原付バイクをローンで購入する際に利息を抑える方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

工藤崇

FP-MYS代表取締役社長兼CEO。AFP資格を保有し、Fintech領域のリテラシーを向上させたい個人や、FP領域を活用してFintechビジネスを検討する法人のサポートやプロダクト支援に尽力。

この記事の目次

  1. 原付バイクが欲しいけどお金がない…
  2. 2種類のバイクローンを検討しよう
  3. ディーラーのローンのメリット・デメリットを確認
  4. バイク専用オートローンのメリット・デメリットを確認
  5. ただし審査に通らないといけない
  6. 過去の遅延・滞納は危ない
  7. 足りない分のお金をすぐに用意する方法
  8. まとめ|原付バイク購入する際は目的にあったローンの利用と審査が大事
  9. 最後にカードローンでバイクを購入した体験談を紹介!
  10. ローンではなくバイクを買うお金を貯めたい!そんな時は…

 この記事の内容 
  • 原付きバイクを買いたいけどお金がない…
  • バイクローンを組みたい!方法が知りたい!
  • ローンを組む時、みんなどうしてるの?

アルバイトやパートに通勤する際にどうしても遠くて原付バイクが必要…。または大学・短大・専門学校に通学するために原付バイクを利用したい…。

原付バイクは車や大型・中型バイクと比較すれば安価ですが、それでもある程度まとまったお金は必要です。

手元にお金がない場合に、原付バイクを購入するためにはどうしたら良いのでしょうか?

原付バイクが欲しいけどお金がない…

原付バイクを購入しようと思っている方で、手元に現金がないという場合はどうしたら良いのでしょう。

例えば学生や主婦の方で、パート先への通勤や大学への通学でどうしても原付バイクがないと通いづらいと考える方もいるはずです。

原付バイクを購入するための購入資金が、手元にない時はどうしたら良いのでしょうか?

2種類のバイクローンを検討しよう

通勤、通学にどうしても原付バイクが必要ー。しかし手元に原付バイクを買うお金がない場合は、ローンを使って購入を考えるべきでしょう。

バイクローンは審査や金利等を理解しておけば、お財布に負担なく、原付バイクを購入できます。バイクローンには以下の2種類があります。

バイクローン
ディーラーのローン
自動車・バイク専用のオートローン

上記の通りです。ディーラーのローンとバイク専用ローンには、どちらもメリット・デメリットがあります。ここではディーラーのローンと、バイク専用のオートローンの2つに分けてご紹介していきます。

ディーラーのローンのメリット・デメリットを確認

ディーラーのローンとは原付バイクを購入時に契約ができるローンです。ディーラーが契約している信販会社とローンを組む事になります。

ディーラーのローンのメリット

ディーラーのローンのメリットは、原付バイクを購入したお店で、直接ローンを組むことができ、手間や時間がかからないという点です。確かに、購入するお店でローンを組めれば、スムーズに契約できますし安心感もあります。

ディーラーのローンのデメリット

一方でデメリットは金利が高いという点です。ディーラーでローンの契約をすると、信販会社は店側に金利の数パーセントを納めています。

そのため、必然的にディーラーのローンには、店側の利益が上乗せされているのです。ディーラーのローンの金利手数料は相場として4.0~10.0%が発生します。

もちろんこのメリット・デメリットはディーラー、信販会社によっても金利は異なります。ですが、ディーラーのローンは、手間や時間が省ける分、金利手数料が多くかかってしまうことは事実なのです。

ディーラーのローンのメリット・デメリット

メリット
  • 手間や時間がかからない
デメリット
  • 金利手数料が余計に発生する

バイク専用オートローンのメリット・デメリットを確認

バイク専用のオートローンとは通称で、正式にはマイカーローン呼ばれています。名前の通り、自動車を購入する際のローンですね。
自動車を購入するときに利用できるローンが、原付バイクにも使えるという理解をして頂ければわかりやすいと思います。

オートローンのメリット

バイク専用のオートローンは、前述したディーラーのローンと比較すると、金利が安くなることが一般的です。その理由は、ディーラーへの金利上乗せ分が不要なためです。とにかく、安く原付バイクを購入したいと考える人に向いているでしょう。

オートローンのデメリット

しかし、自分でローンを組む銀行を探す手間や時間はどうしてもかかってしまうので、そういった点を考慮して購入を考える必要があります。

その際には、金利や審査基準等をしっかり自分で理解しておきましょう。

オートローンのメリット・デメリット

メリット
  • 余計な金利手数料が発生しない
デメリット
  • 手間や時間はどうしてもかかってしまう

<ポイント>手間や時間がかかるがオートローンの方が遥かにお得

オートローンの手間や時間について知っておいてもらいたいことがあります。オートローンの金利は2.0~5.0%程が相場です。総返済額でみると、ディーラーローンと比べて10万円安く済むのです。

その為、確かに手間や時間がかかるオートローンですが、その分の価値は十分にあるでしょう。

Q.ディーラーローンとオートローンの違いとは

Kudo

ファイナンシャルプランナー|工藤崇

提供会社が異なるのが大きな違い

ディーラーローンとオートローンは提供会社が異なるのが大きな違いです。ディーラーローンは自動車を販売するディーラーが提供し、オートローンは第三者である信販会社が提供します。後者を扱うのは自動車メーカー系列ファイナンス会社の場合もあります。両者を比較する際は金利と返済条件を比較し、リボ払いや分割払いの有無も必ず確認するようにしましょう。なお、リボや分割は大幅に適用金利が上昇する可能性があるため気をつけましょう。

ただし審査に通らないといけない

ここまでご紹介したとおり、原付バイクを購入する際はローンの使用がおすすめです。ですが、ローンを利用するためには「審査」が必要です。

ではこの審査とはどういったものになるのでしょうか。

審査を通らない場合は、いくら購入したい気持ちがあってもローンの利用はできません。

バイクローンの審査基準

バイクローンの審査では、以下の項目をチェックされます。

バイクローンの審査基準
  • 年齢
  • 勤続年数
  • 勤め先
  • 年収
  • 家族構成
  • ローン・クレジットの利用履歴

ローンを組む際は、安定した収入がなければ利用ができません。フリーターや学生の方であればアルバイト。主婦であればパートがこれにあたります。

「安定した収入」をチェックするために、どのくらい勤めているのか、収入はどのくらいあるのか、という点を確認されています。

審査に通過するためには、ある程度勤務実績が必要になるということです。

保証人については大手が提供しているローン商品であれば、保証会社が保証してくれるため必要ありません。

過去の遅延・滞納は危ない

審査条件の中でも特に注意すべきポイントがあります。それは、クレジットカードやその他のローンにおける遅延や滞納です。

クレジットカードで買い物をして、後日の支払日に遅れが続いてしまったり、ローンを組んでいて滞納し続けてしまうと、信用情報に履歴として残ってしまいます。

銀行や信販会社はローンの審査時に、購入者の遅延・滞納履歴を確認します。過度に遅延や滞納をしていると、審査に落ちてしまうのです。

ですので、しっかりと審査前に自分のクレジットカードやローンにおける利用履歴を認識して原付バイクを購入する必要があると理解しておきましょう。

Q.自分の信用情報の良し悪しはどのうように調査・判断すればいいのか

Kudo

ファイナンシャルプランナー|工藤崇

信用会社のなかには答えてくれることも

ブラックリストに掲載されていない場合でも、信販会社に問い合わせると情報を教えて貰える可能性はあります。ただ、最近は個人情報が厳しく管理される時代です。しっかりした理由が必要となるでしょう。職業や年収条件による差は仕方のない部分があるため、カード支払いを遅らせないなど「可能な対策」をしっかり進めるようにしましょう。

足りない分のお金をすぐに用意する方法

原付バイクを購入する際の選択肢として、金融機関から借入をおこなうカードローンという手段もあります。

カードローンは、専用カードを使って銀行やコンビニATMから現金を借り入れできる金融サービスです。現在、1830万人以上の利用者がおり、国内の10人に1人がカードローンを使っています。

用途自由のカードローン

カードローンとは、どんな支払いに対しても組むことができるローンです。
ATMから現金を引き出し、少しずつ返済していくシステムなので、バイクの購入費に充てたとしても問題ありません。

もちろん、カードローンにおいても厳正な審査が行われていますが、アルバイトやパートとして働いている方であっても問題なくバイクを購入できます。

収入に自信がない方でも大丈夫です

どんなローンを組むにあたっても、一定の収入は必要になるもの。ハードルが高く感じる人もいるでしょうが、カードローンはアルバイトやパートの収入のみでも利用できます。

要するに、毎月一定の収入を継続的に得られているかどうかが重要です。
この点をクリアできているなら、最大で年収の1/3の金額までは用意できるでしょう。

※審査の結果によっては希望通りの借入ができないケースもあります。

消費者金融のカードローンに目を向けてみる

バイクローン以外の選択肢としてカードローンを検討する際は、大手消費者金融のサービスに目を向けてみてください。

もちろん、消費者金融も厳正な審査を行っているので、必ずしもお金を借りられるわけではありません。

しかし、バイクローンと消費者金融のカードローンでは審査の仕組みが違うため、異なる結果がでる可能性は十分にあるのです。

大手消費者金融は成約率を公開しています

大手消費者金融の中には、投資家向けのIR情報として成約率を公開しているものがあります。

例えば、代表的な大手消費者金融のアコムとプロミスの成約率は、以下の通りです。

アコム
新規申し込み数 53,919
新規顧客数 242,008
成約率 44.8%

▶参照元
アコム『DATE BOOK』

バイクローンとカードローンでは審査基準が異なる

もちろん、カードローンを利用するにあたっては、バイクローンと同様に厳しい審査を受ける必要があります。

例えば、

  • 現年収に対して借入希望額が高すぎる
  • クレジットカードなどで長期延滞した
  • 過去に自己破産などの債務整理をしたことがある

…etc

上記のような方は、カードローンの審査にも通過しない可能性が非常に高いです。
しかし、審査の仕組みと通過基準は金融機関や金融商品によって異なります。
よって、バイクローンで審査落ちした人でもカードローンなら利用できるという可能性も十分にあるのです。

アコム
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • すぐお金が必要な方におすすめ
  • 初めてのお借入れにおすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
プロミス
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • スマホでお借入れ可能
  • 20代・30代の方から人気
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
アイフル
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間
  • 内緒で借りたい方におすすめ
  • 銀行振込で借りたい方におすすめ
公式サイト
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

参考記事

カードローン金利の決まり方は?利息計算の仕組みと本当に低金利のサービスを比較

まとめ|原付バイク購入する際は目的にあったローンの利用と審査が大事

原付バイクをローンで購入する際に知るべき審査のポイントについて、ご紹介いたしました。

原付バイクの購入を考えた際に、手元にお金がないという時にはバイクローンを考えましょう。
バイクローンには審査が必要となり、しっかり基準を理解する必要もあります。

また初期費用もすべてローンで組みたいと考えるならカードローンも積極的に考慮しましょう。カードローンであればガソリン代やヘルメット、洗浄用品を購入するお金にも充てることができます。

ぜひ、自分にあった購入方法を検討していください。

最後にカードローンでバイクを購入した体験談を紹介!

すぐ借りたい状況だったYさんが、バイクローンではなくカードローンを利用した体験談を紹介します。

神奈川県在住のYさんのプロフィール

利用者プロフィール

名前:Yさん
住所:神奈川
性別:男
年齢:32歳
職業:会社員
借入金額:7万円
他社借入状況:0件
利用期間:2015年5月~8月の3ヶ月間

利用目的

Yさんは5月にバイクの購入を決めていましたが、購入日に7万円の費用が足りませんでした。そこで7万円をすぐ借りたいと思ったYさんは、アコムのカードローンは審査が早いと評判を聞いていたので、アコムでの借り入れを決めたようです。

 Yさん
6月にバイク仲間とツーリングに行く予定だったので、5月には新しいバイクの購入を決めていました。でも貯金があと少し足りず、7万円だったら利用した経験のあるアコムのカードローンですぐ借りたいと思いました。

こだわったポイント

Yさんがこがわったのはすぐ借りたいというところでした。Yさんは多少金利が高いが、すぐ借りたいという要望に答えてくれる、カードローンにしたようです。

 Yさん
銀行のバイクローンは時間がかかるという評判を聞いたことがあったし、お店がやっているバイクローンはアコムとあまり利息が変わらなかったので、それならすぐ借りられるカードローンを選びました。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

ローンではなくバイクを買うお金を貯めたい!そんな時は…

何とかしてバイクを買うお金を貯めたいという人は、この機会に副業を始めてみるのはいかがでしょうか。スマホが普及している今の時代は、電車内でもベッドの中でも、どこでも副業が可能です。

中でも主婦やサラリーマンに人気なのは「FX副業」です。初期費用は約4,000円から始められて、平日は24時間取引可能、空き時間や移動時間にコツコツとお小遣いを稼ぐ人が増えています。

1日1,000円の利益を出すことができれば、月に3万円の収入になります。また、FXは新しく口座を作る時に「5,000円~50,000円のキャッシュバック」を使えるところがほとんどです。以下を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

▶▶ 毎日コツコツ1,000円の利益を目指す「FX副業」特集

目的ローンに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
ページトップに戻る