SMBCモビットの増額申し込み方法から必要な書類や審査にかかる時間まで徹底解説

この記事に関するアドバイザ

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

この記事の目次

  1. SMBCモビットの増額は会員ページMyモビから申し込める
  2. SMBCモビットの増額審査の目的=返済能力の再確認
  3. SMBCモビットの増額はいつから可能?
  4. SMBCモビットを増額すると金利が下がる可能性がある
  5. ※注意※SMBCモビットを増額するには審査を受けなくてはならない
  6. SMBCモビットの増額リスク1|手続きに時間がかかる可能性がある
  7. SMBCモビットの増額リスク2|審査の結果によって減額・利用停止になる可能性がある
  8. SMBCモビットの増額リスク3|審査中は利用制限がかかる可能性がある
  9. どうしてもお金がないと困る、そんな人は…
  10. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 今日中にお金を用意したい
  • モビットは限度額が残っていない
  • 増額審査の結果がこなくて困っている

初回利用者にとって、モビットはスピーディーな対応が魅力の使いやすいカードローンに思えたことでしょう。
しかし、使い続けていればいずれ限度額が足りなくなります。
そんなとき、増額を考えるのは自然な流れですが、そのためには改めて審査を受ける必要があるのです。

SMBCモビットの増額は会員ページMyモビから申し込める

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

モビットの増額は、会員ページMyモビから行えます。
まずは、専用アプリをインストールしてMyモビにログインしましょう。

ログインは、ユーザーIDもしくはカード番号いずれかと暗証番号があれば行えます。

ログイン後に増額申し込み

赤枠で囲まれている個所をタップすると、増額申込画面に移ります。

増額申し込み前に、まずは本人確認のため、再度暗証番号の入力を行います。
カード番号・ユーザーIDが必要ですが、基本的に暗証番号以外の項目はデフォルト表示されています。

本人確認が終わったら、増額にあたっての注意事項を確認し、審査開始ボタンをタップしてください。

増額にあたっては、希望額の申請がこの段階で行えます。
デフォルトでは、現状登録している年収から逆算された上限金額が表示されています。

年収が前回より増加している場合、その金額を入力することで、表示されている以上の増額が可能です。
ただし、年収が前回よりも増加していない場合、デフォルト表示されている以上の増額はできません。

つぎに、収入証明書の提出を行います。
書類提出を行わないと増額審査は受け付けてもらえないのでご注意ください。

電話での本人確認

申し込みが完了し、およそ10分程度経つと、モビット担当者から電話連絡が入ります。

担当者からの電話連絡では、本人確認を兼ねて以下のような質問をされます。

 質問・確認内容 
  • 勤務先・住所に変更はないか
  • 年収金額に変更はないか
  • 給料日に変更はないか
  • 収入証明書の提出依頼
  • 信用情報を確認する旨の連絡

この他、増額審査中は利用制限がかかる旨も伝えられ、増額の本申込が完了します。

収入証明書を提出して増額審査開始

モビットを増額するためには、現状の収入状況を証明する書類を提出しなくてはいけません。

具体的には、源泉徴収票の写し、もしくは直近2ヶ月分の給与明細が提出できます。
収入証明書の提出が完了すると、その時点から増額審査が開始されます。

SMBCモビットの増額審査の目的=返済能力の再確認

初回契約時、モビットはあなたの返済能力を測るために、収入状況と個人信用情報を調査しました。
増額審査の目的も、初回と同じで返済能力の確認です。

収入が増えているかだけではなく、他社での借入れが増えていないかについても返済能力に関する審査の対象となります。

ただし、増額審査にあたっては初回と違って「モビットの利用状況」も確認されます。
滞納を繰り返すなど、信用できない行動を繰り返している場合は、収入状況がいくら好転していても増額審査は否決となってしまうのです。

元 銀行員|武藤英次
増額審査は返済能力の有無がより重要視されます

増額の審査が年収の多寡によって大きく左右されるのは事実です。
ただし、十分な増額ができるかどうかは、返済能力の有無が一層重視されるポイントとなります。
すでに返済能力が限界に近い状態であれば、充分な増額を勝ち取るのは難しいでしょう。つまり、年収が増えたかどうかよりも、むしろ今の年収でも十分な返済可能であるかどうかの方が増額する上での、大切なポイントとなります。

【注目】増額審査では会社連絡は基本的に行われない

結論から言います。モビットの増額審査において、会社連絡は基本的に行われません
もちろん例外はありますが、契約時と収入状況が変わっていないのなら、会社バレの心配をする必要はないでしょう。

勤務先が変わっていると会社連絡が行われる

例外的に、勤務先が変わっている場合には会社連絡がおこなわれます。その際も基本的には電話で会社へ連絡されるので、あらかじめ自分が対応できる時間を指定しておきましょう。

どうしても都合が悪ければ書類での会社連絡に切り替えてもらえる場合もありますが、利用者から頼んで必ずしも書類確認に切り替えてもらえる保証はありません。

ただし収入証明ができる書類が必要

会社への電話連絡が行われない代わりに、モビットからは収入証明書類の提出を求められます。
これは総量規制の範囲を超えた増額をしないためです。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

SMBCモビットの増額はいつから可能?

モビットへの増額申し込みは、利用者であればいつでも行えます。しかし、利用期間が短かったり利用実績が短すぎると増額は行えない可能性があります。

具体的な必要期間は公開されていませんが、少なくとも半年以上は利用しておくべきでしょう。

利用期間が十分でも借り入れ回数が不十分だと…

たとえ利用期間が十分にあったとしても、借り入れと返済の実績がなければ増額審査は受けられない可能性があります。
増額とはモビットからの信頼を積むことができた人だけが申し込める手続きなので、単に利用期間が長いだけでは不十分なのです。

少なくとも、1度も借入していない状態では増額は難しいと考えてください。

SMBCモビットを増額すると金利が下がる可能性がある

SMBCモビットへの増額申し込みにより、限度額が増えると、それに伴い金利が下がる可能性があります。

融資額が増えれば毎月の返済額も増えるので、金利の引き下げによってその負担が軽減される仕組みとなっているのです。

増額したからといって必ずしも金利が下がるわけではありませんが、場合によっては今までよりもお得にお金を借りられる可能性があります。

Q.増額すると必ず金利は下がる?

Mutou

元 銀行員|武藤英次

十分な増額ができないと金利は下がりません

カードローンの適用金利は基本的に利用限度額に基づいて決められます。
金利の変更の境界となる金額はカードローン会社によって異なりますが、その境界線を超える増額とならない限り、金利が下がることはありません。

※注意※SMBCモビットを増額するには審査を受けなくてはならない

SMBCモビットで増額するためには、新たに審査を受ける必要があります。

この審査で落ちてしまうと、限度額を増やすことができません。

SMBCモビットの増額審査に落ちやすい人の特徴をチェック

増額審査で落ちる人には、共通点があります。申し込みを悩んでいる方は、以下の4項目に心当たりがないか、セルフチェックしておきましょう。

 増額審査に落ちやすい人の特徴 
返済に遅れがち
SMBCモビットでの返済状況が良好でない人は、増額審査に対して不利になります。
他社借入金額が増えている
他社借入の増加は、返済能力の低下を意味します。
収入状況が改善されていない
転職等で雇用形態や年収状況が悪化していたり、勤続期間が短い人は、返済能力が低下しているため審査に落ちる可能性があります。
金融事故で信用情報が悪化している
クレジットカードや他社ローン商品で、支払い・返済の長期延滞を起こしている人などは、審査に落ちる可能性が高いです。その利用状況が金融事故化し、信用情報が傷ついている可能性があるからです。

※増額審査の基準は公開されておらず、金融機関により異なります。弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

増額に申し込む際の注意

上記4項目に心当たりが無い方も、SMBCモビットの増額を希望するなら申込時に注意すべきポイントがあります。

 増額申込時の注意点 
希望額を大きくしすぎないように
申し込み額が収入に対して大きすぎると、希望通りの増額ができません。場合によって、審査落ちにつながることもあります。
収入証明書の提出を求められる
50万円を超える限度額への増額を希望する場合、収入証明書の提出が求められます。
場合によって会社連絡がある
勤務先に変更があったり、収入状況に大きな変化があった場合などは、会社連絡(在籍確認)が生じる可能性があります。

SMBCモビットの増額リスク1|手続きに時間がかかる可能性がある

SMBCモビットの増額手続きは、必ずしも速やかに完了するとは限りません。

増額の手続きは契約時と異なるため、場合によっては時間がかかる可能性があります。

急ぎでお金を借りたいという方の場合でも、間に合わない可能性があると考えておきましょう。

SMBCモビットの増額リスク2|審査の結果によって減額・利用停止になる可能性がある

審査結果次第では、減額処分となる可能性があります。

例えば、返済遅延を複数回している方は、SMBCモビットからの信用が低下しているため、減額・利用停止の可能性があると言えるでしょう。

SMBCモビットの増額リスク3|審査中は利用制限がかかる可能性がある

SMBCモビットへ増額の申し込みをすると、審査中は限度額までの残りの限度額分の借入れができなくなる恐れがあります。

増額の審査には、契約の見直しをする意味合いもあります。

現状の限度額が「返済能力に対して高すぎる」と判断される可能性も考えられるため、過剰融資のリスクを回避するため一定の制限を設ける必要があるのです。

増額審査中の利用制限の例

例えば、限度額50万円で40万円まで借入れをしている状態で増額審査をしてしまうと、審査中は残りの10万円が借入れできなくなってしまいます。

審査中に急な出費など急ぎでお金が必要になったときに、再度他社から借入れをしなくてはならなくなってしまうことのないよう、増額審査を始める際には十分な検討が必要になります。

どうしてもお金がないと困る、そんな人は…

クレジットの支払いに間に合わない
家賃の引き落としができそうにない
そういえば公共料金も払っていなかった

お金がないと本当に困るというのに、手元のSMBCモビットは限度額不足。そんな状況でも、安易な増額はやはりおすすめできません。
とはいえ、お金を用意できないリスクも無視できないものですよね。

どうしてもお金が必要なら、別の選択肢を検討してみてください。

他カードローンに新規で申し込むという選択肢

別の選択肢とは、他カードローンに新規申し込みするというものです。

もちろん、入会審査を受ける必要はありますが、増額審査とは異なる仕組みが採用されています。

そもそも、審査基準というものは各金融機関で個別に設定されているので、「増額審査に落ちてしまった」「増額審査に通過する自信がない」といった方でも、お金を借りられる可能性があるのです。

新規申し込みする方が手間がかからない

増額を申し込むと、基本的に収入証明書の提出を求められるため、人によっては手続きに手間がかかってしまいます。

収入証明書なしで利用できるカードローンを選べば、スマホと身分証明書さえあれば新規申し込みできるので、面倒な思いをせずに済むでしょう。

※借入希望額や金融機関の判断によっては収入証明書の提出を求められるケースがあります。

審査が早いカードローンなら即日で借りることもできる

ちなみに、審査が早いカードローンであれば、最短で即日融資も可能です。
特に、審査が最短30分で完了するカードローンであれば、今日中にお金を用意することもできるでしょう。

では、具体的にどのようなカードローンを選べばいいのか?オススメは、以下の通りです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

早ければ本日中に借入れできます。
初回契約の方であれば最大30日間、利息がかかりません。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

カードなしでの借り入れも可能です。
契約は全てWEB上で完結できます。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

最短1時間で借入れできます。
お振込みで借入しても、通帳に「アイフル」の文字は残りません。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

SMBCモビットは利便性が高くて、人気のカードローンです。しかし使いすぎてしまうと、限度額不足になる可能性があるでしょう。

どうしてもお金が必要...。という状況なのに限度額が足りない場合は、増額という方法が浮かぶかもしれません。

しかし増額は時間がかかり、場合によっては減額・利用停止の恐れもあります。増額へ申し込みをする際はこのようなリスクも加味して決断しましょう。

人によっては他のカードローンへ新規申し込みをする方が良いかもしれません。特に大手消費者金融のカードローンであれば、最短即日融資が見込めるので、急ぎの人にもおすすめです。

増額に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る