SMBCモビットで振込キャッシングする方法【土日に借入するコツ】

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事の目次

  1. SMBCモビットの振込キャッシングとは
  2. SMBCモビットで振込キャッシングする方法
  3. 振り込みキャッシングは手数料が節約できる
  4. 即日で振込キャッシング
  5. 土日は振込キャッシングができないのでローン申込機へ!
  6. 近くにローン申込機が無い人はスマホキャッシング
  7. WEB完結にすればカード発行なしで即日融資
  8. まとめ

 この記事はこんな人向け 
  • SMBCモビットで借入を検討中
  • 振込キャッシングを利用したい
  • 土日祝日でもキャッシングできる?

まとまったお金が必要な時に頼れるのが、TVCMでもおなじみの「SMBCモビット」が取り扱うカードローンです。

カードローンという名称から、銀行やコンビニなどのATMからローンカードを使って現金を借入するイメージですが、近年では「振込キャッシング」と呼ばれるサービスも実装されています。

どのように利用するのか、土日祝日でも大丈夫なのか、気になる要素を記事内で確認していきましょう。

SMBCモビットの振込キャッシングとは

 SMBCモビットSMBCグループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:10秒簡易審査
:最短即日
公式サイトで10秒簡易審査が受けられる!WEB完結申し込みなら完全電話連絡なし!

※:申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

振込キャッシングは、SMBCモビットの会員ページから申請を行うカードレスの借り入れ方法です。スマホからでも利用できるので、よりタイムリーなキャッシングができます。

Q.振込キャッシングはどういった状況で活躍するか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

口座からの引き落としがある状況で活躍します

何らかの口座振替を控えている状況で、振込キャッシングはとても役立ちます。たとえば、クレジットカード代金やローン返済、光熱費、家賃などの引き落としを翌日に控えている場合です。
特に、金融機関への返済が迫っているなら、遅延・滞納を回避するために振込キャッシングを使う手は有力です。もちろん、借金の返済を借金で行うということは、決して推奨できるものではありません。
しかし、借入金は1度遅延するだけでも銀行からの信用が失墜します。そのリスクを回避するためなら、一時的に振込キャッシングを活用するのも、選択肢のひとつと考えておいてください。

提携銀行ならどこにでも振込キャッシング可能

モビットの振込キャッシングは、融資先を限定しません。普段から利用している銀行口座を登録すれば、そこに任意の金額を振り込んでもらえます。

ただし、現金化する時はATMが必要です。振込キャッシングに利用した口座のキャッシュカードを用いて、いつも通り現金を引き出してください。

SMBCモビットで振込キャッシングする方法

では、そのモビットの振り込みキャッシングはどのようにして受けることができるのでしょうか。

手続きはとても簡単です。モビットの会員限定サイトから申し込みを行ないます。

ネット環境がない方や、操作が面倒という方には、コールセンターに電話をかけることでも申し込みが可能です。

すぐにお金が必要な場合も、可能時間さえ過ぎていなければ、もちろん即日の振込キャッシングも可能です。

会員ページMyモビの振込申込み画面

では、実際に振込申込を行う会員ページMyモビの画面を確認してみましょう。
Myモビへのログインは、モビットの公式サイトから行えます。

これが、Myモビのログイン後画面です。

左上もしくは中央左にある、「振込キャッシング」のボタンをタップしてください。

すでに口座番号を登録している場合は、画面中央の振込キャッシングをタップしましょう。

再度暗証番号を入力して、本人確認を行います。

借入希望額の入力を行えば、振込キャッシングは完了です。

振り込みキャッシングは手数料が節約できる

借入れの際には、利息以外にも手数料がかかる場合があります。

消費者金融によってさまざまですが、モビットでも提携ATMを利用してお金を借りる際に、金額に応じた手数料がかかってしまいます。

何度も借入と返済を繰り返す予定の方にとっては、節約したいところではないでしょうか。

モビットにはその手数料を浮かせる方法があります。それがこの振込キャッシングです。モビットの振込キャッシングにはどんな利点があるのでしょうか。

ATMの振込手数料はなんと0円!

モビットのATMは全国に約14万台(※2019年9月現在)あり、利用の際はコンビニ設置のATMでも借入れ可能なのでとても便利ですが、ATM手数料がかかります。

そこで是非おすすめしたいのが、振り込みキャッシングです。振り込み手数料はモビットが負担してくれるので、利用者は負担を気にせず借入できる仕組みになっています。

できればATM手数料は払いたくない…そんな人は、振り込みキャッシングを活用して上手に節約しましょう。

千円以下の借入金額も指定できる

振込キャッシングが優れているもう一つのポイントは、借入金額を細かく指定できる点です。

1円単位で金額指定できるので、千円未満の細かい借入が必要な人におすすめします。

カードローンの多くは借入金額が1万円~などのように指定されていますが、モビットでは「千円だけいいのに…」という状況でも、余計に借りすぎてしまう心配もありません。

ATMではまとまった金額しか引き出せません

モビットカードを発行する場合は、ATMキャッシングがメインの借入方法になります。しかし、多くの提携ATMでは硬貨の出入金ができないケースがほとんどです。

細かい金額には対応できず、ATMによっては千円のみのキャッシングもできません。つまり、振込キャッシングはATMキャッシング以上に柔軟な借り入れに対応できるのです。

万が一細かな借り入れが必要になったら、振込キャッシングで手持ちの口座に入金し、キャッシュカードで引き出すという手順を踏むといいでしょう。

借入を最小限に抑えて利息を節約!

少額のキャッシングができるのは、利息の負担を最小限に抑えられるというメリットに繋がります。

利息額は借入金が大きくなるほど高くなるので、1万円単位で借りるより千円単位で借りる方が安くなるのは当然と言えるでしょう。

例えば、5千円だけ必要なとき、他のカードローンでは1万円引き出さなければいけません。実際に振込キャッシングと比べ、どれくらい利息が安くなるのか比較してみましょう。

利息比較
金利:18.0%期間:1ヶ月
振込 5,000円×18.0%÷365×30日=73円
ATM 10,000円×18.0%÷365×30日=147円


いかがでしょうか、微細な利息であっても、明確に金額は異なってきます。ほんの少しでも無駄なお金を払いたくない人は、やはり振込キャッシングを利用すべきでしょう。

即日で振込キャッシング

SMBCモビットの場合、審査が通り契約さえ完了していれば、原則として24時間いつでも振り込みキャッシングができます。

つまり、カード発行をすることなく、スマホを操作するだけで最短即日融資ができるのです。
※詳細は公式サイトを確認してください。

口座登録は契約手続きの際に可能

振込キャッシング先の口座登録は、会員ページから任意のタイミングで行えます。しかし、初回契約時については別です。

契約完了後に会員ページにログイン、そして口座登録を行って適用を待つ…正直言って時間がもったいないですよね。

スマホ1台あればどこからでも手続きできますが、平日14時を過ぎると時間を大幅にロスしてしまうので、出来る限り早めに手続きを済ませましょう。

SMBCモビット
SMBCグループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

土日は振込キャッシングができないのでローン申込機へ!

先述しましたが、SMBCモビットの振込キャッシングは銀行が営業していない土日祝日の場合は、すぐに振り込まれません。

平日の時間帯14:50~23:59と土日・祝日のお申込の場合は、翌金融機関営業日9:30頃に振込が行われます。

土日に即日融資をするなら、必ずローン申込機でカード発行を行いましょう。発行したカードは、最寄りのコンビニATMなどですぐ利用できます。

モビットカードは三井住友銀行のローン契約機で受け取り!

モビットカードは、ローン申込機から即日で受け取りができます。

三井住友銀行のローン契約機は9:00~21:00※の間で営業しているので、審査さえ通過できれば基本的にすぐ受け取りできるでしょう。
※営業時間は店舗により異なります。

ただし、ローン申込機でモビットカードを発行するには、本人確認ができる身分証明書が必要となります。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード※
※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

持参忘れの無いよう、上記のいずれかを用意しておきましょう。

コンビニATMで使うのが基本

モビットには、専用のATMがありません。そのため、基本的にモビットカードはコンビニATMで使うことになります。
使い方はいたって簡単で、キャッシュカードで預金を引き出すのと同じ要領でキャッシングができるのです。

ちなみに、モビットカードが利用できるコンビニATMは以下の通りです。

ATM一覧

セブン銀行ATM
コンビニATM E-net
ローソンATM

一度カードさえ発行してしまえば、提携しているコンビニATMで基本的に24時間借りることができます。

Q.振込キャッシングとATMキャッシングはどのように使い分けるべきか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

現金が必要か口座入金が必要か

出張先や旅先で急に現金が足りなくなった状況などでは、コンビニATMでも利用できるカードキャッシングが活躍します。

一方、何らかの引き落としがある場合など、口座残高を増やしたい状況なら振込キャッシングを選ぶべきでしょう。

なお、振込キャッシングには一般的に手数料がかかりません。この点をメリットに感じる方も、やはり振込キャッシングを選んでください。

近くにローン申込機が無い人はスマホキャッシング

金利にモビットのローン申込機がない、もしくは来店する時間が無い、恥ずかしいので行きたくない…。
こういった事情の方々は、モビットがカードローン業界で初めて導入したスマホキャッシングの利用を検討してください。

スマホキャッシングとは、その名の通りモビットの公式アプリを持っている人なら誰でも利用できる、完全カードレスのキャッシング方法です。

会員ページMyモビにログイン
「スマホ ATM 取引」を選択
ATMに表示されたQRコードを撮影
企業番号と暗証番号を入力
現金を受け取る

対応機種はセブン銀行ATM

1点確認しておいて欲しいのは、セブン銀行ATMのみ利用できるサービスという点です。

そもそも、スマホを用いた出入金サービスはセブン銀行ATMの機能のひとつとなっています。

スマホキャッシングの詳細が気になる方は、下記の記事もぜひ参考にしてみてください

WEB完結にすればカード発行なしで即日融資

SMBCモビットの振込キャッシングが最大限に活きるのは、WEB完結という申し込み方法を選んだときです。

WEB完結ならカード発行なしで振込キャッシングが利用できるので、借入の証拠が全く残りません。こっそりお金を借りたい人にとっては、どんなカードローンを選ぶより安心できるでしょう。

その他にも、WEB完結には様々なメリットがあります。

WEB完結のメリット
会社に電話がかかってこない
家に郵送物が届かない
担当者と電話する必要がない

いずれも、モビットのWEB完結ならではの安心感につながっています。モビットの振込キャッシングを利用するなら、ぜひWEB完結を選んでみてください。

WEB完結を利用する条件

SMBCモビットのWEB完結を利用するには、下記の条件をクリアしておかなければいけません。

WEB完結の利用条件
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある
上記の口座をSMBCモビットからの振込貸付と口座振替による返済に利用する

特に問題がなければ、平日だけでなく土日祝日でも即日融資してもらえる可能性はあります。指定口座をすでに開設している人は、ぜひWEB完結を活用してください。

土日でも審査対応してくれる

これからモビットを使い始める人にとっては、土日に申し込んで審査が終わるのかという不安があるでしょう。
結論は、土日も即日審査可能です。

そもそも、モビットは土日祝日を問わず24時間いつでもネット申し込み可能です。手続きや審査の工程も平日と変わらず、早ければ1時間程度でお金を用意できるでしょう(※時間帯によっては翌日以降の対応になります)。

土日の在籍確認について

審査の工程が同じである以上、土日であっても在籍確認(会社連絡)が行われるという点には注意してください。

とはいえ、WEB完結を利用すれば、勤務先に電話連絡があることは原則ありません。
以下の書類を提出することになるので、事前に準備しておきましょう。

本人確認書類
以下のいずれかの写し
・運転免許証
・パスポート

収入証明書
以下のいずれかの写し
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・直近2ヶ月分の給与明細書※
 ※ご用意できる場合は直近1年分の賞与明細書も提出

お勤め先確認書類
以下の2つの写し
・健康保険証 (社会保険証もしくは組合保険証)
・直近1ヶ月分の給与明細書※
 ※収入証明書として給与明細書を提出しない場合は必須

WEB完結の手続きの流れをチェック

公式サイトで申し込み

モビット公式サイトにアクセスして、申し込みフォームに必要事項を記入します。5分もあれば申し込みは完了するので、大した手間にもなりません。

スマホから書類提出

身分証明書と収入証明書類をスマートフォンで撮影し、画像アップロード用ページから提出します。

メールで審査結果通知

審査結果はメールで通知されます。ドメイン設定次第では迷惑メール扱いされてしまうので、注意してください。

振込先口座登録

振込キャッシング用の入金先口座を登録します。振込先の銀行に指定はないので、手元のキャッシュカードを見ながら口座番号を入力しましょう。

ネット上で入金依頼

初回の利用は、口座登録をしたタイミングで行えます。それ以降は、会員ページMyモビにログインするだけで簡単に振込キャッシングを利用できます。
公式サイトへ

まとめ

モビットの振込キャッシングの特徴についてご紹介しました。
モビットは振込キャッシングをする上でも大変便利な消費者金融と言えます。

振込手数料は基本的に無料ですし、即日キャッシングも対応できます。モビットで借入する場合は、ぜひ振込キャッシングのメリットを活かしてください!

SMBCモビット
SMBCグループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資 最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

おすすめの特集ページ

SMBCモビットに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る