即日融資できる22社を一挙公開!ただし審査が甘い会社は闇金なので注意

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

この記事の目次

  1. 即日融資してくれる金融機関は限られている
  2. 甘い審査を行う金融機関はありません
  3. 審査落ちに繋がる原因をセルフチェック
  4. それでも審査が不安なら金利を基準に選ぶのもアリ
  5. 審査が不安な人には中小消費者金融がおすすめ
  6. 即日融資可能な消費者金融に関するQ&A
  7. まとめ

即日融資してくれる金融機関は限られている

結論から申し上げますと、申し込んだその日に借入することが出来るのは、一部の金融機関に限られています。

即日融資してもらうための重要なポイントは、当日中に審査を通過できるかどうか。

上記の点をしっかり踏まえておけば、即日融資してもらえない金融機関を選んでしまうようなケアレスミスを防げるでしょう。

銀行では即日融資してもらえない

お近くの銀行から借入しようと考える方もいるかと思いますが、残念ながら即日融資には対応していません。

これは2018年に行われた個人融資に関するルール改定が影響しており、すべての銀行は審査中に警察庁のデータベースと照合しなければいけなくなりました。

照合手続きには最短でも1営業日かかるので、実質的に即日融資は不可能となったのです。

審査の早い大手消費者金融がおすすめ

では、どのような金融機関から借入すればいいのか?それは審査の早い消費者金融です。

特に、テレビCMでもおなじみの大手消費者金融は、カードローンの審査を最短30分で行ってくれます。

即日融資を希望している方は、まず大手の消費者金融を検討してみましょう。

審査が最短30分のプロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、審査スピードに定評のある大手消費者金融のひとつです。

土地などを担保に入れたり、保証人を立てたりする必要はなく、50万円以下の借入であれば、原則として本人確認書類があれば問題ありません。

  1. 手持ちのスマホから申し込み
  2. 必要書類をアップロード
  3. 最短30分のスピード審査
  4. ネット上で契約手続き
  5. 自動契約機でカード発行
  6. お近くのATMでキャッシング

とはいえ、いつでも即日融資してもらえる訳ではないので、各種手続きにかかる時間を考慮し、遅くとも20時までには申し込むようにしてください。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

1秒診断が利用できるアイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

大手消費者金融のアイフルは、借入できる可能性があるのか簡易診断してくれるサービスが特徴的です。

手持ちのスマートフォンから、以下の4項目を入力すれば1秒で結果が出ます。

・年齢
・雇用形態
・年収
・他社借入金額

正式な審査ではないものの、申込先を選ぶ際の目安にはなるでしょう。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

電話連絡なしのSMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

SMBCモビットには、「WEB完結」というサービスが実装されています。

以下の条件をすべて満たしていれば、申し込みから借入までの手続きをすべてネット上で行える便利なサービスです。

✓三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方 (お客様名義の口座に限ります。)
✓全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

出典: SMBCモビット公式サイト

WEB完結サービスで特筆すべきは、「電話連絡なし」「郵送物なし」で借入できる点でしょう。

審査状況によっては電話連絡が行われる可能性もありますが、内緒で今すぐ借りたい人におすすめです。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

大手が難しい場合は中小消費者金融

即日融資を検討している人の中には、大手消費者金融のカードローンが利用できなかった方もいるかもしれません。

そんなときは、中小消費者金融に目を向けてみてください。
大手消費者金融とは審査基準が違うので、異なる結果が出る可能性はあります。

いくつか条件は増えてしまいますが、中小消費者金融の中にも即日融資に対応してくれる会社はあるので、大手が利用できなかった方も諦めずに検討してみましょう。

即日融資可能な中小消費者金融一覧

中小消費者金融の中には、闇金のような違法業者と間違われてしまうケースもあります。

そこで、マネット編集部が全国各地の金融業者を調査し、安心して利用できる中小消費者金融をピックアップしました。

以下に一覧紹介するのは、どれも金融庁に登録された正規業者です。即日融資を希望されている方は、借入先を選ぶ際の参考にしてみてください。

社名・サービス名 金利 限度額 即日融資
Aruku(アルク) 年18.0% 1~50万円 可能
AZ株式会社 年7.0~18.0% 1~300万円 可能
アストローン 年14.9285~
17.9215%
5~100万円 可能
(来店必要)
アロー 年15.00~19.94% 200万円まで 可能
いつも 年7.0~18.0% 1~50万円 可能
エイワ 年19.9436%
年17.9507%
1~50万円 可能
(来店必要)
キャッシング スペース 年8.0~18.0% 1~500万円 可能
キャネット 年15.0~20.0% 5~50万円 可能
(来店必要)
キャレント 年7.8~18.0% 1~500万円 可能
スカイオフィス 年15.0~20.0% 1~50万円 可能
(来店必要)
セントラル 年4.80~18.0% 1~300万円 可能
ダイレクトワン 年4.9~20.0% 1~300万円 可能
(来店必要)
ニチデン 年7.3~17.52% 1~50万円 可能
ノーローン 年4.9~18.0% 1~300万円 可能
ビアイジ 年12.00~18.0% 1~200万円 可能
フクホー 年7.30~18.0% 1~200万円 可能
(来店必要)
フタバ 年14.959~
17.950%
1~200万円 可能
プログレス 年15.0~18.0% 5~50万円 可能
ライオンズリース 年15.0~20.0% 1~300万円 可能

※社名・サービス名はあいうえお順に表記しております。

いかがでしたか?

気になる金融機関があった方は、各中小消費者金融の詳細を確認してから申し込みを検討してみてください。

甘い審査を行う金融機関はありません

一部の消費者金融であれば、即日融資してもらえる可能性は十分あります。しかし、残念ながら審査の甘い金融機関は存在しません。

申し込めば誰でも通過できるような審査を行っても、融資側としては貸し倒れのリスクが大きくなるだけです。

すべての申込者に対し、各社の独自基準をもとに厳正な審査を行っていることを理解しておきましょう。

Q.審査が甘い消費者金融は存在しない?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

残念ながら存在しません

消費者金融は、顧客に銀行の審査基準にそぐわない人を含むので、独自に培われたノウハウに基づき、利用者の返済能力・信用能力を審査しています。まともな事業者であれば、返済能力に疑問のある者に融資しません。そんな事業者があるとしたら、法外な金利を取る闇金である可能性が非常に高いと言えるでしょう。借り入れには、最低限の資格が必要ということを理解しておいてください。

「審査が早い=審査が甘い」は間違い

ちなみに、審査が早いからと言ってその金融機関が甘い審査を行っている訳ではありません。

これは各社の審査方法が異なるためで、例えば審査の早い消費者金融は「スコアリングシステム」を採用しているのです。

 スコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

スコアリングはコンピュータによる自動システムなので、担当者が審査するよりも短時間で対応できます。

審査時間が短いからと言って、審査の難易度に直結することはないので注意しておきましょう。

審査基準が公表されることはない

申込者に事前対策されるのを防止するため、どの消費者金融も審査基準を公表することはありません。

つまり、各消費者金融の審査難易度を正確に把握することは出来ないのです。

「審査が甘い」と断言する比較サイト等は、正直なところエビデンス (根拠)が取れていない可能性も考えられるので、内容を鵜呑みにしないよう注意してください。

審査落ちに繋がる原因をセルフチェック

消費者金融の審査基準を特定することは出来ませんが、否決されてしまう原因はある程度絞り込めます

「すぐにでも借入したい…」と考えている人も、一旦落ち着いて審査落ちの原因について考えてみましょう。

今から申し込んで審査を通過できる可能性はあるのか、一度セルフチェックしてみてください。

原因1.収入はあるが安定していない

仮に収入があったとしても、場合によっては審査落ちしてしまうかもしれません。これは、審査で「収入の安定性」が重要視されているためです。

消費者金融から借入した場合、毎月少額ずつ長期的に支払っていくのが返済の基本となります。

例えば、「今月は20万円の収入があったものの、来月以降も同額の収入が見込める訳ではない…」といった方がいるかもしれません。

上記のように毎月の収入額に大きな変動がある場合は、審査で不利になってしまうのです。

勤続年数も収入の安定性を判断するポイント

単に、毎月の収入額だけで安定性の有無を判断している訳ではありません。

例えば、「勤続年数」も重要な判断基準です。

同じ職場で長年働いている人は、離職する可能性が低いと考えられます。融資する側としても、勤務状況の良好な人の方に借入してもらうが安心でしょう。

逆に、転職してまだ数ヶ月しか働いていないような方は、審査で不利になる可能性があります。

このように、審査では様々な属性を考慮しつつ、安定収入の有無を判断していることを理解しておきましょう。

原因2.すでに借入しすぎている

消費者金融は、貸金業法に定められる「総量規制」の範囲内で個人融資を行っています。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

上記を見ていただくと分かるように、消費者金融が個人向けに融資できるのは年収の1/3まで。

例えば、年収300万円の人は100万円までしか融資してもらえないことになりますね。

ちなみに、借入総額だけでなく、複数社から同時に借入している場合も注意してください。

このような方は「多重債務状態にある」と判断されてしまい、融資を断られてしまう可能性があります。

心当たりのある方は借り換えを検討してみる

「もうこれ以上融資してもらえない…」そんな方状態の方は、借り換えを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

今よりも低金利なローンに借り換えれば、毎月の返済額を抑えられるかもしれません。

状況次第では複数の借金を1本化することも出来るので、無理な新規借入を希望するのではなく、資金繰りの整理を意識してみてください。

原因3.信用情報にダメージがある

ご自身の信用情報に何らかのダメージが残っている場合も、消費者金融の審査を通過するのは難しいでしょう。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

これまでの金融取引で何らかのトラブルを起こしていると、信用情報に金融事故として5~10年間記録が残ってしまいます。

・クレジットカードの支払いを2ヶ月以上滞納した
・カードローンの返済を3か月以上滞納した
・どうしても借金を返済できず、債務整理を行った

上記はほんの一例ですが、このようなトラブルを過去に起こしてしまった場合、どのような審査も通過できる見込みはないでしょう。

信用情報が気になる方は自分で確認してみる

信用情報機関が保管している記録は、開示申請すれば個人でも閲覧することができます。

手数料として1,000円程かかりますが、心当たりがある方は信用情報の開示方法を確認してから審査落ちするリスクはないか判断してみてください。

それでも審査が不安なら金利を基準に選ぶのもアリ

「審査前にチェックしてみたが、やっぱり不安…」

すぐにでも借入したいものの、どうしても審査に対する不安をぬぐえないのであれば、各消費者金融の金利に注目してみてください。

金利が低いローンは貸し倒れのリスクが大きい

融資する側としては、金利分の利息を支払ってもらうことで利益を得ています。つまり、金利が低くなるほど利益率は低下してしまうのです。

万が一、借入主が返済できなくなってしまい、貸付金を回収できない状態に陥ってしまえば、その損害は大きいものでしょう。

少額であれば、回収した利息で補填できるかもしれませんが、利益率が低くなればそういったリスクヘッジも行えません。

上限金利で審査の甘さを判断するのも選択肢のひとつ

消費者金融が貸し倒れのリスクを背負っている以上、金利が低くなるほど審査はより慎重に行われていると考えるのが必然です。

だからといって、必ずしも「金利が高いローン=審査が甘い」と言っている訳ではありません。

あくまでも申込先を選ぶ際の指標のひとつとして、比較する際の参考にしてください。

即日融資可能な消費者金融の金利を徹底比較

実際に、記事の冒頭で紹介した即日融資可能な消費者金融を金利で比較してみました。

ちなみに、初回契約時は借入や返済などの利用実績がまったくない状態なので、下限値の金利が設定されることはまずありません。

金利を比較する際は、上限値に目を向けるようにしましょう。

社名・サービス名 金利 限度額 即日融資
キャネット 年15.0~20.0% 5~50万円 可能
スカイオフィス 年15.0~20.0% 1~50万円 可能
ライオンズリース 年15.0~20.0% 1~300万円 可能
ダイレクトワン 年4.9~20.0% 1~300万円 可能
エイワ 年17.9507% / 19.9436% 1~50万円 可能
アロー 年15.00~19.94% 最大200万円 可能
Aruku(アルク) 年18.0% 1~50万円 可能
プログレス 年15.0~18.0% 5~50万円 可能
ビアイジ 年12.00~18.0% 1~200万円 可能
キャッシングスペース 年8.0~18.0% 1~500万円 可能
キャレント 年7.8~18.0% 1~500万円 可能
フクホー 年7.30~18.0% 1~200万円 可能
AZ株式会社 年7.0~18.0% 1~300万円 可能
いつも 年7.0~18.0% 1~50万円 可能
ノーローン 年4.9~18.0% 1~300万円 可能
セントラル 年4.80~18.0% 1~300万円 可能
アイフル 年3.0~18.0% 1~800万円 可能
SMBCモビット 年3.0~18.0% 1~800万円 可能
フタバ 年14.959~17.950% 1~200万円 可能
アストローン 年14.9285~17.9215% 5~100万円 可能
プロミス 年4.5~17.8% 1~500万円 可能
ニチデン 年7.3~17.52% 1~50万円 可能

実際に比較してみたところ、上記のような結果となりました。

上限金利を考慮すると、審査が不安な方は大手よりも中小消費者金融で即日融資を検討する方がいいかもしれません。

審査が不安な人には中小消費者金融がおすすめ

即日融資を希望する方の中には、「大手の審査を通過するのは難しい…」と感じるケースもあるでしょう。

そこで、審査が不安だけど今日中にお金が必要な人向けに、マネット編集部がおすすめの中小消費者金融をいくつかピックアップしてみました。

店舗に行く時間がない人向け

即日融資してもらえる可能性があったとしても、契約手続きなどの都合上、どうしても店頭窓口に行かなければいけない場合もあります。

「仕事があるので外出できない…」
「今日中にお金が必要なのに…」

このような状況にある人は、来店不要で融資してくれる中小消費者金融を検討してみましょう。

ライオンズリース

項目 詳細
限度額 1万円~300万円
金利 年15.0~20.0%
返済方法 元利均等方式
残高スライドリボルビング方式
担保 原則不要(要審査)
保証人 原則不要(要審査)
遅延損害金 年20.0%

▶参照|商品のごあんない

ライオンズリースは愛知県名古屋市にある中小消費者金融で、インターネットや振込サービスを使って全国どこからでも借入できます。

  1. ネット申し込み
  2. 審査
  3. 振込みでの契約

上記のように手続きを進めていけば、即日融資してもらえる可能性があります。

審査完了後の契約手続きは、郵送による書類受け渡し、もしくは窓口で行うのが一般的です。しかし、ライオンズリースでは必要書類をFAXもしくはメール送信で提出できます。

銀行の営業時間内に書類確認まで完了すれば、その日のうちに指定口座へ振り込んでもらえるでしょう。

アロー

項目 詳細
限度額 200万円まで
金利 年15.00%~19.94%
返済方法 残高スライドリボルビング
元利均等返済方式
担保 原則不要
保証人 原則不要
遅延損害金 年19.94%

▶参照|商品案内

アローは愛知県名古屋市に拠点を置く中小消費者金融で、独自の審査基準により、融資対象者の窓口が広いことでも有名です。

例えば、過去に債務整理や自己破産を行った経歴がある方でも、所定の審査で融資できるかどうか検討してくれます。

申し込み方法はインターネットのみ。審査に必要な書類は、以下のような専用ページからアップロードする仕組みです。

アローの書類提出専用フォーム
画像引用:書類提出専用フォーム

融資方法には「WEBキャッシング」を採用しており、手持ちのスマートフォンから借入依頼を行うと、指定口座に振り込んでもらえます。

申し込んだその日に振り込んでもらいたい場合は、銀行の営業時間内に手続きを済ませなければいけません。可能であれば、午前中のうちに申し込んでおくのをおすすめします。

近くに店舗がある・来店できる人向け

即日融資してもらうのであれば、やはり来店して直接手続きを進めた方が確実性もありますよね。郵送による契約手続きやお金の受け渡しなど、時間のかかりやすい要素を解消できます。

とはいえ、お住まいの地域に対象店舗がなければ即日借入は見込めません。利用できる地域が限定されやすいのは、全国展開する大手消費者金融と比べてデメリットと言えるでしょう。

すべての人が利用できる訳ではありませんが、来店すれば即日融資してもらえるかもしれない中小消費者金融も紹介しておきます。

お近くに対象店舗があるか、一度目を通してみてください。

キャネット(北海道エリア)

項目 詳細
限度額 新規利用者:5万円~50万円
金利 年15.0%~20.0%
返済方法 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 年20.0%

▶参照|ローン(商品)内容

キャネットは、北海道エリアに本支店を構える中小消費者金融です。

即日融資を希望する場合は、審査後の契約手続きを支店窓口で行わなければいけません。お急ぎの方は、キャネットがおすすめする電話申し込み後に来店する方法を選びましょう。

Q.すぐ利用したいのですが、一番早いのはどの申し込み方法でしょうか?
お近くの支店窓口へお電話ください。審査後ご持参いただきました書類等に不備がなければ、最短30分で契約が完了いたします。

出典: よくあるご質問(FAQ)

お住まいの地域に店舗がある方は、キャネットでの即日融資を検討してみてはいかがでしょうか?

スカイオフィス(福岡エリア)

項目 詳細
限度額 1万円~50万円
金利 年15.0~20.0%
※新規契約の方は20.0%以下
返済方法 元利均等方式
担保 不要
保証人 原則不要
遅延損害金 年15.0~20.0%

▶参照|ご融資の基準

スカイオフィスは、福岡県福岡市に拠点を置く中小消費者金融です。

24時間いつでもインターネットから申し込めますが、土・日・祝日・年末年始は対応していませんのでご注意ください。

公式サイトによると、9:00~14:00までに申し込めば当日中に審査してくれます。

審査通過後の契約手続きは郵送による書類の受け渡しが基本となっていますが、窓口に直接持っていけばその日に対応してくれるでしょう。特に問題なければ、その場で融資してくれます。

ダイレクトワン(東海エリア)

項目 詳細
限度額 1万円~300万円
金利 年4.9~20.0%
返済方法 定額リボルビング方式
担保 不要
保証人 不要
遅延損害金 年20.0%

▶参照|カードローン「ダイレクトワン」

ダイレクトワンは、静岡県に本店を置くスルガ銀行グループの消費者金融です。

様々なローン商品を取り扱っており、個人融資向けには自由な用途で使える「カードローン」が用意されています。

借入専用のカードを発行してもらい、専用ATMや提携先のコンビニで現金を借りるのが基本です。つまり、即日融資してもらうにはカードをその日に発行してもらわなければいけません。

借入専用のカードを発行してもらうには、ダイレクトワンの店頭窓口に行く必要があります。発行手続き自体は最短30分で完了するので、お近くに対象店舗がある方は検討してみてください。

キャッシングのエイワ(全国24ヵ所)

項目 詳細
限度額 1万円〜50万円
金利 10万円未満:19.9436%
10万円以上:17.9507%
返済方法 元利均等返済方式
担保 原則不要
保証人 原則不要
遅延損害金 年19.9436%

▶参照|エイワの特徴

キャッシングのエイワは、全国各地に24店舗を構える中小消費者金融です。

創業49年の老舗で融資窓口も広く、なかには「ブラックでも借入できる」などのイメージを持たれているようですが、誰にでも融資してくれる訳ではないので注意しておきましょう。

顧客との信頼関係を第一に考える社風で、申込後の審査はすべて対面形式。申込者の状況によっては、担当者から説教されることでも有名ですね。

しかし、それは利用者を思ってこその対応とも受け取れます。最近では珍しくなりましたが、人情味のある昔ながらの街金といった印象です。

お近くにエイワの店舗があれば、電話連絡を済ませてから来店してみてください。

即日融資可能な消費者金融に関するQ&A

では最後に、即日融資してもらえる消費者金融について、疑問に感じるポイントをQ&A形式で紹介していきます。

「公式サイトでは確認できなかった…」
「どうしても〇〇が気になってしまう…」

上記のような方のために、専門家から得た一次情報や口コミなどを基に解説していくので、気になる要素があればぜひ参考にしてみてください。

Q.土日祝日でも即日融資してくれますか?

A.一部の消費者金融では土日祝日でも対応してくれます

大手消費者金融は、基本的に365日いつでも即日融資してもらえる可能性があります。もちろん、中小消費者金融の中にも土日祝日に即日融資してくれる業者はいますが、例外も多いようです。

とはいえ、当日中に対応してもらえる時間は限られているので、なるべく早い時間帯から行動するようにしてください。

Q.即日融資を成功させるコツはありますか?

A.申し込み前の事前準備が大切です

即日融資対応の消費者金融だからと言って、ただ申し込めばいいという訳ではありません。

・審査に必要な書類を用意しておく
・遅くても14時までには申し込む
・職場に電話連絡が取れるようにしておく

基本的なポイントではありますが、少なくとも上記の3点は意識しておきましょう。

Q.どんな書類が必要になりますか?

A.本人確認書類は必須です

消費者金融から借入する際は、申込者本人かどうか確認するための書類提出が必須です。

書類と言っても、以下のようなものがあれば問題ありません。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・個人番号カード など

検討されている消費者金融によっては複数用意する必要があるので、申込時に注意書きを確認しておきましょう。

借入金額や審査状況によっては、別途「収入証明書類」の提出を求められる可能性もあるので、その際はローン担当者の指示に従ってください。

Q.収入証明書類はどんなものですか?

A.給与明細書や源泉徴収票などです

収入証明書類は、文字通り申込者の収入を確認するための書類です。50万円以上の借入を希望する場合や、実収入を書面で確認する必要がある場合などに求められます。

基本的には、以下のような書類が準備できれば問題ないでしょう。

・給与明細書
・源泉徴収票
・所得証明書
・確定申告書 など

給与明細書などは、直近2ヶ月分を提出するのが一般的ですね。

書類によっては会社や市役所などに発行してもらわなければいけません。準備に時間がかかる場合は、申し込み前にあらかじめ準備しておくのをおすすめします。

Q.在籍確認は絶対に必要ですか?

A.必須手続きなので回避することは出来ません

在籍確認は、申込者が本当に勤務先で働いているのか裏付けを取るための手続きです。基本的には、勤務先への電話連絡で確認を取ります。

申込者の中には「職場にバレたくない…」といった理由で、在籍確認を避けようとするケースも多いです。しかし、在籍確認は貸金業法に定められたルール上、必ず受けなければいけません。

・土日祝日は会社が休みで誰もいない
・営業時間外なので電話に出てもらえない

上記のような場合は、融資先の消費者金融に相談してみてください。状況次第では、電話連絡以外の方法を検討してくれるかもしれません。

Q.専業主婦でも借入できますか?

A.ご自身に収入がない場合は融資してもらえません

一般的な消費者金融は、貸付条件に「安定した収入があること」と明示しています。つまり、自身に収入のない専業主婦は、消費者金融の融資対象外となるのです。

一部の銀行などでは、配偶者に安定収入があれば融資してくれる場合もあるようですが、消費者金融では原則融資してくれませんので、該当する方は申し込みを見送りましょう。

まとめ

即日融資してもらえる審査の甘い消費者金融、というテーマで幅広く解説していきましたが、いかがでしたか?

記事中の大切なポイント
即日融資できるのは一部の消費者金融のみ
審査の甘い消費者金融はありません
審査が不安なら否決理由をセルフチェック
金利で審査の甘さを判断する選択肢もある
大手が利用できない人には中小消費者金融

記事内容を総括すると、一部の消費者金融であれば即日融資してもらえますが、審査を甘く行うような業者はありません。

とはいえ、上限金利を比較するなど、審査の甘さを判断する目安はいくつかあります。即日融資を希望される方は、ぜひ活用してみてください。

おすすめの特集ページ

即日融資に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る