初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2019/08/09

FXはルールを決めて取引!稼ぐワーキングマザーの手法と利用口座の評価

Murakami

この記事のアドバイザ

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、累計2000本以上の担当実績を誇る。自身でも多くの投資を経験。株式投資家やFXトレーダーへのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。

目次

  1. 私のFXトレードの全てをお伝えします!
  2. FXの投資資金はルールを決めて徹底
  3. 取引スタイルはその時々によって使い分け
  4. 勝てるようになるまでひたすら本を読んだ
  5. FXと出会ってからの生活は期待値を意識
  6. これからFXを始めたい人に向けて
  7. 利用しているFX会社をご紹介!
  8. 【まとめ】自身のルールを守って取引しましょう
  9. GMOクリック証券とマネーパートナーズ利用者のその他の口コミ評判
この記事はこんな人におすすめ
  • FXで利益を出したい...
  • FXの勉強はどのようにしている?
  • 実際に稼いでる人の手法を知りたい!

FXで勉強なしにすぐ勝てる人はいません。利益を出しているトレーダーは、勉強をして、自身のルールを確立している人がほとんどです。

まだご自身で何を勉強するべきなのか?トレードする上で何を決めておくべきなのかについて分からない人は、勝てている人の方法を参考にしてみるのも良いかもしれません。

今回は、ワーキングマザーであり、FXで利益を出していらっしゃる中村さんにお話をお聞きしました。子育てをしながら。仕事をしながら。このような生活の中でも利益を出されています。FXトレードで利益を出したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

私のFXトレードの全てをお伝えします!

中村さんのプロフィール

■名前:中村あやか
■性別:女性
■年齢:40歳
■都道府県:愛知県
■職業:契約社員
■年収:300万
■家族構成:夫、息子
■FX歴:7年
■投資総額:20万円
■TOTAL損益:150万

FXの出会いは夫がトレードをしていたから

FXをやるきっかけ。それは夫でした。転職活動をしていた夫が、空いている時間になにかしようとFXを始めました。

正直、最初の3年は特に興味もなく、それについて聞くということもありませんでした。

しかし、夫から「旅行に行こう」「おいしいもの食べに行こう」と誘われることが増えてきたのです。これもFXのおかげなのかと感じ、「お金が儲かるなら私もやってみたい!」と始めました。

本格的なきっかけはコンビニに置いてあった本

FXに取り組んでいる夫を横目で見て、「FXって儲かるんだ~やってみたいなあ~」と思っていたところ、近所のコンビニでふと目に入ったのがピンクの背表紙の本でした。

一日一時間で一万円稼ぐFX』みたいなタイトルでした。

その本を購入して、実際にFXはどんなものなのかというものを見て、それが行動をするきっかけになりました。

これを機にパソコンも購入

FX取引をしようと考えて、すぐにパソコンも購入。デスクトップとノート両方買いました。まず形から入るタイプなんです。モニターも欲しかったのですが、部屋が狭かったので却下となりました。

電気屋さんへ行って、店員さんに「FX取引がしたいんです」なんて言ったりして、いま思うとちょっと恥ずかしいですね。

FXの投資資金はルールを決めて徹底

最初は10万円を入金して、1万通貨で始めました。最初に買った本には「50万円で1万通貨」と書いてありましたが、最初から50万円を入れるのは不安でした。そのため、なくなっても諦めがつく金額の10万円から始めました。

とにかくその本の真似をして、「20回負けても資金がゼロにならない金額で」を守りました。必要証拠金の分と、もう少し余裕をもたせて一回の損失金額が2,000円以内になるよう、最初からストップをマイナス20PIPSに設定してエントリー。

とにかく資金管理!資金管理!と、しつこいくらいの本でしたので計算ばかりして、ルールを守るようにしました。

最大6%の損失でその月の取引は止める

現在の資金とその管理取引手法ごとに口座を使い分けていますが、それぞれの口座につき最大6%を失ったらその月はもう取引しないルールです。

他は、スキャル、デイトレは、1回の取引での最大損失を口座の1~2%以内にしています。また、1日2回損切したら、その後はどんなにおいしく見えてもその日は取引しないルールです。

スイング口座は、一つのポジジョンにつき最大損失を口座の1%まで、最大5ポジション持つので、最大損失は口座の5%となります。

※各口座の資金
スキャル口座に10万円、デイトレ口座に15万円、スイング口座に100万円

取引スタイルはその時々によって使い分け

GMOクリック証券のチャート画像
画像引用:GMOクリック証券のチャート画像

私はそのときのチャートによって、取引手法を変えているのですが、口座を分けています。この際、スイングで入ったポジションはスイングで抜けますし、スキャルで入ったポジションはスキャルで抜けることは徹底

私は働く主婦なので、全く時間が取れない日もあれば、2~3日日中暇なときもあるので、週末にマンスリーとウイークリーの足の分析をする以外は、その時のチャート次第でデイトレしたりスキャルしたりしています。

時間の節目のスキャルピング

一番利益効率が良く、よくやっていたのは、東京時間の仲値を狙ったスキャル、ロンドンの初動を狙ったスキャルです。16時の節目・16時半の節目に絞って10PIPS程度をとる感じです。

そのあとは、ロンドンオープンして、一巡したあと18時半くらいから20時半くらいまで持つデイトレ、次はロンドンフィックスの反転OR続伸を狙ったスキャル、これをメインでやっていました。

現在は朝・昼・夕方にチェックするスイング

最近は子供が保育園へいくようになり、自分も会社に復帰したこともあり、このロンドン時間にチャートを見られないので、朝とお昼休み、そして夕方にチェックするだけのスイングがメインになっています。

育児休暇中もスイングをしてましたが、スイングとエントリーのタイミングが同じやり方で併用してシステムトレードもしてましたので、また再開しようかな?と考えています。

勝てるようになるまでひたすら本を読んだ

私の場合はひたすら本を読みました。家の本棚はFXの本で2段分埋まっています。夫も転職活動中にFXをやっていて経験者ですが、私が始めるころには就職が決まってやめてしまったんですよ。

ですので、夫に聞いて...ということはなかったです。

FXトレードをするなかで、SNSでトレーダー仲間ができたのも活力になりました。仲間のブログも結構読んでいて、参考にしていましたね。

負け続けたデモトレード

私は始めたのは7年前ですが、途中で仕事や出産を挟んでおり、中断していた期間があります。そういう時期を含め、最初の2年は勝てませんでした。

最初にお金を入れる前にデモトレードを半年していたんです。普通はデモって勝つと思うんですけど、私はひたすら負け続けました。

それで、逆に実際のお金なら勝つのでは?となぜか思ってしまい、10万円いれて1万通貨で始めたのです。しかし、それもあっという間に4万円なくなりました。

金額じゃなく、その損失の割合

4万円っていう金額を聞いたら、大したことないと思うかもしれません。しかし、その時の資金に対する4万円は「4割」。これはやばいと思いました。

100万円でやっていたら40万円、1,000万円なら400万円です。これを戻そうとしたら、資金を約1.7倍にしなければならないことを思うと、これではいけないと痛烈に思いました。

「やらない系のルール」を設けたことで転機が

「1日に2回負けたらその日はやらない」「何時まではやらない」「抵抗が近くになければやらない」など、「やらない系ルール」を決めました。最初はトントンの時期が続きましたが、1年後くらいから口座のお金が増えはじめました。

信じられませんが、その日の目標を「何PIPS」とか「いくら」ではなく、「こうなったら入る、こうなったら出る」といったような行動の目標にしていたので、何PIPSとれたとか儲かった損したという意識があまりなかったです。それで、あるときふと「増えてるじゃん!」って(笑)

利益を追いかけないルールを作った

利益を追いかけないルール」を設けたのすが、取り返そうとして判断を誤ることで悔しい思いをしたことがあるので、月に6~10%増えたらその月は無理しないようにしています。

金額は口座によってバラバラなので、マイナスで終わる月があったり取引なしの月もあったりしますが、収支は月間5~10万円くらいでしょうか。

FXと出会ってからの生活は期待値を意識

FXと出会ってから、なんでも期待値を出そうとするようになりました。

これは会社でとっても役に立っています。もともと「実験のように仮説をたてて、まずやってみて、それからいけそうだったら改良して採用」というような思考をするタイプですが、それが強化されました。

素早く判断してさっさと決めるようになり、仕事の進みが速くなりました。要は、迷わなくなりました。

経済のことを気にするように

最近まで完全にテクニカルで取引していたのですが、経済ニュースを見るうちにファンダメンタルズ分析もきちんとしようと思い、勉強しています。

トレーダー仲間の中で詳しい人に教えてもらったり、証券会社のアプリで情報収集したり、本を読んだり。好奇心がどんどん刺激されて毎日飽きないです。FXをやってなかったら興味を持たなかったと思います。

情報を集めていますと、各国の情勢、歴史などから思いが広がり、それぞれの国に興味を持ち、旅行してみたいと思ったり、ちょっと横道にそれてますけどそういう楽しみも増えました。

好きなことをする時間が増えた!

最初の数年は勉強や、チャート分析に時間を取られていましたが、手法が確立してからは「この時間にしかやらない、条件が整ってなければやらない」と決めました。

とにかく好きなことをする時間ができました。また、趣味にお金を使うようになりました。私にとってはこれが一番大きいです。

友達ができたこと

時間ができたことと同じくらいよかったことは、トレーダーの友達がたくさんできたことです。

プロもいますし私のような兼業トレーダーもいますが、トレードをのぞいたら全く違う世界で生活している人たちで、トレードをしてなかったら出会わなかったであろう人たちです。
彼らにはトレード以外でも刺激を貰い、貴重な出会いとなりました。お金では友達は買えないですものね。

これからFXを始めたい人に向けて

ここで実際にFXで勝てるようになった私から、これからFXを始めたい、また続けていきたいという人にアドバイスをしたいと思います。

私がトレードをする上で心がけていることでもあるので、参考にしてみてください。

アドバイス【1】最初は絶対に「練習」してください

私だけではなく多くの経験者がいうことですが、これは本当にそうです。やってみて改めて思いますが、トレードは手に付ける職、職人技だと思います。同じことをやっても同じ結果にならない仕事です。

最初に大金を投じて、うまくなる前にお金がなくなるのはとても悲しいことです。デモトレードに関しては賛否両論ありますが、有効かどうかは正直人によると思います。

私個人は、デモではなく「なくなったらちょっと痛い、3日くらいは落ち込む」金額を証拠金として、1日の最大損切を「損切になったらもやもやする」くらいの金額で練習するのがいいと思います。

その人にとって痛くも痒くもない金額だと、デモと変わりないからあまり練習にならないかと思います。

アドバイス【2】最初は誰かの真似をする

誰かは人じゃなくて本などに書いてある手法でもいいのですが、一つのやり方をひたすらやって検証するのをお勧めします。それが土台になってきます。

注意点ですが、これはやってみるとわかると思いますが、人のやりかたは「混ぜるな危険」です。ひとりの人に聞くなら、その人のやり方を完全にコピーしないと検証になりません。

よく、手法に関してAさんに「Bさんのやり方だとこうなんだけど?」と質問するのを見たり聞いたりしますが、「それはBさんに聞いてください」が答えです。

いろんな手法があってそれぞれ独立しているので、同じポジションででエントリはAさんのやりかた、イグジットはBさんのやりかたなどというのは最終的には混乱して損失で終わる可能性が高いです。

アドバイス【3】ストップは必ずいれてください!

これから始める人に一番伝えたいのは、ストップは必ずエントリーと同時に入れること、です。

ストップを入れない手法の紹介も時々見ますが、資金に大しての枚数が限りなく少なく、仮にその通貨の価値がゼロになってもかまわないくらいの資金があるなら自由かもしれません。しかし、多くの初心者はまず手法の確立のため検証からするべきだと思います。

その段階で、ストップを置かないのは資金管理ができていないと思います。10年積み上げたものが一瞬でなくなることもあるのがFXです。これまで大丈夫だったからと慢心せず資金管理だけはしてください。

私が大きな損失を出さず一度も退場せずにやれているのは、最初読んだ本がとにかく資金管理に厳しかったからだと思っています。

利用しているFX会社をご紹介!

私が普段トレードをしているFX会社は、周りの人が使っていて、教えてもらった会社です。実際にトレードをしてみて、使いやすかったので皆さんも紹介したいと思います。

チャート分析がしやすくて、システムも安定しているので、ぜひ検討してみてくださいね。

会社1:GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

こちらのFX会社は専業トレーダーの知人が使っているので口座開設しました。新しい手法を試すのにいくつか口座が欲しくて相談したところ、とにかくスマホアプリが使いやすい会社が良いとのことでした。

実際に使用してみたところ、ワンクリックで操作できたり、チャート仕様など簡単でしっかり見れたり便利です。こちらのFX会社は短期売買で利用しています。

『GMOクリック証券FXネオ』は、トレード日記が気に入っています。主にデイトレで使っているのであとでノートに手書きで書く時に見やすいですし、月次の収支もワンクリックで簡単です。ニュースもGMOクリック証券のアプリで見ます。

Imagesender

GMOクリック証券

満足度
full star
full star
full star
half star
non star
3.7
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 20

会社2:マネーパートナーズ

一番最初に口座開設した証券会社がこちらです。実は夫もFXをやっていて真似しました。決め手は約定力です。

それと、最初は資金が少なかったので、100通貨で取引の練習ができるというのが魅力でした。当時はほかにあまりなかったので、”マネパ”にしました。スイングの検証や打診エントリーなどで使っています。

約定力に関しては信頼ができ、突発的な出来事の時も約定しなかったということがありません。PCで見るときのチャートも操作がしやすく気にいっています。

Mp

マネーパートナーズ

満足度
full star
full star
full star
half star
non star
3.5
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 20

【まとめ】自身のルールを守って取引しましょう

今回は、ワーキングマザ-でありながら、FXでも利益を出されている中村さんにお話をお伺いしました。

お仕事がありながらも、きちんと利益を出せているのは、徹底的に勉強をしたこと。また、それにもとに自身のルールを決めて、それを徹底しているからと言えるでしょう。

特に資金管理の部分や、エントリーする時間帯など、ご自身の生活スタイルにマッチさせてトレードをしているというのは、参考にしたいポイントです。

FXは基本的に平日24時間トレードができるので、ご自身の生活にあったトレードを探すことが可能です。まずはFXに関する知識をつけて、自身の勝ちパターンを探してみましょう。

この記事で紹介したFX口座

GMOクリック証券とマネーパートナーズ利用者のその他の口コミ評判

『GMOクリック証券FXネオ』と、『マネーパートナーズ』は、FX会社の中では大手と呼べるほど利用者数の多い業者です。

今回の記事内で紹介したレビューだけでなく、多くの人の口コミ評判を参考にして、もしも「良さそう」と感じたら無料の口座開設を検討してみてください。

GMOクリック証券の口コミ評判

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.4

私は本業があるため、トレードは基本的に外出中が多くなります。朝パソコンでチャートをチェックしてその日のトレード戦略を固めてしまいます。なので朝、素早くチャートを見られること、そして、スマートフォンの画面操作がしやすいことが大前提となります。過去3社と比べて、使い勝手、さらには通貨ペアの手数料の低さも加味して決めました。

Female

40代 / 女性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.5

スプレッドが狭いと感じたところとスマホでの取引が簡単にできるということはとても大きかったです。通勤中の移動の時にスマホで見れて操作できるのが一番効果的だなぁと感じたのでそこはとても重視しました。簡単にポジションを持てるところが一番気に入ってます。

Male

20代 / 男性

ユーザー評価
full star
non star
non star
non star
non star
1.0

FX会社は様々な会社がありますが、最も重要視した点は、取引の際に発生する手数料とスプレッド水準です。GMOクリック証券のFXネオは、手数料やスプレッドが他社よりも有利にできていましたので最も良い会社だと思いました。

マネーパートナーズの口コミ評判

Male

20代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
full star
half star
4.6

全体的に質の高いサービスが提供されていると感じました。スプレッドの狭さ、チャート機能、約定力、情報量、どれをとっても申し分なく、快適な取引ができる環境にあると感じました。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.4

マネーパートナーズでは証券口座とFX口座の両方を開設しており、保有している株式を担保にしてFX取引が可能でしたので、資金効率の良さを実感できました。また、アメリカ雇用統計などのイベント時に、注文を出してもスリッページが発生しにくいです。

Male

30代 / 男性

ユーザー評価
full star
full star
full star
half star
non star
3.6

100通貨単位からFXトレードをできますので、気軽に通勤電車のなかでスマホの専用アプリを使用してトレードをすることができました。手数料は無料ですし、スプレッドも狭く設定されていましたからリスクを感じることなく楽しめました。

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる