初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/09/06

賞与が少ないと感じた時に実践したい解決策

Hanasaki

この記事のアドバイザ

鼻崎敏文

大学卒業後、ファイナンスリース会社(旧東海銀行 現三菱UFJ銀行系列)勤務後、公認会計士・税理士事務所等を経て2005年にFP(ファイナンシャルプランナー)として独立。NPO法人日本FP協会における継続教育講師、大手資格専門学校において2級FP技能士、日商簿記2級資格取得の非常勤講師として活動中。

目次

  1. 2017年賞与の平均額は?
  2. 賞与に不満がある時に実践したい解決策
  3. 高い賞与・収入が期待できる企業へ「転職」する
  4. 「副業」して副収入を稼ぐ
  5. 支出を減らすために「節約」する
  6. 収入を増やすために「投資」をする
  7. 【まとめ】
この記事はこんな人におすすめ
  • ボーナスが少なくて不満
  • 生活に余裕を持たせたい
  • 何か収入を増やす方法はないの?

賞与額に満足できていますか?「もっと賞与が多ければ海外旅行に行けるのに。」「賞与が少ないから仕事のモチベーションが上がらない。」など、賞与が与える影響は大きいものです。なかには賞与がない企業もあります。もし、賞与が少ない・貰えない場合は諦めるしかないのでしょうか。

今回は、賞与が少ない場合に実践したい解決策について紹介しています。「もっと賞与(収入)を上げたい!」と考えている人は、ぜひ、解決策を試してみましょう!そして、旅行や買い物、外食など、好きなことにお金を使いましょう!

2017年賞与の平均額は?

日本経済新聞社の調査によると、2017年夏の賞与額は大手企業で平均83万9,560円でした。同額を年2回(春・夏)貰えれば約160万円にもなります。大手企業の賞与額のため企業の規模によって大きく異なる場合もありますが、実際に貰った賞与額と比べてどうでしょうか?

参考|日本経済新聞・夏のボーナス2.75%減 円高が製造業に逆風

賞与が少ないとデメリットばかり

賞与は企業の業績と連動することが多いため、企業によっては給与1ヵ月分も出ない場合や、賞与自体がない場合もあります。普段の給与が少なくても賞与が高ければ良いのでしょう。しかし給与が少ないうえに賞与も少なければ、車や家、電化製品、旅行など、欲しいモノを我慢しなければなりませんし、仕事へのモチベーションが低下する可能性もあります。

賞与が少ないデメリット
  • 仕事のモチベーションが湧かない
  • 好きなモノが買えない
  • 我慢することが増える

賞与が多いと好きなモノを買える

凸版印刷株式会社の「2017夏のボーナス意識調査」によると、夏のボーナスの使いみちとしては「旅行・レジャー」が最も多く、「外食」「電化製品」「貯金・投資」「衣料品・靴・バッグ」「ローン返済」が続きます。

賞与が多ければ、これらをすべて行うことは十分可能です。家族で海外旅行へ行ったり、おしゃれなレストランで外食したりなど、さまざまなことに使えます。また、賞与は夏・冬と年2回貰えるため、半年間仕事を頑張れば贅沢な時間を味わえるのです。

賞与が多いメリット
  • 仕事のモチベーションが高くなる
  • 車や旅行、外食など好きなことにお金を使える
  • 心にも余裕が持てる

給料が増えたときの注意点は?

Hanasaki

ファイナンシャルプランナー|鼻崎敏文

所得に応じて税金が引かれるため安易に生活レベルを上げない


生活レベルを「生活にかかる基礎費用」と定義してみましょう。この金額を変えないことが安定した生活設計のポイントとなります。給料が増加するとそれに応じて社会保険料や税金も増額されますので支給金額が増えたとしても必ずしも手取り金額が増加するとは限りません 。減税があって社会保険料の料率も低くする等の政策が実現する可能性は非常に低いと思います。会社員の方のライフプランは、会社からの支給金額でなく「可処分所得」で設計していきます。興味として浅い話でしょうが、国や地方自治体のアナウンスメントには、ご自身の生活や人生設計に影響をあたえる内容が示唆されますので注意深く観察する必要があります。

賞与に不満がある時に実践したい解決策

「賞与がとても少なかった。」「うちの会社は賞与がない。」など、賞与が少なくて収入に不満がある場合は、そのまま何もしないのではなく、収入を増やすための行動を起こしましょう。

賞与が少しでも増えるように仕事を頑張ることは大事ですが、完全歩合制でもない限り、会社の給与や賞与はそう簡単に上がるものではありません。「収入(賞与)の高い環境へ移る」もしくは「収入口を増やす」ことで賞与への不満を解決していきましょう。

高い賞与・収入が期待できる企業へ「転職」する

規模の大きい企業や業績好調な企業の賞与は高い傾向にあります。賞与の少ない企業で個人がいくら仕事を頑張っても賞与が一気に増えることはありません。

現在の仕事にやりがいを感じている場合は別ですが、やりがいを感じていない場合は、高い賞与・収入が期待できる企業への転職を検討してもいいでしょう。エージェント会社を利用すれば、スピーディーに決めることも可能です。

賞与・収入が上がるだけでなくやりがいのある仕事も

転職の良いところは、賞与や収入が上がる企業で働けるだけでなく、自分のやりたかった仕事に就ける可能性もあります。エージェント会社が無料で利用できますので、まずは相談してみましょう。ただし、年齢やキャリア、資格、スキルなどによっては、希望の条件に合った企業が見つからない可能性があるため注意が必要です。

転職のメリット
  • 賞与・給与が高い企業で働ける
  • 仕事にやりがいを持てる

「副業」して副収入を稼ぐ

副収入を得ている人の割合
画像引用:新生銀行調査データ|サラリーマンのお小遣い調査

上記の新生銀行の調査データによると、本業以外の副収入を得ている男性会社員の割合は「18.0%」となっており、1ヶ月の平均副収入額は「42,041円」となっています。

副業をして稼ぐことも1つの解決方法です。副業で毎月5万円を稼げれば年間60万円収入がアップします。賞与が少なかったとしても、副業をすることである程度補うことが可能です。休日や帰宅後の時間、通勤時間などを利用して取り組める副業も多くあります。

クラウドソーシングなどいつでも取り組める副業がおすすめ

副業としておすすめなのがクラウドソーシングです。「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあり、ライティングやアンケート、動画作成、WEBデザイン、プログラミングなど、非常に多くの案件が常時揃っています。

好きな仕事を選ぶことができ、報酬は数円〜数万円と案件の難易度によって異なります。24時間いつでも取り組め、多くの場合面接も必要ありません。パソコンとインターネット環境さえあれば、自宅やカフェ、移動中など、どこでも副業ができます。ただし、企業によっては副業禁止の場合もあるため、事前に確認しておくことが必要です。

副業のメリット
  • 仕事をした分だけ確実に稼げる
  • クラウドソーシングを利用すればいつでも取り組める

支出を減らすために「節約」する

賞与が少ない場合に、できる対策は収入を増やすだけではありません。支出を減らすことで使えるお金が増やせます。特に、これまで本格的に節約をしていない場合は、ある程度の効果が期待できます。食材を買う時はスーパーの安売りの時間帯を狙う、コンビニは利用しない、職場へは弁当を持って行く、外食ではクーポンを利用する...など、ちょっとした工夫で節約はできるものです。

家計簿アプリを使って支出を管理しよう

節約するためには「何にいくら使っているか」把握をすることが大切です。食費、交際費、通信費、雑費...など、それぞれの項目ごとに予算を決めて節約をしましょう。

「マネーフォワード」「マネーツリー」「Zaim.」など、多くの家計簿アプリがあり、簡単に支出管理ができます。レシートを撮影するだけで自動入力できたり、クレジットカードと連携できたりなど、時間をかけることなく家計簿管理ができる優れものです。

節約のメリット
  • 収入を増やさなくても使えるお金が増える
  • 支出管理が徹底し無駄な出費を防げる

収入を増やすために「投資」をする

投資であれば、多くの時間をかけなくても取り組め、短期間で多くの利益を得られる可能性があります。株式投資やFX、投資信託、ETFなど、多くの投資がスマホでもできるため、通勤時間や空き時間を利用して、チャート分析やファンダメンタルズ分析をすることもできるのです。数千円程度の資金があれば始められて、ノウハウを身に付ければ将来に渡って効果的な資産運用が可能です。

短期売買でも長期保有でも利益を狙える

株式投資やFXなど、短期売買(売買益、為替差益)でも、長期保有(配当金、スワップポイント)でも利益を狙うことができます。利回り2〜3%で運用することも可能で、手元資金が大きくなるほど効果的に利益を得ることが可能です。元本割れリスクもあるため、事前に勉強・デモトレードをしたうえで臨みましょう。

投資のメリット
  • 労力がかからない
  • 短期間で大きな利益も得れる
  • 長期的に資産形成もできる

おすすめの投資手法はFX!

株式投資やFX、投資信託、ETFなど、様々な投資方法がありますが、投資初心者におすすめなのはFXです。
FXは、平日であれば24時間トレードが可能なため、スキマ時間や仕事終わりなど、自身の都合に合わせて取り組めるでしょう。5000円という少額から始められるので、多くのサラリーマンや主婦の方がお小遣いを使って始めています。

FXはどれくらいの時間でプラスになりますか?

Hanasaki

ファイナンシャルプランナー|鼻崎敏文

最短数秒で損益が出ていると実感できる


通貨の売買益を目指すのであればすぐに結果が表示されます。 当然にプラスになる時もあればマイナスになる場合もあります。しかし、外国為替は常に変動していますので決済をしなければ損益は確定しません。 プラスになっていれば決済をすることで利益が確定しますし、またマイナスになっていたとしても資金や時間的な余裕があればマイナスからプラスになるまで待つこともできます。 一般論としては「損切り」と言われるリスク管理ができているのであれば一度損失を確定させ、次のチャンスを狙うことにより損失を限定額にし、トータルの利益の最大化を目指す方法を投資方針とするのが良いとされています。

おすすめのFX会社はここ!

【まとめ】

たとえ賞与が少なかったとしても、そのまま諦めるのではなく収入を上げるための対策を施しましょう。早くから対策を行うことで、より高い収入を得られる可能性が高まります。収入が増えることでお金を使えるようになり、より生活が充実する可能性があります。気になる対策があれば、早速取り掛かりましょう!

新規でFX口座を申し込むと現金キャッシュバック!

新規でFX口座を開設すると、多くのFX会社が開催している「口座開設キャンペーン」を使うと、お得なキャッシュバック(最大5,000円~100,000円)を受けることができます。

以下で新規口座開設時のキャンペーンを開催している会社と、キャンペーン内容を特集していますので、参考にしてみてください。

本業が忙しい人でもトレードはできる?

Hanasaki

ファイナンシャルプランナー|鼻崎敏文

FXトレードはスマホでできるので移動時間や休憩中でも可能


トレードの世界もBotといわれるAIを利用した自動売買トレードが主流となりつつあります。これらを利用することにより会社員を本業とした人でも日中のトレードはできます。本業で結果を出していくことは社会人として当たり前のことですが、移動時間や休憩時間にスマホによるトレードを行なっている人もいるのは事実です。テクノロジーの発達により、トレードがより身近なものになってきています。しかし、便利で手軽なものになったとはいえFXトレードは投資です。スマホゲームではありません。隙間時間を有効に利用することは大変有意義ですが、リスク管理はお忘れなく。

キャンペーン特集

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる