プロミスで土日に即日融資!1時間で借りる方法とは?

2018年11月19日更新

Sato
この記事のアドバイザ
銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。
Teduka
この記事のアドバイザ
地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 休日だけど、今日中にお金を用意したい
  • 金曜の夜だけど、明日までに借りられるの?
  • 最短時間で借りる方法が知りたい…

お金を借りよう借りようと思っていても、平日が忙しい...。でも土日祝日は銀行だって休業日。お金を借りられないのでは?と思っている人もいるでしょう。

安心してください、プロミスなら借りられます。

土日祝日に来店不要で即日融資が可能なのです。

プロミスは土日祝日に即日融資を受けられる!

プロミスを始めとした大手消費者金融は、土日も対応してくれます。

カードローンで借りる場合、主に銀行か消費者金融が浮かびますが、銀行は対応していません。

また振込融資の中堅企業は、銀行の営業時間で振込反映が翌週になるので、土日の即日融資は不可能です。

プロミスは多数のATM提携や即日振込サービスが充実しており、土日の即日融資ができるのです。

プロミスの審査は土日も21時まで

プロミスは土日も21時まで審査対応をしています。

プロミスの審査時間は最短30分なので、20時30分までに申し込みをすれば、当日に審査が完了する可能性もあります。

申し込みはスマホ入力と身分証提出※だけで、3分程度で完了します。

※運転免許証等をスマホで撮影してアップロードする作業があります。

 プロミスの審査対応時間

当社からご連絡させていただく時間帯は、お申込時に入力いただく「希望連絡時間」(9:00~21:00)の範囲内となりますが、審査状況によっては、ご希望の時間帯にご連絡できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

プロミスで土日に即日融資を受ける方法

まずは、プロミスの即日融資を実現する方法を確認しておきましょう。
以下の手順で行動すれば、基本的に今日中のキャッシングができます。この方法であれば、土日祝日問わず即日融資を実現できます。

STEP1|WEBで申し込み

スマホやパソコンから公式サイトで申し込みをしましょう。カンタン入力であれば、少ない記入で一次審査が行われます。

STEP2|審査

審査結果が出ると、記入したメール・電話に連絡が来ます。(9:00~21:00の間)基本的に最短30分で審査結果が出ますが、場合によっては多少長引きます。

STEP3|契約・カード発行

プロミスの自動契約機まで行き、契約書の作成とカードの発行を行いましょう。この際、必要書類(運転免許証等)が必要になるので、忘れずご持参ください。

STEP4|借り入れ

お金の引き出しは、提携するATMで直接現金を引き出しましょう。また、ATM以外にも銀行振込でキャッシングする方法も可能です。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※130日分の利息が完全ゼロ円!※2
 公式サイトへ▶ 

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

プロミス即日融資の所要時間は土日でも最短1時間

プロミスで土日に即日融資を受けるまで、最短1時間で完了します。ATMでキャッシングする方法であれば、土日も平日も流れは変わりません。

手続き 所要時間
申し込み・書類提出 5分
審査結果待ち 30分
自動契約機でカード発行 20分

上記の時間に加えて、自動契約機までの移動時間がかかってしまうので、それも考慮に入れた上で行動しましょう。

プロミスは審査時間が最短30分

プロミスは審査時間が最短30分で、これはカードローン業界の中でもトップクラスの速さを誇ります。

つまり即日融資、しかも最短でお金を借りるのならば、プロミスを選んで間違いありません。

ただカードローンの審査全般に言えますが、既にたくさんの他社借入があったり過去にカードローンの返済で遅れがあったりすると、審査を慎重に行われ時間がかかってしまうのです。

土日祝日も来店不要で即日融資できる

プロミスは土日祝日でも今日中にお金を借りられます。むしろ平日忙しい人は土日祝日に申し込みをしているのです。

キャッシングに必要なプロミスカードさえ手に入れれば、24時間365日お金を借りられます。

プロミスは土日でも審査をしている

お金を借りるには、どこでも審査に通過しないといけません。審査はお金を貸すかどうか金融機関が判断する工程です。

この審査対応時間は決められていて、土日に審査をしない金融機関も中にはあります。

プロミスは土日祝日でも9時~21時まで審査をしています。そのため早めの時間に申し込みさえすれば、土日でも借りられる可能性が高いのです。

 審査とは?

審査とは、ローン申込者に「返済を続けられるだけの収入と意思」があることを調査する手続きです。
具体的には、収入状況や住居情報、過去に行ったお金関連の取引状況を確認されて判断が行われます。

20時までに申し込めば即日融資の可能性あり

申し込みは早め早めに行いましょう。

プロミスの審査は最短30分です。そのため土日祝日でも即日融資が十分に狙えます。

ただし土日は申し込みが込みやすいので注意です。場合によっては1時間かかる場合もあるでしょう。

そのため審査対応時間の21時の1時間前、20時までに申し込みをしておくのが得策です。

土日祝日の申込み方法は4種類

プロミスにはいくつか申込み方法がありますが、土日祝日は休業日なので店頭窓口は利用できません。契約に2日以上かかる郵便申込みは不適切です。

土日祝日の申込方法は3種類!
  • ・Web契約
  • ・電話申込み
  • ・プロミスの自動契約機

    それぞれ営業時間が異なるので注意が必要です。

    申し込み方法 営業時間
    ネット申し込み 24時間可能
    プロミスコール 9:00~22:00
    自動契約機 9:00~22:00
    一部21:00

    ネット申し込みが借り入れまでの最短ルート

    土日祝日に即日融資を希望しているなら、Web契約が最もオススメです。電話申込みや自動契約機よりも、時間に融通が利くからです。

    休日はプロミスコールが混み合うので、電話申込みは回線が繋がるまで30分以上待たされるケースがあります。

    急いでいる方は確実に今すぐ申し込みできるWeb契約を選択してください。詳しくは後述しますが、よほど自宅付近に自動契約機が無い限り、来店申し込みもオススメできません。

    プロミス
    ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
    金利 4.5~17.8% 審査時間 最短30分
    限度額 最大500万円 融資時間 最短1時間
    コンビニ

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    申込み後に入る電話で即日融資希望と伝えよう

    申込み手続きを終えると、およそ30分後にプロミスの担当者から電話が来ます。申込み内容の確認を行うためです。

    その際、即日融資を希望していると伝えましょう。手続きそのものが早くなるわけではありませんが、優先的に審査してもらえる可能性はあります。

    「14時までに借りたい」など、具体的な時間を伝えるとさらに効果的です。

    土日祝日でも在籍確認は通常通り

    審査が進むと、土日祝日であっても在籍確認が行われます。通常通り、プロミスから会社への電話連絡が行われるのです。

    本人が対応しなくても在籍確認は完了するので、休日出勤する必要はありません。しかし電話が繋がらないと確認できないので、誰かが在社していることは調べておきましょう。

    職場に誰もいないなら在籍確認方法の変更を頼もう

    万が一誰も職場におらず電話対応ができない場合は、速やかにプロミスの担当者に連絡してください。事情を説明して、在籍確認方法の変更をお願いしましょう。

    審査状況にもよりますが、柔軟に対応してくれる可能性があります。

    在籍確認が完了しない限り、プロミスとは契約できません。放っておくと審査が長引くだけなので、必ず自分から電話してください。

    書類提出しないと契約できない

    在籍確認が完了して審査に通過した後は、必要書類の提出と契約手続きを行います。審査が完了しても、契約しなければ借入はできません。

    必要書類を提出しなければ契約できませんが、この時点ならキャンセルも可能です。借り入れを迷っているなら、とりあえず審査を受けておき、書類提出時に本当に利用するかどうか考えるのも1つの選択肢です。

    現住所が入った身分証が必須

    契約手続きに必要な書類は、「身分証明書」です。本人確認書類として提出するので、身分証には現住所が書かれている必要があります。

    プロミスに提出できる身分証は以下の通りです。いずれか1つは用意しておきましょう。

    本人確認書類の例
    • 運転免許証
    • パスポート
    • 個人番号カード
    • など
    ※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

    スマートフォンから書類提出しよう

    必要書類の提出は、スマートフォンのカメラ機能を利用して行えます。撮影した身分証の画像データを、メールで送信されるURL先の専用サイトでアップロードします。

    スマートフォンが無い場合は、スキャナーやデジカメで身分証を画像化し、パソコンから提出しましょう。

    Q.書類を提出するの際の注意点は?

    Sato

    元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

    回答1:正確な入力と鮮明な画像が重要です


    当然のことですが、申し込み情報は正確に入力することが重要です。特に氏名や住所、年収などの入力を誤ると意図的と勘違いされ、審査に通らないこともあります。
    また、身分証明書の画像が不鮮明だったり、書類の一部が重なって、顔写真や名前など、肝心の審査項目が隠れてしまったりしていると、再提出を求められることもあります。
    そうなると、審査に時間がかかってしまいますので、鮮明な画像を提出するよう十分注意しましょう。

    Teduka

    貸金業務取扱主任者|手塚大輔

    回答2:現状と合致しているか確認


    ローンの契約の際に提出する書類は書類の内容がご自身の現況と合致しているのか確認しましょう。
    例えば、引っ越して間もない時に運転免許証の住所を変更していなければ、その運転免許証は有効な本人確認書類としては認められず、審査が前に進まないか、審査落ちになることがあります。
    このため、運転免許証の住所変更をしてから申込をするようにしましょう。
    さらに、収入証明書で給与明細を提出する場合にも注意が必要です。
    給与明細にはボーナスが含まれないため、年収が給料明細の金額×12ヶ月で計算されて、実際の年収よりも低く判断されてしまいます。
    収入証明書は現在の収入状況を正確に表した源泉徴収票の方が無難です。

    土日祝日は自動契約機でカード発行が基本

    契約が完了した瞬間からキャッシングが可能になりますが、土日祝日は自動契約機でプロミスカードを発行しないと基本的に借入できません。

    なおカード発行をする際は身分証を再度提示する必要があるので、本人確認用に提出したものと同じものを持参しましょう。身分証を忘れるとカードを発行できないので、自宅に戻る手間が増えてしまいます。

    銀行が休みだから振込キャッシングはできない

    土日祝日にプロミスを利用する場合にカード発行が必須なのは、振込キャッシングができないからです。

    休日は銀行が休業しているので、銀行振込に対応してもらえません。土日祝日に振込キャッシングを申込んだ場合は、翌営業日(休日明け)の融資対応となります。

    特定の口座があると振込キャッシング可能

    例外として三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座があるなら、土日祝日でも振込キャッシングが可能です。

    これは「瞬フリ」と呼ばれている、24時間365日いつでも瞬時に借入できる方法となります。どちらかの口座を持っているなら、土日祝日におけるプロミスの利用に時間的な制約が無くなるのです。

    審査中に自動契約機に移動すれば時間短縮

    土日祝日に融資を受けるには、ATMでのキャッシングが不可欠です。そのためには、自動契約機でのカード発行をする必要があります。

    借り入れまでにスムーズに行なうコツとしては、審査時間を活用して自動契約機へ移動することです。
    これにより、審査結果の受け取りと同時に契約を行なうことができます。

    無利息期間の利用条件は必ず満たそう

    プロミスから借入するなら、申込み時に必ずメールアドレスを登録し、Web明細を利用してください。この2点は初回限定の無利息期間サービスを利用する必須条件です。

    条件を満たした人は、初回借入日の翌日から30日間は全くの無利息でプロミスを利用できます。

    週明けには給料日なのですぐ完済できる、そういった場合は利息を全く支払わずキャッシングすることも可能です。

    30日以内にできる限り返済しておく

    一括返済できない金額をキャッシングした場合にも、30日以内にできるだけ返済しておきましょう。

    元金(借入している金額)を減らすほど、無利息期間が切れた後に発生する利息の負担が少なくなります。

    限度額が高くても借り過ぎないよう注意

    実際にプロミスから借入できる金額は、契約時に審査結果をもとにして決定されます。この利用可能限度額の範囲内であれば、いつでも自由に現金を引き出せるのです。

    例えば10万円の借入希望で申込んでも、審査結果次第では初回から限度額90万円になるケースもあります。要以上に借入するのは危険です。借入金額が大きくなるほど、後々から返済が困難になるのです。

    必要な時に必要な金額だけ借りよう

    プロミスを利用する際の鉄則は「必要な時に必要な金額だけ借りる」です。2回目以降の利用など、無利息期間が切れたあとの借入では特に注意してください。

    借入金額が大きく利用期間が長いほど、利息負担が大きくなるからです。万が一に備えて多めにキャッシングしたという場合は、余ったお金をその日の内に返済しましょう。

    土日祝日に返済した場合はどうなるの?

    すでにプロミスと契約している人は、毎月の返済をしっかり行う必要があります。土日祝日と返済期日が重複した場合は、休日明けが返済日になります。

    しかし金曜日が返済日にも関わらずうっかり支払いを忘れていた場合など、土日祝日に返済を行いたいという人もいるでしょう。
    休日に返済を行った場合、プロミスでは返済日をどのように扱うのでしょうか。

    反映は月曜だが土日祝日が支払日として扱われる

    土日祝日に返済を行った場合、実際にプロミスに支払いが行われるのは休日明けです。ただし、返済日は実際に入金を行った日になります。

    例えば日曜日に入金した場合、月曜日に支払いが行われても「返済した日は日曜日」と扱われるのです。

    指定ネットバンキングで返済すれば瞬時に反映される

    特定のネットバンキングを利用すれば、土日祝日でも瞬時に返済を行い、プロミスに直接入金することができます。

    ネットバンキングはスマートフォンからいつでもどこでも利用できるので、返済に遅れそうなときや近くにATMが無いケースでは特に役立つでしょう。
    プロミスへの返済に利用できるネットバンキングは以下の通りです。

    ネットバンキング一覧
    • 三井住友銀行
    • 三菱東京UFJ銀行
    • ジャパンネット銀行
    • みずほ銀行
    • 楽天銀行

    【注意】土日は増額方法が限定される

    プロミスに利用実績があると「利用限度額の増枠」ができるようになりますが、土日は「会員ページ」か「自動契約機」からしか増額申し込みができません。

    前述の通り「店頭窓口」は休業日で、コールセンターも休みなために「電話申込み」すらできないのです。
    ただし、増額審査そのものは行ってもらえるので、自動契約機か会員ページから申し込むことはできる、というわけなのです。

    即日増額できるのは「自動契約機」だけ

    要注意なのが、会員ページから申し込んだ場合だと、実際の増額は翌日以降になります。会員ページから増額を申込んだ場合も、結果報告は電話で行われるからです。
    そのため、土日の即日増額は、自動契約機からしか行えません。どうしても土日の間に増額する必要があるなら、自動契約機の場所を探しましょう。
    ただし、会員ページからも「増額申し込み」そのものはできます。翌日以降の対応で充分なら、自宅からスマホ等で増額を申込んでおきましょう。

    まとめ

    プロミス
    ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
    金利 4.5~17.8% 審査時間 最短30分
    限度額 最大500万円 融資時間 最短1時間
    コンビニ

    ※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

    土日祝日に突然お金が必要になったのに、財布にも口座にもお金が無い。どうしても必要なら、プロミスに相談してみてください。

    借り過ぎてしまうと返済が苦しくなりますが、必要な時に必要な金額だけ借りるよう意識すればプロミスは心強い存在です。実際、プロミスを利用して休日の金欠を乗り切った人は沢山います。

    このように、プロミスなら休日でも高確率で即日融資に対応してくれます。また無利息期間サービスもあるので、比較的に利息負担を少なく出来るでしょう。

    しかし即日融資が必要ならスピードが勝負です。迷っている場合は、とりあえず審査だけは受けておいてください。書類提出をすれば契約できるという状況になってからでも、本当に利用するかどうかを考える時間はあります。

    おすすめカードローン
    プロミス 金利 
    限度額
    審査 
    :4.5~17.8%
    :最大500万円
    :最短30分

    土日に関する記事一覧

    特徴から探す

    記事についてのお問い合わせ・ご相談

    マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

    万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

    また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

    > 記事についてのお問い合わせ
    • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
    • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
    • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
    • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
    • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
    この記事に関するキーワード

    注目の特集

    アドバイザ一覧バナー
    ページトップに戻る