在籍確認なしで借入は不可!ただし電話なしでお金を即日で借りることは可能

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. 在籍確認なしでお金を借りることは不可能
  2. ただし電話以外の方法で在籍確認をしてもらえる場合がある
  3. 会社への電話がない即日でお金を借りる方法
  4. まとめ

今日中にお金を借りたいけど会社の人にバレたくない、そういった方の多くが「在籍確認なしで借入できないか?」と考えるかと思います。

結論、それは不可能です。
ただし、「会社に電話がかかってくること」については、回避する方法があります。

この記事では、在籍確認なしで借入できない理由と対処法を解説するとともに、「会社に電話がかかってこない、即日でお金を借りる方法」もご紹介します。

在籍確認なしでお金を借りることは不可能

金融機関からお金を借りる場合において、在籍確認を無くすことはできません。その理由は、働いているかどうか確認できない人に、お金を貸すことはできないためです。

確認できない人にお金を貸して、万が一その人が無職だった場合は、貸したお金が返済されないリスクがあります。

返済がされないと、金融機関としても損害を被ってしまうので、在籍確認は必ず行われているのです。

Q.なぜ在籍確認は決して回避できないのか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

その他の情報を推察するため

勤務先さえ確認できればその会社の規模から大体の平均年収を推察することができます。そもそも上場企業や公務員の平均年収は公開されています。
また、勤続年数も勤務先と年収から推察できます。初任給程度の年収しかないのに勤続10年との記入があれば勤続年数が嘘であると判断できるのです。
このように、年収、勤務先、勤続年数のうち、1つの情報さえ確認できれば他の情報は推察できます。それに加えて安定した企業に勤務しているかどうかを知るためにも在籍確認は必須の審査項目です。

電話で確認をしている理由

在籍確認が電話で行われている理由は、電話で確認することが、最も確実な方法であるとされているためです。

職場に電話をして、申込者がいること(在籍していること)が判明したら、いま現在働いていることが証明されます。そのため、在籍確認は基本的に電話で行われているのです。

ただし電話以外の方法で在籍確認をしてもらえる場合がある

基本的に在籍確認は電話で行われますが、場合によっては、電話以外の方法に変更してもらえる場合もあります。それは、申込者の都合上、どうしても電話での在籍確認が難しいという場合です。

なぜなら、金融機関はこのような人も含め、多くの人に利用してもらいたいと考えているため、電話以外の方法にしてくれる場合があるのです。

そもそも、在籍確認は働いているかを確認することが目的で、電話をする必要があると法律で定められたものでもありません。あくまで、電話は確認をするための手段であるため、確認ができるのであれば別の方法にすることも可能なのです。

審査担当者に相談をしましょう

電話以外の方法にしてもらいたい場合は、金融機関の審査担当者に相談をしてみましょう。

借入の申込みをすると、本人のもとへ確認の電話がかかってきます。この際に「在籍確認の電話をしてもよいですか」と尋ねられるので、「会社への電話連絡は避けたい」という旨を伝えてください。

そうすると、電話以外の方法を提案される場合があります。

書類での在籍確認が提案される

電話以外の方法とは、「書類による在籍確認」です。

会社に勤めていると分かる書類を提出することで、在籍確認を完了としてもらえます。

具体的には、健康保険証(社会保険)や直近の給料明細です。これらの書類は会社に勤めていない限り、保有しえないものであるため、在籍の証明になります。

消費者金融なら相談に乗ってもらえる場合がある

在籍確認の方法に関する相談ですが、対応してくれる金融機関は限られています。では、どこが対応してくれるのかというと大手の消費者金融です。

具体的な会社名をいうと、「アコム」「アイフル」が有名で、申込後に電話連絡が来るので、その際に相談ができます。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

電話連絡なしで手続きが完了するローンもある

審査担当者に相談をしなくても、もともと電話以外の方法で在籍確認を行うローンもあります。

具体的には、SMBCモビットのWEB完結申込を利用する方法なのですが、以下で詳細を解説していますので参考にしてみてください。

会社への電話がない即日でお金を借りる方法

ここまでは消費者金融や銀行といった、金融機関からお金を借りる方法について解説しました。

そもそも、在籍確認なしで借りたいということは、「会社への電話連絡を避けたい」ということが正直なところでしょう。

消費者金融や銀行といった金融機関にこだわらなければ、そもそも在籍確認が不要な借入方法もあります。そこで、消費者金融や銀行以外で挙げられる「お金を借りる方法」について紹介します。

1.親や知人からお金を借りる

親や友人にお願いをするため、その人には借金の事実がバレてしまいますが、会社に借金を知られることはありません。

ローン会社のように、在籍確認をはじめとした手続きがないのはメリットです。加えて、基本的に金利もなしで借りられる可能性があるため、返済の負担は低いと言えるでしょう。

2.保険会社からお金を借りる

保険会社には、契約者貸付というサービスがあり、積立型の保険を契約している人は利用できます。このサービスであれば、会社への電話連絡は行われません。

なぜなら、解約返戻金を担保に融資がされるからです。解約返戻金とは、保険を解約したときに戻ってくるお金のことで、積み立てたお金をもとに計算されます。

返済がされない場合、保険会社は契約を失効させて担保を回収すれば良いので、個人の収入を信用して融資するローンのように、在籍確認は行わないのです。

3.質屋からお金を借りる

ブランド品や宝石など、価値があるモノを質屋に預けて、その査定額にあった分のお金を借りることができます。この方法についても、会社への電話連絡がありません。

なぜなら、預けたモノを担保とするからです。一定の期間内にお金の返済ができないと、預けたモノの権利は質屋に移ります。この場合は、お金を返済する必要はありません。

質屋としては、返済がされなくても、預かった商品の権利が得られるので損にはなりません。そのため、個人の収入を信用して融資をするローンとは異なり、在籍確認の必要はないのです。

4.クレジットカードで借りる

この方法には条件があり、既にクレジットカードを持っていて、なおかつキャッシング枠(現金を借りる機能)が付与されていることです。

まず前提として、クレジットカードは作るときに在籍確認が行われます。つまり、カードを持っている人は、既に在籍確認が済んでいると考えられ、これから在籍確認が行われる可能性は低いと言えるでしょう。

キャッシング枠があれば、今すぐコンビニATMにカードを挿入して、お金を借りられます。しかし、作るときにキャッシング枠をつけず、今からカード会社へ申請してキャッシング枠をつける場合は、在籍確認をされる可能性があります。

まとめ

金融機関からお金を借りる場合、在籍確認はなしにできません。無職で収入がない人に貸してしまうと、返済されないリスクがあるため、事前に働いているかどうか、金融機関は確認をしたいからです。

ただし、金融機関の審査担当者に相談をすることで、電話以外の方法を提案される場合もあります。また、もともと書類で在籍確認を行うサービスもあるので、そちらもご検討ください。

なお、どうしても在籍確認なしでお金を借りたい場合は、消費者金融や銀行以外からお金を借りることについても検討してみてください。

おすすめの特集ページ

在籍確認に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る