初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/06/25

【外為オンライン】iサイクル注文のメリットとトレードで利益を狙うときの注意点

Yama

この記事のアドバイザ

山崎隆平

大学卒業後、国内証券会社に勤務。証券アナリストとして財務分析および証券分析を担当。相場の転換点・業績の転換点を見極めることに関して非常に高い評価を受ける。 退職後は個人トレーダーとして株式・FX・オプション取引を中心にマーケットの荒波に立向かう。個人投資家、機関投資家の気持ちが分かる頼れる存在。現在は投資で得た資金を元手に不動産会社を設立。金融商品のみならず不動産投資にも精通している。

目次

  1. FXの自動売買について
  2. 外為オンラインのiサイクル注文とは
  3. iサイクル注文の強み
  4. iサイクル注文の注意点
  5. iサイクル注文(自動売買)も選択肢の一つ
この記事はこんな人におすすめ
  • 外為オンラインのiサイクル注文ってどう?
  • 実際に勝てるの?継続的に利益が出るの?
  • どうやって運用すればいいの?

「外為オンライン」が提供しているiサイクル注文は、忙しくて相場をあまり見ることができないトレーダーに向いています。

iサイクル注文は、半自動型の自動売買の一種で、ユーザーがパラメーターを設定すると、それに従ってシステムが24時間トレードをしてくれるというものです。

FXの自動売買では、かなり人気と呼べる部類に入るiサイクル注文ですが、今回の記事ではそのシステムや設定方法について紹介します。

FXの自動売買について

自動売買には、大きく分けると次の2種類があります。

完全自動型(フルオート型)
半自動型(セミオート型)

iサイクル注文は、どのような値幅を想定し、それに対してどのような取引をするのかをユーザーが指定するので、セミオート型だといえます。

そして、自動売買には以下の大きなメリットがあることを覚えておきましょう。

自動売買のメリット
●24時間ずっと取引を続けてくれる
●取引に余計な感情が入らずに済む

自動売買の特徴・メリット

上記のように自動売買は、最初に決めたルールに従って、システムが24時間ずっと取引をしてくれます。これにより、仕事中も寝ている時間も利益獲得のチャンスを逃しません。つまり、忙しいサラリーマンや主婦は自動売買を活用してお小遣いを稼いでいるのです。

もちろん空き時間を利用して自分の手動でFX取引をする人もいますが、そんな時にどうしても入ってしまう「感情」に邪魔されずに済みます。熱くなったら負けと言われるFXの世界において、自動売買は安定的に利益を狙う優秀なツールなのです

一方で、最初の資金を多めに準備しなければいけないという点も忘れてはいけません。相場が逆方向に動いた時のことも考えて、少なくとも10万円以上の資金は準備しておきたいところです

また、仕組み上どうしても多くのポジションを持つこともでてきます。売買のたびにコストがかかる旨も覚えておいてください。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

ルール通りに24時間取引してくれる点が強み


外国為替市場の市場別取引高は、ロンドン市場とニューヨーク市場で60%に近いシェアを占めます。また、通貨別の取引高も米ドルとユーロでこれも60%近いシェアになります。このことを踏まえると、為替市場の主戦場はロンドン市場とニューヨーク市場がともに開いている時間になります。日本時間では夜中です。
我々がこの時間帯に手動で取引を行った場合、眠気や疲れから判断ミスや注文の誤発注をしてしまう可能性があります。しかし自動売買では、あらかじめ定めたルールのもとミスなく取引を実行してくれます。また、そもそも自身では深夜の時間帯に取引ができない方でも、主戦場で戦うことを可能にしてくれます。さらには、参加できない時間でも機械的に売買をおこなうことで資金効率の上昇も期待できます。

外為オンラインのiサイクル注文とは

外為オンライン公式ページ|iサイクル注文
画像引用:外為オンライン公式ページ|iサイクル注文

iサイクル注文は、相場の値幅に合わせて複数のIFDOCO(IFO)注文を自動発注してくれるシステムです。

これは、イフダン注文と、OCO注文を組み合わせた方法と思ってください。以下でもう少し詳しく解説します。

IFDOCO(IFO)注文とは

IFDOCO(IFO)注文では、次の3つの要素を指定します。

IFDOCO(IFO)注文の要素
  • 新規の買い・売り(エントリー)ポイント
  • 決済の利益確定(利食い)ポイント
  • 決済の損失確定(損切り、ストップロス)ポイント

これを少し噛み砕いて言うと、以下のようになります。

価格が●●円になったら、自動で注文を入れてね。
その後、予想通りの方向に動いたら、●●円のタイミングで利益を確定してね。
もし予想と逆方向に動いた場合は、マイナス●●円のところで損切りをしてね。

ということです。この注文は、もちろん手動で発注することもできます。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

IFDOCO注文は細かい利益確定が可能


手動での注文は、発注している最中に気配が変わってしまい、指値の注文が約定が出来なかったということが度々起こります。特に細かい値幅での売買では、その可能性は高まります。これは新規建であっても返済時であっても起こりえますが、特に返済時の場合は返済できずにそのまま反対に動いてしまった場合、精神的にも負担が生じてしまいます。また、細かく利益をとる取引の場合、売れた後、すぐ次の買い注文の準備もしなくてはならず、ボラティリティの高い相場では、相場に注文が追い付かなくなってしまう可能性があります。IFDOCOでの注文では、前もって注文が発注されているので、注文が追い付かなくなる心配がありません。特に細かな利益を積重ねていきたい時には、非常に有効な手段のひとつです。

iサイクル注文の具体例

以下は、iサイクル注文の実際の画面の一部です。

このようにiサイクル注文では、複数のIFDOCO注文を連続して並べます。つまり、、ポジションをたくさん持って、利益が出るごとに決済していくという仕組みです。

サイクル注文との違い

実は、これと似た注文方法としてサイクル注文というものがあります。これも、値幅を指定して自動的にIFDOCO注文を発注します。

しかし、当初予想した値幅が変わったり、基準となる安値や高値が変わってしまうということもありえます。
例)110円から115円までの値幅で動いていたものが107円から112円の間で推移するようになった、という場合。

この場合、iサイクル注文ならこの基準となる安値や高値の変動に対して自動で追従します
例)サイクル注文なら当初に設定した110円から115円という値幅で注文を繰り返しますが、iサイクル注文なら107円から112円の値幅で注文するように設定を更新します。

外為オンライン

iサイクル注文の強み

初心者の方にとってのメリット

まず、初心者の方にとっては考えるべきことが整理されてシンプルになっているため、どのように取引すればよいのかわかりやすい!ということが挙げられます。例えば、iサイクル注文では、大きく分けて3つの要素を考えるだけでよいことになっています。

決める3つの要素
  • 値幅
  • ポジションの間隔
  • 買いまたは売り(もしくはトレンド判断基準を決定しておまかせ)

ポジションの間隔とは、例えば下がった時に買う場合において、1度買ったら、次に買うのはどこか、ということです。
例えば、値幅を20銭と設定した場合の注文画面は以下のようになります。

また、現在利益を上げているiサイクル注文のランキングも公表されています。このランキングに追従することで、利益を上げやすくなるほか、その設定を分析・研究することで、「どのように考えれば勝てる戦略を作れるのか」が分かり中級者以上へのステップアップにつながります。以下は、iサイクル注文のランキング画面です。

中上級者の方のニーズにも応える柔軟性

iサイクル注文はかなり細かい情報や絞り込みが行えます。例えば、ランキング方式は上記の画像を見ると、売買の基準(トレンド(MACDやSMAなど))、時間足の種類(日足、月足など)のほか、注文間隔や最大ポジション数、想定変動幅などによって並び替えが可能です。これは、株取引の銘柄選びと類似しています。株取引の場合も、証券会社の発表しているランキングを参考に、どの銘柄を取引すべきかを決定します。

また、ランキングで各設定を選択した後、微調整も行えます。以下が、微調整の画面です。

ここで、想定変動幅やポジション方向、対象資産(投入資産)などを微調整することでより精度の高い取引を行うことが可能です。

Yama

証券アナリスト|山崎隆平

自動売買は初心者も中上級者も使う王道のトレード方法


自動売買は初級者から上級者まで幅広い層で活用されています。上級者の中にはマーケットを見ながら注文は自動にしている方もいます。その方が、マーケット分析や経済分析に時間がさけるとの理由です。また、複数の通貨を運用している場合、主要通貨を自動売買で行い、新興国通貨を手動でと分けている投資家の方もいます。そして、個人的には初心者の方には自動売買を、むしろ積極的に試してほしいと思っています。理由は損切に対する抵抗感になれる為です。
初心者の方が実際に売買されると、損切に対する抵抗感が強く中々踏み切れません。しかし、相場で利益を上げていくには非常に重要な行為でもあります。自動売買では必ず損切がされる場面がありますので、おのずと損切に対する抵抗感に慣れていくことができます。

iサイクル注文の注意点

ここからはiサイクル注文を運用する時の注意点です。iサイクル注文に限らず、全ての自動売買に言えることですが「設定は自分で決めなくてはならない点」「検証も自分で行わなくてはならない点」には気を付けましょう。

設定は自分で決めなくてはならない

特に、現在の相場がトレンド相場かレンジ相場なのかについては、自分で判断しておく必要があります。これによって、自分が力を入れて取引する方向を決めておきます。そして、どれくらいの値幅であれば、現実的に平均建値がちょうどよくなるのか、ということも考えておく必要があります。

つまり、自動売買は必ずしも楽ではないのです。iサイクル注文は、システムの構築はすでにされているものの、それでも初期設定は気を付けて行わなくてはなりません。

どの戦略が儲かりやすいのか、今の相場はどうなっているのか、という判断は自動売買であっても省略することができず、間違った判断に基づいて設定してしまった場合には、裁量取引と同様損失のほうが利益を上回る状態が継続してしまいます

検証を怠らないこと

どの自動売買も同じですが、一定期間運用した後は、その売買システムがうまく機能しているかのチェックと、現在の相場に合わせての微調整を行わなくてはなりません。iサイクル注文では、サイクル注文と違って、高値と安値(値幅の位置)は自動で切り替えてくれますが、値幅自体は自分で再設定する必要があります。

ですから、休日など時間のある時に設定やチャートをしっかり検証して、自己研鑽をしていく必要があることは、裁量売買と同じです。

iサイクル注文をする際は資金を多めに用意しよう

iサイクル注文をする際は、証拠金を多めに用意しておきましょう。通常の取引は異なり連続で何回も取引をするため、その分の必要証拠金が必要です。

設定しておけば、自動的に取引をしてくれるので場合によっては、証拠金ギリギリになる場合も考えられます。すると、大きな値動きが合った際にロスカットされてしまうリスクもあるため、それを加味した資金を用意することをおすすめします。

例えば、普段10万円で取引している人は、それが複数回繰り返されることを想定して30万円、40万円を用意したほうが安心かもしれません。

iサイクル注文が苦手としている値動きパターンもある

iサイクル注文は、一定範囲を行ったり来たりするいわゆるレンジ相場(もみ合い相場)や、押し目や戻りをつくりながら一定のペースで上昇(下落)していく相場に適しています。

しかし、一方で押し目や戻りがなく、一方通行状態で上がり続ける(下がり続ける)相場では、うまく利益を上げることができません。そのような場合には、裁量で取引するか、別の自動売買システムを使用(開発)する必要があります。

Male

20代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

スマートフォンのアプリケーションで取引していますが、チャートも見やすくテクニカルの調節も簡単にできて良いです。低コストから投資できるのもいいなと感じていますね。

Gaion

外為オンライン

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.1
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
1.0銭 2.0銭 3.0銭 3.0銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

iサイクル注文(自動売買)も選択肢の一つ

FXの取引は、自己の判断で行う裁量売買と今回ご紹介したiサイクル注文のような自動売買とがあります。両方とも共通することは、使う人のスキルに左右されるということです。

しかし、それぞれ得意としている部分と苦手としている部分があり、すみわけが可能なのも事実です。また、上に書いたように、初心者の方にはトレードをする上で必要なことを考える機会を提供してくれるという隠れたメリットもあります。

いずれ裁量一本でいくとしても、それまでの間にいろいろな取引形態を経験しておくことで、自己の選択肢を拡げておくことは重要です。

デモ口座で始めてみるのも◎

「外為オンライン」にはデモ口座があり、こちらでもiサイクル注文を体験することができます。

もちろん実際のお金でやった方が覚える速度は圧倒的に早くなりますが、とりあえずデモ口座で試してみるのも手段の1つです。

外為オンライン

新規口座開設時には5,000円キャッシュバック

外為オンラインに新規口座開設申し込みをする時には、「最大5000円キャッシュバック」のキャンペーンを使うことができます。始めて口座を持つ人は、これを使わない手はありません。

「外為オンライン公式ページ」にキャンペーンの詳細が掲載されていますので、ぜひ検討してみてください。

FX会社情報

Gaion
外為オンライン
満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.1
  • 初心者向けコンテンツやセミナー開催に力を入れている大手のFX会社です。2017年時点での口座数は約51万口座で、業界トップクラスの口座数を誇ります。
  • 24時間ずっと利益チャンスを追い続ける「iサイクル注文」は、プロ注目のツールです。忙しい主婦やサラリーマンに向いているFX会社です!
スプレッド取引単位通貨ペア
米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円1000通貨24ペア
1.0銭2.0銭3.0銭3.0銭

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

外為オンラインに関する記事

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる