必ず借りれる教育ローンはある?ブラックの人が審査に通過して学費を借りるには

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
必ず借りれる教育ローンはある?ブラックの人が審査に通過して学費を借りるには
この記事に関するアドバイザ・編集者

元 銀行員

武藤英次

銀行の支店勤務にて、カードローン(個人向け融資)の申込み受付・審査・管理などを含むあらゆる業務を経験。10年以上の勤続期間中に、延べ10,000名を超える利用者に適切な提案を行った。

マネット編集担当/キャッシングガイド

奥山 裕基

FP資格を有し、カードローン・商品者金融および貸金業に関する豊富な知識を持つ編集者。関連法規(貸金業法・金融商品取引法等)の理解を深めつつ、多数のローン経験者へのインタビューや金融機関勤務経験者へのヒアリングをもとにリアルな情報収集を怠らず、自身も当サイトにおいて1,000本を超える記事を執筆。生活に欠かせない「お金」だからこそ最適な意思決定を支援したいという理念のもとに情報発信を行っている。

check icon

この記事はこんな人向け

  • 教育ローンの審査が不安…
  • 教育ローンの審査に落ちた…
  • 子供のためにもどうしてもお金が必要…

子供の進学や進級に伴ってさまざまな費用がかかるとき、心強い味方になってくれる「教育ローン」。

しかし、過去に長期滞納や債務整理をしブラックリストに登録されている人は、基本的に教育ローンの審査を通過できません。

ブラックリストに登録されている人が教育ローンを利用するための条件や、すぐに学費を用意できる代替策についても、本記事で事前に確認しておきましょう。

この記事の目次

"ブラックリスト"というリストは存在しない

初めに、ブラックリストという言葉について解説しておきますが、実はそういったリストが存在する訳ではありません。

個人の「信用情報」に何らかの問題がある状態を指す際、一般的に使われている言葉です。

「信用情報」とは、ローンやクレジットの利用などの信用取引に関する、過去から現在までの客観的な取引事実を表す情報です。

出典: JICC 指定信用情報機関 株式会社 日本信用情報機構

過去に事故を起こしている人は要注意

結論から申し上げますと、何らかの理由で信用情報がブラック化している人は、教育ローンの審査を通過できません。信用情報に「異動」の記録がある場合は、返済能力を懸念されるためです。

これまでに長期滞納や債務整理などの大きなトラブルを起こした人は、信用情報に「異動」として記録が残ってしまいます。

たとえば、61日以上の滞納や任意整理や自己破産などをした際に、異動情報が登録されます。住宅ローンやマイカーローンだけでなく、クレジットカード代金や携帯本体料金の分割払い等も対象です。

残念ですが、信用情報に「異動」の記録がある人は、教育ローンの申込を見送ったほうがいいでしょう。

なお、これは教育ローンだけに限った話ではなく、すべてのローンを利用する際に言えることです。

教育ローンが組めるようになるタイミング

信用情報がブラック化したら一生ローンが組めない、という訳ではありません。

実は、信用情報に記録されている金融取引情報は、一定期間が経過すると自然に消える仕組みになっています。

金融事故情報が消えれば利用できる可能性あり

過去に長期滞納や債務整理などの金融事故を起こしていたとしても、ある程度時間が経過している場合はすでに信用情報がクリアになっているかもしれません。

信用情報から金融事故に関する記載が消えていれば、教育ローンを組める可能性はあります。

信用情報がクリアな状態に戻るまで5~7年

とはいえ、信用情報がクリアな状態に戻るまでには5年から7年かかります。

例外もありますが、基本的には完済してから年数がカウントされる仕組みなので、自分が思っている以上に時間がかかるかもしれません。

金融事故の内容にもよりますが、数カ月で回復するようなものではないことを念頭に置いておきましょう。

ブラックかもしれない人は自分で確認してみる

現状、自分の信用情報がどうなっているのか分からない人も多いのではないでしょうか?

そんなときは、教育ローンに申込する前に信用情報の開示申請をおこなってみてください。手数料として1,000円ほどかかりますが、信用情報の状態を正確に把握できます。

もしかしたら、あなたの金融事故に関する情報はすでに消えているかもしれません。

【ここがポイント】多少のトラブルでは即ブラックにならない

信用情報の開示申請をおこなう前に、あなたが本当にブラックなのか簡単に振り返ってみてください。

確かに、信用情報がブラック化してしまった人はローンを組めませんが、実のところ大したトラブルは起こしておらず、自分をブラックだと思い込んでいる可能性もあります。

まずはセルフチェック
クレカの強制解約を経験していない
スマホ代を一括請求されていない
賃貸の部屋から追い出されていない
自分自身、債務整理したことがない

全てにチェックがついた場合、あなたの信用情報はブラック化していないかもしれません。

信用情報に問題なければ教育ローンを再検討しよう

教育ローンを検討されている人の中には、「過去のトラブルでブラック化している」と思い込んでいるケースも少なくありません。

信用情報がブラック化してしまう程の金融トラブルを起こしていないのであれば、教育ローンを利用できる可能性があるでしょう。

該当する人は、再度教育ローンへの申込を検討してください。

1|教育一般貸付 (国の教育ローン)

教育ローンを検討するのであれば、まずは日本政策金融公庫の「教育一般貸付」を検討してみてください。

入学金、学校納付金などの入学費用や、授業料、通学費などの在学費用など、幅広い用途で融資してくれる国の教育ローンです。

公式サイトはこちら

2|JAバンクの教育ローン

全国各地に展開するJAバンクの取り扱う教育ローンも、知名度も高く安心感があります。

現在はJAネットローンというサイトが設けられており、お近くの店舗に来店することなく、仮審査を受けることが可能です。

まずはインターネット上で仮審査を受けてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

3|イオン銀行の教育ローン

最近では、実店舗を持たないネット銀行の取り扱う教育ローンも人気です。

たとえば、イオン銀行の教育ローン。金利も低めに設定されているので、借入後の利息負担もある程度軽減できるでしょう。

公式サイトはこちら

元 銀行員|武藤英次

教育ローンは、決められた用途以外には利用できません

教育ローンを利用出来る場合に気をつけるべきなのは、資金使途の確認が厳格におこなわれるということです。融資の実行と同時に学校へ振込をおこなうか、領収書の提出が義務付けられていることがほとんどですので、教育ローンの資金を他に流用するといったことは一切できません。

必ず借りられる教育ローンは存在しない

紹介した教育ローンは確かに利用しやすいものの、所定の審査を通過しなければいけません。

必ず借りられる」「絶対に借りられる」などを謳うインターネット上のサイトを安易に信用しないようにしてください。

実際にこういったサイトを見てみると、教育ローンではないカードローン等を紹介している場合がほとんどです。

お得な金利なだけに審査は慎重におこなわれる

教育ローンのように低金利で高額な貸付をおこなうサービスは、融資側にとってリスクが高くなります。

ローンの金利が低くなる程、融資する側の利益率が低下するのは言うまでもありません。万が一、借入主が返済困難な状態になってしまったら、貸し倒れてしまう可能性もあるのです。

このようなリスクを踏まえると、金利が低くなる分だけ審査はより慎重に実施されていると考えるのが一般的でしょう。

審査を通過できなかった人がいるのも事実

信用情報がブラック化していなかったものの、申込後の審査を通過できなかったケースがあるのも事実です。

これまでの金融取引に関する情報だけでなく、他要素に何らかの問題があれば、残念ながら教育ローンを組むのは難しいでしょう。

教育ローンが組めなかったときの対処法

申込後の審査を通過できなければ、入学金などのまとまったお金を工面できません。

万が一、教育ローンが組めなかった場合どうすればいいのか頭を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか?

対処法1|身内に相談してみる

教育ローンの審査を通過できなかった人は、身内に相談してみてください。

借入できなかったことを正直に説明すれば、入学費用や在学費用など、金銭的な手助けをしてもらえるかもしれません。

身内の名義で教育ローンを組んでもらえないか検討する人もいるかと思いますが、基本的には親、もしくは子ども本人でなければ利用できませんのでご注意ください。

対処法2|信用情報の回復を待つ

金銭的な援助を相談できるような人がいない場合、信用情報の回復を待つしかありません。

各種ローンの返済やクレジットカード代金等の延滞

信用情報機関 登録期間
CIC 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC 契約継続中及び完済日から5年以内
KSC 契約期間中および契約終了日から5年以内
(完済していない場合は完済日)

サービスの強制解約や債務整理等

信用情報機関 登録期間
CIC 契約期間中および契約終了後5年以内
JICC 当該事実の発生日から5年以内
KSC 破産手続開始決定等を受けた日から7年以内

上記のように、信用情報の登録期間は金融事故によって変動します。

信用情報が原因で教育ローンが組めなかったとすれば、一定期間が過ぎるのを待つしかありません。

対処法3|カードローンを検討する

貯蓄する時間はない、身内にも頼れない、そんな状況の人には、教育ローンではなく、カードローンを使って借入する選択肢もあります。

カードローンの場合は、借入するために保証人を立てたり、土地を担保に入れたりする必要はありません。

もちろん、審査を通過しなければいけませんが、金融機関ごとに基準は異なるので借入できる可能性はあります。

審査が早いカードローンを利用すれば、最短で今日中にお金を借入できます。

具体的には、最短3分~20分で審査結果が出るカードローンがおすすめです。このようなカードローンは、カードレスや銀行振込などのサービスが充実しています。

今日中にお金が必要な人でも、安心して利用できるでしょう。

プロミス│30日間無利息が初回借入日の翌日から適用

プロミスで新規契約する人は、30日間の無利息期間が適用されます。※

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

30日間の無利息期間は他の消費者金融にもあるサービスです。しかしプロミスの場合、初回借入日の翌日から30日間無利息が適用されます。

つまり、プロミスなら契約から数日後に借入した場合でも、無利息期間を最大限に活用できるということです。後日教育資金が必要になる場合や、今後に備えて契約だけしておきた人にも候補となるでしょう。

プロミスは、WEBやスマホアプリで申込を完結すれば、最短3分の即日融資が可能です。申込から契約、借入や返済までスマホアプリ1つで完結するため、より早くお金を借りられます。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコム│利用者数は176万人超えと多い

アコムは「はじめてのアコム」といわれるように、多くの人から選ばれています。

2024年2月時点でアコムの利用者数は176万人を超えており、他社よりも多くなっています。

大手消費者金融 2024年2月の契約者数
アコム 176万人超え
プロミス 158万人超え
アイフル 123万人超え

そんなアコムですが、WEBで申込を完結すれば最短20分で借入が可能です。契約後は、スマホATMや銀行口座への振込でお金を借りられます。

スマホATMとは、スマートフォン1つあればコンビニATMにて借入や返済ができるサービスのこと。アコムの場合、全国のセブン銀行ATMにてスマホATMを利用できます。

銀行口座への振込で融資を受ける場合は、振込手数料がかかりません。振込先を楽天銀行に指定する場合は、利用日時を問わず最短10秒で振込してもらえるため、急な資金不足にも対応できます。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフル│99.7%の人が在籍確認の電話連絡なし

アイフルは、申込者のうち99.7%の人が在籍確認の電話連絡なしで審査が進んでいます。そのため、土日祝日など勤務先の休業日に申込した場合でも、スムーズに審査を進めてもらえます。

そんなアイフルですが、WEBやスマホアプリで申込を完結すれば最短20分で借入が可能です。毎日21:00まで営業しているため、即日で借入したければ遅くとも20:30頃まで申込を済ませましょう。

アイフルには女性専用のカードローン「SuLaLi」もあり、女性が申込しやすい環境が整えられています。

女性専用ダイヤルも完備されているため「家計をうまくやりくりできず教育資金が不足する」「旦那には内緒にしてほしい」など、女性特有の悩みにも親身に対応してもらえます。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

教育ローンを利用できないときに関するよくある質問

Q.教育ローンを利用できない要因は何ですか?
申込者の信用情報に何かしらの問題があると、教育ローンを利用できない可能性が高くなります。たとえば、60日以上滞納したり、債務整理をおこなったりすると信用情報に傷が付きます。信用情報に何かしらの問題があると、ブラックと呼ばれる状態になり、金融サービスを受けられません。
Q.ブラックだと教育ローンは利用できませんか?
ブラックと呼ばれる状態は、5~7年で解消されます。ブラックである状態を解消できれば、教育ローンを利用できる可能性があります。
Q.自分がブラックかどうか確かめる方法はありますか?
自分がブラックかどうかを確かめるには、信用情報機関に情報開示を実施してください。信用情報機関には、利用者の金融取引履歴が保存されているため、自分がブラックかどうかを確かめられます。

まとめ

信用情報がブラックリスト化しても教育ローンを組めるのか、金融事故や登録期間について解説していきました。

check icon

この記事のポイントまとめ

  • 信用情報に問題がある人はローンが組めない
  • 5~7年間経過すれば信用情報は回復する
  • 必ず借りられる教育ローンはない
  • どんなローンも厳正な審査を行っている
  • 教育ローンが組めなかった人は適切な対処法を選ぶ

結論としては、信用情報に何らかの問題があれば、どんな教育ローンでも審査落ちしてしまいます。該当する人は、残念ですが申込を見送りましょう。

どうしてもすぐに教育資金を工面したければ、消費者金融のカードローンを検討してください。なかでもプロミスアコムアイフルといった大手消費者金融であれば、最短3〜20分でお金を借りられます。

当然、審査を受けなければなりませんが、カードローンと教育ローンの審査基準は異なります。教育ローンを利用できなかった人でも、消費者金融のカードローンなら、審査を通過できるかもしれません。

まずは各社公式サイトにある事前診断ツールを利用して、簡易的な審査結果を確認してはいかがでしょうか。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る