大学生でもカードローンを利用可能!申込方法や注意点を紹介

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

この記事の目次

大学生でも、アルバイトなどで安定した収入があれば、一部のカードローンで利用は可能です。

ただ、カードローンにもさまざまな種類があるため、自分に合ったサービスを選択しなければいけません。

また、大学生は正社員に比べると収入が少ない場合が多いため、よりしっかりとした返済計画を立てることが重要です。

そこで本記事では、大学生がカードローンを利用するうえで覚えておきたい、ポイントや注意点などを紹介していきます。

大学生におすすめのカードローンも紹介しているので、参考にしてください。

大学生でもカードローンでお金を借りられる

冒頭でも紹介したように、大学生でもカードローンでお金を借りることは可能です。

ただし、カードローンを利用するなら、大学生に限らず、自分に合ったサービスを選ぶことが非常に重要となってきます。

カードローンは大きく分けると以下の2種類に分かれています。

  • ・消費者金融カードローン
  • ・銀行カードローン

同じカードローンでも、消費者金融と銀行ではサービス内容が大きく異なります。

大学生で、初めてカードローンを利用する方は、それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合ったサービスを選べるようにしましょう。

消費者金融カードローン

「消費者金融カードローン」はその名の通り、消費者金融が取り扱っているカードローンのことです。

具体的には、CMや広告で有名な「アコム」「プロミス」「アイフル」などが該当します。

消費者金融のカードローンは、最短即日で融資が受けられるのが最も大きな特徴です。

カードローン 融資までの時間
プロミス 最短20分
アイフル 最短20分
レイク 最短25分
アコム 最短20分
SMBCモビット 最短30分

また、消費者金融のカードローンはアルバイトや学生に対しての融資実績があるため、大学生にも向いていると言えます。

さらに、「初めての利用なら利息が30日間0円」となっているカードローンもあるため、短期間で返済を考えている人にとっては魅力的なカードローンともいえます。

すぐにお金が必要になった場合は、消費者金融カードローンの利用を検討してみましょう。

消費者金融が丸わかり!どんな人向き?おすすめは?選び方や借り方など全て解説
消費者金融とは何か。また、どんな人が利用に向いているのかを解説。おすすめの消費者金融や、借り入れ先の選び方、銀行との比較、さらには、借り入れの手順などすべて網羅しています。

銀行カードローン

「銀行カードローン」もその名の通り、銀行が提供しているカードローンのことです。

知名度が高いところだと、「三菱UFJ銀行カードローン」「楽天銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」などが該当します。

銀行カードローン最大の特徴は金利が低いことが挙げられます。

カードローン 金利
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8%~年14.6%
楽天銀行カードローン 年1.9%~年14.5%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5%
アコム 年3.0%~年18.0%
プロミス 年4.5%~年17.8%
アイフル 年3.0%~年18.0%

上記の通り、銀行カードローンは消費者金融より上限金利が、3%ほど低く設定されています。

返済時の利息負担を低くしたいのであれば、利用を検討してみましょう。

ただし、即日融資に対応しているとこは少ないため、緊急でお金が必要な時の利用には向いていません。

長期的に返済をしていくと考えている方は、金利の低い銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

お得な金利の銀行カードローンは?審査を通過するコツも解説【口コミあり】
銀行カードローンについて徹底解説。お得な金利なのはどこか紹介します!また、消費者金融との違いや申し込む際の注意点、審査通過するためのコツなど必要な情報は網羅しています。

大学生がお金を借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ

大学生がお金を借りるなら、消費者金融カードローンがおすすめです。

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

  • ・最短即日で融資が受けられる
  • ・アルバイトの方にも融資実績がある
  • ・スマホで申込が完結する
  • ・初めての利用なら一定期間利息が0円になる場合が多い
  • ・郵送物なしで申込をすれば親にバレずらい

理由を一つずつ解説していきますので、消費者金融カードローンを利用するべきなのか検討しましょう。

最短即日で融資が受けられる

消費者金融カードローンが大学生に向いている1つめの理由は、最短即日で融資が受けられるという点です。

収入の少ない大学生は、想定外の出費が発生した際に、対応できないケースもでてくるので、そんな時に消費者金融のカードローンは非常に役立ちます。

  • ・サークル活動で怪我をした
  • ・一人暮らし中に家電が故障した
  • ・交通違反の反則金が発生した
  • ・急遽実家に帰省することになった

審査の状況や、申込の時間帯によっては即日で融資を受けられない場合もありますが、今すぐにお金が必要と考えている人にとっては重宝すること間違いないでしょう。

アルバイトの方にも融資実績がある

アルバイトの方に融資実績があるのも、消費者金融カードローンの魅力の一つです。

大学生の中には、アルバイトをして収入を得ている方も多くいるでしょう。

全国銀行協会が発表している銀行カードローンに関する消費者意識調査によると、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが、アルバイトやパートで利用している割合、学生で利用している割合が高くなっています。

この調査結果から、銀行よりも消費者金融の方がアルバイトをしている方へ前向きに融資をしているといえるのです。

スマホで申込が完結する

スマホで申込が完結するのも大きなメリットです。

申込・本人確認・借入など、すべてスマホから行えるので、手間なくスムーズです。

銀行カードローンでも、スマホで申込が完結する場合はありますが、口座開設が必須だったり、カードが届くまで利用できなかったりします。

消費者金融はインターネット上で全てのやり取りが完結しますし、口座を新たに開設する必要もありません。

契約が完了したら、スマホから振込依頼もできるため、カードを発行しなくてもお金を借りることができるメリットがあります。

初めての利用なら一定期間利息が0円になる場合が多い

多くの大手消費者金融カードローンでは、無利息期間を設定しています。

無利息期間とは、その名の通り利息が発生しない期間のことで、主に紹介利用者の方に適用されるサービスです。

「少額借りて、すぐに返済する」場合、この無利息期間は非常に役立ちますので、上手く活用していきましょう。

郵送物なしで申込をすれば親にバレずらい

消費者金融カードローンは郵送物なしで利用できる場合も少なくありません。

カードレスでの利用なら、カードが自宅に届くことはなく、スマホからATMで借入ができます。

カードレスとは、カードを発行せずに借入ができるシステムで、スマホアプリや振込などでお金が借りられます。

そのほかの郵送物も、事前に届かないように設定ができるので、親にバレることなくカードローンが利用できます。

しかし、カードローンを利用中に返済の遅延を起こしてしまうと、自宅に電話がかかってきたり、催促状が家に届いたりするケースもあるので、注意してください。

親に知られずにカードローンを利用したいなら消費者金融を利用しましょう。

大学生に選ばれているカードローン5選

以下のカードローンは大手で大学生にも選ばれています。

  • ・アコム
  • ・プロミス
  • ・アイフル
  • ・レイク
  • ・SMBCモビット

どのカードローンも、最短で即日融資が可能で、他にも大学生にとって嬉しい特徴を数多く持っています。

それぞれのカードローンの特徴を確認して、自分に合ったサービスで申込を進めましょう。

アコム

アコムは「はじめてのアコム」といったキャッチフレーズが根付いているだけあって、申込のしやすさに優れており、初めてカードローンを利用する方に向いています。

「30日間利息0円」「融資まで最短20分」「WEB完結」など、大学生にとって嬉しい特徴も数多く持っています。

アコムは人気も高く、知名度もあるカードローンなので、気になる方は是非申込みしてみてください。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

プロミスは大手消費者金融の中でも上限金利が低いカードローンです。

上限金利は年17.8%と、他の大手消費者金融カードローンよりも低く設定されているので、返済時の負担を減らせます。

また、初回借入日翌日から30日間の無利息期間も設定されているため、利息をより抑えることが可能です。

大学生はそこまで収入が多くない方が多いと思うので、利息をなるべく抑えたいという方に、プロミスを向いているでしょう。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

アイフルはWEB申込だと最短20分で借入が可能な、融資スピードに優れたカードローンです。

WEB申込後にフリーダイヤル「0120-337-137」に電話をすることで、優先して審査を開始してもらえます。

また、カードが届く前にスマホアプリを使って、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMから借入ができるので、利便性も高いです。

「とにかくすぐにお金が必要」と考えているなら、アイフルの利用を検討しましょう。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

レイク

レイクは無利息期間を選べるカードローンです。

初回契約の場合、以下の2つから無利息期間を選択することができます。

  • ・借入額全額が60日間無利息(WEB申込限定)
  • ・借入額のうち5万円まで180日間無利息

60日間の無利息期間は、利用限度額が200万円までの方が対象になります。

少額融資を希望しており、長い期間をかけて返済したい方は、無利息期間の長いレイクの利用を検討しましょう

レイク

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 18.0%
審査 お申込後最短15秒
融資 Webで最短25分融資の可能

お借入額のうち5万円までだったら180日間無利息!
SBI新生銀行カードローンATMでお借入れ・ご返済がいつでもご利用手数料無料

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

SMBCモビット

SMBCモビットもこれまで紹介したカードローンと同様に、最短即日融資に対応しWEB完結で申込ができます。

また、SMBCモビットは三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用できる特徴も持ち合わせています。

また、返済時していくごとに、Tポイントが貯まるサービスがあるのも、一つの特徴です。

近くに三井住友銀行ATMがあり、Tカードを良く使う方は、SMBCモビットの利用を検討しましょう。

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代にオススメのモビット!【最短30分OK!】原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

大学生が消費者金融カードローンの申込をする際のポイント

大学生でも消費者金融カードローンは利用できますが、申込に際してはいくつかのポイントがあります。

  • ・年齢制限を満たしているか確認する
  • ・アルバイトなどで安定した収入が必要
  • ・借入できる上限は年収の1/3までが目安
  • ・返済計画を立てておく

それぞれのポイントを正しく理解して、スムーズに申込を進めましょう。

年齢制限を満たしているか確認する

申込の際は、最初に年齢に問題がないかを確認しましょう。

カードローンの年齢制限はカードローンによってさまざまです。

大学生になってすぐ、つまり申込時の年齢が18歳以上から申込できる場合もあれば、20歳以上でなければならない場合もあります。

消費者金融 年齢条件
アコム 満18歳以上
プロミス 満18歳以上
アイフル 満20歳以上
レイク 満20歳以上
SMBCモビット 満20歳以上

年齢の条件を満たしていないと、申込そのものができないので、必ず事前に確認をしましょう。

ちなみに、18歳であっても高校生の方は利用できません。

アルバイトなどで安定した収入が必要

消費者金融カードローンは、申込者に安定した収入がない場合は申込ができません。

基本的には、安定した収入があることが申込の条件として定められています。

カードローン会社からすれば、収入がない方や毎月の給与が不安定な方に融資をすると、返済が滞るリスクがあるためです。

そのため、大学生といえども、毎月安定してアルバイトによる収入がなければいけません。

収入がない場合は当然審査には通らないので留意しておきましょう。

奨学金や親からの仕送りは収入に含まれない

奨学金や親からの仕送りは収入には含まれませんので注意しましょう。

そのため「仕送りで生活が安定している」「毎月の奨学金で生活をしている」という場合でも、安定した収入があるとはみなされません。

申込する際はアルバイトで働いた分の収入を、年収として記入するようにしてください。

借入できる上限は年収の1/3までが目安

大学生に限った話ではありませんが、消費者金融カードローンは年収の3分の1までしか借りられません。

消費者金融は貸金業法という法律にならって運営しているのですが、その中に総量規制という決まりがあります。

総量規制は、貸金業者が利用者に貸付をしすぎないように作られたもので、年収の3分の1を超える金額は融資をしてはいけないという決まりになっています。

つまり、アルバイトで年90万円の収入がある方の場合、借りられる金額は30万円までになります。

そのため、年収の3分の1以内の金額で申込みをしなければいけません。

*総量規制はあくまでも融資額の上限を決めたものであり、カードローン会社の審査によっては、年収の3分の1の金額を借りられないケースもあるので、注意してください。 *

総量規制とは?対象外の貸付や借入できなかったときの対処法も解説
カードローンに申込みするうえで、総量規制について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。気になるポイントはすべて押さえているので、参考になると思います。

返済計画を立てておく

カードローンの利用時は返済計画を立てるのが基本ですが、大学生にとっては特に重要です。

返済が滞らないように、自分が希望する条件だと「月いくら返済していく必要があるのか」「返済期間はどれくらいか」を事前に理解しておいてください。

返済シミュレーションを活用すると便利

返済計画を立てる時は返済シミュレーションを活用しましょう。

カードローンは基本的には、返済シミュレーションが利用でき「毎月の返済額がいくらになるのか」「どのくらいの期間で完済できるのか」などが計算できます。

マネットの返済シュミレーションでは、自分が希望する条件を入力するだけで、「返済金額」と「返済期間」を知ることができるので、活用してみてください。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

カードローンの審査をスムーズに進めるコツ

カードローンの審査は以下の手順だとスムーズに進められます。

  1. 申込条件・必要書類を確認し準備する
  2. WEB申込を選択する
  3. 必要書類をアップロードする
  4. 審査が完了したら銀行振込などで融資を受ける

初めての申込だと躓くところもあるので、しっかりと手順を確認しておきましょう。

1.申込条件・必要書類を確認し準備する

まずは申込条件と必要書類を確認して、準備を進めましょう。

いきなり申込から始めても「条件を満たしていなかった」「書類がなくて申込が中断した」といった事態になりかねません。

特に大学生は年齢をしっかりと確認しておきましょう。

本人確認書類として提出できるものは、運転免許証・保険証・マイナンバーカードなどです。

基本的には顔写真付きの本人確認書類が望まれるので、運転免許を持っていない場合は、マイナンバーカードの作成をしておくことをおすすめします。

ちなみに、学生証は本人確認書類とはなりませんので、注意してください。

カードローンの申込みにおける2種類の必要書類とは|提出方法やオススメの金融機関も解説
カードローンに申込するなら「本人確認書類」と「収入証明書」が必要になります。実際に提出できる書類と、必要になる条件について紹介しているので、是非参考にしてください。

2.WEB申込を選択する

申込条件を満たし、必要書類も準備したら、WEBから申込を進めましょう。

申込は電話や店舗などでも可能ですが、WEBからであれば24時間いつでも好きな時間に手続きができるため、おすすめです。

3.必要書類をアップロードする

申込を進めていくと、途中で必要書類をアップロードすることになります。

この際は、撮影した写真の画質に気を付けましょう。

荒い画質の写真をアップロードすると、必要な情報が確認できず、再提出を求められ、時間を要してしまいます。

不明瞭な部分や、光の反射で確認しづらい部分があったら再撮影をして、できるだけ綺麗な写真をアップロードしましょう。

4.審査が完了したら銀行振込などで融資を受ける

審査完了後は、銀行振込やアプリなどで融資を受けられます。

もちろんカードが届いてからATMで借入をしても良いですが、審査完了後にすぐに融資を受けたいのであれば、銀行振込やアプリを利用しましょう。

ただし、銀行振込は金融機関によっては時間帯が限られている場合がありますし、アプリは一部ATMでは対応していないので注意してください。

カードローンを利用する大学生が覚えておきたい注意点

大学生がカードローンを利用する際は以下の点に注意しましょう。

  • ・郵送物を設定していると親にバレやすい
  • ・使い方次第では信用情報に傷がつく
  • ・アルバイト先に電話がかかってくる可能性がある

これらのことを理解しておかないと、困ることもでてきてしまうので、事前に覚えておいてください。

郵送物を設定していると親にバレやすい

郵送物が届く設定で契約をしてしまうと、実家暮らしの場合親にばれてしまうリスクもあります。

消費者金融カードローンから届く郵送物は、具体的に以下のようなものがあります。

  • ・ローンカード
  • ・契約内容確認書類
  • ・利用明細書

大手消費者金融のカードローンであれば、申込する際に郵便物なし設定できますので、忘れずにやっておきましょう。

ただ、郵送物なしに設定していても、延滞をすると催促状が届く可能性があるので、注意してください。

使い方次第では信用情報に傷がつく

カードローンは使い方次第では信用情報に傷がつきます。

信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの取引記録のことです。

例えば、借りたお金を延滞すると信用情報機関に記録されてしまい、今後他のサービスで審査をする際に「この人は延滞したことがある」ということが分かるようになっています。

お金を借りること自体は信用情報には影響しません。ルール通りにお金を借りて、延滞することのないように注意しましょう。

カードローンだけでなく、クレジットカードや住宅ローン、マイカーローンなどのお金を借りるサービスは信用情報をもとに、審査を行っているので、カードローンで延滞などをしていると、社会人になってから利用できない可能性がでてきます。

大学卒業後に作成するクレジットカードや、いつか利用するかもしれない住宅ローンに備えて、カードローンは正しく使うように心がけましょう。

信用情報とは?ローンの審査に影響する理由と回復までの期間
信用情報に傷がつくと、他のローンの審査に通らないとなど、様々なリスクがでてきます。本記事では、信用情報に傷がつく原因や期間について解説しているので、参考にしてください。

アルバイト先に電話がかかってくる可能性がある

カードローンは勤務先にて安定した収入がなければ利用できません。

つまり、どこかに勤務していることは必須条件となっており、「本当に申請した場所で働いているのか」を確認するために、在籍確認が行われています。

在籍確認の方法はさまざまあり、場合によってはアルバイト先に電話をして確認することもあります。

電話での在籍確認は、以下のように会社名を名乗ることはありませんので、勤務先にバレる可能性は低いです。

もし、アルバイト先に電話をかけられると困る場合は、原則として電話での在籍確認を行っていない、アイフルやプロミスなどのカードローンを利用しましょう。

ただ、原則として電話での確認をしていないところでも、審査をする上で必要と判断した場合、勤務先へ連絡されることはあります。

お金を借りたいなら学生ローンも検討しよう

大学生でお金を借りたいなら、カードローンだけでなく学生ローンも検討しましょう。

学生ローンとは学生を専門にお金を貸しているローンです。

一般的なカードローンは学生だけでなく、正社員の大人に対しても提供されているので、相対的に見て「学生=収入が少ない・安定していない」となってしまいがちです。

ですが、学生ローンは学生を専門としているだけあって柔軟に対応してもらえます。

ここからは学生ローンの特徴を解説していきますので、参考にしていただき、カードローンと合わせて検討してみましょう。

学生ローンも審査は必須

学生ローンでも審査は必須です。

当然審査に通らなければお金は借りられません。

日本では貸金業法によって、貸金業者は融資をする際は返済能力の調査、つまり審査を義務付けています。

そのため、学生専門の学生ローンといえ、審査は必須となります。

反対に審査不要で借りられるのは、違法な貸金業者ということになるので注意しましょう。

学生証の提出は必須

学生ローンは学生専門ということもあり、学生証の提出は必須です。

また、学生証にプラスして、本人確認書類として運転免許証や健康保険証などの提出が必要になるので留意しておきましょう。

未成年の場合は親の同意書が必要

未成年の場合は親の同意書が必要になる場合が多いです。

申込の条件は学生ローンによってさまざまで、必要書類なども変化するのでしっかりと確認しておきましょう。

もし親に知られずにお金を借りたい場合は、親の同意書が不要な学生ローンか、先ほど紹介した消費者金融カードローンを利用してください。

多くの人に利用されている学生ローン

大学生の人に多く利用されている学生ローンは以下の通りです。

  • ・カレッヂ
  • ・イー・キャンパス
  • ・マルイ

学生ローンの利用を考えているなら、それぞれの特徴・申込条件などを確認しておきましょう。

カレッヂ

項目 詳細
商品名 カレッヂ
申込対象 高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生の方
アルバイト等でご収入のある方
金利 17.00%(実質年利)
融資金額 10万円まで
即日融資 可能
融資方法 来店もしくは銀行口座に振り込み
公式サイト //www.3205-1105.co.jp/

カレッヂは1977年の設立から45年以上の歴史を持つ学生ローンです。

収入証明書が必須となるものの、18歳からでも借りられるのが大きな特徴です。

また、カードで返済時の手数料はセブン銀行からであれば無料となっているなど、費用面でもお得に利用できます。

古くからある信頼できる学生ローンを利用したいなら、カレッヂを検討してみましょう。

イー・キャンパス

項目 詳細
商品名 イー・キャンパス
申込対象 高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生の方
アルバイト等でご収入のある方
金利 14.5~16.5%(実質年率)
融資金額 80万円まで
即日融資 可能
融資方法 銀行口座に振り込み
公式サイト //www.ecampus.jp/

イー・キャンパスはWEBからも申込がしやすい学生ローンです。

20歳以上29歳以下の安定した収入のある学生が対象で、18・19歳は利用できませんが、最短で当日の融資も可能となっており、すぐにお金が必要な方にも向いています。

ホームページからはすぐ申込ができ、クイック診断・返済シミュレーションなどもできるので、気軽に活用してみましょう。

マルイ

項目 詳細
商品名 マルイ
申込対象 高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学校生の方
アルバイト等でご収入のある方
金利 12.0〜17.0%(実質年利)
融資金額 100万円まで
即日融資 可能
融資方法 来店もしくは銀行口座に振り込み
公式サイト //0151.jp/

マルイは平均30分のスピード審査と、大手消費者金融に匹敵するほどの早さで、最短即日融資にも対応している学生ローンです。

さらにプライバシーにもしっかりと配慮してもらえて、18歳・19歳だとしても親に知られることはありません。

親に知られずに、なおかつできるだけ早くお金を借りたい方は、マルイを利用してみましょう。

大学生のカードローンに関するQ&A

Q.審査なしで利用できるカードローンはある?
大学生に関わらず審査なしのカードローンは存在しない
審査なしで利用できるカードローンはありません。これは貸金業法13条により、貸金業者は審査をすることが義務付けられているためです。つまり、審査なしでお金が借りられてしまうカードローンがあるとすれば、それは違法な業者ということになります。
「審査なし」「誰でも借りられる」と謳っている業者には絶対に関わらないようにしてください
Q.アルバイトを始めたばかりでも審査に通る?
通る可能性は0でなないが難しい
カードローンの審査では勤続年数も重要なポイントになるため、働き始めたばかりの状態だと通過が難しくなるでしょう。
カードローン会社からすると、「この人は仕事を長く続けられるのだろうか?」と不安になってしまうので、少なくとも半年ほど勤務してから申込みをしてください。
Q.カードローンを利用すると就職活動に影響は出る?
通常の使い方であれば出ない
企業が就活生の信用情報を確認することはないので、カードローンの利用が就職活動に直接的な影響をもたらすとはありません。
ただ、延滞などの問題を起こすと、社会人になってから他のローンサービスを利用しずらくなるので、気をつけてください。

まとめ

大学生でも一部のカードローンを利用できる可能性はありますが、審査は必ず行われます。

アルバイトで安定した収入があることが申込条件の一つとなっているので留意しておきましょう。

また、大学生は学生ローンでお金を借りるという手もあります。

それぞれの特徴や利用条件、必要書類などを確認して、自分に合ったサービスを選びましょう。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

おすすめの特集ページ

  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る