初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/09/09

公務員がFXでお金を増やす方法と副業について

1234
Ago

この記事のアドバイザ

河野翔太

大学卒業後、地方銀行ヘ入行。預金・為替業務といった基本業務を経験後、個人顧客向けの住宅ローンを専門に担当。個人向けローンを専門に扱う営業所にて融資の査定や実行管理に従事。その他リテール営業や法人営業も経験し、幅広い金融の知識を持つ。特に住宅ローンやカードローンといった個人顧客向けの融資に関する知識が豊富。証券外務員1種資格・ファイナンシャルプランナー資格保有。

目次

  1. FXは副業禁止には入らないのか
  2. FXが副業に向いている理由
  3. FXを副業として成り立たせるためには
  4. FXについて同僚や上司に話してもよいのか
  5. 【まとめ】副業制限の意味をよく理解したうえでFXも頑張ろう
この記事はこんな人におすすめ
  • 公務員のFX副業ってOK?
  • 普通の副業とFX副業はどう違う?
  • そもそも、FXは副業として稼げる?

FXは、主婦や会社員の方などに人気の副業であり、最近はスマホなどで空き時間を使ってトレードされている方も増えています。

副業が制限されている公務員の方にとっても、FXは有力な選択肢です。しかし、FXというと「ちょっと不安…」という人が多いのも事実です。

この記事では、公務員の方の副業としてFXが適している理由についてまずご説明します。また、公務員の方がFXをされるうえで注意が必要なポイントや、お勧めのトレードスタイルについてもわかりやすくご説明します。

FXは副業禁止には入らないのか

公務員の方の副業は、公務員の法律である「国家公務員法」の99条から101条までの間に規定があり、それらは以下の3原則にまとめられます。

公務員の副業に関する原則
  • 信用失墜行為の禁止の原則
  • 守秘義務の原則
  • 職務専念の義務

要約すると、営利を目的とする企業で働いたり、運営したりする行為は上記の原則に反するためできない、ということになります。

FXならば法的に問題はない

一方で、FXは公務員がやっても問題はないという事になっています。ただし、それは公務員の仕事に支障が出ない前提での話です。

例えば、FXに熱中するあまり仕事中にトレードをしたり、チャートを見たりする行為は、明らかに職務専念の義務に違反しますし、また深夜にトレードをするあまり仕事に対する姿勢や集中力に支障が出てしまうといった事態も、違反するといえるでしょう。

逆に、仕事が終わった後に本業に支障が出ない範囲でFXトレードをするのであれば、副業禁止の事由には当たりませんので、公務員の方でもFXを行うことができます

FXが副業に向いている理由

FX副業の特徴は何と言っても、時間場所を選ばずにいつでもできる点です。

つまり、ほかのお仕事ならばシフトの関係で入りたい時間に入れなかったり、逆にあまり入りたくない時間に仕事をしなければならない、といったことがあります。

しかし、為替相場は平日ならば24時間いつでも動いているため、その中から自分に向いている時間帯を選んでトレードすることができます。

頻繁にチャートが見られない場合の解決策は?

Ago

元 銀行員|河野翔太

IFDやOCOなどの注文方法を覚えておきましょう


副業としてFXを初めてみたいけれど、頻繁にチャートをみる時間がないというトレーダーの方は、自動売買を活用するのも一つの手です。ポジション決済のタイミングを自分で決定しなければならない裁量取引と異なり、自動売買は一度注文してしまえば、相場の動きに合わせて機械的に決済がなされるので、時間の無い方にもってこいです。メジャーな自動売買の手法にはIFDやOCO、IFOといったものがあります。FX業者によっては指定したポジション数や値幅に応じて、上記の自動売買を繰り返し行うループ型自動売買を提供している業者もありますので、ある程度放置しながら一定の利益を狙いたいトレーダーの方は是非参考にしてみてください。

少額で始められてシステム化もできる

また、FXは数ある投資の中でも少額から行えるという特徴があります。

その気になれば5,000円や1万円といった資金でスタートすることもできます。「初心者が少額で始めるFX」のページでも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

また、積極的に売買をせず、外貨預金と同じ低いリスクで金利収入を狙っていくというやり方もあります。

自動売買システムを活用

その他、プログラムが得意な方は自動売買システムを開発してそれにトレードを任せ、自分は本業に集中するといったやり方もお勧めです。もちろん、FX会社が提供しているシステムを使うこともできるので、難しい専門知識は必須ではありません。

自動売買ツールに強みを持つFX会社

このように、FXは様々なスタイルで取り組むことができるため、本業との兼ね合いで注意が必要な公務員の方にとってもお勧めな副業だといえるのです。

自動売買トレードのメリットは?

Ago

元 銀行員|河野翔太

利食い・損切りの徹底ができる


FXで継続的に利益を出すには、自分で決めた投資戦略に基づき、出来るだけ感情を排除して機械的に取引を繰り返すことが大切です。その点、自動売買では決済の段階に置いて人間の裁量が介在する余地が無いので、事前に決めた利食い・損切りのラインを徹底することができます。
しかし、そのラインを決めるのはあくまでも自分ですので、あまりに大きい幅で損切りのラインを設定してしまい、自動決済が機能せず、結局多大な含み損を抱えてしまうというような事態もありえます。恐れすぎず、攻めすぎず、自分の投資戦略に忠実に利益を積み重ねていきましょう。

FXを副業として成り立たせるためには

FXを成功させるためには、それなりの努力と経験が必要です。FXは、将来の値動きが上がるか下がるかを予想するものですが、勘でやって勝てるほど甘い世界ではありません。

経験を積むことによって、この後の動きがだんだん読めるようになってきます。そして、過去のチャートや最新の世界のニュースを勉強・情報収集することで、少しずつ勝率が上がってくるような世界です。

休日を利用してFX投資のノウハウを学ぶ

FXをする上で基本となるテクニカル分析ファンダメンタルズ分析について勉強してください。

まずは基本的なチャートとローソク足の見方から勉強して、少しずつ精度を高めていきましょう。

勉強する方法は、インターネットや書籍などを参照する方法のほか、各FX会社が行っているオンラインセミナーを受講するのもお勧めです。業者の中には、リアルタイムでの参加が難しくても、後でセミナー動画をオンデマンドで見ることができるようになっているところもあります。

FXについて同僚や上司に話してもよいのか

FXは上記のように、節度を守って行っていれば合法的な副業といえます。

ただ、FXで利益が出たことを周りに自慢したり、逆にFXで損失が出たために周りにきつく当たったりすると、FXが本業に支障を与えていることになるため、禁止される可能性もあります。

したがって、自分がFXをやっていることや、それによってどのような結果が出たのかということは、あまり表に出さないことをお勧めします

また、反対にFXをやっているかどうか聞かれた場合には正直に答えつつ、本業に支障が出ないようにやっているということを強調するとよいでしょう。

FXで利益を得たら税金はどうなる?

Ago

元 銀行員|河野翔太

確定申告の方法について把握しておきましょう


FXによって得た利益は、雑所得とみなされます。雑所得は申告分離課税ですので、税金が天引きされた手取り分だけが支払われる給与所得とは異なり、自分で課税額を計算し確定申告をしなければなりません。FXから得る利益が一定額を超えた場合、会社員であっても専業トレーダーであっても確定申告の必要がありますので、取引を始める前に必ず確認しておきましょう。
逆に、FX取引で損失が発生した場合でも申告をすることで損失を翌年以降に繰り越せる場合があります。長期的にFX取引で利益を狙っていきたい場合、税金に関する知識は大事になってきますので、あらかじめ勉強しておきましょう。

【まとめ】副業制限の意味をよく理解したうえでFXも頑張ろう

公務員の方にとって、FXは収入を増やす数少ない方法の一つです。もちろん利益が出るかどうかは自分次第なので、相場の勉強は抜かりなく行いましょう。

しかし一方で、本業があるからこそFXができているということを忘れてはなりません。本業は本業でしっかり取り組みつつ、FXも副業としてまじめに取り組めば、両方において成果を上げることは十分可能です。

選ばれているFX会社は?

FXを始めてみようと思い立ったものの、国内にはたくさんのFX会社があります。ほとんどの人は最初の段階で「どこのFX会社を使えば良いの?」という疑問に直面します。そんな時には、上記の選び方の基準を参考にしてみてください。

初めてFXをする人はコスト面や利便性の面で分からない事も多いでしょう。そんな時はシンプルに「多くの利用者がいるFX会社を使う」で良いと思います。

投資家の目は肥えています。利用者の多いFX会社は、それだけコスト面や利便性の面で多くの人に支持されていると考える事ができるからです。

国内主要FX会社の口座数ランキング

FX口座数ランキング
画像引用:矢野経済研究所:有力FX企業16社の月間データランキング-2019年2月-

国内FX会社の口座数ランキングは上記のようになっています。グループ会社単位でもっともFX口座数が多いのは、「SBI FXトレード」などを手がけるSBIグループで、証券会社単位で見た時には「DMM.com証券」となっています。

SBI FXトレード
DMM FX

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる