初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2022/04/05

FXの香港ドル/円(HKD/JPY)の特徴とおすすめのFX会社

Hkd
Yama

この記事のアドバイザ

山崎隆平

大学卒業後、国内証券会社に勤務。証券アナリストとして財務分析および証券分析を担当。相場の転換点・業績の転換点を見極めることに関して非常に高い評価を受ける。 退職後は個人トレーダーとして株式・FX・オプション取引を中心にマーケットの荒波に立向かう。個人投資家、機関投資家の気持ちが分かる頼れる存在。現在は投資で得た資金を元手に不動産会社を設立。金融商品のみならず不動産投資にも精通している。

目次

  1. 香港ドル(HKD/JPY)の特徴
  2. 香港の政策金利
  3. 香港ドル(HKD/JPY)取引時の注意点とメリット・デメリット
  4. 香港ドル(HKD/JPY)を取引するのにおすすめのFX会社
  5. 【まとめ】
この記事はこんな人におすすめ
  • FXの香港ドルを取引したい!
  • ドルペッグ通貨に興味がある!
  • ペッグ制解除の大相場に乗って稼ぎたい!

香港ドルは、対ドルで固定相場制(ドルペッグ制)を採用している通貨であり、それを活用した独特のトレード方法や、ドル円とほぼ連動する性質を利用してのトレードで人気の通貨ペアです。

また、超長期的に見ればペッグ制解除後に大相場が予想されるため、それを見込んで取引される方も多いです。日本とは地理的に近いですが、日本円や米ドルとは異なる香港ドルについて、テクニカル(値動き)、ファンダメンタルズ(金利など)双方からご説明し、最後に香港ドルの取引に向いているFX業者を紹介します。

香港ドル(HKD/JPY)の特徴

これは香港ドル円の月足チャート(外貨ex byGMOより)です。

香港ドル円のチャートは米ドル円のチャートとほぼ同じ形状をしています。それは、香港ドルの対ドルレートが、1ドル=7.75~7.85香港ドル(実質的にはほぼ7.8香港ドル)になるように固定されているからです。このことをドルペッグ制といいますが、そのためにドル高になれば香港ドルも同じだけ高くなり、ドル安になれば同じだけ香港ドル安になるのです。

つまり、香港ドル円のトレードする場合には、ドル円のチャート分析をほぼそのまま流用できるということを意味します。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

香港ドルは米ドルと同じ動きをする傾向にある


香港ドルは、ターゲットが1ドル7.75~7.85香港ドルのドルペッグ制を採用しています。また同時にカレンシーボード制も適用しています。カレンシーボードとは、自国通貨の発行量と同等の米ドルを中央銀行が保有することで、ドルの裏付けが生まれ、より強固なペッグ制の維持ができる制度です。ただ、香港には中央銀行がないので、香港金融管理局がその役割を担っています。ですので、香港ドルは基本的には米ドルとほとんど同じ動きをします。ドル円で円安になれば香港ドル円も円安に推移します。ただ、ひとたびマーケットがペッグ制の維持が困難であると判断した場合、投機の対象になってしまい相場が大きく変動する可能性があります。

アジアの窓口としての香港

香港は、中国の一部でありながら長年イギリスの支配下にあったため、返還後も独自の発展を遂げています。また、それゆえに香港では本土と異なる特別行政区として資本主義を実施しています(このように一つの国(中国)のなかに全く異なる2つの制度があることを1国2制度といいます)。世界的に有名なマカオもここ香港にあります。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

ペッグ制とは特定の外国通貨の交換比率を一定に保つ制度


ペッグ制とは、特定国の通貨と自国通貨との為替レートを一定水準に抑える固定相場制のことです。アンカーに使用される通貨は、基軸通貨である米ドルであったり、最大貿易相手国の通貨が利用されます。固定する方法として、金利の調整と為替介入が用いられます。当然のことながらペッグ制にはメリットとデメリットがあります。
メリットとしては、貿易の安定化や自国へ海外資金を流入させる効果があります。デメリットとしては自国の経済状況の如何によらず、特定国の金利に追随しなくてはならないことです。特にアンカー通貨国と自国との経済状況が大きくかい離した場合、金融政策は非常に難しいものになってしまいます。


香港の政策金利

政策金利 2019 2020 2021
1月 2.75% 2.00% 0.86%
2月 2.75% 2.00% 0.86%
3月 2.75% 0.86% 0.86%
4月 2.75% 0.86% 0.86%
5月 2.75% 0.86% 0.86%
6月 2.75% 0.86% 0.86%
7月 2.75% 0.86% 0.86%
8月 2.50% 0.86% 0.86%
9月 2.25% 0.86% 0.86%
10月 2.00% 0.86% 0.86%
11月 2.00% 0.86% 0.86%
12月 2.00% 0.86% 0.86%
情報更新日: 2022年01月14日

ご覧のように、近年は徐々に利上げ傾向にあります。しかし、アメリカの政策金利と見比べていただければわかりますように、金融政策はアメリカのそれとうり二つです。つまり、アメリカが利上げをすればそれに追随して利上げをし、金利を据え置いたら据え置き、また利下げをしたら香港ドルも利下げをするという具合です。

というよりも、香港にはアメリカでいうFRBや日本でいう日銀に相当する中央銀行はありません。
※香港ドルは、香港上海銀行、スタンダードチャータード銀行、中国銀行 (香港)という3つの銀行によって発行されています。

なので、香港ドルの政策金利を予測するには、(ドルペッグ制が廃止されない限り)アメリカの金融政策を見る必要があります

香港ドル(HKD/JPY)取引時の注意点とメリット・デメリット

ドルペッグ制を採用している香港ドルは、ドル円やユーロドルといった、市場原理によって自在に変動する通貨とは異なります。また、現在は(対ドルで)固定相場制ですが、将来にわたってこの状態が続くかどうかはわかりません。したがって、メリット・デメリットとも特殊なものになり、注意が必要であるとともに、注目する価値があります。

メリット
  • 情報量が多いドル円とほぼ連動するのでトレードがやりやすい
  • 将来的にドルペッグ制が廃止された場合、大相場が期待できる
デメリット
  • ドル円に比べて取引コストが高く、スワップポイントは低い傾向にある
  • 将来的にドルペッグ制が廃止されたときに、大暴騰OR大暴落する可能性がある

香港ドルを取引する時の注意点

基本的な注意点は、ドル円と同様です。アメリカの金融政策と日本の金融政策の双方をチェックしておきましょう。

また、ドル円特有の動きとしては、レンジ相場が長引きやすいため、トレンドに乗ろうと高値を買ったり安値を売ったりした場合、結局トレンドが発生せずに、持ち値の悪いポジションを抱えてしまうリスクがあります。一方で、トレンド相場が発生した場合は、一気に変動するため乗り遅れない工夫も必要です。

また、繰り返しになりますが、現在はドル円の動きにほぼ完全に連動していますが、将来においてドルペッグ制が廃止された場合は、過去のスイスショックのような大混乱に巻き込まれる可能性があるので、香港や中国に関するニュースには常に気を付けておく必要があります。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

アメリカの指標発表は欠かさずにチェックする


まず、基本的には米ドルと同じ動きをすることから、アメリカが発表する経済指標やイベントはしっかりと把握する必要はあります。また、アメリカの経済動向に関しては特に細心の注意を払う必要があります。アンカー通貨国との経済状況のかい離、インフレ率や実質金利の格差はドルペッグ制の急所です。
廃止まで行かなくてもターゲットの拡張や切上げ・切下げ等が発表されれば相場は大きく動きます。特に物価指標、貿易・国際収支統計、GDP関連の指標は大切になってきます。また、香港は中国の一部であることを踏まえると、当然中国の経済動向、アメリカとの関係性の変化にも細心の注意を払いましょう。

香港ドル(HKD/JPY)を取引するのにおすすめのFX会社

香港ドルは、主に対円か対ドルで取引します。ただ、対ドルのものを扱っている会社は非常に少なく、選択肢が限定されます。したがって、自分が何を狙っているのか(スワップなのか、将来的なペッグ制廃止による大相場なのか)ということをよく考えて、業者を選ぶ必要があります。

バランス重視のFX会社:ヒロセ通商(LION FX)

Hirose 2021ver

ヒロセ通商 LION FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.3
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.4銭 1.0銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 50

対円のみならず、対ドルで香港ドルを取引できる非常に珍しいFX業者です。香港ドル以外にも、ノルウェークローネやポーランドズロチなどのマイナー通貨を扱っているほか、メジャーな通貨であっても、ユーロクロス(ユーロ豪ドルやユーロNZドル)やポンドクロス(ポンドスイスやポンド豪ドル)など珍しい組み合わせの取引が行えます。

ヒロセ通商の最大の特徴は、なんといってもキャンペーンです。「食品が送られてくるFX業者」としても有名で、取引数量によっては冷蔵庫がいっぱいになるくらいのラーメンや餃子がおくられてきます。

取引環境も優秀で、狭いスプレッドや高い約定力、また業界最多の380行から行えるクイック入金や、平日9時半から14時半までの間に行えるリアルタイム出金(出金内容が即時に自分の銀行口座に反映される)など、痒い所に手が届く業者だといえます。まずは「ヒロセ通商 LION FX 公式ページ」無料口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

Male

50代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.3

約定が早いですね。他社と比べても早いと思います。チャートのバージョンアップを年に数回必ず行ってくれるのでそれがいいですね。常に進化し続けてるっていう感じですね。

ヒロセ通商LION FX

【まとめ】

香港ドルは普通に取引していたら、取引コスト的にもドル円の代わりに取引するメリットが見つからなそうな通貨に見えますが、実際には将来的な成長の可能性を秘めている通貨です。もっとも、そこで利益を得るためには10年先を見通すような綿密な情報収集が欠かせません。

良好な取引環境を提供している業者を見つけるとともに、香港や中国発のニュースには日ごろから目を光らせておき、リスク管理を徹底しておきましょう。

Hirose 2021ver

ヒロセ通商 LION FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.3
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.4銭 1.0銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 50

選ばれている最新のFX会社ランキングを公開中!

FX会社最新ランキング

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる