編集方針

マネット(以下「本サイト」といいます)のご利用ユーザー数は累計1万人を突破しましたが、弊社は、すべてのユーザーに最適な選択の機会を提供することを目的として、本サイトにおいて提供する情報に関しては、専門性・具体性を重視し、その信頼性の確保に向けて、以下のような取り組みを実施しています。

1.具体的な情報について

本サイトは、編集担当者の実体験に基づく情報、企業担当者に問い合わせた情報、専門家にインタビューした情報などを、直接収集しています。リアルやネットなど様々な場面を通じて一次情報を収集することにより、情報の具体性を確保し、本サイトにおいて提供する情報が皆様の具体的な行動の参考となるよう努めています。

2.社内編集部によるダブルチェック体制

弊社は、誤った情報やユーザーに誤解される可能性のある情報を発信することがないように最大限注意を払っており、そのため、すべての記事について投稿前に社内編集部複数メンバーによる目視チェックを実施しています。記事が公開された後も定期的に目視チェックを行い、情報に誤りがあった場合はこれを訂正し、また、関連法規の変更や時代のトレンドに応じて改定を行っています。

3.引用について

外部サイトにおいて提供されている記事・情報がユーザーの皆様に役に立つ専門性および信頼性の高いものであると判断した場合には、著作権法を含む法令上問題のない形でマネットの記事に掲載することがあります。このような情報を掲載する際には、外部専門家のアドバイスも得ながら、社内的には以下の公的機関が公表しているガイドライン・資料も参照して、適法性の担保を徹底しています。

1.著作権法

2.文化庁によるガイドライン

3.公益社団法人著作権情報センター CRIC

ページトップに戻る