アコムのサービスセンターを利用すれば返済遅延にはならない?

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

岡崎壮史

1級FP技能士・CFP・社会保険労務士他多数の資格を保有。一般消費者向けのマネーセミナー講師、大学の学内講座の講師として、多くの人にお金に対する考え方をレクチャー。その他、個人のマネーライフや労働に関するアドバイザーとして、積極的に活動。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • これからアコムを使う人
  • すでにアコムを使っていて、返済日がわからなくなった人
  • 返済をしたが、次の支払い日がわからない人

アコムは、とにかくスピーディーに借り入れできるカードローンです。しかし実際に利用するなら、むしろ返済のしやすさに着目して検討すべきでしょう。

特に注意すべきは、返済日を間違えて遅延しないことです。

まず支払うべき最低返済額と期日を確認

まずは、今月いったいいくら用意しなくてはいけないのかを確認しましょう。
これからアコムを利用するという方は、利用予定額をもとに必要な金額を確認してください。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でダントツNo.1!30日分の利息が完全ゼロ円!最短60分で借りられる!
利用額 最低返済額
5万円 2,000円
10万円 3,000円
20万円 6,000円
30万円 9,000円
40万円 1万2,000円
50万円 1万5,000円
60万円 1万8,000円
70万円 2万1,000円
80万円 2万4,000円
90万円 2万7,000円
100万円 3万円

最低限のこととして、上記の金額を用意しておかなければいけません。

万が一足りない場合は、今すぐにアコムの担当者に相談してください(アコム電話:0120-07-1000)。

アコムの返済期日は2パターン

アコムの返済期日は「35日ごと」「毎月指定期日」の、どちらかを選ぶことができます。

「毎月指定日」はその名の通り、毎月の指定した日に返済をしなければならないというものです。

「35日ごと」というのは必ず35日後に支払わないといけないというものではありません。35日間の間に支払えばいいのです。直近の返済した日から35日後以内が次の返済期日になります。

15日以上前に払うと約定返済扱いにならない

指定した日よりも15日以上前に返済した場合、前月分の追加返済の扱いになるのです。

「余裕ができたから追加で払う」というわけでもない限りは、支払日に注意してください。

もしも15日以上前に返済したからといって翌月に放置していると、遅延扱いになってしまいます。

サービスセンターへの電話はこちらから

急な収入の減少や体調不良、冠婚葬祭にまつわる突然の出費など、さまざまな理由から返済期日を過ぎてしまうことは考えられます。

その場合は”わかった時点”で、こちらからすぐにアコムのサービスセンターに相談0120-07-1000してください。

支払えないからといって放置しておくと遅延扱いとなり信用情報に傷がついて、次の借り入れやクレジットカードの契約などが難しくなります。

アコムサービスセンターの時間

アコムのサービスセンターへこちらから電話する場合、電話が通じる時間が限られているので注意してください。

アコムの総合デスク0120-629-215への電話は、必ず平日の9:00〜18:00に行うようにしましょう。

こちらからの電話を怠った結果としてアコムから電話がきてしまうケースは、あなたにとって非常に不都合です。

遅延をする最大のデメリット

アコムへの返済・支払いを遅延してしまった場合の、最大のデメリットは信用情報に傷がつくことです。

返済や支払いに関する情報を保管する、個人信用情報機関に記録が残ってしまい、今後のライフプランに影響を及ぼします。

例えば、以下のようなことは難しくなるでしょう。

信用情報が傷つくと

住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホの分割払いが不可に
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち
事実が知られると職場や家庭などでも信用を失う

スマホの分割払いやクレジットカードなら、なんとかすることができますが、他はそうと限りません。

住宅ローンを組めなければいつまでも賃貸住宅のままですし、賃貸住宅の保証会社にも入れなければ引っ越すことすらできません。

Q.最もよくある金融事故とは

Okazaki

ファイナンシャルプランナー|岡崎壮史

支払の遅延です

遅延とは、「返済期日までにお金の返済ができないこと」を言います。具体的には、「携帯電話の分割払い代金の返済が遅れる」などが該当します。そのため、安易な気持ちで支払いを遅らせることが多く、遅延が続くと、「住宅ローンやカーローンが組めなくなる」「クレジットカードが新しく作れなくなる」といったように、デメリットの方が大きいものになります。なお、遅延とされる目安の期間は、金融機関によって異なりますが、だいたい「2か月以上」返済が遅れると遅延として扱われてしまいます。

連絡を無視すると督促がくる

アコムからの電話連絡を無視し続けてしまうと、アコムから封書で督促状が送られてきます。

封筒にはアコムの社名ではなく、ACサービスセンターと記名されています。封書を開けなければアコムからとは分かりませんが、さすがに家族にバレても不思議ではありません。

督促状が届いてしまわないように、アコムサービスセンターからの電話連絡にはきちんと対応しましょう。

遅延が長引くと損害金が上乗せされる

アコムは返済期日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生します。

この遅延損害金は通常の返済額に追加されるうえ、遅延した期間が増えるほどに遅延損害金も増えます。

仮に10万円を1ヶ月遅延した場合、利息金額は以下のようになります。

 遅延時の利息総額 
通常の利息
10万円×18%÷365日×30日
=1,479円
遅延損害金
10万円×20%÷365日×30日
=1,643円
合計利息
1,479円+1,643円
2,122円

利息分だけで、この両方の支払いをしなくてはならなくなりますので、どんな手段を使ってでも遅延はしないほうが良いです。

Q.遅延損害金とは

Okazaki

ファイナンシャルプランナー|岡崎壮史

返済金に加えて払うお金のことです

遅延損害金とは、返済期日が過ぎてから返済を行った場合に、返済金とは別で支払わなければならないお金です。、そのため返済金額に返済期日から返済までの日数分だけ、損害遅延金として返済金額に上乗せして支払う必要があります。そもそも、遅延阻害金は返済期日までの返済を行っていれば、発生するものではありませんので、無理のない返済計画を立てていくことが重要になります。また、遅延損害金が発生すると、遅延したという信用情報に記録されることになるため、新たにカードを発行したり、各種ローンの審査が通りにくくなることがありますので、ご注意ください。

※注意※相談をしても損害金・信用情報の傷は免れられない

仮に間に合わないと判断して、上記に書いてあるとおりアコムへの相談をしたとしても、遅延損害金と信用情報への傷を免れるわけれはありません。

大事なことは、なんとしてでも返済期日に間に合わせることです。どうにもならないという人のために、次の項目で解決策を紹介します。

今後は必ず返済プランを立てて、余裕を持って返済ができるようなライフスタイルにしていきましょう。

Q.どうしても返済に困ったとき、真っ先に相談すべき専門機関とは

Okazaki

ファイナンシャルプランナー|岡崎壮史

法律事務所です

近年は、法律事務所のCMなどで「過払い金請求」の相談の案内の内容がながれることがふえてきました。このように、返済に困ったときには、まずは弁護士に相談される人が増えています。これは、返済に困ったときに取りうる手段として「債務整理」「自己破産」といった方法がありますが、仕組みが複雑で法律の要素が強いため、専門家である弁護士に相談することで確実に、債務を減らすことができるためとも考えられます。どうしても、返済に困ったときは、専門機関に相談する前に「借り入れている金融機関」に相談することも大切ですが、信用情報にはその旨が記録されてしまいます。

どうしても間に合わないなら別のローンで立て替える

アコムへの返済がどうしても間に合わない場合は、他のカードローンを利用して立て替えるという方法があります。

要は遅延さえしなければなんとかなるのですから、立て替え・もしくは借り換えるという方法を使うと良いでしょう。

ただし他のカードローンへ新規申し込みをする際は、返済の計画をしっかりと立てて無理のない範囲で利用してください。

図解でわかる!アコムの全て(借り方や審査など徹底解説)
アコムについてイチから詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。メリットだけでなくデメリットもしっかり解説しているので、参考になると思います。

おすすめの特集ページ

延滞に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る