楽天カードキャッシングの提携ATMと申し込みから借り入れまでの流れ

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

この記事の目次

  1. 楽天カードのATMキャッシングは利便性が良い
  2. 楽天カードキャッシングができる提携ATMは?
  3. 楽天カードキャッシングのメリット・デメリット
  4. 楽天カードキャッシングを利用するために
  5. 楽天カードキャッシングが向かない場合には他の方法を検討できる
  6. カードローンにも審査があるため注意が必要
  7. まとめ

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 楽天カードでキャッシングしたい
  • キャッシングするのに手続きは必要?
  • どこのATMなら使えるの?

度重なる出費の連続で今月の生活がカツカツ。このような場合、楽天カードキャッシングで乗り切る方法があります。

しかしまだ利用したことがない人の中には、どのATMなら使えるのか、どうやっても申し込むのか分からない人もいるでしょう。

今回は、そんな楽天カードキャッシング(クレジットカードのキャッシング枠)の申し込み方法からATMで借り入れするまでの流れを解説します。

楽天カードのATMキャッシングは利便性が良い

楽天カード・キャッシング
カード年会費 永年無料
利用資格者 20歳以上
金利 最大18.0%(年率)
遅延損害金 20.0%(年率)
利用可能額 1~90万円
返済方法 一括払い/リボルビング払い
返済期間 一回払いは60日以内。リボ払いは30万以下で最長3年、100万以下は最長5年。
※上記記載の情報はキャッシングに関するもので、ショッピング利用のものではありません。ご注意ください。

普通の利用で還元率1%で楽天ポイントが貯まり、1ポイント=1円として利用できます。加えてECサイト楽天市場や、その他楽天グループと提携するお店で買物をすると、ポイントが倍増する優遇も受けられるためおトクです。

便利な楽天カードですがお買い物だけなく、ATMにカードを挿入してお金を直接借りられます。そのため、"どうしても現金が必要"。このような場合に利用されています。

国内外の提携ATMで現金の借り入れができる

楽天カードは全国で多くのATMと提携しています。お近くの銀行やコンビニATMなどでも借りられるので非常に便利です。楽天カードのロゴステッカーが貼ってあれば、そちらのATMで利用できます。

また楽天カードは海外でのキャッシングも可能です。海外のキャッシングでは、現地の通貨で直接借りられて、両替する手間がかかりません。チップの支払いやローカルな交通機関等、現金が必要になるシーンでは有効活用できるでしょう。

楽天カードキャッシングができる提携ATMは?

楽天カードのキャッシングは様々な金融機関・コンビニATMで利用できます。

 楽天カード提携ATM 
主な金融機関ATM
三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・イオン銀行など
主なコンビニATM
セブン銀行ATM・ローソンATM・ファミリーマート(E-net)など

上記記載の金融機関以外にも、様々な金融機関と提携しています。まずはお近くの金融機関が提携していないか確かめてみると良いでしょう。また金融機関・コンビニによってATMの稼働時間が異なるため、こちらも予め確認しておいてください。

楽天カードでATMキャッシングをする手順

キャッシングと聞くと難しそうなイメージを持ちますが、キャッシング枠のある楽天カードが手元にあれば、簡単な操作で便利に借入れをすることができます。
国内のコンビニATMで借入するまでの操作手順を下記にまとめましたので、確認しましょう。

  1. ATMに楽天カードを挿入
  2. 画面の「ご出金(借入)」をタッチ
  3. 暗証番号を入力⇒確認ボタン
  4. 借入金額入力⇒確認ボタン
  5. 返済方法選択(一括払いorリボ払い)
  6. カード・明細書を受け取り
  7. 現金受け取り

借入金額に関しては、少額借入を希望していても、1万円単位でしか借りられません。借入はなるべく必要最低限にしましょう。

キャッシング時にかかる手数料

国内・海外の提携ATMで借入をする際は、金額に応じてATM手数料がかかります。

お借り入れ金額 ATM利用手数料
1万円以下 108円(税込み)
1万円超 216円(税込み)

1万円超えの場合は、なんと216円かかってしまいます。何度も利用すると手数料で損をするので、予め自身の必要な金額を見積もって利用しましょう。

キャッシングの返済方式の違い

ATMでキャッシングする際は、一括払いかリボ払いか、返済方式を選択します。

 返済方法 
一括払い
毎月の締め日(毎月月末)の翌月27日に、ご利用金額に利息を加えて金額を一括返済します。借入時にATMで一括払いを選択しても、後からリボ払いに変更可能です。
リボ払い
利用金額や借入回数に関わらず、毎月一定の金額を支払う返済方式です。借入日翌日から返済日までの利息が、返済金額の中に含まれています。

すぐにまとまった金額を返済できる場合は一括払いを、金銭的に余裕がない場合はリボ払いで毎月着実に返済していきましょう。いずれの返済方法にしても、毎月27日にあなたの銀行口座から引き落とされます。返済日前に必ず、残高が足りているか確かめておきましょう。

Q.リボ払いの特徴は?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

毎月の支払は楽になる。一方で・・・

リボ払いを使うと、利息を含んだ定額を毎月支払うことになりますので、利用金額に比べて、毎月の返済金額は安く、自分でコントロール出来ていることからも、返済は楽に感じられます。しかし一方で、月々の返済に占める利息の割合が高く、元本が減りませんので、返済は長期化します。長期化するということは、それだけ利息の支払いも多くなりますので、最終的は支払総額は多くなります。

楽天カードキャッシングのメリット・デメリット

普段から楽天カードを利用している人は、キャッシングも楽天カードを利用することで手間が省けるのがメリットでしょう。

メリット
・お手持ちのカードをそのまま利用できる
・ショッピング利用とまとめて返済できる

デメリット
・借り入れが1万円単位
・ATMでの返済に対応していない

便利な楽天カードですが、借り入れは1万円~であるため、「借りすぎないか心配」という人もいるでしょう。

「借り入れが1万円単位」で、返済は「銀行引き落とし」であるため、例えば、3千円使う場合は、1万円を借りて残りは7千円を銀行口座にとっておく必要があります。資金管理の面で不安な人は少々向かないかもしれません。

楽天カードキャッシングを利用するために

楽天カードでのキャッシングができるかどうかは、入会申込時にキャッシングの申請をしたかで変わります。この際に何もしていないと、キャッシングは利用できません。

まずは、楽天e-naviのマイページにログインしてください。そちらの「お支払い(ご利用明細)」というページに「キャッシングご利用可能枠」が記載されています。確認をしてみて利用可能額が0円と記載されている場合は、キャッシング機能が設定されておらず、新たに申し込みが必要です。

キャッシング枠を設定をしましょう

楽天e-naviを確認してみて「キャッシングご利用可能枠」が0円だった場合は、キャッシングの申し込みをしましょう。同ページの「ショッピング・キャッシング枠の増額」から申請してください。
この際、申し込みに必要な期間が経っていない場合や、そもそも条件を満たしていない場合はエラーと表示されます。何か不明点がある場合は、専用のダイヤルにお電話ください。

自動音声専用ダイヤル(無料)0120‐30‐6910
⇒24時間年中無休
コンタクトセンター(有料)0570‐66‐6910
⇒営業時間9:30~17:30

キャッシング申し込み後に審査を受ける

楽天カードのキャッシングの申し込み後、審査が行われます。
この審査では、カードの利用履歴や収入状況が確認され、これを元に楽天はキャッシング利用の可否を判断するのです。もしこの審査に落ちてしまったら、キャッシングはできません。

また場合によっては、収入証明書が求められます。その際は直近の給与明細書や確定申告書を提出しないといけません。

楽天カードキャッシングが向かない場合には他の方法を検討できる

楽天カードの特徴を振り返ってみて、どうも自分には合わないと感じた人は別の解決策を考えてみましょう。
楽天カードでキャッシングをするよりも効率よくキャッシングできる可能性があります。

使い勝手の良いカードローンを利用する

カードローンはキャッシングに特化したサービスで、楽天カードのキャッシング機能と本質的には変わりありません。

大手カードローンであれば、多くの金融機関やコンビニATMと提携しているため、使い勝手も良いと言えるでしょう。
申し込み手続きにかかる時間が短く、最短1時間でキャッシングすることも可能です。

返済に関しても利便性が高い

カードローンは、返済に関しても利便性が高いと言えます。楽天カードの返済は、自動引き落ししか対応していませんが、大手カードローンであればATMでの返済も自動引き落しも対応しています。

そのため、お金を返済日までに使わずにいられるか不安。早く返済したいという方でも安心です。

カードローンにも審査があるため注意が必要

カードローンは効率よくキャッシングできる便利な側面もありますが、楽天カードキャッシングと同様に、審査が行われます

審査基準は各社によって異なりますので、無職や、各種ローンの支払い延長などの金融事故を起こしたことがあるなど、特別な事情がない方は審査に通る可能性がありますので、申込んでみることをおすすめします。

おすすめのカードローンはこちら

多くのATMと提携しており、利便性が高いカードローンは、「プロミス」と「アイフル」です。
この2社に関しては、借り入れが千円単位のため、「楽天カードの1万円単位での借り入れが不安」という方でも安心です。
また、2社とも30日間利息がかからないサービスもあるため、短期で借りたい人はぜひ活用しましょう。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利 4.5~17.8% 審査時間 最短30分
限度額 最大500万円 融資時間 最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利 3.0~18.0% 審査時間 最短30分
限度額 最大800万円 融資時間 最短1時間
コンビニ

※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

楽天カードでのキャッシングは、普段から利用している人にとっては、手間がかからずおすすめです。多くの金融機関・コンビニのATMと提携しているため、利便性が高いと言えるでしょう。

しかし借り入れ単位が1万円~であり、返済は自動引き落としのみという点は、人によっては向かないかもしれません。返済に関して少々不便に感じる方は、別の解決策も考えてみましょう。

おすすめカードローン
プロミス 金利 
限度額
審査 
:4.5~17.8%
:最大500万円
:最短30分
アイフル 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

クレジットキャッシングに関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る