初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/04/15

FXのスワップポイントとは|中長期で資産運用したいトレーダーの基本

Saka23

この記事のアドバイザ

逆瀬川勇造

地方銀行にて2年間個人リテール業務担当後、住宅会社にて7年間新築住宅をお客様に提案。金融に強い営業マンとして住宅ローン審査のためのクレジットカード、カードローン、フリーローンに伴う個人信用情報などの問題解決に奔走。現在はFPとして個人の方を対象にライフプランやローン、資産運用等アドバイス。証券外務員、FP2級技能士(AFP)、相続管理士、宅建士などの資格保有。

目次

  1. スワップポイントの基本
  2. スワップポイントを考慮した長期投資の例
  3. マイナススワップについて
  4. 長期運用に向いたFX会社を選ぶ
  5. 【まとめ】外貨預金よりもFXの方が自由度は高い
この記事はこんな人におすすめ
  • FXで中長期的に稼ぎたい!
  • FXのスワップポイントって何?
  • 安定的に利益を積み上げたい!

中長期でFX運用をする時に、絶対に覚えなくてはならない言葉が「スワップポイント」です。もちろん、これを意識しなくてもよいトレードの仕方や、あえてマイナススワップ覚悟でのトレードも十分あり得ます。

ただ、いずれにしてもスワップポイントはFXを理解するうえで大変有用な言葉です。

スワップポイントの決まり方や、スワップポイントを重視した業者選びなど、本記事ではスワップポイントに関する情報満載でお届けします。

スワップポイントの基本

スワップポイントとは、外貨預金の利子に相当します。つまり、日本円ではない通貨で運用し「そこで発生した金利を得る」というものです。

日本円は、世界でも有数の低金利の通貨として知られているので、他国のお金を所持しているだけで受け取れるというパターンがほとんどです。

まず理解すべき基本項目
  • スワップポイントの決まり方
  • スワップポイントのもらい方

とりわけ、長期投資をされる場合には、日々のスワップポイントの積み重ねが少なくない金額になります。一方で、短期や中期の投資をされる方は、マイナススワップ(後述)覚悟で取引されて、利益を上げられている方も多くいらっしゃいます。

スワップポイントの決まり方

スワップポイントを決める際、最も重要になるのが各国の政策金利です。主要国の2017年10月時点での政策金利は、以下のようになっています。これは、毎月発表されて変化するものだという事を覚えておきましょう。

政策金利
日本 -0.10%
米国 2.25 ~ 2.50%
欧州 0.00%
英国 0.75%
カナダ 1.75%
豪州 1.50%
南ア 6.75%
トルコ 24.00%
情報更新日: 2019年04月12日

低い金利の通貨を売り、高い金利の通貨を買うと、プラスになる

具体的に、日本円を売って、他国のお金を買った場合のスワップポイント付与について見ていきます。FXの世界では買いのことを「ロング」、売りのことを「ショート」と言います。

会社 米ドル/円 豪ドル/円 ポンド/円 NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
SBI FXトレード 88円 37円 39円 38円 13円 102円
情報更新日: 2019年04月05日
会社 スイスフラン/円 ユーロ/ドル ユーロ/ポンド 豪ドル/米ドル ポンド/ドル
SBI FXトレード 11円 98円 38円 17円 66円
情報更新日: 2019年04月05日

上記は「SBI FXトレード」の記載日時点でのスワップポイントです。通貨ペアにより、買いでスワップポイントが貰える場合と、売りでスワップポイントが貰える場合があります。

スワップポイントの金額は、一般に金利差が大きいほど高くなります。上記の中では、ドル円のロングやトルコリラ円のロング、ユーロドルのショートなどが、高いスワップが付きます。

Saka23

元 銀行員|逆瀬川勇造

各国の政策金利が改定されていないか注目しましょう


スワップ狙いで投資するのであれば、各国の政策金利が改定されていないか確認するようにしましょう。ご存知のことかと思いますが、スワップポイントはドルと円など2つの通貨間の金利(政策金利)差によって決まります。政策金利は各国、中央銀行(日本における日本銀行)が一般の銀行に融資する時の短期金利の事で、その国の景気に応じて中央銀行が決めます。
例えば、リーマンショック前の2008年8月にはオーストラリアドルの政策金利は7%ほどありましたが、2019年4月現在、1.50%にまで下がっています。このように急激な変化はそう多くあるものではありませんが、投資する前に直近で改定がなかったかよく調べてから行うようにしましょう。

スワップポイントの受け取り方

  1. ポジションを建てる
    上記のプラスのスワップがもらえる通貨ペアを買い(または売り)ます。決済前の状態を、ポジションを建てていると言います。
  2. 一定期間保有する
    業者の定める時刻までそのポジションを決済せずに保有します。
  3. スワップポイントが付与
    決まった時間になると、所定のスワップポイントは自動的に付与されます。付与時間はFX業者により異なります。

スワップポイントは、その通貨ペアポジションの評価損益に加算されます。基本は、その通貨ペアを決済した時に、為替差益(差損)とともにもらえますが、「DMM FX」など一部のFX会社では、ポジションを決済することなく、スワップポイントのみを受け取ることができます。

なお、スワップポイントは土日においては、相場が動いていないため金曜日から月曜日にポジションを持ち越しても、土日分は付与されません。一方で、水曜日には3日分のスワップが付与されます

スワップポイントを考慮した長期投資の例

1日当たり何pips相当なのかを考える

例えば、ドル円の場合1万通貨のロングを持った場合、設定値の高いFX会社であれば約80円のスワップポイントがもらえます。一方で、1万通貨持った場合には、1pips(1銭)の差益を取れば、100円の為替差益になります。

買った時点から1pips(1銭)上がれば、為替の差益で100円を獲得できます。その上がるまでの期間に日をまたいでいれば、スワップで80円貰えるので180円の利益と言う事になります。

逆に1pips(1銭)下がってしまった場合は、為替の差益で100円のマイナスになりますが、日をまたげばスワップで80円補填されるので、損失は20円という事になります。

つまり、1ヶ月ずっとロングポジションを保有した時、為替のレートがまったく動かなかったとしたら、約2,400円の利益が出るという計算です。

目標利回りを考える

同じ1万通貨でも、元手がいくらかによって異なります。例)5万円で1万通貨を1年保有した場合は、約14,000円の金利が付いたことになるので、年利にすると28%になります。10万円の元手の場合は、14%、20万円なら7%となります。

しかし、証拠金が少ないと、所有している通貨が自分の目論見と逆方向に動いた場合、強制ロスカットにかかる可能性が高くなります。したがって、証拠金は多めに準備しておく方が得策です。

なお、ここでは為替差益を考慮していませんが、実際の取引では、為替差益も含めて目標利回りを算出します。

具体的なやり方

意識する点
  • スワップポイントが高い
  • スワップポイントがもらえる方向に動くか、少なくとも横ばいが予想されるものであること

後者について少し説明しますと、たとえドル円のロングはスワップポイントがもらえるとしても、今後ドル円が下落していくなら為替差損のほうが大きくなる恐れがあります。一方で、横ばいもしくは上昇を予想するならスワップポイントに加え為替差益が期待できます。

また、スワップポイント狙いの長期投資の場合には、途中でロスカットやマージンコールがされないことが大前提です。したがって、証拠金維持率が100%を下回る恐れのある、大きすぎる取引は控え、ある程度の元手を用意しましょう。

例えば、米ドル円のロングを1万通貨買うならば、最低でも30万円程度の元手があると心強いでしょう。

マイナススワップについて

スワップポイントを考えるとロングが良い

上記のように考えるのは、ごく自然なことです。例えば豪ドル円で言うなら、ロングポジションを持っている間はスワップポイントを受け取れますが、ショートポジションを持っている間は、逆にスワップポイントを支払わなければいけません。

マイナススワップの例

会社 米ドル/円 豪ドル/円 ポンド/円 NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
SBI FXトレード -89円 -39円 -41円 -40円 -13円 -108円
情報更新日: 2019年04月05日
会社 スイスフラン/円 ユーロ/ドル ユーロ/ポンド 豪ドル/米ドル ポンド/ドル
SBI FXトレード -12円 -100円 -41円 -19円 -68円
情報更新日: 2019年04月05日

今度は先程と逆です。米ドル円がこれから下がると予想したら、ショートポジションを持ちます。これで日をまたいだ場合には、スワップポイントを上記の分だけ毎日支払わなければいけません。

前記のプラススワップの表と比べていただくと、同じ通貨ペアでもマイナススワップのほうがわずかに大きいことが分かります。※「DMM FX」のようにプラススワップとマイナススワップが同じFX会社もあります。

マイナススワップでも利益が出た例

例えば、外貨預金の代表的な存在である、オーストラリアドルを例に挙げて考えてみましょう。ここ数年で見ると金利は上昇気味ですが、かつてのレートは以下のようなものでした。

豪ドル円の推移
  • 2015年始値:約98円
  • 2016年始値:約86.5円(安値:約72.4円)
  • 2017年始値:約84.2円
  • 現在(2017年10月):約88.2円

このように、下落気味でした。昔のオーストラリアドル円のスワップは今の倍くらいあったので、仮にマイナススワップを100円/日としましょう。この上で2015年の始値約98円で売った後、2017年の始値約86.5円で決済した場合を考えます。約14.5円(1450pips)の利益が出ているので、1万通貨の場合14.5万円の為替差益です。ここからスワップポイントを引くと、100円×360日×2年=72,000円となりますから、計算をして7.3万円の利益となります。

表のように、もっと安値で決済できた可能性もありますから、利益はもう少し大きくなるでしょうか。このように、長期的な下落を予想した場合には、たとえマイナススワップが大きくても、あえて為替差益を優先した取引を行って、利益を得ることができるのです。

この傾向は、取引スパンが短くなればなるほど高くなり、デイトレード以下、日をまたがないスパンのトレードでは、そもそもスワップが付与されないため、為替差益を最優先にトレードすることになります。

Saka23

元 銀行員|逆瀬川勇造

スワップが高くても下落トレンドの場合は注意


高いスワップポイントを持つ通貨には魅力を感じてしまうものですが、対象の通貨が下落トレンドにある時は慎重になった方がよいでしょう。スワップ狙いの投資をするのであれば、横ばいか、できれば上向きのトレンドの時に始めるべきです。
というのも、スワップ狙いの投資は長期間でポジションを持つことになるため、いくらその期間中スワップで収入を得られても暴落にあってしまうなどすれば利益を得られないどころか、大きな損失を被ってしまいます。そもそも、高い金利を設定しているということはそれだけリスクが高いということでもあります。高いスワップを狙う時は、対象の通貨のトレンドにもよく目を向けるようにしましょう。

長期運用に向いたFX会社を選ぶ

長期運用目的でFXの取引をするのであれば、スワップポイントを狙うのも1つの戦略です。

もう既に取引する通貨ペアが決まっているのであれば、まずはFX会社各社ごとに設定されているスワップポイントを比較してみましょう。

会社 米ドル/円 豪ドル/円 NZドル/円
外為どっとコム 81円 40円 27円
SBI FXトレード 88円 37円 38円
FXブロードネット 78円 33円 31円
DMM FX 66円 32円 30円
ヒロセ通商 LION FX 20円 40円 40円
インヴァスト証券 70円 30円 35円
外為オンライン 60円 20円 20円
GMOクリック証券 77円 34円 39円
情報更新日: 2019年04月18日

※こちらは買いのスワップポイントです。

ご覧の通り、FX会社によって、スワップポイントが異なります。取引ツールなど、特に拘りがなければ、金利が高い会社を選ぶのがおすすめです。

プラススワップ目当ての場合

プラススワップ目当てで取引する場合と、マイナススワップ覚悟で取引する場合とでは、業者の選び方の基準が真逆になるので気を付けましょう。長期で運用したい場合は、とくに注意が必要です。

スワップポイントが高い業者を選びます。例えば、同じドル円のロングでもスワップポイントの値は業者によって異なります。一般に、マイナススワップの高い業者ほどプラスのスワップも高くなります。

マイナススワップ覚悟の場合

日をまたいで、マイナススワップのポジションを運用する場合は、先ほどとは反対に、スワップポイントの安い業者を選びます。

また、日をまたがないで、マイナススワップのつくポジションを運用する場合には、スワップポイントの値は関係ありません。スワップポイントの値にかかわらず、取引コストの安い業者を選びましょう。

Saka23

元 銀行員|逆瀬川勇造

証拠金維持率に余裕をもたせておきましょう。


FXで中長期投資をする時の注意点にはさまざまなものがありますが、その中でも特に注意したいのが証拠金維持率です。中長期で取り組むのであれば証拠金維持率に余裕を持たせて取り組みましょう。というのも、証拠金維持率に余裕がないと事件や事故を理由とした暴落などに巻き込まれて、ろくに対処もできずロスカットされてしまう危険性があるからです。
なお、中長期投資では証拠金維持率を1,000%以上に保つことをオススメします。証拠金維持率が1,000%ということは、レバレッジは2.5倍。これくらいであれば暴落に巻き込まれても即ロスカットされるようなことはあまり考えられないでしょう。

選ばれているFX会社

スワップポイントは、FX会社によって、どの通貨ペアに注力しているかが異なります。

例えば、米ドルに注力をしている会社もあれば、豪ドルに注力している会社もあるのです。

まずは自分が取引したい通貨ペアを決めて、それに対応したFX会社を選びましょう。

米ドル円のスワップを狙うなら

Gmo

GMOクリック証券

満足度
full star
full star
full star
half star
non star
3.7
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 19
Sbifx daniel 300x250

SBI FXトレード

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.4
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.27銭 0.39銭 0.89銭 0.59銭
取引単価 通貨ペア数
1通貨 26

豪ドル円のスワップを狙うなら

Hirose2

ヒロセ通商 LION FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 50
Jfx1

JFX MATRIX TRADER

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

【まとめ】外貨預金よりもFXの方が自由度は高い

外貨預金とFXはよく比較されますが、取引コストや利子(スワップポイント)を比較した場合は、両方ともFXのほうに軍配が上がります。

確かに、「FXにはリスクがありますから」などと銀行の受付の方がおっしゃるのを聞いたことがありますが、そこでいわれているリスクというのは主に「レバレッジリスク」のことです。しかし、ご存知のように、レバレッジは自分で管理することができます。レバレッジ1倍なら、リスク量(為替変動リスク)は外貨預金と同様です。

FXでは、取引する人の趣向により、ハイリスクのギャンブルに近い投機から、バランス型の投資、低リスクの外貨預金的な運用まで様々なスタイルを選べるのです。

この記事で紹介したFX会社

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる