初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/10/29

セントラル短資FXのスワップポイント設定をFX各社と比較

Ce
Na2

この記事のアドバイザ

中島翔

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

目次

  1. セントラル短資FXのサービス内容
  2. FXのスワップポイントについて
  3. セントラル短資FXのスワップポイント設定と他社比較
  4. 【まとめ】スワップを理解して中長期的な利益を狙おう
この記事はこんな人におすすめ
  • セントラル短資FXでお小遣いを稼ぎたい!
  • FXのスワップポイント・スワップ金利って?
  • 中長期で安定的な利益を狙いたい!

利用するFX会社を決める前に、業者の特徴やスワップポイントについてしっかりと調べておきましょう。

特に、中長期スパンで運用したい方は、スワップポイントの仕組みや注意点を理解しているか?どんな業者を選ぶのか?などによって稼げる利益も変わってきます。

ここでは、「セントラル短資FX」の特徴や他社とのスワップポイント比較、中長期運用の際の注意点などについて確認していきましょう。

セントラル短資FXのサービス内容

Central 300x250

セントラル短資FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.5銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 25

会社の特徴

セントラル短資FX株式会社(登録番号:関東財務局長(金商)第278号)は、2002年設立で資本金は13億1,965万円です。

主要株主は、セントラル短資株式会社や日短キャピタルグループ株式会社で、一般社団法人金融先物取引業協会や日本投資顧問業協会に加入しています。

セントラル短資FX 公式CM

サービスの特徴・内容

セントラル短資FXは、スタンダード口座の「FXダイレクトプラス」、自動売買の「セントラルミラートレーダー」を提供しています。

初心者でも取り組みやすいFXダイレクトプラスは、最小取引単位が1,000通貨なので1〜2万円の少額資金で十分に取引を開始できます。

現在のチャートと似た過去チャートを探し出し、未来のチャートを予測する分析ツール「みらいチャート」や過去の取引履歴をもとに自分の取引傾向を分析できる「パーソナルレコード」、各種マーケット情報を確認できる「FXライブ!」など、中長期運用でも取引しやすい環境が揃っています

みらいチャート
画像引用:セントラル短資FX公式|みらいチャート

新規口座開設時キャンペーンを開催

セントラル短資FXのFXダイレクトプラスでは、新規口座開設時に「最大20,000円のキャッシュバック」を開催しています。

初めて口座を作る場合は、このサービスを使わない手はありませんので、ぜひ検討してみてください。

セントラル短資FX

FXのスワップポイントについて

金利差により発生する分を定期的に受け取れる

スワップポイントとは、為替差益とともにFXで利益を得る方法です。金利が高い通貨を持つことで、金利差であるスワップポイントが手元に入ってきます。

下記のイラストのように、豪ドル(1.50%)と円(0.10%)の金利差は1.40%です。円を売り豪ドルを買って保有すれば1.40%分をスワップポイントとして受け取ることができ、豪ドルを売って円を買って保有すれば−1.40%となるため、受け取るのではなく支払います。

スワップポイントは、銀行に預金したときの金利のようなもので、1豪ドル=80円のときに1万ドル保有すれば、80万円×1.40%で年間11,200円のスワップポイントを受け取れます(金利・相場変動なしとした場合)。

中長期運用で利益を出すには、スワップポイントでどれだけ利益を出せるかが重要になります。

スワップの支払いが発生するのはどんな時か

Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

金利の低い通貨を買った時


スワップポイントは中長期の投資家には重要です。中長期で投資するときはもちろんスワップポイントに注意するのは当然なのですが、それ以上に重要なのは「金利に惑わされないこと」です。取引してポジションを作る上で金利差でスワップポイントは変化しますが、中長期的な相場は「金利の見通し」で推移します。
だからこそトレードする上で一番重要なのは「自分自信の予測をきちんと立てること」、そして通貨ペアでスワップポイントが得られる方向性と合致した段階で、取引を行っていくようにしましょう。スワップポイントはあくまでオプションとして捉え、方向感を間違えないようにすることが大切です・

主要各国政策金利表

政策金利
日本 -0.10%
米国 1.50 ~ 1.75%
欧州 0.00%
英国 0.75%
カナダ 1.75%
豪州 0.75%
NZ 1.00%
スイス -1.25%
香港 2.00%
南ア 6.75%
中国 4.35%
トルコ 14.00%
情報更新日: 2019年11月12日

中長期での運用をするならスワップ重視

中長期で運用する際にスワップポイントで利益を出すことは可能ですが、注意点もあります。それは、金利の変化と為替相場の変動に気をつけることです。

スワップポイントは2つの通貨の金利差なので、もし運用中に金利が変わった場合は受け取るスワップポイントも増減してしまうため、減る可能性もあります。

また、運用中に相場が反対方向に動くと証拠金維持率が一気に低下するため、ロスカットになる危険性があります。得たスワップポイント以上の損失を負っては意味がありませんし、ロスカットになっては証拠金の大半が失くなってしまいます。

金利に変化がないか?
証拠金維持率は十分か?

など、運用前・運用中ともに注意するようにしましょう。

スワップ狙いでFXをする際の注意点は?

Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

証拠金を多めに準備してロスカットに注意


中長期で投資していく方は基本的に「投機」ではなく「投資」という意味で行っている方がほとんどかと思います。そのため方向感を決めてスワップポイントも意識しているかと思いますが、中長期で投資する場合はレバレッジは低く抑えることが必須です。また値幅がどの程度出ると、ロスカットにかかるのか?を正確に理解することが大切です。あくまでスワップは金利であり、為替はトレンドが出ると、一方方向に行きやすい生き物です。そのため評価損がで始めるとどんどん膨らんで行きます。10%程度でロスカットかかるようなレバレッジでスワップポイントを意識したトレードは難しいため、証拠金維持率は余裕を持って入れておきましょう。

セントラル短資FXのスワップポイント設定と他社比較

下記は主要FX会社の1万通貨あたりのスワップポイント一覧です。比較表を見ても分かる通り、各FX会社によって受け取れるスワップポイントの金額は異なります。20円以上差がある場合もあり、長期運用する場合大きな差が生まれます

また、スワップポイントはいつも同じわけではありません。同じ業者・同じ通貨ペアであっても金利や為替によって毎日変わる可能性があります。

会社 米ドル/円 豪ドル/円 ポンド/円 NZドル/円
FXブロードネット 72円 26円 28円 26円
セントラル短資FX 47円 22円 25円 25円
インヴァスト証券 70円 20円 25円 25円
DMM FX 70円 25円 27円 28円
トレイダーズ証券 みんなのFX 80円 30円 25円 30円
外為どっとコム 71円 25円 27円 28円
GMOクリック証券 76円 31円 33円 27円
ヒロセ通商 LION FX 20円 31円 20円 31円
SBI FXトレード 81円 29円 31円 30円
外為オンライン 60円 10円 5円 15円
情報更新日: 2019年07月04日
Na2

元 金融機関為替ディーラー|中島翔

FX会社の定めるスワップポイントは日々変わります


スワップポイントは基本的には各国の政策金利の差で計算されています。一方でFX業者は事業戦略の一環でこのスワップポイントを変化させ、顧客の取り込みを狙ったりすることもあります。またスワップポイントはFX業者それぞれのポジションの傾き等でも変化することもあり、そのため各業者でスワップポイントに差が出ています。FX業者で、ポジションの残高を増加させたい業者や、中長期的な投資家を取り込みたい業者はスワップポイントを高く設定していること多いため、是非そのような業者を積極的に使うと効率的な資産運用を行うことができます。

スワップ設定は高いので中長期向き

セントラル短資FX

比較表を見て分かる通り、セントラル短資FXのスワップポイント水準は全14社の中でも標準的な水準にあると見ていいでしょう。

また、スワップポイント水準が高いだけでなく、取引コストが安く、未来を予測する分析ツールやハイスペックな取引ツール、豊富な情報コンテンツなど、利益を出しやすい環境が揃っています。

これらについては、実際に使ってみることで環境の良さを実感できます。口座開設そのものは無料なので、気になる方は、まずはいろいろと試してみることをおすすめします。

Female

50代 / 女性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.1

FXダイレクトプラスは、Webブラウザから取引できるシステムが、とても使いやすいです。シンプルで取引メニューがわかりやすく、情報やチャートをスピーディーに呼び出せるので、イライラしません。

Central 300x250

セントラル短資FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.5銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 25

【まとめ】スワップを理解して中長期的な利益を狙おう

FXには、中長期運用で利益が出しやすいスワップポイントという特徴があります。金利の変化や為替相場の変動に気をつければ、スワップポイントだけで年1〜2%以上ののリターンを狙うことは十分可能です。

スワップポイント狙いで運用したい場合は、水準が高いだけでなく、コストやサポート、ツール、情報量などの魅力も高い業者を利用することで稼げる可能性が高くなります。

もちろん、どんなに万全を期した場合でも損失リスクは伴いますので、それだけは忘れないようにしましょう。

選ばれている最新のFX会社ランキングを公開中!

FX会社最新ランキング

FX会社情報

Central 300x250
セントラル短資FX
満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
  • 裁量トレード向けの「FXダイレクトプラス」と簡単にシストレができる「ミラートレーダー」の2つを展開。
  • 長期で運用したい人にも、短時間で利益を狙いたい人にも対応。自分の取引傾向を把握できる「パーソナルレコード」や、将来のチャートを予測できる「みらいチャート」なども人気です。
スプレッド取引単位通貨ペア
米ドル/円ユーロ/円英ポンド/円豪ドル/円1000通貨25ペア
0.2銭0.4銭0.9銭0.5銭

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

セントラル短資FXに関する記事

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる