初心者の為のやさしいFX総合情報サイト

2021/09/27

FX業者はどこがいい?初めての人向けFX口座の選び方と人気の会社

Teduka

この記事のアドバイザ

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

目次

  1. FX業者を選ぶ際のポイント
  2. どのFX口座が良いのか迷った場合は?
  3. みんなが使っている人気口座
  4. 【まとめ】初めての人向けFX口座の選び方
この記事はこんな人におすすめ
  • これからFXを始める人
  • FX業者の選び方がわからない人
  • みんなが使っている業者を知りたい人

国内外にはたくさんのFX会社があり、どこで口座を作ってもFX取引は可能です。しかし、FX会社によって取り扱っている通貨が違ったり、コストが変わったり、情報量やツールの使いやすさが違ったりします。

最初のうちにアレコレ紹介しても分からない人がほとんどだと思いますが、基本的に初めてであれば利用者数の多い所を選べば概ねで間違いはありません。

今回は多くの人に選ばれているFX会社と、シンプルなFX会社の選び方を紹介します。

FX業者を選ぶ際のポイント

初めてでどのFX会社を選べばいいか分からない場合は、以下の3つのポイントだけ意識して選ぶようにしましょう。

FX会社の選び方はこれだけでOK

利用者数が多いかどうか
手数料(コスト)が安いかどうか
見やすさ/使いやすさ(実際に使ってみる)

FX会社を選ぶ基準は、実はこれ以外にもたくさんあります。ただし、最初の1社を選ぶ時にアレコレ検討しても難しくて分からないでしょうし、実際に使ってみないと分からない部分も多いのがFXの世界です。

口座開設するのにお金はかかりませんので、恐れずにどんどん口座を作って試してみるのがオススメです。

【1】利用者数が多いかどうか

国内FX会社の多くはFX口座数を公開しています。口座数が多いという事は、それだけ多くのFXプレイヤーに選ばれているということです。

国内大手FX会社の口座数の一覧は、下記のようになっています。

FX会社 口座数
DMM.com証券 800,000突破(2020年8月)
GMOクリック証券 566,184(2018年10月)
外為どっとコム 538,208(2021年7月)
外為オンライン 518,484(2017年)
YJFX! 342,427(2018年9月)
ヒロセ通商 238,843(2018年9月)
SBI FXトレード 200,000突破(2017年6月)
FXプライムbyGMO 184,601(2018年9月)
FXブロードネット 184,070(2017年12月)
セントラル短資FX 174,385(2018年9月)

証券会社単位で見ると「DMM.com証券」「GMOクリック証券」の利用者が多いと言えるでしょう。

会社の知名度という点で選ぶのであれば、「SBI FXトレード」などもおすすめです。

基本的に利用者数や会社の知名度で選んでおけば、会社選びで失敗する可能性は低くなります。後に紹介するコスト面や使いやすさの面でも間違いないと考えていいでしょう。

【2】手数料(コスト)が安いかどうか

FX業者を選ぶ際に大事なのが、手数料が安い業者を選ぶことです。ほとんどの業者が取引手数料0円となっていますが、注目しなければならないのは実質的なコストである「スプレッド」です。

スプレッドとは買値と売値の差であり、スプレッドが狭いほど取引ごとの手数料も安く抑えられます。そして、このスプレッドの設定はFX会社によって変わります。

会社 米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
外貨ex byGMO
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
GMOクリック証券
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
外為どっとコム
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
ヒロセ通商 LION FX
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.4銭 0.6銭 0.3pips
DMM FX
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.7銭 0.4pips
セントラル短資FX
0.1銭 0.4銭 0.4銭 0.3pips
SBI FXトレード
0.09銭 0.49銭 0.69銭 0.38pips
FXブロードネット
※原則固定(例外あり)
0.2銭 0.5銭 0.6銭 0.3pips
外為オンライン
1.0銭 2.0銭 3.0銭 1.0pips
情報更新日: 2021年10月07日

一般的に、米ドル円のスプレッドが0.3銭以下に設定されている事を「業界最狭水準」と呼んでいます。取引予定の通貨ペアができる限りスプレッドが狭い業者を選びましょう。

Teduka

元 銀行員|手塚大輔

短期売買でトレードをしたい人はスプレッドに着目しよう


スプレッドを重視したほうが良い人は、短期売買で利益を狙いたい人です。短期売買では、短期間の間に何度も売買を繰り返すため、売りと買いの値段の幅が小さい方がよいに決まっています。
スプレッドが大きいと、手数料だけで利益が圧迫されてしまうので、できる限り売値と買値の幅が狭いFX業者を選択しましょう。
なお、スプレッドが狭い業者がスワップポイントが高いとは限りませんので、自身の取引スタイルに合わせて、あっている業者を選択してください。

【3】見やすさ/使いやすさ(実際に使ってみる)

GMOクリック証券スマホアプリ
画像引用:GMOクリック証券

3つ目はデザインの見やすさと取引ツールの使いやすさです。

シンプルに「見やすい・使いやすい」と感じるFX会社の方が取引をしていて楽しいですし、モチベーションにも繋がります。

ツールや注文方法は実際に使わないと分からない

FXにはさまざまな注文方法があります。また、チャート上に出すラインやグラフなどはさまざまな指標があります。

これらは実際に使ってみないことには、その人に合っているかどうかは分かりません。

最初のうちにアレコレ調べても分からない人が大半かと思いますので、初めてであれば「この取引画面が見やすそう」というレベルでいいでしょう。

Teduka

元 銀行員|手塚大輔

まずは移動平均線の性質をおさえておこう


初心者は移動平均線を理解しておくことが重要です。移動平均線とは、一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせてできる線です。
移動平均線をローソク足に表示することで、相場の動きが非常に分かりやすくなります。ローソク足で表示するよりも、移動平均線で表示した方が、相場の流れを把握することが容易になります。
移動平均線を理解することで、短期の値動きに一喜一憂することなく、相場の流れを大局で見ることができます。

どのFX口座が良いのか迷った場合は?

A.複数の口座を試してみる

どこのFX会社が良いのか分からない。このような場合は、気になる会社に申し込みしましょう。日本国内のFX会社は、無料で口座を作れることがほとんどです。

FXで重要なのは、何より『実践』。

取引ツールの使いやすさは本番のトレードをしない限り、自身にマッチしているか分かりません。

多くのトレーダーは口座を使い分けている

FX会社はスワップ金利やスプレッドなど、基本スペックが異なります。この長所・短所をもとに使い分けをしている人が多いのです。例えば、低スプレッドの会社で短期取引高スワップの会社で中長期運用。というように口座を分けます。

そのほか、「いま自分の資産がどれくらいあるのか」と把握する目的でも、分けるのも1つの手です。取引手法ごとに、どれくらいの資金を使うのか明確に把握できるでしょう。

Teduka

元 銀行員|手塚大輔

複数の口座で運用することでリスク分散になる。


多くのトレーダーが複数の口座を保有しています。複数の口座を保有することには通貨によってスプレッドやスワップポイントが異なることや、口座によって情報量や分析ツールが異なることなどを挙げることができますが、最も重要な理由はリスク分散でしょう。FX業者が倒産した場合、預けているお金が戻ってくる可能性はかなり低いと言えます。
また、システムトラブルなどで1つの口座で取引ができなくても、複数の口座を持っていれば、チャンスを逃すことはありません。このように、複数のFX口座を持つことによって、リスク回避をすることができるのが、複数口座保有のメリットです。

みんなが使っている人気口座

記事の最初でも言った通り、初心者に選ばれているFX会社は、基本的に多くの人に選ばれている「口座数の多いFX会社」です。

FX業界の常識は「大手を選んでおけば基本的に間違いない」です。ここでは特に選ばれている4社を紹介しますので、良ければ無料の口座開設を検討してみてください。

国内FX口座数が上位の「DMM.com証券」

DMM FX

DMM.com証券は、取り扱っているサービスの「DMM FX」「外為ジャパンFX」の口座数を合算すると80万口座になり、国内トップクラスと言えます。

新規取引ごとにポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円に交換ができるため利益を押し上げることが可能です。パソコン用ツールも高機能で使いやすいですが、スマホアプリはパソコンに匹敵する機能性を持ち直感的な操作で簡単に取引ができます

初心者向けサポートが充実

DMM FXは業界初のLINEお問い合わせサービスも用意しています。分からない点をすぐ聞くことができて24時間サポートしてくれます。

DMM FXにはクイック入金というサービスにより、24時間リアルタイムで口座に振り込んでくれるサービスもあります。なんと340もの金融機関と提携をしており、手数料もかかりません。初心者の人からプロの人までトレードしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

Dmm main

DMM FX

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.5
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
10000通貨 21

知名度ならココしかない「YJFX!」

YJFX!

「YJFX!」はご存知ヤフーグループが運営しているFXサービスで、知名度・安心感・信頼性の面では申し分無いでしょう。取引ツールの使いやすさや情報量の多さなどに定評があります。

初心者〜上級者まで幅広い人が利用しています。スプレッドは業界最小水準でスワップポイントは最高水準と、コストを抑えた取引が可能です。

初心者から億トレーダーまで多くの人に選ばれている

YJFX!には「Exチャート」という優れものが用意されています。パソコン版の取引ツールと、高機能取引ツールCymo NEXTで利用可能です。スマホでもPCでも快適にサクサクと取引が可能です。

新規口座開設時には、最大27,000円のキャッシュバックキャンペーンも使えますので、合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

【社外秘】aff01 300 250

外貨ex byGMO

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.6
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 24

コスト安で中長期にも向いている「SBI FXトレード」

SBI FXトレード

ネット銀行・証券・投資業界に強みを持つSBIグループのFXサービスが「SBI FXトレード」です。安心感と信頼の面では申し分ないでしょう。

26の通貨ペアを取り扱っているSBI FXトレードは、約380行の金融機関に対応して、入金手数料無料で24時間利用できるクイック入金サービスなど、コストを抑えて取引したい人におすすめです。

中長期トレーダーにも選ばれている

会社 米ドル/円 豪ドル/円 NZドル/円 トルコリラ/円
SBI FXトレード 57円 18円 22円 33円
情報更新日: 2020年03月09日

低コストな面にも注目ですが、それ以外に中長期トレーダーからも選ばれる理由として「業界最良水準のスワップポイント」*があります。スワップポイントは所有しているだけで受け取れるボーナスのようなもので、中長期トレーダーは必見な部分です。

パソコン用・スマホ用ともにシンプルかつ高機能な取引ツールが使えます。新規口座開設した人には500円入金されます。

Sbifx

SBI FXトレード

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.4
スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.09銭 0.49銭 0.99銭 0.69銭
取引単価 通貨ペア数
1通貨 34

情報量やツールに強み「外為どっとコム」

外為どっとコム

情報量が多く初めての口座開設で選ぶ人が多い「外為どっとコム」。業界最狭水準スプレッドで、約定スピードは最速0.009秒、1,000通貨〜取引ができます。

外為どっとコムで取引しているトレーダーの指値・ストップ注文状況やポジション比率が確認できたり、日・週・月単位で各通貨ペアの騰落率が確認できたりなど、豊富な主要ニュースやアナリストレポートだけでなく、さまざまな情報を提供しています。

Image (5)

外為どっとコム

満足度
full star
full star
full star
full star
half star
4.2
スプレッド※原則固定(例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
取引単価 通貨ペア数
1000通貨 30

【まとめ】初めての人向けFX口座の選び方

基本的に初めてのFX口座を選ぶ時には、多くの人に選ばれているFX会社で口座を作りましょう。

細かいツール・見やすさ・使いやすさ・情報量・注文方法などは、ハッキリ言って実際に使ってみないと分からない部分が多いので、まずは実際の取引を経験してみる事が大切です。

もし最初から資金を投入することに抵抗がある場合は、デモ口座を使うという方法もあります。

また、多くの初心者が使用している4社を紹介しましたが、いずれも手数料・情報量・取引ツールなどに定評のある業者です。他にも多くの業者がありますが、使用する業者がまだ決まっていない方は、まずは4社をチェックしてみるといいかもしれません。

この記事で紹介したFXサービス
●DMM.com証券「DMM FX」
●GMOグループ「GMOクリック証券」
●SBIグループ「SBI FXトレード」
●株式会社外為どっとコム「外為どっとコム」

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットFXでは、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ

特徴からFX会社を探す

  • 副業にオススメ
  • 初心者向け
  • 通貨ペアが多い
  • スワップポイント
  • スプレッドが安い
  • スマホで簡単取引
  • お小遣いを増やしたい
  • 少額で始められる