SMBCモビットの増額方法と知らないと後悔する3つのリスク

この記事に関するアドバイザ

元 信用金庫職員

高澤志保

短期大学の秘書課程を卒業後、信用金庫で1年7ヶ月間勤務、カードローン審査のサポート業務を担当。金融事務全般も担当し、オペレーターとして数多くのお客様に対応した。第二種証券外務員資格を所有している、金融商品取引のプロ。

この記事の目次

  1. SMBCモビットとは…
  2. SMBCモビットの増額はアプリから申し込める
  3. SMBCモビットの増額の流れと必要な書類
  4. SMBCモビットの増額審査に通れば、金利が下がるかも…
  5. 審査に落ちるとSMBCモビットは増額できない
  6. 増額の案内が来た人はチャンス?
  7. ※注意※SMBCモビットの増額には3つのリスクがある
  8. 【注目】SMBCモビットの増額の審査が不安という人は…
  9. まとめ

 この記事はこんな人向けです 
  • SMBCモビットの限度額が足りない!
  • 急な出費でお金が必要になった!
  • お金が要るのにモビットで借りられない…

モビットを利用しているが、限度額を使い切ってしまった。そのような場合の解決策の1つに増額というものがあります。

しかし、増額は必ずしも成功するとは限りません。人によっては、メリットよりデメリットを強く感じるかもしれません。

安易に申し込んで後悔しないためにも、増額の方法やメリット・デメリットについて確認していきましょう。

SMBCモビットとは…

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

SMBCグループのSMBCモビットは、上限限度額800万円のカードローンです。しかし、最初から800万円もの大金を借りられる人は基本的にいません。

初回の限度額は30~50万円程度が相場で、それ以上借りるためには増額をする必要があります。

SMBCモビットの増額はアプリから申し込める

モビットの増額を申し込む方法はモビットフリーコール(0120-24-7217)に電話・モビットの会員ページから「増額申し込み」・アプリの3種類あります。増額を考えている人の多くは、24時間申し込みが可能なインターネットまたはアプリを利用しているようです。

アプリで申し込みをするのがオススメ!



入力項目は電話番号だけ。電話番号を入力したら、モビット増額への仮申込は完了です。 約10分程度でモビット担当者から電話連絡が入ります。

土日に申し込んでもSMBCモビットは増額できない

モビットの増額は平日にしか行うことができません。

増額審査は24時間365日いつでも受けることができます。しかし審査結果は電話で通知されるので、コールセンターが休業している土日祝日は最後まで手続きできないのです。

土日祝日に申し込んでも翌営業日まで結果がわからないので、休日に追加融資を受けたい場合は平日中に増額の申し込みをしておきましょう。

SMBCモビットの増額の流れと必要な書類

いずれの増額の方法でも、増額の流れは以下のようになります。

  1. 増額の申し込み
  2. 申込内容確認・本人確認
  3. 増額審査
  4. 限度額の再設定

収入証明書の提出が必要

モビットで増額をするためには、収入証明書を提出しなくてはいけません。消費者金融であるモビットは総量規制というルールを守る必要があり、利用者の年収をもとに限度額の設定をするからです。

収入証明書をもとに、融資可能な金額の上限をしっかり確認し、総量規制の違反を防ぐわけです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

前年度の年収を証明できる書類を提出できない場合、モビットの増額審査は受けられません。増額を申し込む場合は、以下のような書類を用意しておきましょう。

必要書類一覧

☑源泉徴収票
☑税額通知書
☑所得証明書
☑確定申告書
☑給与明細(直近2ヶ月分)

審査に通過できれば増額

増額審査に通過できれば、800万円までの範囲で10万円単位の増額が行われます。

限度額が上がれば、これまで以上に余裕をもった借り入れができるようになるでしょう。

Q.1度の増額で増える限度額の目安とは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

10万円単位で収入に応じた金額となります

増額申請をした審査の結果、問題がないと判断された場合は利用限度額の増額が行われます。増額は通常10万円単位で、申込者の年収の3分の1までが最高となります。ただし、一度に増額されることはあまりなく、10万円、20万円など無理なく返済可能と判断された範囲で増額することが多いようです。増額申請をしてみたけれど思ったよりも利用限度額が増えなかった、金利が安くならなかったという場合は、他社ローンへの借り換えや、おまとめローンの検討も有効です。その際は多重申し込みとならないように、事前にオペレーターに借り換えやおまとめローンを検討していることを相談しておきましょう。

SMBCモビットの増額審査に通れば、金利が下がるかも…

モビットで増額を行うと、場合によって金利の引き下げが行われることがあります。

限度額の上り幅が大きいほど金利も大きく引き下がり、毎月支払わなくてはいけない利息金額も減っていくのです。

特に、100万円を超えた人は、金利が確実に15.0%以下に引き下がります。
これは、利息制限法という法律が以下のように定めているからです。

 利息制限法とは

利息制限法とは、個人向けの融資に対して、貸付金額に応じた金利上限を定める法律のことです。貸付金額と金利上限の関係は、以下の通りです。

貸付金額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

審査に落ちるとSMBCモビットは増額できない

モビットの限度額を増額するためには審査を再び受ける必要があります。

注意点として、増額の審査ではSMBCモビットの利用状況も確認されます。入会時の審査とは確認される項目が違うため、必ずしも通過できるわけではありません。

SMBCモビットの増額審査に落ちやすい人の特徴をチェック

増額審査に通過できない人には、一定の共通点があります。
申し込みを考えている人は、以下の5項目に当てはまるものがないか確認しておきましょう。

 増額審査に落ちやすい人の特徴 
返済に遅れがち
モビットの返済状況が良好でない人は、増額審査に対して不利になります。
他社借入金額が増えている
他社借入の増加は、返済能力の低下を意味します。
収入状況が改善されていない
転職等で雇用形態や年収状況が悪化していたり、勤続期間が短い人は、返済能力が低下しているため審査に落ちる可能性があります。
金融事故で信用情報が悪化している
クレジットカードや他社ローン商品で、支払い・返済の長期延滞を起こしている人などは、高確率で審査落ちします。その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷ついている可能性があるからです。
年収の1/3まで借りていた
貸金業法の総量規制というルールで年収の1/3までしか借りることができないので、すでに制限ギリギリの借入をしていると増額できません。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

SMBCモビットの増額を申し込む際は注意も必要

上記5項目に当てはまるものがなかった人も、モビットの限度額を増額したいならば申し込みをする際に注意すべき点があります。

 増額申込時の注意点 
希望額を大きくしすぎないように
申し込み額が収入に対して大きすぎると、希望通りの増額ができません。場合によって、審査落ちにつながることもあります。
収入証明書の提出を求められる
SMBCモビットに増額を申し込む際は、収入証明書の提出を求められます。
場合によって在籍確認がある
勤務先に変更があったり、収入状況に大きな変化があった場合などは、在籍確認(会社連絡)が生じる可能性があります。

増額の案内が来た人はチャンス?

SMBCモビットは優良顧客と思われる人に、増額の案内を出しています。確実な返済実績がある、長い期間の利用実績がある、信頼できる取引をしているなど、モビット側が優良顧客だと判断すると、メールやパソコンの会員ページに案内が来るのです。

しかし、増額案内があったとしても審査落ちする可能性はなくなりません。増額案内があるなら、確かに借入・返済状況に問題はないのでしょう。しかし、その他に問題点があるなら、あっさり審査落ちする可能性もあるのです。

※注意※SMBCモビットの増額には3つのリスクがある

「自分は増額の審査に落ちないだろう」
このように思っている人も、一旦落ち着きましょう。モビットに増額の申し込みをするなら、それに伴うリスクを知ってからでも遅くはありません。

安易に申し込んでしまうと、考えてもいなかった後悔をする可能性があります

リスク1|審査時間がかかる可能性も

モビットの増額審査は、すぐに結果が知らされるとは限りません。
審査基準が入会時のものとは違うので、申し込みをしてから審査の結果が知らされるまでに数日以上かかる場合もあります。

「すぐにでもお金が必要」
このように切迫した状況の人にとって、時間がかかってしまう可能性のある増額は適切な選択肢では無いかもしれません。

リスク2|人によっては減額や利用停止も

増額審査は誰でも通過できるわけではありません。

通過できないだけではなく、初回申し込み時より収入状況が悪化している場合、減額利用停止になる可能性があります。

Q.増額審査で減額や利用停止になる人の特徴とは

Takazawa

元 信用金庫職員|高澤志保

度々遅延がある場合や長期延滞がある人です

増額申請をした場合、カードローン会社はもう一度審査をやり直すことになります。このときに、契約時と申し込み状況が変わっていたり、勤務先が変わっていたりした場合は更に慎重な審査を行います。その結果、契約時に比べて明らかに経済状況が悪化している人や借入先が増えている人は減額の対象となります。また、度々延滞が見られる場合や、長期延滞中の人の場合は審査後に利用停止になることがあります。これは、将来にわたって安定した返済能力が保証できないと判断されるためです。増額申請に対してカードローン会社はとても慎重です。経済状況が悪化した状態で行う増額申請は、減額や取引停止のリスクが高くなるのでおすすめできません。

リスク3|利用制限がかかり借り入れ自体ができなくなるリスクも

モビットに増額の申請をすると、残りの限度額も利用できなくなる恐れもあります

増額の審査とは契約内容を見直す手続きのことです。

入会時に決められた限度額が「現在の返済能力に適していない」と判断される可能性がある以上、過剰融資のリスクを避けるために、モビットとしても一定の制限を設定するのは当然の判断でしょう。

【注目】SMBCモビットの増額の審査が不安という人は…

 ここから先はこんな人にオススメ! 
  • もうモビットで借りられない…
  • 支払いの期日が迫っているのに、お金がない
  • とにかく、追加で借入できないと困る

家賃の支払いに遅れている、クレジットの引き落としがあるのにお金がない。このような状況でモビットの限度額が足りず、このままではトラブルになってしまう。

そのような状況でも、減額や利用停止のリスクがあり、手続きに時間が掛かる可能性がある増額は、安易におすすめできません。

そのような場合、他のカードローンで借りるという手段を検討してみてください。

他カードローンに新規申し込みするという選択肢

モビットを増額するという選択肢にはリスクが伴います。審査の結果次第では、限度額を減らされたり、利用停止されたりすることもあるでしょう。

お金の問題を解決する方法は、増額だけではありません。

選択肢の1つとして、他のカードローンに新規申し込みをするという方法もあります。

他の大手消費者金融のカードローンがおすすめ

新規申し込みをするのであれば、他の大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

増額は基本的に収入証明書の提出が求められます。しかし、新規申し込みをするのであれば、大手消費者金融カードローンの場合、借り入れ希望額を50万円以下にすることで、収入証明書の提出をしなくて済むことが多いです。

収入証明書の提出が面倒と感じる人は、ぜひ大手消費者金融のカードローンを検討してみてください。

土日でも審査が可能

SMBCモビットでは土日に審査が行われていませんが、他の大手消費者金融では土日の審査も行っています。

増額ではなく、新しくカードローンに申し込むのは手間に感じられるかもしれませんが、土日にどうしてもお金が必要という人には適しているでしょう。

審査が早いので即日融資も可能

モビットは消費者金融の中でも特にスピーディーなカードローンですが、審査の早さでは他社も負けていません。

大手消費者金融カードローンなら、最短1時間でお金を借りられるので、今日中にお金を借りたいという人も安心です。

審査が早いといっても、あまりにも遅い時間に申し込みをした場合、審査は翌日になってしまうので、出来る限り早めに申し込みをしてください。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

早ければ本日中に借入れできます。
初回契約の方であれば最大30日間、利息がかかりません。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

SMBCモビットは、非常に利便性に優れたカードローンです。しかし、限度額が不足することもあります。

お金をなんとかして用意しなければいけない。でもモビットの限度額では足りない。そのような場合、増額の他にも一時的に他のカードローンを利用するという選択肢もあります。

少なくとも、増額では「お金を用意しなければならない時間・日付」までに間に合わない可能性が拭いきれません。

おすすめの特集ページ

増額方法に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る