アコムからの厄介な電話の回数をできるだけ減らす方法【電話なしでお金を借りたい人向けのサービス】

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

もしもし。アコムの●●と申しますが…

仕事中、休暇中、娯楽中などに、こんな電話がかかってきたら、あまり良い気はしませんよね。

アコムも利用者の事情は充分に解っていますが、それでも電話をしなければならない場合があります。では、どのような場合にどこ電話がかかってくるパターンが考えられるのでしょうか?

 この記事で分かること

アコムはどんな時に電話してくるか
アコムからの電話を回避する方法はあるのか
お金を借りる時は絶対に電話確認は必要なのか
電話確認なしでお金を借りられる所はあるのか

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査時間 最短30分
限度額 最大800万円 融資時間 最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

絶対にアコムから電話が来るタイミング

アコムから電話がかかってくるのは様々なケースでありますが、「電話をかけないでくれ」と依頼すれば電話をかけない場合と、どうしてもアコムからの電話が避けられない場合とがあります。

まずは必ず電話がかかってくるケースをご紹介します。

審査時の本人確認と在籍確認

申し込みの確認電話

申込時は「お申込みありがとうございます」とアコムから電話があります。アコムはこの際、本当にこの番号が本人の連絡先で合っているかの確認を行っています。電話の際に生年月日の確認があります。

在籍確認の電話

また、申込時には申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認する勤務先への在籍確認という作業があります。

在籍確認はアコムが勤務先へ電話をかけて「○○様いらっしゃいますか?」と確認します。書類などで代用できる場合もありますが、基本的には電話が必要と覚えておきましょう。

大手消費者金融で会社への電話連絡を公式に無くすことができるのは、SMBCモビットのWEB完結申し込みだけです。

Q.在籍確認の電話を無くす方法が知りたいです

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

例外はありますが、基本的には無くすことはできません

在籍確認の電話は申し込み者の勤務状況・収入状況を確認するための重要なファクターなので、ほとんどの場合で無くならないと考えた方が良いでしょう。あくまでも例外として、書類の提出などをもって在籍確認完了としてくれるケースもあると考えておきましょう。
どうしても電話を避けたいなら、金融機関の担当オペレーターに相談してみてください。電話以外の方法に変更してもらえるケースもありますが、決定権は金融機関側にあります。

返済が遅延した際の督促の電話

まずは携帯に電話連絡が来る

返済が遅れた場合は電話で督促があります。これは嫌だと言っても遅れているのだから督促はやむを得ず、電話がないようにするには遅れがないように返済するしかありません。

最初に携帯電話へ電話をして、出なかったら勤務先や自宅へ電話があるという流れになります。

一度応対すれば暫くは鳴らない

督促の電話でいつ返済するという約束をしてしまえば、その日まで督促の電話はありません。

また、勤務先や自宅へ督促の電話があったとしてもアコムとは名乗らないため、勤務先や家族にバレるようなことはありません。

Q.督促時の電話内容とは

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

返済日を約束すれば問題ありません

カードローンなどの返済が遅れると、金融機関から催促の電話がかかってきます。金融機関や債務の内容によってタイミングは異なりますが、概ねそのニュアンスは、入金が確認できませんでしたが…、と言ったソフトなもので、その時点で謝罪し、返済できる日を約束すれば、その間は電話もありません。なお、延滞中は新たな借り入れはできませんが、約束通り返済すれば、従来通り再度利用できるようになります。いきなり勤務先に電話をかけてきたり、訪問されることはありませんが、催促の電話を無視し続けると、自宅に督促状が届き、さらに3ヶ月以上延滞すると、法律上期限の利益の損失となり、金融事故として扱われることに注意しましょう。

無視は絶対にダメ

会社への在籍確認の電話は無視していても基本的には問題がありません。審査通過が遅くなるかもしれませんが、その会社に在籍しているのが分かれば大丈夫です。

したがって、「〇〇は席を外しております」と誰かが電話で伝えてくれれば在籍確認が取れたことにしてくれるカードローンもあります。

しかし、返済遅延の電話は絶対に無視してはいけません。

返済がかなり遅れている上に、催促の電話を何度も無視していると自宅に督促状が届きます。これによって周囲の人にカードローンの利用だけでなく返済遅延まで知られかねません。

回避できるアコムからの電話

上記の2つのパターンは電話をかけるなと言っても避けることはできませんが、他の電話は避けることができます。
以下、避けることができる電話の種類を紹介します。

増額案内の電話

アコムでは年に数回、契約している顧客について、増額の審査をしています。返済実績に問題がない優良顧客にはさらに多くの金額を利用してもらいたいためです。

この審査に通過している人にはアコムから増額の案内の電話がありますが、このような案合の電話は止めてくれと言えば以後かかってくることはありません。

完済後のセールスの電話

以前アコムを利用していて、今はもう契約していないような人の情報もアコムは保有しています。

そのような以前はアコムのニーズがあった人に対して、再度の利用を呼びかける電話をアコムは行っていますが、この電話も止めてくれと言えば以後かかってきません。

アコムの都合で電話をかけているような電話はすべて嫌だと言えば、電話はかかってきません。

アコムはプライバシーを尊重してくれる

アコムは督促の際も勤務先への在籍確認の際も本人以外には絶対に要件を言いませんし、アコムだと名乗ることもしません。

本人の周りの人から「消費者金融からお金を借りている」とバレないように配慮してくれます。
そのため、基本的には督促もセールスもすべての電話が携帯電話にかかってきます。

繋がらない場合は家族などにばれる可能性も

電話でいくら督促しても約束を守らないとか、遅延が長期になってしまったとか、電話に全く出ず本人と連絡が取れないといったような場合には郵送で督促状などが送られてきます。

この場合は送り主ははっきりと「アコム」と書いてありますので、家族にアコムからの借入れだと発覚してしまうことになります。

最初の申し込み時の電話は避けられませんが、返済遅れによる電話や郵送物は、注意すれば回避できるようになっています。返済をきちんとしていれば問題ありませんので、覚えておきましょう。

【注目】どうしても電話連絡なしでお金を借りたい場合

「仕事先への電話を何とか回避したい」
「電話連絡なしで借りられる先が知りたい」

そんな時は、アコムに相談をしてみるのも1つの手段です。電話なしにできる可能性がゼロではありません。

しかし、それよりも確実なのは、別のカードローンに申し込む方法です。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査時間 公式サイト参照
限度額 最大800万円 融資時間 最短即日
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビットの提供している「WEB完結」という申し込み方法であれば、申し込み時の電話連絡を回避することが可能です。その際、通常の申し込みの他に、給与明細などの書類が必要になる点だけ覚えておきましょう。

SMBCモビットはアコムと金利設定はまったく一緒です。無利息期間こそありませんが、サービス内容ではアコムに引けを取りません。三井住友銀行グループの会社なので、安心感も問題ないでしょう。

公式サイトへ

※:申し込みの時間・曜日によっては翌日以降の対応となります。

【まとめ】普通に使っていればアコムもSMBCモビットも電話はしてこない

紹介してきた通り、アコムにせよSMBCモビットにせよ、本当に必要な時以外は電話をかけてきません。

ほとんどのカードローンは、申込時の電話確認は必須ですが、SMBCモビットのみそれを回避できる可能性があります。どうしても電話がムリな場合はSMBCモビットを検討してみてください。

また、どちらでお金を借りた場合であっても、返済は必ずきちんと行わなければいけません。返済をしなければ、アコムもSMBCモビットも催促の電話をかけてくることだけは覚えておきましょう。

この記事で紹介したサービス

◆三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
「アコム」公式ページ

◆三井住友銀行グループ
「SMBCモビット」公式ページ

▼アコムの関連記事▼

在籍確認に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
  • 金融庁
  • 日本賃金業協会
  • 割賦販売法・賃金業法指定信用情報機関
  • 指定信用情報機関 株式会社日本信用情報機構
  • 金融庁
ページトップに戻る