SMBCモビットはコンビニと口座振替を合わせて返済したほうが良い理由

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

モビットカードがあれば、24時間営業しているコンビニで自由にキャッシングできます。モビットには他にもキャッシング方法が用意されていますが、最もメジャーなのはコンビニキャッシングでしょう。

具体的には、どのような方法でキャッシングできるのか?今回はモビットとコンビニの関係について解説します。

SMBCモビットの基本情報

 SMBCモビット三井住友銀行グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!
 公式サイトへ▶ 

※申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

モビットの特徴は職場に電話がかかってこないWEB完結にあります。
何らかの事情で会社に電話がかかってくるのが、本当に嫌な人はモビットを利用しましょう。

SMBCモビットはコンビニATMでキャッシングできる

モビットのキャッシング方法は大きく2つに分かれます。口座振込のカードレスキャッシングと、ATMを利用したカードキャッシングです。

モビットと提携しているコンビニATMであれば、基本的に24時間いつでもキャッシング可能になります(一部店舗を除く)。
モビットが利用できるATMが設置されている主なコンビニは以下の通りです。

モビット提携ATM設置コンビニ
◇セブンイレブン
◇ファミリーマート
◇ローソン
◇ミニストップ
◇スリーエフ

【時間の縛りなし】コンビニATMから返済もできる

コンビニでできるのはキャッシングだけではありません。モビットは提携ATMであれば返済もできるのです。

つまりキャッシングができるコンビニでは、返済もできます。

ただしモビットにコンビニATMから返済する際は、基本的に手数料が発生してしまうので注意しましょう。

ATMが稼働している時間ならいつでも利用可能

コンビニでモビットカードが使えるのは、ATMが稼働している時間帯です。

具体的な稼働時間はATMによって異なるので、あらかじめ最寄りのコンビニで確認しておくといいでしょう。

参考までに、大手コンビニに設置されているATMの営業時間を紹介します。

コンビニATM稼働時間

■セブン銀行ATM
・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
00:10~23:50

■e-netコンビニATM
・ファミリーマート
・ミニストップ
・スリーエフ
・デイリーヤマザキetc
00:10~23:50

■ローソンATM
・ローソン
・ナチュラルローソン
00:10~23:50


※店舗によってはそれぞれ営業時間が異なるケースがあります

堂々とキャッシング可能

モビットをコンビニATMで利用するのには、大きな利点があります。

簡単操作で手軽にキャッシングできるというのもそのひとつですが、何といっても傍から見ればキャッシュカードを使った出入金をしているようにしか見えません。

つまりコンビニATMであれば、堂々とモビットを利用できるのです。こっそりキャッシングするなら口座振込という手段もありますが、コンビニATMならその手間も省略できます。

千円単位で借入ができる

モビットは千円単位で借入ができます。しかし、全ての提携ATMでもできるわけではありません。

千円単位での借入が可能な提携銀行のATMは、主に以下の通りです。

・三菱東京UFJ銀行
・プロミス
・足利銀行
・栃木銀行
・西京銀行
・もみじ銀行
・親和銀行
・トマト銀行
・常陽銀行
・十六銀行
・仙台銀行

返済はコンビニメディア端末からも可能

モビットにコンビニから返済する方法は、ATMを使ったものだけではありません。コンビニメディア端末(チケット発券機)を利用しても、モビットに支払いができるのです。

ATMと同様でモビットカードが必須になりますが、端末から発行したレシートを持ってコンビニのレジに行けば簡単に返済できます。
モビットに返済できる端末は以下の通りです。

モビット提携コンビニメディア端末
◇Loppi(ローソン)
◇Famiポート(ファミリーマート)

口座振替と組み合わせて利用しよう

モビットには手数料がかからない返済方法があります。それは毎月の約定返済日に自動で返済額が引き落とされる、口座振替です。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座が必須になりますが、遅延のリスクを大幅に低減できる方法と言えるでしょう。

しかしこの方法にはひとつ注意点があります。それは返済額の変更ができない、という点です。
そのため口座振替を選択した人が多めの返済をしようと思うと、それ以外の方法で追加支払いをするしかありません。

SMBCモビットはコンビニでキャッシングだけでなくお得に返済できる

 SMBCモビット三井住友銀行グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!
 公式サイトへ▶ 

※申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

モビットはコンビニATMからでもキャッシングと返済ができます。その様子はキャッシュカードで預貯金の出入金をしているようにしか見えないので、堂々とかつこっそりキャッシングができるでしょう。

しかし返済でATMを使うと、どうしても手数料がかかってしまいます。そんな場合はメディア端末を利用してください。

SMBCモビットに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る