初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2020/06/29

FXのデモトレードが初心者にオススメできない決定的な理由

P1000801 1

この記事のアドバイザ

杉崎利之

外資系金融ブローカーにて延べ6年間金利スワップ・日経225オプション等の銀行・証券会社間のデリバティブ取引仲介業務に従事。また外資系銀行においてはデリバティブ取引に関する与信リスク管理業務を担当。その後証券取引所勤務などを経て国内中堅FX会社において確率統計に基づくカバーディーリング手法の開発・運用に携わり、高い評価を得る。 退職後の現在は個人投資家として相場観等に左右されない統計データを用いた取引システムの開発と同時に自己資産の運用も行なっている。

目次

  1. デモトレードと本番のトレードは大きく異なる
  2. FXのデモトレードは無料でできる
  3. デモトレードの時点で試した方がいいこと
  4. デモトレードのメリット
  5. デモトレードが初心者にオススメできない決定的な理由
  6. 早く稼ぎたいならいきなり本番の口座を作るのもアリ
  7. まとめ
この記事はこんな人におすすめ
  • デモトレードで練習した方が本番でも勝てる?
  • 早く取引をしたいけれどデモトレードをするべき?
  • デモトレードをするなら何を練習すれば良いの?

デモトレードと本番のトレードは大きく異なる

FXを始める際に「まずはデモトレードからしたほうが良いの?」と考える人もいるでしょう。結論からいうと、デモトレードで勝てたからといって、本番のトレードで必ず勝てるとは言えません。

確かに、デモトレードをすることによって、通貨の動きや取引の流れが分かるかもしれません。しかし仮のお金で取引をするのと、実際のお金で取引をするのでは、気持ちの面で大きく違います。

この気持ちの面での違いが、取引時の判断に大きな影響を与えるため、デモトレードと本番のトレードは別モノと言えるのです。

少し試したらすぐ本番へ移行するのが理想

理想的なのは、少しデモトレードを行ったら、すぐに本番トレードへ移行することです。

デモトレードを少し触る分には問題ありません。初心者の人であれば、通貨の動きを把握するのには良いでしょう。新しく使うツールの操作性を確かめるのにデモトレードを触るのもありです。

しかし、デモトレードを長く試すのはおすすめではありません。デモトレードを続けている人より、すぐに本番トレードへ移行した人の方が、本番トレードに強くなるのは明白と言えます。

P1000801 1

元 証券会社勤務|杉崎利之

デモトレードに慣れるほど現実との差が大きくなる


本番口座でいきなり開始するよりも、まずはデモトレードで取引戦略の検証や取引ツールの使い勝手などを確かめておくことは大切です。しかし、デモトレードでは取引をしていく上での自分のメンタルを検証することはできません。デモトレードで損失を出しても実際の痛手はありませんし、最悪の場合はデモでの勝率や損益成績が多少悪くても「これはなかったことにしよう」などという心理が働いてしまい、無意識的に良かった部分だけを記憶に残そうとしてしまいます。
この状態に慣れきってしまうと、実際に本番口座で取引を開始した際に現実との差が大きくなり、特に連敗をした場合などにメンタル的に耐えることができなくなってしまう可能性があります。

FXのデモトレードは無料でできる

大手FX会社のほとんどは無料でデモトレードができます。どの会社も多くの人に自社の取引ツールを知ってもらうために、このような取り組みをしているのです。

これからFXを始めるという方は、気になったFX会社でデモトレードしてみるのが良いでしょう。実際に取引ツールを触ることで自分にあったFX会社が分かります。

無料版アプリをダウンロードしてみた

▶参考:『FXブロードネット』

実際に、FXブロードネットというFX会社のデモトレードアプリをダウンロードしてみました。本番用アプリは「FXブロードネット for iPhone」で、デモトレード用は「FXブロードネットVT for iPhone」と、VT(バーチャルトレード)がついています。
※iPhoneの場合。Android用アプリもございます。

本番用のアプリと変わらず、とても見やすいレイアウトという印象を受けました。実際にデモトレードするには、デモ口座専用のアカウントの登録が必要です。

「デモ口座お申込|FXブロードネット」

デモトレードの時点で試した方がいいこと

多くの人はデモトレードで「勝てるのか、それとも負けるのか」が気になっていることでしょう。確かに自分の感覚でFXに勝てるのかは知りたいですよね。

しかし、デモトレードでは、単純な勝ち負けでなく、あらゆること検証してみることが大切です。用意されている注文方法や通貨を隅々まで確かめて、自分にあった取引手法を見つけてみましょう。

FXにはさまざまな注文方法があります。中でも基本となるのが、「成行(なりゆき)」「指値(さしね)」「IFD(イフダン)」といった注文方法です。

成行注文
  • 成行注文は、値段を指定しない注文方法です。現時点での為替レートで売買が成立します。ただし為替レートは常に動いているため、確実に何円で成立するのかが分からないというリスクもあるのです。決済したのに、いくらかズレていたという場合も少なくありません。
指値注文
  • 指値注文とは、通貨の売り買いする価格を指定して決済する方法です。すぐに決済されず、為替レートが指定した価格になったら決済されます。指定した価格と逆に値動きしたら、その決済は実現しません。
IDF注文
  • IDF(イフダン)注文は、買う価格と売る価格を同時に指定する方法です。為替レートがそれぞれの価格に達したときに、指定した決済がされます。これらの注文をしておけば、自動で一連の流れが行われるので、忙しいという方におすすめです。

初心者の方はそれぞれの注文方法をしたときに、どのような結果になるのか検証してみましょう。

色々な通貨ペアでの取引を試してみる

FXをこれから始める人は、それぞれの通貨ペアがどのような動きになるのか確かめてみましょう。通貨ペアそれぞれは、値動きがする時間も値動きの激しさも異なります。

あらかじめ本番トレードの前に、通貨ペアの癖を掴んでおくことは重要です。基本的には「ドル/円」「ユーロ/円」といったポピュラーな通貨ペアを試してみるのが良いでしょう。

主な通貨ペア
  • ・ドル/円
  • ・ユーロ/円
  • ・ポンド/円
  • ・豪ドル/円
  • ・NZドル/円 など

色々なトレードスタイルを試してみる

FXには、さまざまなトレードスタイルがあります。ほんの数秒の値動きを狙うものまであれば、数日に渡って取引をするものまであるのです。

トレードスタイルを大きく分けると「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」に分かれてきます。

スキャルピング
  • スキャルピングとは、数銭~数円のわずかな値動きを狙って、数秒で決済をする取引手法です。このような取引を多く繰り返すことによって、利益を上げていきます。
デイトレード
  • デイトレードとは、購入した通貨ペアをその日のうちに手仕舞いする取引手法です。1日の狙ったタイミングで売買し数時間で決済します。日をまたがないので外的要因によるリスクは受けづらい取引方法です。
スイングトレード
  • スイングトレードとは、数日から数週間かけて利益を狙う取引手法です。長期で利益を狙うため、エントリー(売り買い)するタイミングの選定が重要になります。

それぞれのトレードスタイルを試してみて、自分にあったもので本番のトレードに挑戦してみましょう。

自分のお金と仮定して元手がいくらになるかシミュレーションする

本番のFX取引を始める際に、「お金がどう変動するのか」不安な人は、デモトレードの数字を自分のお金だと仮定してシミュレーションしてみましょう。

確かにいくらデモトレードと本番トレードの結果は異なりますが、おおよその値動きは把握できるでしょう。どのくらいのペースでお金が増えるのか、また減るのかがわかれば、トレードに対する不安は、払拭できるでしょう。

デモトレードのメリット

デモトレードと本番の取引は全くの別物です。「デモトレードで勝ったからといって、本番でも勝てるとは限らない」と覚えておきましょう。

では、デモトレードが悪いのか?と言えば、そうではありません。デモトレードにもメリットがあるので、その特性を活かして、自身の知識・経験に繋げることもできるのです。

本番と変わらない環境でFXトレードができる

デモトレードの強みは、本番と同じ環境でFXトレードができるということです。

どのFX会社もデモトレード用の口座またはツールを提供していますが、本番用のツールとほぼ変わりありません。

そのためデモトレードに取り組んでいたFX会社でそのまま本番トレードに移行する場合は、ツールの操作性になれているので有利かもしれません。

負けても自分のお金が減ることはない

デモトレードのメリットは、自分のお金を用意しなくても本番と同じような体験をできるということです。

初心者の場合、よく分からずにトレードして負けてしまうということもあるでしょう。しかしデモトレードであれば、負けてもお金が減ることはありません。

例えば、「思い切った注文を試してみたい」という時でも、デモトレードであればリスクはないでしょう。実践するまえにデモトレードで試してみるのも1つの手です。

色々なFX会社の比較検討ができる

ほとんどのFX会社はデモトレードを用意しているため、本番の取引をする前に試してみることが可能です。デモトレードツールは本番ツールとほとんど変わりないため、操作性を確かめてみるのがおすすめです。

なお、「FXの教科書のデモトレードの比較記事」では、無料でデモトレードが使えるおすすめのFX会社が詳しく解説されているので、かなり参考になります。

デモトレードが初心者にオススメできない決定的な理由

結論から言いますと、初心者の方にデモトレードはおすすめできません。

確かにデモトレードによって、あらゆるツールを使えるのはメリットでしょう。本番と全く同じ取引をすることで、本番でもスムーズな取引ができるようになります。

しかし、実際に自分でお金を使って取引するとなると、勝ち負けの結果は異なるかもしれません。心理状況が違うため、「デモトレードでは良い判断をできたのに、本番ではできなくなってしまったというケース」も少なからずあるのです。

実際のお金が減る恐怖心は実践でしか身につかない

FXの取引は、ときに勇気を持つことが大切です。あらゆるポイントから取引の判断をしても、勇気がなくては決済できません。自信がないからと言って、踏みとどまってしまうと、絶好のチャンスを逃してしまうことも...。

FX取引はマイナスになることもあります。それがプラス戻りそうな場合に持ち続けることであったり、戻らないと判断してすぐに決済する勇気も必要なのです。

デモトレードは、このように恐怖心に打ち勝つ力を身につけられません。そもそも、仮の数字であり、自分のお金でないため、恐怖心が生まれにくいのです。

本気の投資でなくゲーム感覚になってしまいがち

デモトレードは自分のお金でないために、ゲーム感覚になりがちと言えます。そのため判断が甘くなることもしばしば。その甘い感覚で本番に取り組んだ際はミスが生じてしまうでしょう。

特にデモトレードで勝ち続けてきたという人は注意が必要です。本番トレードで無理のある金額をいきなり使わないように気をつけてください。

いきなり大金で取引をした際に、もしマイナスになった場合は、精神的にも辛いものがあります。本番のFX取引はゲームのようにリセットをすることはできません。負けた分の金額は再び勝たない限り戻ってきません。

P1000801 1

元 証券会社勤務|杉崎利之

早くFXを覚えたいならデモは1日か2日が目安


デモトレードを開始してから1日あたりどのくらいの時間数や取引数をこなすかにもよりますが、早くFX取引を覚えたいのであればデモは1日か2日くらいでもいいはずです。ただし、ある程度の取引戦略ができていることが前提になります
また、相場データの統計的な観点から考えると相場の動きには曜日・時間帯による特徴などもありますので、そういったデータ的なものも含めて検証したいのであれば1週間(5営業日)程度やってみてもいいでしょう。いずれにしても、デモトレードだけを長期間やることはお勧めできません。

早く稼ぎたいならいきなり本番の口座を作るのもアリ

FX取引でいちはやく稼ぎたいなら、いきなり本番口座を作るのもありでしょう。

確かにデモトレードでも取引の仕方は学べますし、ツールの操作性を確かめることができます。ですが、自分のお金かどうかで心理的な面から判断も異なってくるのです。それも加味した上で勝ち続けるには、本番のトレードで思考錯誤するしかありません。

デモトレードと本番トレードでは成長スピードが違いますので、早くうまくなりたい人は多少のリスクをとっても本番トレードをするのが良いでしょう。

FXでは最初から勝ち続けるのはほぼ不可能

FXの本番取引を始める際は、改めて「マイナスになる可能性がある」ということを意識してください。

FX取引で常に勝ち続けられる人は居ません。勝つ日もあれば、負ける日もあるのです。FXは小さなプラスを積み重ねて結果的に増やしていくものと考えておきましょう。

これまでデモトレードで勢いに乗っていた人は、注意してください。本番トレードで失ったお金は、勝つまで返ってきません。無茶な取引はせず、最初は少額の取引から始めてみましょう。

少額でも自分の資金で覚える方が圧倒的に上達速度は早い

少額からのトレードでも、デモトレードよりも成長スピードは早いと言えます。FXトレードがうまくなるためには、自分のメンタルをコントロールしなくてはなりません。

この力は実際に自分のお金を使ってトレードしないと身につかないものです。実際に本番トレードをしてみて、自分がどう判断したのかを振り返ることでうまくなっていくのです。

自分に厳しい人は良いかもしれませんが、デモトレードでは負けても自分に甘くなってしまう可能性があります。そうなると本番のトレードをするのに比べて成長は遅くなるのです。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

早い段階でリアル口座に切り替えよう


FX会社が提供しているデモトレードの口座は、本番とまったく同じ環境でFXトレードを経験できますが、実際のお金ではないのでどうしてもゲーム感覚になってしまいがちです。操作方法を覚えたり、シミュレーションをしたりする分には良いのですが、できるだけ早い段階でリアル口座に移行することをオススメします。緊張感やメンタル面を体感してこそ成長できるのがFXの世界です。

みんなどこの口座を使ってる?

FX会社によって利用者数は異なりますが、「まずはデモトレードから!」と考えている初心者の方にとっては、『少額から取引ができるFX会社』がおすすめです。

確かに大きい取引額の方が、利益も大きくなるでしょう。しかし、FXはマイナスになる可能性もあるので、そのようなリスクを最初は抑えたいという場合は、少額の取引がおすすめです。

少額から取引できる人気のFX会社は以下の通りです。

人気のFX会社1:『FXブロードネット』

FXブロードネット

少額で取引できる会社の中で、人気があるのは『FXブロードネット』です。取引コースがいくつかあり、スタンダードな1万通貨単位だけでなく、少額の1000通貨単位取引もできます。

1000通貨単位取引の場合、1万円あれば余裕を持って取引できるでしょう。スプレッド(一回の取引にかかるコスト)も業界最狭水準であるため、なるべく低燃費で取引したい人にもおすすめです。

デモトレードを試してみてから、実際の本番トレードの移るのもありでしょう。スマホアプリがシンプルなので、とっつきやすくて初心者におすすめと言えます。

Female

50代 / 女性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.6

FXブロードネットは、評判が良かったので使ってみましたが、予想していたよりも使い勝手が良くて驚きました。パソコンとスマートフォンで使っていますが、取引ツールが使いやすいので快適に取引できています。

ちなみに『FXブロードネット』はコースによって、レバレッジや証拠金が変わるので、不安な人はリスク抑えめのコースも選べるので安心です。

FXブロードネットには、トレッキングトレードという自動売買システムがあるので、それもデモトレードで回してみるというのも面白いかもしれません。今なら口座をつくる際に最大2万円キャッシュバックがあるので、この機会にご検討ください。

Broad 300x250

FXブロードネット

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.5銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

人気のFX会社2:『ヒロセ通商LION FX』

ヒロセ通商LION FX

少額で取引するなら『ヒロセ通商LION FX』も検討してみてください。2018年オリコン顧客満足度1位のFX会社です。

こちらもスタンダードな1万通貨単位だけでなく、少額の1000通貨単位でも取引ができます。通貨ペア豊富な50種類。たくさんの通貨があるのでデモトレードしてみるのも面白いかもしれません。

キャンペーンが豊富であり、お得なキャッシュバックやプレゼントが貰えます。自分にあった条件のキャンペーンを選べますのでチェックしてみましょう。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.4

殆どパソコンで操作しますが、アプリが非常によくできており、操作のしやすさでは他の為替アプリよりも上ではないでしょうか。沢山のFX会社と取引していましたが、最終的に残ったのはヒロセで他数社だけでした。

ちなみに上記の画像は『ヒロセ通商LION FX』に申し込みをした際にプレゼントされた食品です。

数万円のキャッシュバックだけなら、他のFX会社でもよくあります。しかしこのヒロセ通商はキャッシュバックに加えてこだわりの食品もプレゼントされるのです。

Hirose2

ヒロセ通商 LION FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 50
P1000801 1

元 証券会社勤務|杉崎利之

FXはメンタルを鍛えない限りは安定した勝ちには繋がらない


FXではメンタルを鍛えない限り安定した勝ちには繋がりません。ほとんどの初心者が最初は自分が負け組になることなど想定していないと思いますが、中長期的にFXで「負けていない」人たちは全体の一握りに過ぎない世界です。投資戦略があり、勝っても有頂天にならず、負けても冷静に自己分析をしっかりと行なって再び相場に立ち向かえるだけの強靭なメンタルが要求されます。
メンタルの鍛え方は人それぞれですが、少額取引から始めてしっかりと経験則を積み上げる方法や、過去データの統計的分析結果などに裏付けられた論理的思考を持つ方法などがあると思います。いずれにせよ、自分に合った方法で強いメンタルを身につけられるよう努力しましょう。

まとめ

FX会社はどこも、デモトレード用の口座を用意しています。ツールの仕様も本番用の口座を変わらないため、実際のFX取引をしている感覚を確かめられます。

「FXがどんなものなのか想像つかない...。」このような方は、デモトレードを試してみるのもありでしょう。

しかし、デモトレードで稼げる力がつくかどうかと言えば、必ずつくと言い切れません。FX取引は自分のメンタル、またそれに伴う判断が大きく結果に繋がります。そのため、デモトレードと実際の自分のお金を使うのでは、結果が異なってくるでしょう。

デモトレードでは基本的なな取引方法やツールの操作性を確かめて、すぐに本番トレードに移行するのが良いかもしれません。実際の自分のお金で試行錯誤することで稼ぐ力がついていきます。

この記事で紹介したFX会社

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる