初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2022/05/17

FXで安定的に勝つ人と負ける人の決定的な4つの違い

Nakagawa

この記事のアドバイザ

中川聡

大学卒業後、金融機関に勤務。証券外務員1種を取得。営業企画として保険営業員やプライベートバンカー、証券営業員など、様々なタイプの金融アドバイザーに対して投資情報の提供を行う。現在は資産形成層から富裕層まで、個別のお客様にあわせて株、投信、債券、コモディティ、デリバティブなど幅広い商品を組み合わせた投資コンサルティングを行っている。

目次

  1. FXで勝つ人と負ける人の特徴を教えます!
  2. 【1】勝つ人は取引に感情を入れず、負ける人は感情的になる
  3. 【2】勝つ人は相場に影響を与える要素を把握し、負ける人は把握できていない
  4. 【3】勝つ人は常に取引をしない、負ける人は常に取引したがる
  5. 【4】勝つ人はリスク管理を徹底して、負ける人はリスク管理が甘い
  6. FX会社選びは何より重要
この記事はこんな人におすすめ
  • FXでいつも負けてばかり…
  • どうやったら勝てる?みんなどうしてる?
  • 負けたくない…勝ちたい…。とにかく勝ちたい!

FXで勝つ人と負ける人の特徴を教えます!

FXトレードで勝てる人と負ける人の特徴を解説します。現状負けているのであれば、考えを改めなければなりません。まずは勝てる人の特徴を確認して真似るところから始めてみてはいかがでしょうか。

ここでは勝てる人と負ける人の特徴について4つの違いを紹介します。4つの違いを知るだけでも勝つ人がどんな考え方で取引をしているのか掴めるはずです。

FXの世界では、メンタルコントロールが非常に大切になってきます。まずは基本的な項目をおさらいして、勝ち組への最初の1歩を踏み出しましょう!

■動画でもFXの勝ち組の共通点を紹介

マネットFXではFXに関する基本的なテクニックや、トレードに関するマインド、さらには副業や貯金といったお金に関する情報も発信しています。チェックしてみてください。

【注目】多くのトレーダーに選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど「なかなか思うような成果が出ない」と悩んでいませんか…?

そこで、今最も選ばれているFXサービスを紹介します。プロから初心者まで多くの人に選ばれているFX会社を使って、勝率UPを狙ってみてください!

ココに注目!

【1】勝つ人は取引に感情を入れず、負ける人は感情的になる

勝つ人と負ける人の違いの1つに、取引へ感情が入るか入らないかがあります。どんな百戦錬磨のトレーダーであっても、常に冷静でいることは難しいはずです。

しかし、取引に感情が入ることはありません。負ける人に関しては「なんとか取り返さないと」「もっと稼ぎたい」などの感情が取引に影響を及ぼします。

取引に感情が入って良いことは何もない

負け分を早く取り返したい…
このままだとお金がヤバイ…

そんな気持ちになったら、あなたは典型的な負け組トレーダーとなり、世界中の猛者の餌食になります。取引に感情が入って良いことは何もありません。

どんなに気持ちが焦っていたとしても、取引とは切り離して考えなければなりません。感情の影響を受けて取引しているうちは勝ち続けることは難しいでしょう。

勝てる投資家(デイトレーダー)の特徴は?

Nakagawa

証券外務員|中川聡

機械的にトレードをできる投資家は強い


デイトレードは非常に大変な作業です。様々なチャートを見て分析、ニュースなどもリアルタイムで把握し、戦略を立てて実行しなければなりません。体力的にも精神的にも厳しいこの世界では、どんなときも決めたトレードルールを徹底できるということが非常に大事になります。ある意味で自動売買システムのように機械的に取引できると強いでしょう。勝てるトレーダーは特にルールを守るメンタルに優れているため、相場が乱高下する場面でも利益を出すことができます。 FX で勝ち組に回りたいのであれば、安定してルール通りのトレードできるようになりましょう。

取引ルールを決め徹底する

感情に影響を受けないようにするには、取引ルールを決めて徹底することです。たったこれだけで取引への影響を防げます。FXで勝つ人は必ず自分なりの取引ルールを定め、ルールに則り取引を続けています。

どうしてもメンタル維持に自信がない場合には、自動売買ツールを使うのもオススメです。最初に設定した通りに機械がずっとトレードしてくれるので、感情の入り込む余地はありません。

ここがポイント!
●取引ルールを定め徹底して守る
●自信がない時は自動売買ツール(シストレ)を活用

【2】勝つ人は相場に影響を与える要素を把握し、負ける人は把握できていない

相場は投資家心理が現われてる場所であり、為替相場は世界中のトレーダーの心理が現われています。何の理由もなく相場が動くことはなく、動くからには何らかの理由があります。

相場が動く理由の一例
  • ●●の経済指標が予想よりも良かった
  • 世界各国で影響力ある人が何らかの発言をした
  • ■■国の政治情勢が不安定になった

他にもさまざまな理由で相場は動きます。いかに相場が動く要素を知っているか、どの要素がどれだけ影響力を持つか知っているかが重要です。複雑な要素が絡む相場だからこそ、多くの要素を把握できている人が先を読みやすくなります

勝つ人は多くの要素を把握しており、負ける人は把握できている要素が少ないうえに、影響力がどれだけあるかも知らない場合がほとんどです。

経済指標や地政学リスクなど影響力を熟知している

経済指標の例

ミシガン大消費者信頼感指数
週間石油在庫統計
新築・中古住宅販売件数
S&Pケースシラー住宅価格
GDP
生産者物価指数
消費者物価指数
失業率
非農業部門雇用者数

上記はアメリカの経済指標の一部です。例えば、これらの指標を見て「どの指標が影響力が大きいか?」を知っておかなければなりません。

それだけではありません。「予測はどれくらいか?」「前後に他の重要指標や出来事はないか?」「前回の予測と結果、相場変動はどうだったか?」などの把握も必要です。

情報収集をするほど強くなる

難しいように見えますが、過去のデータや相場変動はFX業者のホームページやチャートから簡単に確認ができます。最初は大変ですが、やっていくうちにノウハウが蓄積され時間もかからないようになります。各指標に注目しながらデモトレードをするだけでもたくさんのことが得られます。

FXで勝つ人になるために、相場に影響力のある経済指標や出来事を把握しましょう

ここがポイント!
●経済指標の内容や影響力を勉強する
●常に為替のニュースをチェックする
Nakagawa

証券外務員|中川聡

FXにおいては新鮮な経済情報を得ることは大きな強みとなる


ニュースをリアルタイムに入手することで投資は優位に立てるのか、というと FX においては非常に大事と言わざるを得ません。何故なら FX はニュースが全てと言っていいほど、新しい情報に相場が左右されているからです。例えばアメリカの雇用統計の数値は良くても悪くても為替は大きく振れるということもありますし、政府の要人の発言一つでトレンドが変わることも十分ありえます。そんな相場においてニュースを知らないと何故急に相場が触れたのかもわからないままに損をすることになったり、為替の変動に慌ててしまい、利益の機会を逃したりしてしまうでしょう。最新の情報を知って得することはありますが、損することはありません。自身で正しい判断をする為に情報を素早く取れる環境を整えましょう。

【3】勝つ人は常に取引をしない、負ける人は常に取引したがる

常にポジションを持っている
どんな相場でも取引をしたがる

これらは、負ける人によくある特徴です。取引をしないと利益を出せませんので気持ちはわからなくもないですが、これでは負けが続いてしまいます。

FXで生計を立てているプロトレーダーも常に取引をしているわけではありません。24時間のうち、取引をしているのは1〜2時間というトレーダーも多いです。常に取引をすることは相場を選ばないことであり、負ける確率が非常に高いです。プロトレーダーでも常に取引をしていたら勝つことはできません。

分析を行ったうえで「得意な相場で取引をする」

24時間常に相場が動き続けているなかで、勝つために重要なのは「得意な相場でのみ取引をすること」です。

自分の得意なタイミングを知る
  • 強いトレンドが形成されているとき
  • 戻り売り・押し目買いが狙えるとき
  • トレンドが反転しそうなとき
  • 重要指標発表のあと

人によって得意な相場展開は異なりますが、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析を行って、自分の得意な相場もしくは勝てる確率が高いと睨んだ相場でのみ取引をしましょう。

常にポジションを持とうとする「ポジポジ病」は絶対にNGです

ここがポイント!
●常にポジションを持つのは負ける人の特徴
●分析を行って「勝てる確率が高い・自分の得意な相場」のときだけ取引をする

【4】勝つ人はリスク管理を徹底して、負ける人はリスク管理が甘い

勝つ人は常にリスク管理を徹底しているため、結果として利益を出すことができます。一方で、負ける人はリスク管理が甘く結果として大きな損失を負ってしまいます。以下の管理をきちんとできる人が、FXで勝ち組と呼ばれる人です。

自己管理は勝ち組の最低条件
  • 無理なレバレッジ取引はしない
  • 証拠金維持率を常に高く保つ
  • 先が読みづらい展開では勝負しない
  • 早めの損切りを徹底する

負けない人こそ勝ち組

負ける人の多くは相場がどれだけ変動するかが予測ができないため、証拠金維持率を気にせず強気な取引をしがちです。予想に反して相場が動くことで、さらに証拠金維持率が低下し、はじめて危機感を覚えます。

証拠金維持率が大きく低下するとロスカットの可能性が高くなるため、誰もが冷静な判断ができなくなります。そして、損切りすべきタイミングでできなかったり、証拠金維持率を高めようとポジションを解消して大きな損失を負ってしまいます。

利益を得ようとすることも大事ですが、リスクを負わないようにすることも大切です。「勝つためにどうするか?」ばかりではなく「負けないためにはどうするか?」も考えるようにしましょう。

ここがポイント!
●常に最悪の状況を想定する
●リスク管理を徹底する
●負けた時に「なぜ負けたか?」を考える
●振り返りと研究をおこなう

FXで負けた後にすべきことは?

Nakagawa

証券外務員|中川聡

トレード日誌をつけて振り返りと反省をする


トレード日記にはその日は為替がどの様に動いて、自分はどの様にトレードしたのかということ、また何故うまくいかなかったのかを記すのがいいと思います。これを行うことによって、自分の考えをまとめることが出来ますし、客観的に自分の投資を確認することができるようになります。また原因を分析することで、改善点を見つけることができるうえ、相場全体の状況についても考え直す機会になるでしょう。もちろん、これらは負けた日に限らず、勝った日でも振り返りを行うのがベストです。地道な作業ですが、こう言った努力を積み重ねることで着実に実力をつけていくことができます。

FX会社選びは何より重要

FXで勝つ人と負ける人には考え方や取引手法に違いがあり、今回は主な4点を紹介しました。負けが続いている人は、いずれかの項目で「負ける人」の考え方・取引手法だったのではないでしょうか。

紹介した4つの項目を参考にするだけで、結果が変わる可能性があります。一朝一夕でいかないものもありますが、少しずつでも「勝つ人」に近付いていきましょう。

FX会社選びも重要

勝ち組になるための要素として忘れてはいけないのが、FX会社選びです。FXで勝つとは、利益をたくさんあげることです。その利益は「為替で得た利益+スワップポイントー取引コスト」です。

そして、情報を仕入れることがいかに大切かという話も先ほど少し触れた通りです。

 FX会社の選び方 
  • コストの安い所を選ぶ
  • 情報量が多い所を選ぶ
  • 自分の狙ったタイミングで決済できる「約定力」の高い所を選ぶ
  • 信頼と実績のある大手を選ぶ

今回は、最後にこれら4つを満たすFX会社を紹介します。

国内FX口座数ナンバーワン「DMM.com証券」

DMM FX

2018年1月時点でのFX国内口座数がもっとも多いのが、DMM.com証券です。そのFXサービスが、テレビCMなどでも知られている「DMM FX」です。

こちらはコスト面・利用者数・安定性など、非常に総合力の高いFX会社です。業界最狭水準スプレッドなので、コスト面では申し分ありません。

Dmm main

DMM FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.5
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 21

総合力の高さとコスト安で選ぶなら「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO株式会社は、幾多のサービスを提供しているGMOインターネットグループのFXサービスです。サーバーや通信環境が非常に安定していて、快適なトレードが可能となっています。

GMOというブランドがあるので、安心感や信頼面という点でも申し分ないでしょう。

コストにこだわる人向け

会社 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル
GMOクリック証券
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.4pips
外貨ex byGMO
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.4pips
DMM FX
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.4pips
FXブロードネット
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.3pips
外為オンライン
1.0銭 2.0銭 1.0pips
アイネット証券
0.7銭 1.4銭 pips
情報更新日: 2022年06月29日

上記で比較してみる限り、外貨ex byGMOの取引コストは安いと言えるでしょう。例えば、米ドル円のスプレッドに関しては、0.2銭が業界最狭水準なのですが、外貨ex byGMOは0.2銭です。

DMM FXと並んで総合力の高いFX会社として知られていますので、悩んだ時には『外貨ex byGMO』を選べば間違いないと言えるレベルです。

忙しい人向けのFX会社「FXブロードネット」

FXブロードネット

自動売買に強みを持つ「FXブロードネット」は、ここ数年で急激に利用者数を伸ばしている、とても勢いのあるFX会社です。こちらもスプレッド業界最狭水準なので、コスト面では問題ないでしょう。

自動売買ツール「トラッキングトレード」が秀逸

FXブロードネットの最大の特徴は、自動売買ツール「トラッキングトレード」です。こちらは予め決めた注文設定通りに、24時間ずっと売買を繰り返してくれるシステムのこと。

これにより、寝てる時間も仕事中も利益を狙うことができます。忙しいサラリーマンや主婦に人気のトレード方法です。

トラッキングトレード
画像引用:FXブロードネット公式ページ|トラッキングトレード

こちらも新規口座開設時には、条件を満たせば最大20,000円のキャッシュバックを受けることができます。

自動売買ツール「トラッキングトレード」を活用して、自動で利益が積み上がる仕組みを体感してみてください。

Broad 300x250

FXブロードネット

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.5銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる