初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2022/04/13

【専門家が監修】現役のプロ・勝ち組が使っているFX口座は?

Yam 12

この記事のアドバイザ

櫛笥大和

証券外務員1種・FPS技能士。早くからトレーダーを志し、大学在学時より投資論を学ぶ。卒業後は、より深い知識と経験を得るため証券会社に入社し、株・外債・投資信託を販売を経験。営業成績が優秀な新人として表彰された経験を持ち、退職後はトレーダーとしての活動を本格的に開始させる。常に独自の相場観を持つことを心掛け、日々の相場の動きやニュースに目を光らせている。

目次

  1. プロからも選ばれているFX会社教えます
  2. プロが選ぶFX会社1位:「DMM FX」
  3. プロが選ぶFX会社2位:「FXブロードネット」
  4. プロが選ぶFX会社3位:「外為どっとコム」
  5. プロはどんな基準でFX会社を選ぶ?
  6. 【プロの常識】FX口座は複数持つべき
この記事はこんな人におすすめ
  • 勝てる人はどこのFX会社を使っているの?
  • FX上級者やプロに選ばれているのはどこ?
  • FXの勝率・成績をもっと上げたい!

プロからも選ばれているFX会社教えます

FXにおける口座選びは非常に重要で、勝率が大きく変わってくると言っても過言ではありません。FX初心者~中級者で「もっと効率的にトレードしたい」と考えている人も多いことでしょう。

今回はそんな人に向けて、プロトレーダーから本当に選ばれているFX会社をランキング形式で紹介します。プロが実際に使っているFX会社で、勝率UPを狙ってみてはいかがでしょうか。

プロが選ぶFX会社1位:「DMM FX」

プロが選ぶFX会社の1位に選ばれたのは「DMM FX」です。今もっとも勢いのあるFX会社と言っても良い存在で、多くの現役トレーダーがメイン口座として使っています

Dmm main

DMM FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.5
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 21

DMM.com証券のFX口座数は国内トップクラスなので、プロだけでなく初心者からも選ばれているFX会社です。総合力が高く、他のFX会社に比べて劣る点が見当たらないのが特徴です。

欠点が見当たらない=総合力1位

DMMと言えば誰もが知っている会社なので、信頼と安心は抜群と言って良いでしょう。業界最狭水準のスプレッドと、スマホでもサクサク取引可能な高性能ツールが人気です。初めての人でも安心のデモ口座あり、無料で口座開設が可能です。

さらに、業界で初めて「LINEでの利用者サポート」を導入したことでも話題になっています。とにかく利用者目線のサービスが嬉しいので、迷ったらDMMにしておけば間違いありません

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

取引ツール画面がポップアップで出てくるのですが、レイアウトが見やすく取引はしやすかったです。株式に関するニュースやコラム、スワップポイントやそれぞれの案内についても項目が分かりやすく、全体的に使いやすいと思います。

プロが選ぶFX会社2位:「FXブロードネット」

プロが選ぶFX会社の2位に選ばれたのは、「FXブロードネット」です。ここ数年で利用者数を急激に伸ばしている、非常にバランスの取れているFX会社と言っても良いでしょう。

Broad 300x250

FXブロードネット

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.5銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

少額取引可能なので、初めてFXをスタートする人が多く、レベルアップもどんどん見込めるFX会社です。とにかくコストを安く済ませることができるので、数字にこだわるプロトレーダーからも選ばれています。

中長期向けバランスの取れたFX会社

スワップポイントが高めに設定されているので、中期~長期での運用を考えている人にも向いています。通貨ペアの数も24と多いので、メジャーな通貨からマイナーな通貨まで可能性は無限大です。

新規口座開設時「最大20,000円キャッシュバック」キャンペーンを頻繁におこなっていて、攻めの姿勢が強く見られるので、今後に大きく期待できるという意見も多く聞かれます。無料でできる口座開設だけ先に済ませておくのも良いかもしれませんね。

FXブロードネット
Male

50代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.9

スプレッドが業界最強水準なので、短期売買の人にも向いています。それだけでなく、自動売買の「トラッキングトレード」があるので、寝てる時間でも忙しい時間でもルール通りに取引をしてくれます。非常に便利なシステムだと思います。

プロが選ぶFX会社3位:「外為どっとコム」

プロが選ぶFX会社の3位に選ばれたのは、「外為どっとコム」です。こちらもテレビCMなどで有名なので、安心感という面では問題ないでしょう。こちらも総合力が高く、何と言っても情報量に定評のあるFX会社です。

Image (18)

外為どっとコム

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 30

※ロシアルーブル/円のみ10,000通貨

スプレッドやスワップも業界トップクラスで、スマホ版アプリは15万ダウンロードを突破しています。シンプルかつスタイリッシュなチャートは見やすさも抜群です。

みんかぶ調べ2022年FX会社比較部門別ランキング「総合」部門で1位になっています。

情報収集用の口座として持つプロも多い

人気の理由の1つとなっているのは、ニュース配信や、重要指標発表時のリアルタイム実況などです。実際の取引ツールとしてだけでなく、情報収集用の口座として活用しているトレーダーも少なくありません。無料で口座開設が可能なので、こういう使い方も「アリ」なのです。

長期で運用したい人向けの「トルコリラ」「南アフリカランド」などのスワップやスプレッドも、非常に魅力的な数値となっています。総合力の高いFX会社なので、ぜひ口座開設を検討してみてください。

Female

50代 / 女性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.4

細かくかけているときは勝てる時が多いですが調子にのって大きくかけるとマイナスになりやすいので気をつけたいほうがいいと思います。外為どっとコムはとても見やすく良いと思うのでしっかりバーチャルで練習したら使いやすいと思います。

プロはどんな基準でFX会社を選ぶ?

実際にプロが使っているFX会社ランキングを紹介しましたが、現役トレーダーはどのような点を重視してFX会社を選んでいるのでしょうか。勝率をあげるため、選び方で重視する点を確認していきましょう。

スプレッドの狭さ

FXにおける「勝ち」とは、最終的に手元に残るお金を多くすることです。それは取引で利益を狙うことだけでなく、出て行くお金を少なく済ませることも重要です。

そう考えた時に、スプレッドは絶対に無視できません。取引の回数が多くなればなるほど、スプレッドによる支出は大きくなってしまいます。0.3銭と聞くと、大した額ではないように聞こえてしまいますが、塵も積もれば山となります。

「DMM FX」「外為どっとコム」のように、米ドル/円スプレッドが0.2銭(原則固定※例外あり(2022年4月時点)というのは、非常に大きなアドバンテージです。細かい部分まで数字にこだわるのが、プロトレーダーということです。

Yam 12

元 証券会社勤務|櫛笥大和

取引回数が多い人ほどコストは重要


短期売買を中心に取引回数が多い人ほどコストは重要です。なぜなら、取引を行うごとにスプレッドの差額分を支払っているといっても過言ではないからです。例え1回の取引のスプレッドの差がわずかであっても取引を重ねれば重ねるほどに大きな差となって収益に影響します。
そうならないためにもFX会社を選ぶ段階でコスト面を比べて選ぶべきです。自分が取引したい通貨ペアのスプレッドを比べるのはもちろん、将来取引する可能性のある通貨ペアについてもよく見ておくべきでしょう。取引回数の少ない長期取引を中心とする人は、コスト面で比べるのも良いですが、スワップポイントなど、長期投資で差が出る部分を重視しておいたほうが良いでしょう。

約定力・安定力

プロが重視する項目の1つが「約定力」です。約定能力が低いFX会社を使ってしまうと「自分の狙ったところで決済できない」という事態が発生してしまいます。これでは利益を狙いにくくなるだけでなく、ストレスにも繋がってしまいます。約定能力が早く安定しているFX会社を使えば、取引の効率は確実にあがります。

また、相場が激しく動く時などにも耐えられる安定力も重要です。何かの間違いでサーバーダウンなどを起こされてしまうと、想像以上に損失が膨らんでしまう可能性も出てきます。

その点、ネット系や金融系サービスを豊富に展開している「DMM FX」では、その当たりの安定性はかなり信頼できると考えて良いでしょう。以下がDMM FXのチャートですが、ボタン1つで売り買いができるようになっています。

使いやすい・見やすい

テクニカルな分析な分析をする人は、チャートの見やすさと使いやすさは非常に重要です。チャート上にさまざまなデータを並べたり、目安となるラインを引いたりすることで、取引の目安とすることができるからです。

この記事でも紹介している「DMM FX」なら、チャート上に自由に線を引くことができるだけでなく、さまざまな指標を見ながらリアルタイムトレードをすることが可能です。目的に合わせて色々なラインを使いこなしてみてください。

情報量が多い

もう1つ重要な点を挙げるなら、FX会社が提供している情報量です。FXは情報を持っている人ほど強い世界なので、中期~長期で運用する人にとっては大切な要素です。

最近はSNSなどで最新情報を配信してくれたり、セミナーなどのコンテンツが充実していたりと、豊富な情報網を持っているFX会社が重宝されています。紹介した「外為どっとコム」は、月に1度の米雇用統計の日にリアルタイム中継をしてくれます。こうしたサービスを味方につけて、勝率UPを目指してみてください。

利用者数・総合力で選ぶなら「DMM FX」

DMM FX

自動売買で安定利益を狙うなら「FXブロードネット」

FXブロードネット

情報量充実!初心者向けの「外為どっとコム」

【プロの常識】FX口座は複数持つべき

FX口座は3つ4つあったほうが良い

プロトレーダーは口を揃えてこう言います。それには勝率をあげるためだけでなく、さまざまな理由があります。

ほとんどのトレーダーは口座を2つ以上持っている

使い方は人それぞれですが、ツール、情報量、取引スタイルなどによって使い分けることで、より効率の良いトレードができるという事実があります。

Yam 12

元 証券会社勤務|櫛笥大和

取引スタイルに応じて口座を分けた方がいい


短期売買用と中長期売買用で口座を分けておいたほうが取引条件や資金管理の面で非常に有利に働くでしょう。まず、短期売買と中長期投資ではコストの考え方が違います。短期であるほどスプレッドの差が大切になりますし、長期になるほどスワップポイントの影響が大きくなります。
また、短期売買と中長期売買では基本的にかけるレバレッジが違います。短期売買では資金効率を上げるためにレバレッジは大きめに取りますし、中長期売買ではある程度の値動きに耐えられるようにレバレッジを低めにポジションを持ちます。これらの取引を1つの口座で行うとレバレッジ管理が困難になり、資金管理が難しくなります。口座を分けること自体にお金がかかるわけではないので取引スタイルごとに口座を分けると良いでしょう。

長期向きと短期向けのFX会社がある

FXの投資スタイルは、人それぞれ違います。そして、自分のスタイルに合ったFX会社を使うことで、効率よく利益を狙うことができるようになります。

長期で運用したい人は、スワップポイントが多いFX会社を使うべきですし、短期でたくさん取引したい人は、スプレッドの狭いFX会社を使うべきです。仕事が忙しくてチャートをあまり見られない人は、自動システムの充実したFX会社を使うべきです。用途に応じて使いこなしてみてください。

FX口座を複数持つべき理由
  • 投資スタイルによって使い分けられる
  • 資金を分散することでリスク回避できる
  • 手に入れられる情報量が圧倒的に増える
  • そもそも口座開設は無料なのでデメリットがない

資金を1つに集中させない

1つのFX口座に資金を集中させてしまうと、そのFX会社だけで大きな取引をしてしまいがちです。自分の資金をきちんと管理することができれば問題はありませんが、万が一FX会社にトラブルなどがあった時には、資金の自由がきかなくなってしまうかもしれません。

投資家にとって、資金管理は何より大事です。自分の大切な資金は、自分できちんと守らなければいけません。

複数口座を持つことはメリットばかり

基本的に日本のFX会社は、どこも無料で口座開設をすることができます。それだけでなく、口座開設時にキャンペーンを使えば、色々と恩恵を受けることもできます。

既に口座を持っている人ならご存知だと思いますが、FXの口座開設はまったく難しくありません。それだけで有益な情報を得ることもできますし、株式投資などと連携している証券会社もあります。

FX会社を変えたら、飛躍的に勝率がUPしたという例も少なくありません。複数のFX会社を有効的に使って、安定収益を目指してみてください!

この記事で紹介したFXサービス
●DMM.com証券「DMM FX」
●株式会社FXブロードネット「FXブロードネット」
●株式会社外為どっとコム「外為どっとコム」
DMM FX
FXブロードネット
Yam 12

元 証券会社勤務|櫛笥大和

基本的に複数口座の保有で不利になる点はない


FX口座は複数持つことで不利になることはありませんし、取引スタイルごとに口座を分けていればそれだけ取引環境が良くなるため、複数の口座を持っていると有利であるといえます。例えば、同じ短期売買を目的とした口座であった場合でも通貨ベアごとのスプレッドが違っていた場合には、それぞれスプレッドの安い通貨ペア専用の口座にすることでスプレッドの差だけ得することになります。
また、仮に取引を一切行わない口座であっても、ニュースや分析ツールが使いやすい口座があれば落ち着いて戦略を考えるために活用することができます。少しでも魅力的な要素のある口座があるのであれば、口座開設しておくと将来の利益につながるかもしれませんので、ちゅうちょせずに口座開設するべきでしょう。

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる