初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/07/10

【FXインタビュー】チャートのラインと雲だけを判断基準とした勝ちパターンテクニック

Nakagawa

この記事のアドバイザ

中川聡

大学卒業後、金融機関に勤務。証券外務員1種を取得。営業企画として保険営業員やプライベートバンカー、証券営業員など、様々なタイプの金融アドバイザーに対して投資情報の提供を行う。現在は資産形成層から富裕層まで、個別のお客様にあわせて株、投信、債券、コモディティ、デリバティブなど幅広い商品を組み合わせた投資コンサルティングを行っている。

目次

  1. 勝ち組のシンプルなトレード判断基準を公開
  2. もともと投資が好きでFXと出会った
  3. 本と動画と実戦で勉強
  4. 基本的にトレードはクロス円のみ
  5. FXの世界は「努力は裏切らない」
  6. FXとは「日常のルーティン作業」
  7. 紹介したFX会社:GMOクリック証券
この記事はこんな人におすすめ
  • FXで思うように勝てない…
  • FXの勝ちパターンを見つけたい!
  • 勝ってる人の手法を学びたい!

勝ち組のシンプルなトレード判断基準を公開

マネットFXがお届けする、現役トレーダーへのインタビュー記事。今回は初心者~中級者向けのトレード手法についての記事です

FXを始めてみたけど、思うように勝てない。エントリーや決済のタイミングが今イチわからない。そんな人に向けて、実際のトレーダーが実戦しているテクニックを公開

チャートを見ながら日々のトレードに苦戦している人は、ぜひ参考にしてみてください!

トレーダープロフィール

プロフィール
  • 名前:小澤(仮名)
  • 性別:男性
  • 年齢:30歳
  • 都道府県:東京都
  • 職業:会社員(IT関係)
  • 年収:420万
  • 家族構成:1人暮らし
  • FX歴:2年
  • 投資総額:70万円
  • TOTAL損益:+180万円前後

最初のごあいさつ

私も最初はハッキリ言って負けてばかりでした。最初の1ヶ月で15万円くらいを溶かしてしまい、やはりFXはギャンブルなのかと思いました

しかし、FXについて覚えれば覚えるほど納得感を得られるようになり、ふとした瞬間に「あ、こういう事だったのか」と気づけるようになってからは、状況が一変しました

簡単ですがトレードの手法や考え方についてお話させていただきます。

もともと投資が好きでFXと出会った

もともと投資信託をメインとして資産運用をやっていました。長期で資産を築くものとして理解していましたが、やっぱりジリジリとしか効果が出ない現状に「もっと短時間で利益を出せる投資はないのかな」と探していました

そんな時に、同僚の知り合いがFXで数百万円を動かしているという話を聞いて興味を持ちました。

始める前までは「ギャンブルだろう」と思っていましたが、実際に自分の目で確かめてみないと気が済まない性格というのもあり、ネットで調べて「GMOクリック証券」に申し込みをしました。

20万円の資金でFXをスタート

最初の入金額は20万円でした。口座開設の申し込みが届いたその日に入金しました。あまり調べないで始めてしまったので、それが多いのか少ないのかも分かりませんでしたね。

当時は「約1/2の確率で勝てるもの」と思い込んでいたので、チャートを見ながらほぼ直感でトレードをしていました。もちろん、トレンドラインも雲の意味も解りませんでした。

結果は火を見るより明らかで、1ヶ月持たずに残高が5万円を割り、やがて証拠金不足により米ドル円での取引ができなくなってしまいました

Nakagawa

証券外務員|中川聡

FXはあれこれと通貨ペアを変えるよりも1つに絞る方がいい


FX では米ドルと日本円だけでなく、ヨーロッパ、アフリカ、アジアなどの様々な国の通貨を取引することが可能です。初心者のうちはいろいろな通貨での取引を試したくなると思います。しかし、 FXで稼ぐ場合は基本的に通貨ペアをあれこれと変えるよりも絞って取引する方がいいでしょう。何故なら、市場参加者は自分の得意な通貨ペアを専門で見ており、ニュースは瞬時にキャッチして取引を行っているからです。もし多くの通貨ペアでポジションを持ってしまうと、ニュースをキャッチすることが遅くなり、取引機会を逃すことになります。慣れたら複数通貨のポジションをもつのはいいですが、勝つためには、ポジションを持つ通貨ペアは絞って取引する方がおススメです。

1ヶ月で15万円を溶かし絶望~奮起へ

今だからこそ分かる、初心者がハマる典型的な負のスパイラルに陥っていました。勝ったら下がる、売ったら上がる、戻ると信じて待っていたら傷が広がる。あの時は後悔しかありませんでしたね

そしてたくさん後悔した後に悔しさがこみ上げてきて、絶対に取り戻すと決意しました。何となく気づいていましたが「相場の動きには必ず理由がある」と再認識し、勝てる法則を見つけようと心に決めました

本と動画と実戦で勉強

それからというもの、本屋さんへ行って関連の書籍を5冊くらいまとめて買いました。そして、通勤時間の電車内でもずっとFXのレクチャー動画を見ていました。今でも定期購読しているブロガーさんやアナリストさんはたくさんいます。

チャートのトレンドラインというものもそれまではまったく知らなかったですが、同じタイミングでチャートにラインを引くことを覚えました。ちょうどチャートに自由な描写ができる「GMOクリック証券」を使ってたので良かったです。

「エントリーしない」という我慢を覚えた

当たり前のことですが、自分がFXのアプリを開いたタイミングが、売買のベストタイミングであるはずがありません

いわゆる「ポジポジ病」になっていた私は、まずエントリーしないで我慢するという事を覚えました。勘でエントリーしてた過去の自分は、なんて無知だったのだろうと思います。

これは現在もそうですが「勝算がある時しかエントリーするな」というのは、常に自分に言い聞かせています。一時は紙に書いて壁に貼っていたほどです。

基本的にトレードはクロス円のみ

私は基本的にクロス円のトレードしかしません。私が日本人だからというのもありますが、やたらと色々な通貨ペアを取引するのは苦手なので。

上記のGMOクリック証券のチャートで、クロス円の主要通貨ペアの動きを重ねて見るようにしています。見ての通り、全て円絡みなので似通った動きをしています

このチャートを見ると、赤い線で示した上から2番目米ドル円が、もっとも振れ幅が少なく安定していることが分かります。つまり、米ドル円がもっとも安定していて底堅い時期であることが読み取れます。私の見解では、中期的に見て下がる可能性は低いと見るわけです。

基本的には数時間~数日のデイトレード

ポジションを持ったら基本的には長くても1週間以内には決済します。数時間もしくは数分で決済をすることもあります。指標発表などで相場が急騰・急落した時は、即座に確定の決済をすることはけっこうありますね。

基本的には東京時間の始まる前には為替のスケジュールをチェックしてエントリーします。意識するのは「24時間後に上にいるか下にいるか」です。それを見極める基準は、一目均衡表で決めることが多いです。

雲の上にいるか下にいるか

一目均衡表はほぼ全てのFX会社でチャート上に出すことができるかと思います。上記のチャート上で灰色になっている、いわゆる「雲」の部分が重要です。

今いる位置が雲の上なのか下なのかを確認します。当然、雲より上にいる時は買いでエントリーすることが多く、雲の下にいる時は売りでエントリーすることが多いです。

現時点で雲の中もしくは雲の付近にいる時には、方向感が見えるまではエントリーしないようにしています。もちろん、日足チャート、60分足チャート、5分足チャートなど色々なチャートを確認します。

エントリーポイントと決済タイミング

上記のチャートで黄色の丸で囲った部分は、方向感が見えていないのでエントリーしにくい場所になります。この時も雲の位置に注目しておきましょう。

そして、緑色の矢印の箇所で、チャートが雲から離れていくタイミングでエントリーします

上昇もしくは下落が落ち着いて、レンジ相場に入ってきたら、次は決済タイミングの見極めです。私の場合は上昇もしくは下落が一服した場合でも、再度また雲に近づくまではポジションを持ったままにすることが多いです。

雲入りはトレンド転換の合図と考えているからですね。

決済タイミングは注文状況も参考に

こちらは「外為どっとコム」の注文状況確認チャートですが、こちらも参考にしています。

これを見ると、買い注文と売り注文がそれぞれが厚く入っているポイントが分かります。つまり、そのポイントまで上がった時・下がった時には跳ね返される可能性が高いということです。

米ドル円の例で見ると、111.50円のところに厚く買い注文が入っているので、売りポジションを持っている場合にはココを利益確定ポイントの1つとして把握しておきます。

現在は月10万円~15万円を安定的に稼ぐ

現在は証拠金をあまり多く入れていないので、取引をしたとしても30,000通貨くらいまでです。もちろん勝つ日もあれば負ける日もあるので、月間の成績で言うと10万円~15万円くらいのプラスで落ち着いています

以前はスワップ狙いでトルコリラや豪ドル円の長期保有もやっていましたが、トルコリラは下落続きで先行きが見えずにやめてしまいました。豪ドルも気づけば米ドルの方が高金利になり、あまり効率が良くないと判断したのでやめてしまいましたね。

FXの世界は「努力は裏切らない」

Gmo

GMOクリック証券

満足度
full star
full star
full star
half star
non star
3.7
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 19

スポーツの世界には、生まれ持った才能や環境の問題があるので、努力しても届かないものはあるかもしれません。しかし、FXに限って言えば全員が平等な世界だと思っています。

どんなに熟練のプロトレーダーも、昨日今日FXを始めた人も、使っているFX会社やツールはそう変わりません。大切なのは、どれだけ勉強・情報収集をしたかです。

言い換えれば「直感・なんとなく」で取引をしている人は、厳しいようですが負け組から抜けられない世界ですね。

FXを長く続けるコツは?

Nakagawa

証券外務員|中川聡

精神的・体力的に疲れないFXを心がけよう


FX で稼ぐことを考えた時、長く安定して稼ぐためにはどの様にすれば良いか不安になると思いますが、一番は精神的、体力的に疲れない方法を考えることでしょう。専業で稼ぐにせよ副業として稼ぐにせよ、投資には一定の時間と心の余裕が必要になります。特に FX トレーダーの場合は株式トレーダーと違ってトレードを行える時間が非常に長いです。相場が動いている限りトレードするのでは本業が別にある方は支障をきたすことになりますし、 FX を本業にしている方でも、とても体が持ちません。何事も継続するには体力と気力が必要になりますので、自分のライフスタイルに合い、かつ体力的、精神的にも無理のないトレードを心がけましょう。

FXに向いてるのはこんな人

切り替えが早い人

FXと恋愛は、失敗をいつまでも引きずる人には向いていません。全勝するのは不可能なFXの世界、負けは負けと受け入れて、次のトレードでの勝ちを目指せる人が向いてますね。

コツコツ型で勉強が好きな人

私はあまり社交的なタイプじゃないので、1人でずっと動画と本で勉強をしていたからこそ、今の安定収入があると思ってます。勉強キライな人はFXは向かないかもしれませんね。

マメで冷静沈着な人

トレードの記録は、「GMOクリック証券」ならばマイページから見れますし、CSVダウンロードも可能です。冷静に取引を振り返って、熱くならずに失敗を次に活かせる人は、FX向きと言えますね。

FXに向いていないのはこんな人

些細なことで熱くなる人

FXは負けを取り戻そうとして熱くなると、余計に傷が広がってしまうもの。実際、私が初心者の時はそうでした。熱くならず常に落ち着いているタイプの方が向いていますね。

何でもスグやめてしまう人

FXは最初のうちは負けるものと覚えておきましょう。1度の負けで「やっぱりFXなんてダメじゃん」となる人は多いものです。何で負けたのか?どうすれば勝てるのかを考えた先に、勝ち組への道があります。

そもそも資金がない人

FXは少額で始めらるようにはなっていますが、あまりに資金が少ない人はやめた方がいいかもしれません。5,000円や1万円でも始めることはできますが、得られる利益が小さいうえ、ロスカットになる可能性も高いので、最低でも5万円くらいは用意したいですね。

FXとは「日常のルーティン作業」

FXは私にとってはすっかり日常のルーティン作業といった感じです。

朝起きたらニュースとチャートを見ることから始め、その日の戦略を確認。昼間の時間は仕事があるので基本的にはチャートは見ません。お昼休みと帰宅のタイミングくらいです。

FXはとにかく「ストレスなく続けられること」が大切だと思っています。本業が疎かになったり、一晩中ずっと取引をしていたりすると、心身によくありません。

また、今回ご紹介させていただいたようなチャート内での自分の指標となるルールを早めに見つけると良いでしょう。勝ちパターンを見つけて、それをブラッシュアップしていくことで、勝率も安定してくるかと思います。

紹介したFX会社:GMOクリック証券

Gmo

GMOクリック証券

満足度
full star
full star
full star
half star
non star
3.7
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 19

今回、小澤さんが使っているFX会社として紹介させていただいた「GMOクリック証券」ですが、5年連続でFX取引高世界1位になるほどの大手です。言うまでもなく、プロトレーダーから初心者トレーダーまで多くの人が使っています。

インターネットや金融関連のサービスを数多く手がけるGMOグループならではの安心感とすぐれたノウハウがあり、取引ツールも非常に優秀です。2018年8月時点で、口座を持っている人の数は55万を超えています

初めてGMOクリック証券で口座を作る人は、最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンを使えます。これはお得ですね。

FX口座は無料で作れますので、気軽にお申し込みしてみてはいかがでしょうか。

GMOクリック証券FXネオ
Nakagawa

証券外務員|中川聡

まずは多くの人に選ばれている会社を使ってみるのは◎


FX を始める時どこの会社の口座を作ればいいかとても悩むと思います。では何を基準にというのも非常に難しい点ではありますが、まず口座数、取引量の多い FX 会社で口座開設するのがいいでしょう。多くの人に選ばれれている会社というのはそれだけの理由があります。それはシステムだったり、ツールであったり、スプレッドであったりと様々ですが、人気のあるところはどこも全般的に機能は充実していると言えます。そういったところは最初に開設してまったく使いものにならない口座ということはないので、まず最初の口座は人気のあるところを開設し、トレードに慣れたら、違う特徴を持った FX 会社に口座開設するというのがいいと思います。

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる