アコムの限度額を増額しての追加融資がおすすめできない理由は審査時間が長いから

2018年10月12日更新

Kobayashi
この記事のアドバイザ
JAバンクにて、カードローンや各種ローンの推進と貯金業務に従事。金融窓口として、2,000名以上のお客様に適切な商品を案内。ローンの専門家として、金融商品販売実績多数。

 この記事の要点はこちら 
  • ・アコムから増額案内が来ることがある
  • ・増額は専用アプリや自動契約機で申し込める
  • ・審査に通らないと限度額は増やせない

最短で即日融資が望める、対応スピードが特徴的なアコム。しかし、限度額が足りていなければ助けになりません。
いざというタイミングで限度額不足に直面すると、増額という選択肢が挙がるでしょうが、軽い気持ちで申し込むのは少し待ってください。

アコムの限度額が足りない!そんな状況で増額のお知らせが…

アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利1万~800万円
限度額実質年率3.00~18.00%
※契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%
貸付条件20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす人
返済方式定率リボルビング方式
返済期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1~100回
遅延損害金年率20.00%

アコムは、カードさえあれば全国のコンビニATMから現金を借り入れできる、とても利便性が高いカードローンです。
しかし、当然ながら利用可能限度額の範囲内だけしか借り入れできません。

基本的には返済能力に応じて十分な限度額が設定されますが、使い続けていれば枠が不足して必要なお金が用意できず、焦ってしまうこともあるでしょう。
そんな状況で増額のお知らせが届いていたら、やはり有力な選択肢と考えてしまうかもしれません。

増額はアコム専用アプリやむじんくんから申し込める

増額とは、現状の限度額を見直して再設定する手続きです。実際にはお知らせがない状況でも申し込み可能ですが、いずれにせよ以下の手続きを踏まなくてはなりません。

アコム公式HP・むじんくん等で申込
担当者から電話連絡
収入証明書提出
増額審査
メール・電話で審査結果通知
限度額変更手続き

メジャーな手段はネット申し込みですが、全国に設置されているむじんくんからも手続きができます。
どのような手段で申し込んだとしても、手続きの工程そのものは変わりません。

増額のメリット:金利が下がる可能性がある

アコムの増額に成功すると、金利が引き下がる可能性があります。
特に、限度額が100万円以上になったら、利息制限法という法律の都合で、確実に15%以下まで金利が引き下げられるのです。

もちろん、限度額によっては、必ずしも金利が安くなるわけではありません。しかし、利息負担が軽くなる可能性があるというのは、利用者にとって大きなメリットと言えるでしょう。

※注意※審査に通らないと増額できない

アコムの増額手続きにおいては、上記の通り審査が行われます。この増額審査は、入会時とは異なった項目が判断材料になるため、注意が必要です。

Q.入会審査と増額審査の違いとは

Kobayashi

元 JA職員|小松千央

増額審査では利用実績が確認されます


入会審査は、申込者の収入状況や信用情報が主に確認されます。一方で増額審査では、利用実績(どれくらい借りて、しっかり返済できているか)も確認されるのです。返済状況などが確認されるので、遅延している方などは注意が必要です。
また、入会時は「現状の年収や安定性」が見られるのに対し、増額審査では「入会時と比べてどの程度好転したのか」が重視されます。この点にも注意しておくべきでしょう。

審査の内容に相違がある以上、入会がすんなりできたからといって安心はできません。
具体的には、以下3つの条件に当てはまる人は、増額できない可能性が高いと言えます。

増額できない人1:アコムへの返済に遅れた

アコムを増額するためには、信用度が入会時より向上している必要があります。
つまり、返済遅延を何回か起こしている人は、反対に信用を損ねているため増額できな可能性が高いのです。

増額できない人2:収入状況や他社借入状況が悪化した

アコムの利用限度額を決定づける要素は、返済能力の高さです。その返済能力は、基本的に収入状況や他社借入件数・金額をもとに決まります。

そのため、入会時より収入状況が悪化していたり、他社借入件数・金額が増えていると、返済能力が低下していると見なされて審査落ちするのです。

※ここに注意※
合計借入が年収の1/3ギリギリなら審査落ち確実
他社借入とアコム利用額の合計が年収の1/3ギリギリになっている人は、総量規制という制度の都合からそれ以上の限度額増加が決してできません。

増額できない人3:クレヒスに問題が生じた

入会時にせよ増額時にせよ、アコムの審査に通るためには信用情報がクリアである必要があります。
いわゆるクレヒスの状況が悪化していると、返済の態度に問題があると見なされ、決して増額できません。

クレヒスとは、クレジットカードの支払い状況やローン・キャッシングの返済状況を記録したものです。過去5年間以下のようなトラブルを経験しているなら、アコムへの増額申込は控えるべきでしょう。

主なトラブル
  • クレジットカードの代金滞納
  • 他カードローンの返済遅延
  • 何らかの割賦払い滞納
  • 自己破産などの債務整理

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

条件を満たせていても増額時間が長引く可能性も

上記の「増額できない人」に当てはまらないとしても、必ずしも希望通りの増額ができる保証はありません。

そもそも、アコムの増額は入会時より慎重に行われています。
そのため、場合によっては審査結果が出るまでに数日以上待たされる可能性があるのです。

少なくとも、今日・明日中にお金が必要な状況なら、増額という選択肢は優先度を下げるべきでしょう。

利用制限がついて借入ができなくなる

さらに、増額審査中は現状の残り限度額分の借入すらできなくなる可能性があるという点にも注意してください。

限度額の見直しを行う増額は、契約内容の変更手続きにあたります。
審査結果次第では減額や利用停止処分もあり得るため、手続きの間は利用制限がかかるのです。

契約後半年以内は利用実績が不十分である可能性も

上記を踏まえてアコムを増額しようと思う人は、最後に入会から現在までの利用期間を振り返ってください。
まだ半年以上経過していないなら、利用実績が不十分とみなされ増額が失敗する可能性があります。

必ずしも増額審査に落ちるわけではありませんが、希望通りの金額にならないリスクを覚悟しておきましょう。
なお、入会後半年間は増額のお知らせが基本的に届かないので、案内がくるタイミングを目安にする考え方もあります。

どうしてもお金が必要、そんな方は…

「支払い日ギリギリの請求がある」
「断れない用事がある」
「お金がないと人間関係にヒビが…」

お金が用意できないと本当に困るのに、肝心のアコムは限度額不足。
そういった状況でも、やはり安易な増額申し込みは推奨できません。

どうしてもお金が必要な状況なら、その他の選択肢にも目を向けてみてください。

他カードローンに新規申し込みという選択肢

その他の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みをする、というものです。
最短30分で審査が完了するカードローンを選べば、早ければ今日中に必要なお金を借入できるでしょう。

アコムへの新規申し込みを経験している皆さんであれば、おそらく手続きに手間取ることもないので、スムーズに利用できるはずです。

増額審査と入会審査では確認項目が異なる

既にアコムに増額を申し込んで審査に落ちたという方は、他カードローンの新規申し込みに対しても不安を感じるかもしれません。

もちろん、どのようなカードローンもしっかりと審査を行いますが、増額時の審査と入会時の審査では確認される項目が異なります。

つまり、アコムの増額に失敗した人であっても、他カードローンで希望通りの借入が出来る可能性は十分にあるのです。

収入証明書なしでお金を用意できる

他カードローンを使うことには、増額よりも少ない手間で手続きができるというメリットがあります。

アコムの増額にあたっては、基本的に収入証明書の提出が伴いますが、他カードローンならスマホと身分証さえあれば手続きできるのです。

緊急でお金が必要なのに、増額には手間と時間がかかってしまう。そういった方こそ、他カードローンに目を向けてみてはいかがでしょうか。

アコムから借りている金額を確認しておいてください

1点、他カードローンの申し込みにあたっては、アコムから借りてる金額をフォームに記入する必要があるので注意してください。

借入金額は、アコムの会員ページで確認できます。

確認が出来た方は、以下の審査が早く手続きがシンプルなカードローンを参考にしてみてください。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

※審査の結果によっては希望に沿った金額にならないケースもあります。また、年収の1/3を超える借入はできません。

※他のカードローンへ新規申し込みをする際は、返済の計画をしっかりと立てて、無理のない範囲で利用してください。

まとめ

大手消費者金融の代表格である、三菱UFJファイナンシャル・グループのアコム。たしかに初回利用時はスピーディーな対応を望めますが、増額審査については別物と考えてください。

アコムの利用状況が良く、収入や他社借入の状況が良好で、なおかつ信用情報に問題がない限り、増額審査の通過は厳しいでしょう。また、条件を満たせていても希望通りの結果が望める保証はありません

どうしてもお金が必要なら、借り換えという選択肢も検討しておいてください。申し込みの時間帯や混雑状況にもよりますが、今日・明日中に問題解決できるでしょう。

あなたにオススメのカードローン

この記事をご覧になっている方からは、少ない手間で十分な金額を借りられる以下カードローンが人気を集めています。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

・アコムについて詳しくはこちら

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る