初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/03/29

FXのスワップポイントで初心者でも本当に稼げるのか|仕組みと通貨ペアを解剖

Murakami

この記事のアドバイザ

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、累計2000本以上の担当実績を誇る。自身でも多くの投資を経験。株式投資家やFXトレーダーへのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

目次

  1. FXのスワップポイントとは
  2. 世界各国の通貨の金利
  3. スワップ狙いに適した通貨ペア
  4. FX会社ごとのスワップ設定値
  5. スワップポイントの「サヤ取り」とは
  6. スワップ狙いをする際に覚えておくべき注意点
  7. 【番外編】スワップ狙いで選ばれている会社は?
  8. まとめ

FXのスワップポイントとは

これからFXトレードを始めようとしている人のなかには、「スワップポイント」という用語を聞いて疑問に思う人もいるでしょう。

スワップポイントを大まかに説明すると、外国の通貨を持っているだけで貰えるお金です。ある条件を満たすと、外貨を持っているだけで、火曜日~土曜日は毎日スワップポイントが発生します。

そもそもFXトレードは、通貨と通貨を交換して、利益を生む手法です。為替差益(かわせさえき)=外貨が安い時に買って高くなったら売るということをイメージする人がほとんどでしょう。実は、これだけでなくFXにはスワップポイントを利用して、利益を生み出すという方法もあります。

今回は、スワップポイントが発生する仕組みや、スワップポイントを活用して利益を生み出す方法について解説していきます。

スワップポイントの仕組みを解説

スワップポイントは、金利の差によって生じるものです。世界の国々は、自国の通貨に対して金利を定めており、それを「政策金利」と呼びます。

この政策金利は国によって異なります。FXトレードは、2つの通貨を交換しますが、通貨と通貨の金利差がスワップポイントになるのです。

例えば、日本とトルコの通貨に着目してみましょう。2018年2月現在、日本の政策金利が「-0.1%」であるのに対してトルコの政策金利は「24.0%」です。もし日本円をトルコリラに交換して保有していた場合は、金利差24.1%を埋めるかたちで、スワップポイントが支払われるのです。

もらえるスワップポイントは、各FX会社によって異なりますが、この金利差が大きければ大きいほど、もらえるスワップポイントが多くなる傾向にあります。

マイナススワップになる場合に注意する

スワップポイントというのは、「支払うケースがある」ということを覚えておきましょう。

金利差によって生じるスワップポイントですが、通貨をトレードする際に、より政策金利が低い国の通貨を保有してしまうと、スワップポイントの支払いが生じます。

例えば、日本とスイスの通貨に着目してみましょう。2018年2月現在、日本の政策金利が「-0.1%」であるのに対して、スイスの政策金利は「-1.25%」です。その差、-1.15%分のスワップポイントを支払わなくてはならなりません。

売りから入る場合は注意しよう

FXトレードの日本円の決済で「売り」から入る場合は注意しましょう。こちらもマイナススワップが発生します。

まずそのために「売り」とはなにか、、少々振り返ってみましょう。
FXには「買い」と「売り」という手続きがあります。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

マイナススワップ下でのポジション保有はよく考えてから


マイナススワップになる通貨ペアの売買をする時には、レートの動きによっては為替の損失とスワップの支払いがダブルでのしかかってくる可能性があることを覚えておきましょう。
豪ドル円の売り、ユーロドルの買いなど、スワップの支払が発生する組み合わせを長期で保持する時にはとくに注意が必要です。為替の動きをきちんと見て、スワップの支払いを含めたトータルの損益を把握する必要があります。

「買い」と「売り」について

【買い】
・日本円を渡してドルを保有する。
(日本円を売って、ドルを買う)

【売り】
・ドルを渡して日本円を保有する。
(ドルを売って、日本円を買う)

日本円をFX会社に預けて取引しているのに、なぜ「売り」ができるのかと疑問に思う人もいるでしょう。実際にドルを持っていなくても、FX会社の仕組み上、ドルを売って後で買い戻すということができるのです。

例えば、政策金利が「日本は-0.1%」「アメリカは2.5%」で、売り(ドルを売って日本円を買う)をしたとします。

そうなると、アメリカより日本の方が政策金利が低いため、それを保有し続けると、マイナススワップが発生してしまうのです。

スワップポイントの判定が行われるタイミング

スワップ判定の時間は各社異なりますが、だいたい6時30分~7時30分(夏時間で5時30分~6時30分)です。

スワップポイントは、ポジションを持ったまま(通貨を交換したまま)翌日に繰り越す際に発生します。これをポジションの「ロールオーバー」とも呼びます。

ロールオーバーするタイミングは、一日の最後に来る「ニューヨーク市場が閉まるとき(ニューヨーククローズ)」です。このニューヨーク市場が閉まり、次の日が来るという考えになります。

ニューヨーク市場は、日本時間の午前7時。夏時間で午前6時です。この時間に合わせて、各FX会社はスワップポイントの判定を設定しています。

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

早朝はスプレッドの開きに注意


早朝の時間に取引をする際には、普段は原則固定となっているスプレッドが拡がる場合がありますので注意が必要です。
実質的なコストであるFXのスプレッドは、早朝の時間や相場が急雨変動したタイミングで大きくなります。中長期の取引をする人にはあまり関係ありませんが、短期で売買回数が増える場合にはコスト面も念頭に置いておきましょう。

世界各国の通貨の金利

スワップポイントは2カ国間の政策金利の差によって、どれくらい貰えるかが決まります。まずは、その通貨を取り扱う国や地域統合体の政策金利を見てみましょう。

政策金利
日本 -0.10%
米国 1.50 ~ 1.75%
欧州 0.00%
英国 0.75%
カナダ 1.75%
豪州 0.75%
NZ 1.00%
スイス -1.25%
南ア 6.75%
トルコ 14.00%
メキシコ 7.75%
情報更新日: 2019年11月12日

このように各国の政策金利を並べてみると、日本の政策金利が低い水準にあることが分かります。

つまり、日本円となにか別の通貨を交換するのであれば、プラスのスワップポイントを受け取れるケースが多いのです。反対に別の通貨を売って、日本円を戻す場合はマイナススワップが生じるケースが多いと言えます。

スワップ狙いに適した通貨ペア

中長期のトレードでスワップポイントを狙うのであれば、その通貨を扱う国の政策金利に着目しましょう。政策金利の差が大きい通貨ペアほど、スワップポイントが大きく生じます。

以下が、スワップポイントが大きく生じる通貨ペアの一例です。

通貨ペア 注文
トルコリラ/円 (TRYJPY) 買い
南アランド/円(ZARJPY) 買い
メキシコペソ/円(MXNJPY) 買い
スイスフラン/トルコリラ(CHFTRY) 売り
スイスフラン/メキシコペソ(CHFTRY) 売り

基本的な考え方としては、政策金利が高い通貨を「買い通貨」。政策金利が低い通貨を「売り通貨」ということを念頭において、通貨ペアの選定をするのが良いでしょう。

【買い通貨】
トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソ
【売り通貨】
円、スイスフラン、英ポンド

Murakami

ファイナンシャルプランナー|村上敬

高金利通貨はインフレ率が高い傾向にある


一般的に高金利通貨として知られているトルコリラや南アフリカランドは、通貨そのものの価値が不安定と言われています。
ふとした国内情勢の変化などで、価値が大きく変動する可能性を秘めていますので、取扱にはくれぐれも注意しましょう。大きく育つ可能性や、コツコツとスワップ益を狙える可能性は確かに魅力的に見えますが、リスクについてもきちんと配慮した上で取引をおこないましょう。

通貨ペア選定時は主軸通貨を間違えないように

通貨ペアを選定する際は、「通貨ペアの記載」にも注意しましょう。

【主軸通貨/決済通貨】

上記のように、主軸通貨が前になります。つまり、「売る」「買う」という場合は、主軸通貨のことを指すのです。

例えば、トルコリラ/円(TRYJPY)で買いと言ったら、「トルコリラを買う/日本円で決済して)」という考え方になります。初心者の方は、くれぐれも前後を間違えないようにしましょう。

FX会社ごとのスワップ設定値

スワップポイントの決まり方は、主に政策金利の差に起因します。しかし、実際のスワップポイントはFX会社で異なってくるのです。

FX会社ごとにも通貨ペアごとにも異なる

あるFX会社がスワップポイントの面で長けていれば、全ての通貨ペアがそうなのか。そう感じる人もいるでしょう。実際はFX会社によって、スワップポイントを高く設定している通貨ペアもあれば、そうでない通貨ペアもあります。また一日ごとにスワップポイントも異なるのです。

まずは、「どの会社の、どこの通貨ペアが高いのか」この点をチェックしてみてください。チェックしてみたうえで、自分にあった会社の口座を開設してみましょう。

米ドル/円・ユーロ/円のスワップポイント

会社 米ドル/円 ユーロ/円
FXブロードネット 72円 -75円 -14円 9円
セントラル短資FX 47円 -71円 -5円 -4円
インヴァスト証券 70円 -81円 -18円 3円
DMM FX 70円 -70円 -1円 1円
YJFX! 76円 -91円 -15円 0円
外為どっとコム 71円 -101円 -15円 0円
GMOクリック証券 76円 -78円 -8円 7円
ヒロセ通商 LION FX 20円 -130円 -35円 -15円
SBI FXトレード 81円 -82円 -12円 10円
外為オンライン 60円 -90円 -30円 0円
情報更新日: 2019年07月04日

豪ドル/円・ポンド/円のスワップポイント

会社 豪ドル/円 ポンド/円
FXブロードネット 26円 -33円 28円 -39円
セントラル短資FX 22円 -37円 25円 -32円
インヴァスト証券 20円 -32円 25円 -37円
DMM FX 25円 -25円 27円 -27円
YJFX! 25円 -40円 25円 -40円
外為どっとコム 25円 -40円 27円 -42円
GMOクリック証券 31円 -32円 33円 -36円
ヒロセ通商 LION FX 31円 -86円 20円 -99円
SBI FXトレード 29円 -31円 31円 -33円
外為オンライン 10円 -45円 5円 -30円
情報更新日: 2019年07月04日

NZドル/円・南アフリカランド/円のスワップポイント

会社 NZドル/円 南アランド/円
FXブロードネット 26円 -36円 11円 -19円
セントラル短資FX 25円 -40円 6円 -11円
インヴァスト証券 25円 -37円 8円 -17円
DMM FX 28円 -28円 11円 -11円
YJFX! 20円 -35円 12円 -27円
外為どっとコム 28円 -43円 12円 -22円
GMOクリック証券 27円 -30円 11円 -11円
ヒロセ通商 LION FX 31円 -86円 15円 -65円
SBI FXトレード 30円 -32円 13円 -14円
外為オンライン 15円 -45円 5円 -30円
情報更新日: 2019年07月04日

カナダドル/円・トルコリラ/円のスワップポイント

会社 カナダドル/円 トルコリラ/円
FXブロードネット 34円 -44円
セントラル短資FX 20円 -29円 60円 -80円
インヴァスト証券 33円 -45円 88円 -105円
DMM FX 35円 -35円
YJFX! 40円 -55円
外為どっとコム 28円 -43円 85円 -115円
GMOクリック証券 44円 -47円 83円 -93円
ヒロセ通商 LION FX 20円 -80円 102円 -187円
SBI FXトレード 42円 -44円 87円 -93円
外為オンライン 15円 -40円 110円 -250円
情報更新日: 2019年07月04日

※空白部分は、取り扱いなし

スワップポイントの「サヤ取り」とは

「スワップポイントで利益を狙いたいが、為替の変動が怖い」。このように感じる場合に、浮かぶのが「スワップポイントのサヤ取り」という手法です。

サヤ取りとは、ある通貨の「買い」と「売り」、両方のポジションを持ち(両建て)、利益を狙う手法です。まったく反対のポジションを持ち、収支が相殺できるような状態を作りつつ、スワップポイントの付与と支払いの差で利益を狙います。

こうすることで、「スワップ狙いをしていたら、為替レートが下がって合計でマイナスになってしまった」という事態を避けられるわけです。

各社のスワップポイントを調べてみよう

スワップポイントのサヤ取りを狙うためには、貰えるスワップポイントが、支払うスワップポイントを上回らなくてはなりません。

例えば、以下の2つのFX会社について着目してみましょう。

会社 米ドル/円
DMM FX 70円 -70円
YJFX! 76円 -91円
情報更新日: 2019年07月04日

上記2社を使い、スワップポイントのサヤ取りを狙います。

会社 ポジション スワップ
YJFX! 米ドル円の買い 80円
DMM FX 米ドル円の売り -64円

スワップポイントが異なる2社で、一方が80円。もう一方が-64円のスワップポイント。
「付与80円>支払い60円」と、定期的に差分16円が手元に入る計算なのです。

この際に為替差益が動こうが、「買い」「売り」両方のポジションを持っているため、利益も損失も発生しません。つまりスワップポイントだけが発生しているのです。

証拠金は十分に用意して始めること!

FXは必要証拠金といって、取引に必要な資金の額が決まっています。「自分の資金-取引で生じている損失」が、必要証拠金を下回ってしまうと、ロスカット(自動決済)が行われてしまうのです。そうならないためにも資金は多めに用意しておく必要があります。

為替差益による損益の相殺がメリットである両建てですが、一方がロスカットしてしまえば、サヤ取りのプランは崩れます。

ロスカットが起きた際は、相場が荒れているケースも多いでしょう。

例えば、大きく下落して買いポジションがロスカット。即座にチャートが上に伸びて、含み損を抱えた売りポジションだけが残るというリスクもあります。そうならないためにも、サヤ取りを狙うのであれば、入念なリスク回避をしておく必要があるのです。

スワップ狙いをする際に覚えておくべき注意点

中長期でスワップポイントを狙う際は、証拠金が不足しないように注意することが大切です。これは大前提と言えるでしょう。

そのほか、スワップポイントを狙う際に注意点があります。スワップポイントを狙うのであれば、あらゆるリスクを加味して、堅実な運用をする必要があります。

スワップの設定は日々変わる

FX会社が設定しているスワップポイントは、日々変わると心得ておいてください。どれくらいの利益が生まれるのか、運用前に試算をしていたとしても、スワップポイントが変われば、プラン通りには行きません。

FX会社だけでなく、政策金利による影響も想定できます。大きく政策金利が変動した場合は、スワップポイントも影響を受けると考えておいてください。

両建てをする際は、2社間のスワップポイントに注意しましょう。場合によっては、スワップポイントの収支がマイナスになることもあります。日頃からスワップポイントを確認するようにしましょう。

為替の差益の方がインパクトが大きい

スワップポイント狙いの投資は、中長期でコツコツ回していくのが一般的です。大きくスワップポイントを得るのであれば、「資金」「時間」ともに必要と言えます。

資金が少ない人であれば、短期で為替差益を狙う方がインパクトが大きいと言えるでしょう。両建てをするのであれば、なおさらインパクトは小さくなります。両建てをするのであれば、両建てしないとで2倍の資金を用意しなくてはなりません。

通常のトレードで利益を出せるようになった人にとっては、為替差益を狙うトレードが良いかもしれません。

必要な取引コスト(スプレッド)も確認する

FXトレードをする際は、スプレッドにも注意しましょう。スプレッドとは一回の取引にかかるコストです。例えば、「1通貨ごとに0.3銭」「1通貨ごとに1.0銭」というようにかかってきます。

「スプレッド=1.0銭」で、1万通貨トレードしたとします。すると、かかるスプレッドは100円です。スワップポイントで、利益が数十円でもスプレッドで分は損をしてしまえば元も子もありません。

特に早朝の時間は注意してください。それまで、0.3~程度で推移していたスプレッドのケタが一つ上がることもあります。ロールオーバー狙いでトレードしたものの、スプレッドで損をするというリスクもあるのです。

【番外編】スワップ狙いで選ばれている会社は?

今回は、FXトレードのスワップポイントについて解説しました。スワップポイントは政策金利の差に影響して算出されますが、会社ごとに設定してあるスワップポイントが異なります。

スワップポイントを狙った取引をするのであれば、「自分がどの通貨で取引をするのか」「取引したい通貨のスワップポイントはいくらか」という点に着目してみると良いでしょう。

ここでは番外編として、スワップポイント狙いにおすすめのFX会社をご紹介します。

総合的に見て選ぶなら「DMM FX」

DMM FX

総合的に選ぶなら、『DMM FX』がおすすめです。DMM FXのサービスを取り扱うDMM.com証券は国内口座数ナンバーワン。利用者が多い理由は、バランスの取れた使いやすさでしょう。

貰えるスワップポイントは、高くもなく低くもなくといった印象です。マイナススワップに着目すると、米ドル円やポンド円など、ほかの業者より少なく抑えられる印象です

数日に渡るトレードの際に、マイナススワップ覚悟の売りポジションを保有する場合は、DMM FXのマイナススワップの少なさが活きてくるでしょう。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

DMMを開設以降ではありますが、チャート画面や毎日の株価の最高値・最低値等データの見やすさ、スワップポイントの大小、ツールの使いやすさが比較する上でのポイントでした。使ってみてそれぞれの良さがありますが、DMMでの取引が一番多いです。

Dmmfx 300x250

DMM FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.4
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 20

小数点以下も付与の「SBI FXトレード」

SBI FXトレード

『SBI FXトレード』は、金融業界でも有名なSBIグループのFXサービスです。取引コストや約定力、スワップポイントなど、安定したスペックになっています。

このSBIFXトレードで特徴的なのが、小数点以下のスワップ付与です。

そのスワップポイントはなんと、小数点第6位まで。ロールオーバーのたびに、小数点以下のスワップポイントが付与されて貯まるのです。スワップポイントを換金した際は、小数点第4位以下までを有効として、預り金として残ります。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.8

やはりまずは利益に直結するスプレッドの狭さです。同じ取引をしても利益に差が出てくるので最狭に越したことはありません。次にスワップポイントの高さや取り扱っている通貨ペアの種類です。10数ペアの取り扱いの中から自分に合った通貨ペアを見つけられる点も重要視しました。

Sbifx daniel 300x250

SBI FXトレード

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.4
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.27銭 0.49銭 0.99銭 0.69銭
取引単価 通貨ペア数
1通貨 26

オセアニアに強い「ヒロセ通商」

ヒロセ通商LION FX

ヒロセ通商はオリコン顧客満足度ランキング常連のFX会社です。あらゆる部門で1位に輝いている実績があります。

ヒロセ通商の特徴は、オセアニア市場に注力しているということです。豪ドル円やNZドル円に着目してみると、スワップポイントが高い印象を受けます。豪ドルのスワップ狙いは、チャレンジしている人も多く、情報がインターネット上にも豊富にあるので、試してみても良いでしょう。

また、ヒロセ通商は50種類の通貨ペアがあります。ノルウェークローネやメキシコペソといった、マイナー通貨でも利益を狙うことが可能です。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.9

なんといっても取り扱い銘柄が多く、円を挟まずにドルを基軸にポートフォリオを組めるのがいいと思います。国内の証券会社ではここでしか扱ってないものマイナーな通貨の組み合わせもあるので気に入っています。

Hirose2

ヒロセ通商 LION FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 50

まとめ

今回は、FXのスワップポイントについて解説しました。世界各国は、自国が取り扱う通貨に対して金利を決めています。FXトレードをする際に、

FXで通貨と通貨を交換するときに、金利差が大きいほどスワップポイントも大きくなります。低金利の通貨を高金利の通貨へ交換すれば、スワップポイントが貰え、その反対であれば支払いが生じます。

スワップポイントを狙う場合は、基本的に中長期でコツコツというのが一般的でしょう。一見、通貨を保有しているだけで良いように見えますが、きちんと為替や証拠金に注意して運用する必要があります。

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる