プロミス利用の証拠を残さないカードなしのキャッシング・返済の方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

どうしてもお金が必要だけど、できればカードを手元に置いておきたくない。

そんな方は、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを検討しましょう。
プロミスなら、カードを一切使わずに借入・返済できます。

プロミスの利用にカードは必要ない!

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査 最短30分
限度額 最大500万円 融資 最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスは、カードを使ってコンビニATMからでも借り入れできることが魅力のひとつです。

しかし、利用にあたっては必ずしもカードが必要というわけでもありません。

内緒で借りたい人が求めるカードなしキャッシング

一部の利用者にとっては、「カードを使って借り入れできる」という特徴が、返って不便になっています。

しかし、メリットであるはずの特徴が、何故反対にデメリットとして考えられてしまうのでしょうか?

一般的には、「家族やパートナーに借り入れの事実を知られたくない」「人の目に触れる場所にカードを置き忘れたらと思うと不安」といった思いから、カードなしキャッシングを求めるようです。

プロミスをカードなしで利用するメリット

プロミスをカードなしで利用すれば、上記の悩みは確かに解決できます。
要するに、以下3つのメリットを得られるわけです。

 カードなしキャッシングのメリット
キャッシングの証拠が残らない

カードを発行しないということは、手元にプロミスを利用している証拠が残らないという意味でもあります。
物的証拠が残らないので、誰かにカードを見られて借入がバレてしまうような事態は起こりません。

無計画な借入を防げる

カードがあると、ついつい「何かあったらプロミスを使えばいい」という考えが残ってしまいます。
カードが無ければ、ちょっとした緊急時に勢いで借りてしまうことも無いため、無計画な借入の多発を防げます。

すんなりと解約できる

無計画な借入が無ければ、1度目の借入金を完済した時点でスムーズに解約できます。
誰にも内緒で借入し、そのままコッソリ解約してしまいたい。そんな方も、カードなしでプロミスを利用すれば安心です。

なお、完全カードレスの借入方法を選択したとしても、プロミスカードは任意で自動契約機から発行できます。
途中で計画が変更になった場合も臨機応変に対応できるので、非常に使いやすいカードローンだと言えるでしょう。

何にしても、公式サイトからのネット申し込みを行うことが、カードレスキャッシングを行う最低条件です。
まずは、プロミス公式サイトから入会手続きを済ませておきましょう。

プロミス
金利   :4.5~17.8%
限度額  :最大500万円
審査時間 :最短30分
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

スマホからカードなしでキャッシング

カードを受け取らずに借入をするには、スマホを利用することにポイントがあります。

申し込み後、会員ページから「銀行振り込み依頼」をすることも可能です。

最近ではプロミスのアプリを利用して、セブン銀行ATMからカードレスでキャッシングが可能になりました。

ここがポイント!
特定の口座がある方は瞬フリ!
24時間振込が可能な銀行口座を持っていれば、原則、24時間365日いつでも最短10秒で振り込んでもらえる「瞬フリ」が利用できます。
時間を選ばずにカードなしの借入ができるので、該当口座を持っている方にはおすすめです。

Q.振込キャッシング利用時の注意点

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

利用時間と通帳記帳

振込キャッシング一部消費者金融が一部の銀行口座のみ365日24時間の振込サービスを行っているものの、基本的には平日の14時までに振込を依頼しないと当日中にキャッシングを行うことができません。
また、振込キャッシングは当然ながら、通帳に振込を受けた履歴が残ります。心配なら通帳が存在しないネット銀行の口座をキャッシング専用口座としてあらかじめ作成しておいたほうがよいでしょう。

セブン銀行ATMでカードレスキャッシング

これまでのプロミスでは、カードレスキャッシングは銀行振り込みに限られてきました。そのため15時以降に申し込んでも、翌営業日まで待つ必要がありました。

しかし、プロミスのスマホアプリを利用すれば、セブン銀行から夜間でも即日キャッシング可能になったわけです。

カードなしの返済方法

カードを利用すれば、提携ATMに直接入金する形で返済が行えます。しかし、カードなしで返済を行う場合は、借入と同じく銀行口座が必要です。

プロミスの場合、カードなしで返済を行う方法は2通りに分かれます。

毎月指定日に行われる口座振替

口座振替とは、いわゆる自動引き落とし返済です。特定の銀行口座から、毎月の指定日に最低返済額分の引落しが行われる方法で、返済の遅れを確実に防ぐことができます。

最低返済額分の支払いしかできませんが、手数料が発生しないので、利息以上の無駄なお金を払わずに済むというのも魅力です。

指定口座に直接入金する振込返済

カードなしで追加の返済を行いたい場合は、振込返済を利用する必要があります。

プロミスの会員ページで入金先口座を確認し、ATMから振込先口座の登録をしておけば、いつでも手軽に追加返済できるのが利点です。

ただし、利用にあたっては各金融機関が定める手数料が発生するので、利用回数はできるだけ抑えましょう。

ここがポイント!
ネットバンキングを使えば手数料なし
プロミスは、一部金融機関のネットバンキングから手数料なしの振込返済ができます。
以下の銀行に口座を持っている方は、ぜひネットバンキングの利用開始と活用をしてください。
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行

カードなしには注意も必要

カードなしで借入・返済を行うということは、プロミスの一部サービスを利用できないという意味でもあります。

具体的には、以下のようなプロミスカードがあるからこそ利用できるサービスが利用できません。

利用できなくなるサービス
現金の直接出金
提携ATMにプロミスカードを挿入し、希望額分の出金を行うサービス。
現金の直接入金
提携ATMから直接現金を入金し、返済するサービス。
コンビニ返済
FamilyMartのFamiポート、ローソンのLoppiを利用した、手数料ゼロ円の返済。

最も安全・確実なカードなしキャッシング

さて、プロミスカードを利用しない借入・返済については、単に受け取ったカードを全く使わないというだけでも実現できます。

しかし、そもそもカードを発行せずにプロミスを利用するためには、WEB完結申し込みを利用するのが一番です。

プロミスでWEB完結する方法

WEB完結申し込みとは、申し込みから返済まで全ての手続きがネット上で完結するプロミス利用方法です。

郵送物が全く発生せず、自動契約機に足を運ぶ必要もないため、利用者が必要としない限りプロミスカードを一切受け取らずに済みます。

WEB完結でプロミスを利用する場合、以下の流れで手続きを踏んでください。

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 希望の契約方法で「Web」を選択
  3. 返済方法で「口座振替」を選択
  4. 「カード郵送希望なし」を選択

WEB完結を利用するうえで、満たしておく必要がある特別な条件は全くありません。
通常のWeb契約と同じ流れで利用できるので、必要な方は早めに申し込みを済ませておきましょう。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

どうしてもカードが手元にあると困ってしまう。そんな時は、プロミスのカードなし借入・返済を利用してみてください。
カードなしで利用すれば、誰かに借入がバレる心配はありませんし、無計画な利用を防げるのですんなりと完済・解約できます。

特にWEB完結で申し込めば、カード発行が一切必要なくなるのでおすすめです。
万が一、どうしてもカードが必要になっても、プロミス自動契約機でいつでも発行できるので安心してください。

Q.内緒でキャッシングしたい人が注意すべきこととは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

WEB完結を活用しましょう

キャッシングが家族や会社にばれる可能性が最も高いのはやはり申込時です。
申込の際にかかってくる申込内容確認の電話や、審査結果の電話が家族のだれかに聞かれてしまったらばれてしまうかもしれません。
郵送でカードを受け取る場合、本人限定受取郵便とはなっていますがここでばれてしまう可能性があります。
電話、郵便の2つのリスクが最も少ない契約方法が、WEB完結契約です。

おすすめの特集ページ

プロミスに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る