初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/08/22

深夜にFX取引をする時に参考にしたい強者の戦い方

5555

この記事のアドバイザ

當眞嗣也

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。 現在は、証券会社時代の経験を活かして、株や投資、FXなどの資産運用情報を初心者向けに発信している。

目次

  1. 深夜の相場は日中よりもボラティリティが大きくチャンス
  2. 参考にしたいプロトレーダーの深夜の戦い方
  3. 重要指標発表後のトレンドに乗る戦い方
  4. ダウ平均株価をチェックする戦い方
  5. ユーロドルの値動きをチェックする戦い方
  6. 【まとめ】選ばれているFX会社
この記事はこんな人におすすめ
  • 深夜にFXで副収入を稼ぎたい!
  • 夜中のFXトレードでも利益は出せる?
  • 夜の時間に勝つためのポイントは?

昼間の時間は仕事をしていて、夜しかFXをする時間がないというトレーダーも多いことでしょう。FXは24時間取引できるため、深夜でも日中と同じように売買ができます。

夜でもちゃんと稼げるの?
トレードのメインは日中じゃないの?

そんな不安を感じる人も多いかもしれませんが、事実はまったくの逆で、夜の時間の方が稼げる可能性は高いと言っても良いほどです!

今回は、深夜トレードのメリットや戦い方について紹介しています。昼間にトレードするのも良いですが、深夜トレードの方が稼げるチャンスが多いですし、やり方によってはリスクも抑えられます。ぜひ、参考にしてみてください。

深夜の相場は日中よりもボラティリティが大きくチャンス

東京証券取引所が開いている9時〜15時よりも、夕方〜深夜にかけての方が為替相場のボラティリティ(変動幅)が大きいことは珍しいことではありません。そのため、敢えて夕方〜深夜の時間帯を主戦場としているトレーダーも非常に多くいます。日中よりも深夜の方がボラティリティが大きい相場になる理由は以下の2点です。

深夜がチャンスである理由
●ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いているため
●日本時間の夜〜夜中にかけて重要指標が発表されるため
5555

元 証券会社勤務|當眞嗣也

日本時間の深夜は米ドルを中心によく動く


NY市場は、世界最大の市場といわれており、取引所が開いている時間は、ドルを中心に多くの通貨の値動きが活発になります。理由として、最も流通量や取引量が多いドルが多く取引される点もありますが、NY時間には多くのアメリカの経済指標が発表されるため、指標の内容によっては多くの通貨に影響を与えるからです。
値幅の動きが激しく、1度の取引で大きな損益が発生する可能性があるのです。したがって、初心者は、NY市場が活発な時間帯に取引をすると大きな損失が発生する恐れがありますので、出来るだけさけて取引をするのがおすすめです。

夕方〜ロンドン市場、夜〜ニューヨーク市場オープン

- 夏時間 冬時間
ロンドン市場 午後4時〜午前0時30分 午後5時〜午前1時30分
ニューヨーク市場 午後10時30分〜午前5時 午後11時30分〜午前6時

ロンドン市場は日本時間の夕方〜深夜、ニューヨーク市場は日本時間の夜〜朝方にかけて開いています。為替市場において、最も流通量・取引量の多いドルとユーロが活発に取引される時間帯なため、相場のボラティリティが非常に大きくなります。ボラティリティが大きいということは、それだけ大きく稼げるチャンスがあるということです。

5555

元 証券会社勤務|當眞嗣也

深夜は激しい波に飲まれないように注意


深夜に取引する際の注意点としては、NY市場の動向を常にチェックする事です。NY市場は日本時間の夜22時頃に開きますが、NY市場が開いた1〜2時間は相場の動きや上がり下がりが激しくなります。最も流通量や取引量が多いドルが多く取引されることと、アメリカの重要指標の発表もこの時間帯にされるからです。そのため、為替レートの上がり下がりが激しく、大きな利益を狙えますが、逆に一瞬で大きな損をするリスクも高くなるため、深夜に取引する際は、注意しましょう。FXを始めたばかりの方は、できれば避けたい時間帯でもあります。

重要指標が発表される

世界一の経済大国であり、世界の基軸通貨を発行するアメリカの経済指標が発表されるのが、日本時間の午後9時〜午前0時にかけてです(一部それ以降)。

指標発表の例
  • ISM製造業景況指数
  • 非農業部門雇用者数
  • 失業率
  • 中古住宅販売保留指数
  • 小売売上高
  • PPI、CPI
  • 耐久財受注
  • GDP
  • 中古住宅販売件数

上記以外にも、多くの重要指標が発表されます。既に結果を織り込み済みの場合もありますが、これらの指標結果によっては相場のボラティリティが非常に大きくなり、短期間で大きな利益を狙うことも可能です。

深夜にトレードするのは合理的

上記のことから、深夜は相場のボラティリティが大きい傾向があり、深夜にトレードをすることは合理的とも考えられます。なぜなら、ボラティリティの小さい相場では強いトレンドが形成されづらく、凄腕のトレーダーでも利益を得るのが難しいためです。

一方、ボラティリティが大きい相場であれば、強いトレンドが形成される可能性があり相場展開を読みやすくなります。

【注目】多くの人に選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど「なかなか思うような成果が出ない」と悩んでいませんか…?

そこで、今最も選ばれているFXサービスを紹介します。プロから初心者まで多くの人に選ばれているFX会社を使って、勝率UPを狙ってみてください!

ココに注目!

参考にしたいプロトレーダーの深夜の戦い方

相場変動の大きさから深夜トレードにチャンスがあることはわかりましたが、どのようなトレード・戦い方をすればいいのでしょうか。為替市場が最も活発に動く時間帯だからこそ、しっかりと戦略を練ってトレードする必要があります。

ここでは、実際にプロトレーダーもしている深夜の戦い方について見てみましょう。真似をしたからといって確実に勝てるわけではありませんが、勝率が高まる可能性はあります。

重要指標発表後のトレンドに乗る戦い方

初心者トレーダーでも真似しやすい戦い方が、この「トレンドに乗る」方法です。先述のとおり、午後9時〜午前0時の間は注目度の高い重要指標が発表されます。事前の予想と発表された結果によっては、相場が大きく動き強いトレンドが形成されます。形成されたトレンドに乗ることで利益を得ることができます。

指標が発表された後にポジションを持つ

重要指標が発表される前にポジションを持ち、大きな利益を狙う方法もあります。しかし、予測がハズレた場合(指標結果が良いと予測していたのに悪かったなど)は、相場が逆に動き大きな含み損を負ってしまいます。指標発表前に予測してポジションを持つことは、リターンも大きいですがリスクも大きいです。

指標発表後であれば、結果も相場の動きも出ているため、その後の相場展開が予測しやすいです。既に形成されたトレンドに沿ってトレードをすれば、リスクを抑えてリターンを得ることが可能です。

1時間おきなどに重要指標の発表が控えている場合は、最も重要な指標もしくはすべての発表が終わらないと相場が動かない可能性があるため、それまでは手を出さない方がいいでしょう

トレンドに乗る際のポイント
  • 指標発表前には手を出さない
  • 指標発表後、トレンド・相場の方向性が出てポジションを持つ
  • 発表が続く場合は方向性が出るまで見守る

ダウ平均株価をチェックする戦い方

アメリカの代表的な株価指数である「ダウ平均株価」をチェックしながらトレードする方法もあります。日本の「日経平均株価」のように重要指標であり、ダウ平均株価の変動によって為替相場も影響を受ける場合があるためです。ニューヨーク市場が開くと、ダウ平均株価も動き出します。

ダウ平均株価って?

ダウ平均株価は、「ニューヨーク平均株価」「ニューヨーク・ダウ」「ダウ平均(ダウ工業株30種)」とも言われ、アメリカ経済を代表する30銘柄で構成された平均株価指数のことです。「S&P500」とともに世界中の投資家が注目する指標の1つです。

構成銘柄
●アップル
●マイクロソフト
●マクドナルド
●ゴールドマン・サックス
●ウォルト・ディズニー
●コカ・コーラ
●ゼネラル・エレクトリック など
5555

元 証券会社勤務|當眞嗣也

株価の動きから景気の動向を見るのが大切


日経平均株価やダウはどちらも株価指数で、高いか低いかでその国の景気がわかります。
実は、日経平均やダウはFXと大きく関係しており、日経平均やダウが上がるとドル円も上がり、逆に日経平均やダウが下がると、ドル円も下がることが多いです。

そのため、FXでドル円取引をする上では、日経平均やダウの相場の傾向を常に確認する必要があります。
FXを始めたばかりの初心者にとっては、いつ買えばいいのか迷うことも多いでしょう。
その場合は、日経平均やダウの相場をチェックして取引する、リスクを抑えることができるためおすすめです。

ダウ平均株価をリアルタイムチェック

傾向として、ダウ平均株価が上昇すると円安ドル高、下落すると円高ドル安へ動きます。そのため、ダウ平均株価をリアルタイムでチェックし、為替相場の展開を読みトレードすることができます。いかに、リアルタイムでチェックできるかが重要です。

ここがポイント!
  • ダウ平均株価での戦い方
  • ダウ平均株価上昇→円安ドル高
  • ダウ平均株価下落→円高ドル安
  • リアルタイムでチェックすることが重要

ユーロドルの値動きをチェックする戦い方

上記はユーロドルの4時間足チャート(左)と、米ドル円の4時間足チャート(右)を同時間帯で比較したものです(DMM FX)。

ドル円でトレードしている人は、世界一の取引量を誇る通貨ペアユーロドルの値動きをチェックして戦う方法もあります。日中もユーロドル相場を参考にできますが、ロンドン市場とニューヨーク市場のオープンにより活発に動くのは夜の時間帯です。特に、ユーロドルが大きな動きをしている場合はドル円相場にも大きな影響を与えます。

ユーロドルとドル円は逆相関

ユーロドルにおいて、ドルがたくさん買われると相場が大きく下がります。しかし、ドル円においては大きく上がる傾向があります。逆に、ドルがたくさん売られるとユーロドル相場は大きく上がり、ドル円相場は大きく下がる傾向があります。

このように、ユーロドルとドル円は逆相関となります。毎回、キレイな逆相関になるわけではありませんが、1つの参考指標としてトレードしていく戦い方もあります。

ここがポイント!
  • ユーロドルを見ての戦い方
  • ユーロドルが上がればドル円は下がる
  • ユーロドルとドル円は逆相関の傾向

【まとめ】選ばれているFX会社

深夜だからといって悲観的になることはありません。むしろ、日中のトレードよりも稼げるチャンスは多いです。トレンドやダウ平均株価、ユーロドルなど紹介しましたが、他にもたくさんの戦い方があります。いずれも、勝ちを保証するものではありませんが、実践するプロトレーダーもいる戦い方の1つです。ぜひ、試してみてください。

FX会社選びも重要

深夜に安定して稼ぐためにもう1つ重要なのが「FX会社選び」です。プロトレーダーや、サラリーマンや主婦でも稼げている人は、以下の点に注意しながらFX会社を選んでいます。深夜に稼ぎたい場合、特に以下の点に注目してみてください。

FX会社選びのポイント
  • 狙った所で決済できる「約定力」があるか
  • 取引コスト(スプレッド)が低く設定されているか
  • 会社規模が大きく、多くの利用者がいるか

今回は、上記3つの条件を満たすFX業者を紹介します。どこも口座開設は無料ですので、まずは申し込みから始めてみてください。

口座数ナンバーワンのDMM FX

DMM FX

DMM.com証券は、2017年の調べで校区内FX口座数ナンバーワンを誇ります。そのFXサービス「DMM FX」は、業界最狭水準のスプレッドと見やすいチャートツールで高い人気を誇っています。

相場が急変動する時間でも、スプレッドや通信環境が安定していて、プロから初心者まで多くの人に選ばれているFX会社です。

Dmm main

DMM FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.5
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 21

自動売買に強みを持つFXブロードネット

FXブロードネット

夜の時間に相場が動くことは解っていても、生活スタイル的に取引できない人も多いことでしょう。そんな人には自動売買ツールに強みを持つ「FXブロードネット」がおすすめです。

トラッキングトレード
画像引用:FXブロードネット公式ページ|トラッキングトレード

自動売買ツール「トラッキングトレード」は、最初に設定した取引きルールを24時間忠実に繰り返してくれる、非常に優秀なシステムです。これにより、仕事中の時間でも寝ている時間でも利益獲得チャンスを逃しません。

こちらも新規口座開設時には、最大20,000円のキャッシュバックが使えます。

Broad 300x250

FXブロードネット

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.5銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる