借金返済シミュレーションで利息・返済期間・返済額を算出する方法

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧

 この記事はこんな人向け 
  • 1日でも早く借金返済を終わらせたい
  • 毎月の返済額を減らして楽になりたい
  • 自分に合った効果的な返済方法って何?

キャッシングするときに多くの人が不安を感じやすいのが、毎月の返済です。

完済できるか不安な人は、返済シミュレーションを使ってどのように返済していけばいいのかを確認してみてください。

この記事の目次

無理なく借金返済するには現状把握が大切!

カードローンで借入している人が無理なく完済を目指す場合、まずは現状の返済状況を確認することから始めなければいけません。

毎月かかる利息は、下記の計算式を利用すれば自分でも算出できます。

基本的な利息の計算方法
借入残高 × 金利 ÷ 365 × 借入日数 = 利息
借入額を10万円、金利を18.0%、借入日数(返済までかかる日数)を30日とした場合、以下のような計算になります。

100,000円×0.18÷365×30日=1479.45

小数点以下は切り捨てになるため、支払う利息は1,479円です。

計算例を見て頂いても分かる通り、利息は借入残高に応じて毎月計算されているのです。

完済までに発生する利息総額をチェック

まずは、現状の条件でどれくらいの利息総額になるのかを算出していきましょう。

先ほどの利息計算した際の条件を使ってシミュレーションしてみました。

例)借入額10万円、金利18.0%、1年で返済した場合

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 9,167 7,667 1,500 92,333
2 9,167 7,783 1,384 84,550
3 9,167 7,899 1,268 76,651
4 9,167 8,018 1,149 68,633
5 9,167 8,138 1,029 60,495
6 9,167 8,260 907 52,235
7 9,167 8,384 783 43,851
8 9,167 8,510 657 35,341
9 9,167 8,637 530 26,704
10 9,167 8,767 400 17,937
11 9,167 8,898 269 9,039
12 9,174 9,039 135 0

上記の条件で完済した場合、借入金10万円とは別に10,011円の利息を別途支払うことになります。

返済期間を逆算することも出来る

計算式を応用すれば、今の返済額を支払っていくと完済までにどれくらいの期間がかかるのかも算出できます。

完済までにかかる返済期間の算出
例)借入10万円、金利18%
毎月1万円ずつ返済 ⇒ 10ヶ月で完済
毎月2万円ずつ返済 ⇒ 5ヶ月で完済
毎月3万円ずつ返済 ⇒ 4ヶ月で完済
       :

上記のように大まかな返済期間が把握できるので、今後の返済計画を立てるのに役立ちます。

このように、計算式を使えば利息や返済期間を自分でも把握できますが、自力で計算するのは正直非常に大変な作業です。そんな時に便利なのが、返済シミュレーションです。

月々の返済額から返済期間をシミュレーション

少しでも早く完済したい...

毎月支払う金額を入力すれば、完済までにどれくらいの期間を必要とするのか調べることができます。

少しでも早く完済したいと考える人は、返済シミュレーションを使って適切な返済額を導き出してください。

多めに返済すれば返済期間は短くなる

では、先述した条件を利用して、具体的な返済期間を確認してみてください。

毎月3万円ずつ返済した場合
例)借入:50万円、金利:18%、返済:毎月2万円
返済期間 ⇒ 19ヶ月

シミュレーション結果から分かるように、少しでも早く返済したいのであれば、毎月の返済額を多めに支払うことが大切です。

毎月の負担は重くなってしまうので、お金に余裕があるときに多く返済するようにしてください。

理想の返済期間から毎月必要な返済額をシミュレーション

〇〇年後までには何とか返済したい…

希望する期間までになんとか完済したいと考えるときにも、返済シミュレーションが非常に役立ちます。

希望する返済期間を入力することで、毎月どれくらい支払っていけばいいのかを簡単に確認可能です。

月々の返済額が安いと返済期間が長引く

こちらも先ほどの条件を利用して、具体的な返済額を確認してみてください。

3年間(36ヶ月)で完済したい場合
例)借入:50万円、金利:18%、返済:毎月2万円
返済額 ⇒ 18,000円

返済額を抑えることで毎月の負担は軽くなりますが、完済までの期間が長引いてしまうのが分かります。

早く完済したい場合は返済額を多く、期間に余裕があるなら返済額を抑えて負担にならないようにするのが最適な方法です。

無理のない返済計画を立てておこう

少しでも無理なく返済していけるように、返済シミュレーションを活用して返済計画を立ててみてください。

完済までの希望期間を設定
毎月最低限必要な返済額を算出
収入から捻出できる金額と比較

上記のフローを参考に進めていけば、月々無理なく支払いながら短期間で完済を目指せます

繰り上げ返済を併用すれば効果アップ

返済計画を立てるだけでも十分安定した利用が望めますが、「繰り上げ返済」を一緒におこなえばさらに利息の節約が見込めます。

繰り上げ返済とは?
毎月の最低返済額より多めに返済することで、借入残高を効率的に減らしていく方法。

利息の節約だけでなく、完済までの期間も短縮していけるので、カードローンを利用する際は必ず実践すべき返済方法です。

返済に注力しすぎると支出のバランスが崩れ、生活に支障が出てしまうので、ボーナスなどの臨時収入があった月にだけおこなうようにしてください。

Q.繰り上げ返済はどうやっておこなう?

Supervisor

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

専用端末やATMから返済できます

店頭窓口はもちろん、専用端末、コンビニなどの提携ATMから、いつでも任意に返済することができます。

事前にご利用の金融機関でインターネットバンキングの申し込みをしておけば、インターネットから振込返済が可能な事業者もあります。

元本を少なくするほど、また、完済時期を早めるほど、利息、ひいては返済総額が減少しますので、約定日の定例返済だけではなく、余裕のある時は積極的に任意返済するよう心掛けましょう。

複数借金がある人は「借り換え」という選択肢もある

無理のない借金返済プランを再検討するのであれば、場合によっては他のカードローンで借り換えする手段も挙げられます。

借り換えとは、複数ある借金をひとつのカードローンで一本化する方法です。

A社 B社 C社
借入20万円
金利18.0%
借入50万円
金利18.0%
借入30万円
金利18.0%
カードローンで一本化
借入:100万円
金利:15.0%

現在の金利よりも低いカードローンで借り換えすれば、毎月の返済負担を軽減できる可能性があります。

返済期間が伸びて利息総額が大きくなる可能性も…

毎月の返済負担は軽減できる可能性はあるものの、その分完済までにかかる期間が長期化するデメリットもあります。

借り換え先によっては利息総額が大きくなり過ぎてしまい、トータルで考えると損をしてしまう可能性もあるのです。

金利が安くなるからと言って、安直に申し込むのは避けましょう

返済シミュレーションを活用してから決めましょう!

カードローンでの借り換えを検討する人は、記事中で紹介した方法で返済シミュレーションしてから決めましょう。

しかし、スマホの電卓機能で計算するのは面倒…そんな考えを持つ方も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、本サイトでは「返済シミュレーション」をご用意しています。金利などを入力すれば、完済までにかかる期間や利息額がすぐに確認可能です。

返済金額を計算

毎月の返済金額を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
完済までの期間 ヶ月

{{ error }}

返済期間を計算

完済までの期間を計算します

借り入れする
金額
千円
金利 %
毎月の返済額 千円

{{ error }}

おすすめの特集ページ

  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る