プロミスへの返済方法で銀行振込を使う2つのメリット|手数料や最終返済時に発生する端数

2018年10月12日更新

Murakami
この記事のアドバイザ
大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

 この記事の要点はこちら 
  • ・プロミスの返済方法は5種類ある
  • ・ATM返済は1,000円単位
  • ・端数の返済は銀行振り込みで対応

プロミスでは返済時に様々な返済方法から利用者の都合に合わせた支払が可能です。もちろん、銀行振込による返済も可能です。

しかし、様々な返済方法の中からわざわざ銀行振込による支払いを選択するメリットはあるのでしょうか。

今回はプロミスへの返済方法を確認したうえで、銀行振込による支払を行う場面や必要性について検証してみましょう。

 プロミスSMBCコンシューマーファイナンス
金利 
限度額
審査 
融資 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
:最短1時間
他消費者金融よりも金利が安くてお得!
銀行閉店後も最短10秒で振込可能!※1
アルバイト・パートでも当日利用可能!
30日分の利息が完全ゼロ円!※2
公式サイトへ▶

※1:三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座が必要です
※2:メールアドレスの登録とWeb明細の利用が条件です

プロミスの様々な返済方法

プロミスでは実に様々な返済方法が存在します。

プロミスの返済方法
  • 専用ATMによる返済
  • コンビニ・銀行など提携ATMでの返済
  • 銀行振り込みによる返済
  • インターネットバンキングでの返済
  • 店頭窓口での返済

さまざまな返済方法が選べるので、利用者のライフスタイルに併せた柔軟な返済が可能なのです。

プロミスでの返済方法によっては手数料・時間・手間が変わる

プロミスでは多様な返済方法の中から利用者の都合で選択が可能ですが、返済方法によってはデメリットが存在します。

そのデメリットとは、手数料などのコストがかかるのと時間や手間がかかることです。

それらを考慮したうえで、利用者にとって一番メリットのある返済方法は口座振替でしょう。残高の管理さえ行えば期日には自動的に返済が完了するのでコストがかかりません。また、インターネット返済も手軽に操作でき、手数料などがかからずに返済することが可能です。

逆に、銀行振込による返済は振込手数料を利用者が負担しなければならないうえ、ATMまで出向き振込処理を行うか、インターネットバンキングで振込の処理を行う手間がかかります。また、一部の提携ATMで支払う場合にも返済時に手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

プロミスへの返済で銀行振込を行うメリットは少ない

Gahag 0114478564 1

すでにご紹介したように、プロミスで銀行振込による返済を行うメリットはあまりありません。

実際に、銀行振込は振込手数料を負担しなければならないうえ、店舗やATMまで出向く手間がかかります。

また、インターネットバンキングを利用して振り込むのであれば、プロミスとインターネット返済を提携している銀行を利用してインターネット返済を行ったほうが、費用も手間もかかりません。

しかし、返済期日までに支払が間に合わず延滞した場合には基本的に銀行振込で返済することが多くなります。

延滞したときには銀行振込で返済するのが便利

延滞したときにも基本的に通常の返済方法で返済はできます。しかし、口座振替の時のみ、注意が必要です。

例えば、口座振替による返済方法を選択している場合には、口座残高の不足によって返済期日に支払いができません。

そのときには、プロミスコールに連絡して遅延損害金も含めた支払総額と支払先の銀行口座を確認のうえ、銀行振込で返済するケースが一般的です。

なお、返済期日から30日以内の返済であれば、プロミスコールの自動音声応答でも手続きは可能です。

また、支払先の銀行口座については、プロミスのインターネット会員サービスまたはプロミスコールで確認することになります。

銀行振込は一括返済や最終の返済時に端数が出ないよう支払える

Denntaku

実は、上記のケース以外にもプロミスで銀行振込による返済を行えるケースがあります。それは、一括返済や最終の返済時に端数が出ないよう支払いたいときです。

プロミスでは残高スライド元利定額返済方式で返済額が決まりますが、最終的な返済額は計算式の千円未満の端数を切り上げているため、通常の返済時には千円未満の端数が発生しません。

しかし、一括返済や最終返済時には1円単位まで端数が出ます。硬貨を利用できないATMなどでは支払い時に精算完了できない場合もありますが、銀行振込では1円単位まで指定額で振込することができますので最終の振込時点で全ての返済が完了します。

支払時に1円単位の端数がでたときにも銀行振込が便利

一括返済時や最終返済時に1円単位の端数が出ていても、千円単位のATMなどで返済を行うことは可能です。千円単位に切り上げて支払い、払い過ぎた金額を銀行振込または店頭窓口で返金してもらえます。

また、近いうちに借入の予定があるようでしたら、次回借入時の利用残高から相殺してもらうことも可能です。

インターネットバンキングを利用した返済でも1円単位まで返済が可能なので、わざわざ振込手数料のかかる銀行振込を優先して利用する必要性はあまり感じられません。

まとめ

Phone

プロミスへの返済は、様々な返済方法の中から利用者の都合に合わせた方法で支払うことが可能です。

具体的な返済方法には口座振替、インターネットバンキングや提携ATMを利用した返済、銀行振込などがありますが、それぞれの返済方法にはデメリットも存在します。

特に、銀行振込では振込にかかる手数料は全て利用者負担となり、振込処理をする手間もかかります。

しかし、延滞したときの支払や一括返済または最終の返済時には1円単位の端数が出ますので、銀行振込で支払わなければならないケースも出てきます。その際には、プロミスコールなどで振込金額と振込先口座の確認をしなければなりませんので注意が必要です。

最寄りのプロミス店舗は以下より検索

店舗情報

※一部21時もあります。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る