申し込んだ当日中に自動契約機でカードを用意できる画期的なサービスなのです。

必要書類は身分証明書

自動契約機を利用するにあたっては、必ず身分証明書の持参が必須です。
どのような手続きを行うにせよ、書類による本人確認が必ず行われるからです。

特に適しているのは、現住所と顔写真が記載されている運転免許証です。普段から財布等に常備している方は、そのまま来店しても問題ないでしょう。

Q.身分証明書が必要となる理由とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

他人が偽装してお金を借りないため

銀行口座を作る時や、カードローンなどの借入をする時には必ず本人確認が必要になります。
これは、本人確認法という法律に基づいて行われていることですが、法律で決められているからという以上に、ローンの場合には本人確認が必要になります。
もしも、誰かが本人になりすましてお金を借りてしまった場合、なりすまされた人は返済を行う可能性はありませんし、仮に裁判になったとしても回収する可能性はありません。
お金を借りた人の身元を貸した側が知らなければ督促を行うこともできません。
つまり、お金を貸した側が回収ができないということがないように、お金を貸す人間の身元を事前にチェックするために本人確認を行っているのです。

自動契約機の営業時間は9:00~21:00※

プロミスの自動契約機は、一部の店舗を除き営業時間が9:00~21:00※となっています。

一般的な会社の終業時間以降でも営業しているので、仕事終わりに来店してお金を借りるという使い方もできます。

ただし、手続きそのものには30分から1時間程度かかるので、20時までには来店しておくといいでしょう。

※契約機により営業時間が異なります。

注意:年末年始は営業時間が異なる

1点注意すべきは、年末年始は営業時間が異なる点です。

年末年始の営業時間
12/30 通常営業
12/31 20:00まで営業
1/1 休業
1/2 通常営業
・参考:プロミス『年末年始休業のお知らせ』

このように、元旦は終日営業していないので注意してください。

自動契約機でプロミスカードを受け取るまでの流れ

さて、実際に自動契約機でプロミスカードを受け取るまでには、どういった流れで手続きすればいいのか?
前情報なく来店しても、自動契約機の画面に表示される案内に従えば、手続きそのものは行えるでしょう。

しかし、何をすべきかを知らずに来店すると、思いがけず長時間拘束されて1日の予定が狂いかねません。
ここでは、効率的にプロミスを利用できる「賢い手続きの流れ」を紹介します。

流れ1:スマートフォンで公式サイトから申し込み

ここがポイントですが、まずは手元のスマートフォンでプロミス公式サイトにアクセスしてください。

公式サイトからはネット申し込みができるので、フォーム入力・送信を済ませましょう。

申し込みが完了したら審査が開始されるので、待ち時間を利用してプロミス自動契約機まで向かうと効率的です。

Q.ネット申し込みする場合としない場合で店舗での滞在時間はどの程度違ってくるのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

審査時間の30分を節約できる

店頭で申し込みをした場合には、申し込みから審査結果が出るまでには30分程度の時間がかかります。
この時間は無人契約機の中や近くで待機して、審査結果を待っている必要があります。
ネット申込をしても審査には30分程度の時間が必要になります。
この30分の間に無人契約機に移動してしまえば、移動中や、無人契約機に着いたくらいのタイミングで審査結果が出ることになります。
審査結果が出た後であれば、すぐに無人契約機で契約手続きとカードの発行手続きを行うことができるため、待ち時間がありません。
効率的に時間を使いたいのであれば、事前にネット申込をして、審査にかかる時間を利用して移動するということが賢い方法でしょう。

流れ2:身分証明書を持参して自動契約機へ

プロミスの自動契約機

近くに自動契約機があるなら、そこに向かってください。人目が気になる方は、少し離れた店舗を選ぶ手もあるでしょう。

どの店舗に行くとしても、身分証明書の持参は忘れないでください。身分証明書がないと手続きが進められないので、自宅まで取りに戻らなくてはなりません。

流れ3:自動契約機の画面上で本人情報入力

自動契約機の画面1

初期状態で、自動契約機の画面上には三井住友銀行とプロミスの表示があります。
今回はプロミスに関する手続きなので、右側のボタンを押しましょう。

自動契約機の画面2

プロミスの手続きに入ると、申し込みが完了しているかどうかを問われます。

すでにネット申し込みを済ませている場合、選択するのは右側のボタンです。

次の画面では、申込時に申請した本人情報を入力します。

自動契約機の画面3

自動契約機の画面4

名前と生年月日を入力すると、本人情報と照会するために、5分ほど待機となります。

流れ3:電話でオペレーターと通話したうえで本人確認

自動契約機の電話

画面が切り替わると、自動契約機に備え付けられている電話を取るように指示されます。

電話をとるとオペレーターから連絡があり、改めて本人確認がなされます。

自動契約機のカメラ

オペレーターと通話中に、自動契約機の画面上部についているカメラで直接顔を確認されます。

プロミスは、カメラで確認した顔と身分証明書の顔写真を照らし合わせるので、眼鏡等でイメージが大きく変わっている人は注意しましょう。

自動契約機のスキャナー

顔の確認が完了すると、改めて身分証明書の提示を求められます。

自動契約機の画面下に空洞があるので、そこに持参した身分証明書を置いてください。画面の読み込みボタンを押すと、自動的に読み込みが開始されます。

流れ4:暗証番号を設定してカード発行

自動契約機の画面5

本人確認等が終了したら、プロミスカードの暗証番号を設定します。
この番号は自由に設定できますが、不正利用を防ぐためにも安直な番号は避けましょう。

暗証番号が設定できたら、5分ほど待機した後に、プロミスカードが発行されます。

Q.発行したカードはどのタイミングで利用できるようになるのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

ATMでの借入と返済に利用可能

カードローンで発行されるカードはATMから借入と返済をするために利用できます。
カードローンはカードがなくても振込によって借入も返済も行うことができます。
しかし、この場合には銀行が空いている平日の9時〜15時の間しか借入と返済ができないことになります。
夜飲んでいる時や、休日など、急にお金が足りなくなる状況はいくらでも想定できます。
このような場合でも、ローンカードを作っておくことでコンビニATMから深夜でも土日祝日でも借入と返済をすることができ、日本国内であればどこでも現金を引き出すことができます。
このため、カードを作っておいた方がカードローンの利便性は圧倒的に高まることになります。

自動契約機のカード発行口

以上が、自動契約機でプロミスカードを発行するまでの流れです。

ポイントは、あらかじめネット上で申し込みを済ませておくこと
全ての手続きを自動契約機で行うと、1時間以上余計に時間をとられてしまうので、まずは申し込みを済ませておいてください。

プロミスカードを紛失したら、自動契約機で再発行

万が一プロミスカードを紛失した場合も、自動契約機で再発行ができます。
同時に紛失したカードの利用停止手続きも行ってくれるので、紛失した際近くに自動契約機があるなら、真っ先に向かいましょう。

なお、再発行にあたっても身分証明書の持参は必須なので、注意してください。

プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
・スマホでお借入れ可能
・20代・30代の方から人気
公式サイト
《約5分で申し込み可能》
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめの特集ページ

無人契約機に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る