初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/05/15

JFXのデモ口座が初心者にオススメできない3つの理由

Jfx
Na2

この記事のアドバイザ

中島翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

目次

  1. JFXのサービス内容
  2. JFXのデモトレード取引
  3. デモトレードのメリット・デメリット
  4. デモ口座がオススメできない3つの理由
  5. 【まとめ】まずは無料の口座開設から
この記事はこんな人におすすめ
  • JFXってどう?
  • FXデモ口座の申し込み方法や使い方を知りたい!
  • デモ口座とリアル口座、どっちがいいの?

ビギナーの方にとってFXを始めるうえで気になるのが「デモ口座」ではないでしょうか。

まずはデモ口座でFXを試してみよう

といった気持ちも分からないでもないですが、正直あまりオススメはできません。それには明確な理由があります。

この記事ではJFXのデモ口座についてご紹介する中で、デモ口座にはどのような利点があり、逆にどのような限界があるのか、ということについてご説明します。

JFXのサービス内容

JFXは代表の小林芳彦氏が広告等となって、FXサービスの普及に積極的に努めている会社です。ここ数年でその認知度は急激に拡大しています。

超短期売買から長期投資まで対応

FX業者を選ぶ際には、自分がどんなトレードをするのか、ということも加味して考える必要があります。

例えば「スキャルピング」といって超短期売買をする場合には、取引回数が増えるので1回あたりの取引コストはできる限り安いほうがいいでしょう

逆に長期的に投資をする場合には「スワップポイント」という外貨預金でいう利子が多くもらえたほうが、利益を上げやすくなります。

一般的に取引コストとスワップポイントの両方が優れている業者はあまりないのですが、JFXはこの2つを両立している珍しい業者だといえます。

そのため、JFXならば口座を開いてからでも「自分がどのスタイルのトレードに向いているのか」ということをしっかり考えることが可能です。

情報量も豊富で初心者の方にもお勧め

また、もう1つ初心者の方にとって重要なのは「情報コンテンツ」です。

FXでは、覚えることも多く独学ではなかなか身につけるのは難しいのですが、JFXでは動画配信やTwitter、FacebookなどのSNSを通じての情報発信を精力的に行っているため、効率よくステップアップをしていくことができます。

代表取締役社長を努める小林芳彦氏のキャラクターをふんだんに使った、親しみやすいFX会社としても知られています。

JFX

JFXのデモトレード取引

「デモトレード」とは、簡単な情報の入力のみで仮想資金の口座を開設して、実際の資金で運用するリアル口座とほぼ同様の環境でトレードの体験ができるサービスのことです。

業者によっては、デモ口座の提供はなくリアル口座のみというところもあるのですが、JFXではデモ口座の取り扱いもしています。

Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

デモ口座では使い方・注文方法・色々な通貨ペアでの取引が学べる


デモトレードでは、最初に「注文方法のやり方」、「インターフェイスの仕様」、「使って見たときに自分が使いやすかどうか」、そしてここからが特に重要ですが、是非スプレッドの感覚(スプレッドが広いとどのくらい損益が変わるのかという感覚)を体感してください。
そこでスプレッドの重要性や怖さが同時に理解できるといいと思います。また必ず行った方がいいこととしては「デモ口座で最大レバレッジをあえて設定しポジションを取ってみること」です。どのくらいのスピードで資産が上下するのかリアルタイムで見ることでレバレッジの怖さを理解することができると思います。リアルマネーではできないことやみんなが失敗することをあえてやって見ることをおすすめします。

デモ口座開設の方法

デモトレード開始までの手順
  • 【1】JFXの公式HPから「デモトレード」をクリック
  • 【2】「デモIDとPWの取得」をクリック
  • 【3】名前とメールアドレスを送信
  • 【4】デモユーザーIDと初期パスワードが発行される
  • 【5】取引ツールをインストール
  • 【6】デモユーザーIDと初期パスワードでログイン

デモ口座での取引方法

JFXのデモ口座には、初期資金として300万円が登録されています。この300万円を為替相場で運用して、以下に増やしていくかが目標となります。

FXトレードでは、何らかの通貨ペアを売ったり買ったりする必要があります。通貨ペアというのは、上記スクリーンショット中の「USD/JPY」や「EUR/JPY」などです。ちなみにUSDはアメリカドル、JPYは日本円、EURはユーロをそれぞれ表しています。

通貨ペア毎に動きに特徴がありますが、最初は一番取引コストが安くて、メジャーであるUSD/JPYを選択してみてください。

通貨ペア名の下のBIDASKと表示されているところをクリックすると注文画面が立ち上がります。ここに、Lot数などの取引に必要な情報を入力して送信するとトレードを行うことができます。

「全決済」ボタンを押すまでそのポジションは保有し続けることになるため、タイミングを見計らって全決済をして、利益や損失を口座残高に反映させましょう。

デモトレードのメリット・デメリット

メリット
●気軽にFXの仕組みに触れることができる
●仮想資金だから失敗しても何も損失は起こらない

デモ口座は「仮想資金」を使ったバーチャルなトレードのため、登録に必要な手間も無いに等しく、誰でも気軽に始めることができます。

また、トレードに失敗して口座資金が減ったとしても自分の資産が減ったわけではないので、安心してトレードをすることができますし、またどうしようもないくらい資金が減った場合には別のメールアドレスで口座を作り直すことも可能です。

デメリット
●ノーリスクのトレードではほとんど練習にならない
●リアル口座と比較して一部機能が制限されている

デモ口座はあくまで操作方法を覚える以上の意味はないと考えてください。

FXは、自分の資金をリスク下においてはじめてスタートラインに立てるというったものであり、ノーリスクのデモトレードではそもそも練習になっていないのです。

また、JFXの場合リアル口座では使える機能が、デモ口座では使えなくなっているものもあります。もし資金がすでに準備できているのなら、最初からリアル口座での取引をオススメします。

Jfx1

JFX MATRIX TRADER

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

デモ口座がオススメできない3つの理由

デモ口座での取引は、ほとんど意味がないといわざるを得ません。仮にビギナーの方であっても、とりあえず操作方法と損益の出る仕組みを理解したら、早々にリアル口座を開設してトレード自体の練習に入られることを強くお勧めします。

【1】自分の資金をリスクにさらすことでリスクに敏感になる
  • FXでは「リスク」を管理して、合理的にトレードすることが重要だといわれています。つまり、自分の資金を投入することによるプレッシャーをうまく管理することがとても重要になるため、リアル口座での取引は必須なのです。
【2】デモトレードはあくまで「ゲーム」
  • デモトレード上の数値は、あくまでデータにすぎません。増えても減っても自分には影響はありませんが、それでは資産運用とはいえません。自分の資金を使うことによって、はじめて資産の増やし方について知ることができます。
【3】リアルな資産運用ができる
  • JFXのデモ口座の初期資金は30万円と決まっています。しかし、ずっと30万円でトレードしていると、実際に自分が投資をする資金とは金額が違うことがあるため、金銭感覚が悪い方向でずれてしまいます。金額になれるためにも、最初から自分の好きな資金を入金できるリアル口座のほうがお勧めです。
Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

ヒロセ通商(LIONFX)の子会社でシステムは同じなので安心して取引できます。サービス内容もよく似ており取引量に応じたプレゼントが届いたり、キャッシュバックなどのサービスがあるが嬉しいですね。

Jfx1

JFX MATRIX TRADER

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24
Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

1日~数日で切り替えるのが理想


デモ口座はあくまで注文の方法やその業者の使い方を理解するために使うというのがメインテーマです。ここで勝っていたとしても、所詮デモ口座であり、実際に投資したお金ではありません。
投資はメンタルコントロールが「知識」よりも大事な世界のため、実際自分のお金を投資して負ける人が多いのはそのような理由です。そのためデモ口座はあくまで「使い方を覚えるツール」として捉え、使い方を覚えたらすぐにでもリアル口座へ変更し、実際投資を行ってみて自分がどのような感情を抱くのか理解するように努めましょう。自分自身を理解する事がとても重要です。

【まとめ】まずは無料の口座開設から

ビギナーの方にとって「リアル口座開設」というのは一つの大きなハードルだといえます。

しかし、この記事でご紹介しましたようにデモ口座はあくまで「体験版のゲーム」にしか過ぎず、FXを副業としてまじめに取り組みたいのならば、リアル口座は早めに開設しておくべきでしょう。

実際問題、リアル口座の開設はそんなに手間ではありません。入力項目はデモ口座と比べると多いものの、10分程度あれば完了し、数日以内にはトレードを開始することができます。

JFX
Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

口座開設は無料なので実際に使ってみて確かめるのが1番


FX口座はたくさん持つことにデメリットはありません。そのためどこを使うか悩んでいるのであれば、手続きはあるものの、色々な業者を使い、それぞれの機能やチャートの使いやすさ、インターフェイス等実際に使って見て比較した上でどの業者を使うか決めていけば良いです。
またFXだけ取引を行うのか、そのほかの株や先物等総合的に行うのかでFX業者の選定は変わるためそこも決めておいた方がいいでしょう。色々な投資商品を一括で管理できるのは楽ですが、FX専用業者の方がスプレッドが狭かったりするので、自分の判断基準を明確にして選んでいきましょう。

FX会社情報

Jfx1
JFX MATRIX TRADER
満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
  • 代表の小林芳彦氏自らが広告塔となってファンを拡大している、次世代型のFXトレード「MATRIX TRADER」を展開。豊富な情報量とキャンペーンで幅広い層に人気。
  • 業界最狭水準スプレッドで、スキャルピングもOK。短期で利益を狙いたい人向け。SNSを通じたリアルタイム情報配信も積極的におこない、常に投資家目線のサービスを提供しています!
スプレッド※原則固定(例外あり)取引単位通貨ペア
米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円1000通貨24ペア
0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

JFX MATRIX TRADERに関する記事

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる