即日融資できる収入証明書不要カードローンでお金を借りる方法

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

 この記事を読んだ人は… 
  • 今すぐお金を借りる方法がわかる!
  • 提出書類を増やさない条件がわかる!
  • 借りるまでの流れがわかる!

今すぐお金を借りたい!でも、給与明細ないし...。このような状況になっていませんか?

でも安心してください!ポイントさえ押さえておけば、収入証明書なしでお金を借りることが可能です。

また、ここで紹介するカードローンは、収入証明書不要で申し込みができて、審査も最短30分。即日融資だって可能です。まずは、具体的な流れと注意点を確認しましょう。

今日中に借りたいけど給与明細が見当たらない!

カードローンは、保証人なしで即日融資ができる便利な商品です。しかし、申し込んでみると収入証明書の提出を求められるケースがあります。

その際に提出できる主な収入証明書は、以下の通りです。

収入証明書
  • 給与明細(直近2~3ヶ月分)
  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 確定申告書類
  • 住民税決定通知書類

この中でも最も身近なのは、給与明細と言えるでしょう。しかし、3ヶ月前の給与明細はなかなか見当たらなかったりしますよね。

収入証明書の再発行は時間がかかる…

手元に収入証明書がない場合も、勤務先や市役所などで再発行することはできます。しかし、再発行の手続きには時間がかかるので、即日融資は諦めざるを得ないでしょう。

手続きには手間がかかりますし、小さな事務所などでは収入証明書の再発行を依頼したことからキャッシングがばれる恐れもあります。

Q.最も早く用意できる収入証明書とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

所得証明書です

筆者は銀行員時代に顧客が/の手元に収入証明書がないときには、所得証明書を地元の役所で発行してもらっていました。また、所得証明書は住民票などと同じように、地域に存在する支所でも入手できる自治体が多いため、意外なほど簡単に入手できてしまいます。また、所得証明書にはすべての収入が記録されています。源泉徴収票や給与明細には給与所得しか記載されていません。しかし、不動産所得や農業所得などの副収入がある場合には、これらの所得と給与所得が合算された所得が記載されますので、給与所得以外の所得がある人は、源泉徴収票よりも所得が高くなるため審査は有利になるというメリットがあります。自治体によって手数料は異なりますが、手数料として300円程度かかること、運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要となります。

自営業者で収入証明書不要は難しい...

自営業者の方がカードローンを利用する際は、収入証明書不要にならない可能性が高いと言えます。

カードローンは、申し込み時に勤務先を申告します。これらの情報から申し込み者がどれくらいの年収か分かります。

自営業者の方は、こういった会社情報がないため、年収が不透明になりやすいと言えるでしょう。

確定申告書といった収入証明書が、唯一の年収を裏付けるものとなるため、求められる可能性が高いのです。

収入証明書不要で即日融資は可能

はっきり言って用意が面倒な収入証明書。「収入証明書なしでお金を借りる」。これができたら、申し込みの手間が減るでしょう。

実は、条件次第で収入証明書の提出を不要にすることができます。

そもそも、各金融機関には書類提出の条件が決められており、それさえ理解すればどんなカードローンも収入証明書不要にできるのです。

50万円までならどこでも収入証明書不要

収入証明書の提出条件には、融資希望額が関係しています。ボーダーラインは50万円で、これを超えない限りはどんなカードローンも収入証明書不要です。

これは総量規制という制度で定められたルールであり、消費者金融やクレジット会社はこれに従って収入証明書の提出を求めてきます。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

このように、50万円という額が基準となって、収入証明書の必要・不要が決定するわけです。

収入証明書不要のキャッシングはメリットが多い

収入証明書を提出しなくてもキャッシングができるカードには、多くのメリットが存在します。特筆すべきは、「借りやすいこと」と「誰にもバレないこと」でしょう。
しかし、収入証明書がないことがなぜそういったメリットにつながるのでしょうか。

提出書類が少ないと借りやすい

収入証明書不要ということは、最小限の準備物でキャッシングができるということです。要するに、スマートフォンと身分証だけでキャッシングができるようになります。

身分証は、ほとんどの人が財布などに常備していることでしょう。この記事をご覧になっている方はスマートフォンかパソコンをもっているので、そういった人は今すぐにでも即日融資ができるのです。

確かに50万円という壁はあるものの、最初からそれほどの大金を望まない限り、どこに申込んでも借りやすいと言えるでしょう。

手続きが簡単なので誰にもバレない

収入証明書不要のキャッシングカードは、申し込みの手続きも簡単になっています。これには、誰にもバレないで利用できるというメリットもあります。

収入証明書が必要になっていたら、そうった書類を手配するまでに手間がかかってしまい、手続きの最中に誰かから怪しまれるリスクがあります。
また、収入証明書が必要なほどの高額キャッシングになると、審査は厳しくなって所要時間も長くなり、その分誰かに勘付かれるリスクも上がります。

そういったリスクを回避できることから、収入証明書不要のカードは安全性がとても高いのです。

Q.内緒で即日融資したい人は何に注意すべきか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

書類の用意を事前にしておく

内緒で即日融資をしたいという人は、書類を事前に用意しておくようにしましょう。金額にかかわらず必ず必要となる書類は運転免許証などの本人確認書類です。また、金額によっては給与明細、源泉徴収票などの収入証明書が必要になります。収入証明書が手元にないと家族に「どこにある?」などと尋ねてしまうと「何に使うの?」と怪しまれてしまうこともあります。会社への再発行を急ぎでお願いしても、会社の人から「何に使うの?」と怪しまれる可能性もあります。このため、申込に必要な書類を事前に把握して、申込を行ってから周りの人に書類の用意について迷惑をかけないということが重要です。申込日前日に収入証明書がないことが分かれば、その日のうちに所得証明書を取得するなどの準備を行っておきましょう。

収入証明書不要でも嘘は厳禁!

例え、収入証明書不要でも、決して嘘をついて年収を記載してはいけません。もし嘘の申告をしたとしても、それがバレて審査に落ちてしまうでしょう。

カードローン会社は、これまで培ってきた審査ノウハウと膨大なデータから、あなたの大体の収入を予測できます。加えて、在籍確認という会社が分かる工程もあるので、会社から給料も見通されるでしょう。

また収入証明書は不要と記載されている場合でも、カードローン会社が必要と判断した場合は、収入証明書を求められる可能性もあるのです。

※ここに注意※
勤務先に関する虚偽は必ずバレます
すでに退職した勤務先を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレてしまいます。
こういった虚偽は明らかに不正申し込みとみなされ、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあるでしょう。

収入証明書の偽造は決してしてはならない

収入証明書がないという方のなかには、「なんとかして収入証明書を用意しないと」と考えている人もいるでしょう。しかし、事実とは反する収入証明書を提出することだけは決してしてはなりません。

世の中には”アリバイ会社”という、あたかもその人がその会社で働いているようにみせるサービスがありますが、決して利用しないでください。

万が一偽造がバレてしまった場合は、そのカードローン会社を2度と利用できません。もし利用できたとしても、嘘がバレた場合は、返済分を一括請求をされるリスクもあります。

さらには、刑法で詐欺罪や偽造文書等行使の罪に問われる恐れもあり、そうなれば最悪の場合、罰金もしくは懲役刑に処される可能性もあるのです。

即日融資したいなら審査スピードには注意!

50万円以下の借り入れを希望している人は、収入証明書不要なのでカードローン利用手続きの手間が減り、よりスピーディーなキャッシングができるようになります。

しかし、即日融資を希望しているなら、そもそも審査が早いカードローンを選ぶのがオススメです。

プロミス

審査 最短30分
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

24時間365日いつでもお申込み可能です。
公式サイトからお申込みいただいた場合、早ければ1時間後に借り入れ可能となります。

公式サイトはこちら

アコム

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

今日・明日中にでもお金が必要な方におすすめです。
借入が初めての方でも安心してご利用いただけます。

公式サイトはこちら

アイフル

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

初めてのご利用の方は、ご契約後30日間は金利が0%となります。
在籍確認の直前に、申込者本人に「これから電話します」と連絡をくれるなど、職場の方に利用を知られないよう配慮してくれます。

公式サイトはこちら

50万円以上必要なら?

消費者金融で50万円以上のお金を借りるためには、収入証明書は絶対に提出しなくてはなりません。

しかし、銀行カードローンなら収入証明書不要で借りられます。銀行には総量規制が関係しないため、収入証明書が必要となるボーダーラインも各行で決められているのです。

残念ながら審査には時間がかかる

ただし、銀行カードローンは即日融資の成功率が低いです。消費者金融よりも厳しい審査を行っているので、2営業日程度かかることも珍しくありません。

特に土日でも審査を行っている銀行カードローンはほとんどなく、週末に申し込んで4日以上待たされたという人も沢山います。

2つのカードローンに同時申し込みという手もある

どうしても50万円以上の大金が今日中に必要だけど、収入証明書はすぐに用意できない。そんな時は、消費者金融2社同時申し込みという手もあります。

合計借り入れ金額が100万円を超えない限りは収入証明書不要なので、銀行カードローンに申し込むより確実に50万円を超えるお金を用意できるでしょう。

どうしても収入証明書が必要になったら…

消費者金融で50万円以上のキャッシングを希望したり、他社と合わせて数百万円以上の借りたりすると収入証明書の提出が必須になります。

収入証明書を用意する方法
  • 1.会社から給与明細や源泉徴収票を入手
  • 2.確定申告書類を税務署で再発行
  • 3.納税証明書を県税事務所で発行

手元に給与明細などを保管できている場合はそれを提出すれば問題ありませんが、万が一何も用意できていない場合は自ら入手しなければなりません。

手段1|会社から給与明細や源泉徴収票を入手

給与明細や源泉徴収票は会社が発行してくれます。収入証明書を数か月分保管できていれば問題ありませんが、確認した後捨ててしまう人も珍しくありません。

給与明細や源泉徴収票を保管できていない場合は、会社に再発行を依頼しましょう。
会社の規模にもよりますが、給与を管理している部署か人事部に依頼すれば発行してもらえるはずです。

もし退職してしまった職場に発行してもらう場合は、依頼書を作成して切手を貼った返信用封筒と一緒に送付しましょう。

手段2|確定申告書類を税務署で再発行

「会社に給与明細や源泉徴収票の再発行を依頼するのは、キャッシングがばれそうで怖い」、そんな場合は自治体が発行してくれる収入証明書を入手しましょう。

確定申告書類については、税務署で申請すれば再発行に応じてもらえます。
実際に自分が確定申告書を提出した税務署に行けば、手数料300円(税別)で再発行に応じてもらえるでしょう。

手段3|納税証明書を県税事務所で発行

納税証明書は、県税事務所で発行してもらえます。
窓口で直接発行を依頼する場合、以下のような準備物が必要となります。

必要なもの
  • 印鑑(実印)
  • 本人確認書類

上記2点を持参して県税事務所に行けば、手数料400円(税別)で発行してもらえるはずです。

ただし他県の県税事務所では対応してもらえず、また住所が変わっている場合は住民票の写しなどが必要となるので注意しましょう。

手段4|コンビニで収入証明書を入手

今までは市区町村の役所に行き、収入証明書を受け取りにいかないといけませんでした。しかし、これからは、コンビニで収入証明書を手に入れることが出来る様になるのです。

条件は「マイナンバーもしくは、住民基本台帳カードを取得していること」です。
コンビニに設置されているコピー機に表示されている「行政サービス」のボタンを利用するだけで、簡単に収入証明書を手に入れることが出来るのです。

ただし市区町村がこのサービスに対応している必要があるので、あらかじめ確認をしておいてください。

もし自分の市区町村が対応していなかった場合は利用できないので、従来通り役所に行って収入証明書を手に入れましょう。

Q.収入証明書提出時の注意点とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

源泉徴収票提出には注意が必要

源泉徴収票を収入証明書として提出する際には、注意が必要です。源泉徴収票には、家族構成、住宅ローン(住宅ローン減税を受けている場合)の有無なども記載されているためです。これらの情報が審査担当者にわかってしまうこと自体は大きな問題ではありません。しかし、家族構成や住宅ローンの有無などはカードローン申込時にも申告を行う項目です。自分の審査を有利にするために「住宅ローンなし」などと申告して、源泉徴収票を提出すると、実際には住宅ローンの借入があることが審査担当者はわかってしまいます。収入証明書を提出するタイミングは一般的に仮審査に通過しているタイミングです。仮審査は申込内容に合わせて「住宅ローンなし」で審査を行っていますので、この場合仮審査からやり直しになる可能性が高いですし、「嘘をついていた」と判断され審査に落ちてしまう可能性もあります。

まとめ

お金を借りるためには、収入証明書の提出を求められるケースがあります。しかし、希望額50万円までなら、どんなカードローンも基本的には収入証明書不要です。

ただし、即日融資を希望しているなら「審査スピード」にも注目しておく必要があります。消費者金融なら基本的に当日中の借り入れができるので、ぜひ利用を検討してください。

おすすめの特集ページ

収入証明書に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る