オリコ教育ローンの審査に落ちる人の5つの特徴と審査落ちした場合の解決策

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

この記事はこんな人向けです
  • オリコ教育ローンって?
  • 審査に通るか不安…
  • 審査に落ちたらどうすればいい?

教育ローンで、子供を大学や専門学校に通わせようと考えている人は多くいます。

学歴を付けるのも、手に職を付けるのも、子供の未来のことを思えば高くない投資のはずです。

しかし、オリコ教育ローンの審査は必ず通過できるものではありません。

子供の教育にかかるお金とは…

子どもにかかる教育費は、公立か私立かで大きく変わります。

幼稚園から大学まで全て公立なら、教育にかかる費用の合計は約800万円といわれています。

一方で、幼稚園から大学まで私立に通った場合、教育費の合計は2000万円を超えるでしょう。

仮に大学で医学部に入った場合は1年で1000万円かかる大学もあり、大学に入るための塾の費用なども含めると、その金額は膨れ上がります。

日本はまだまだ学歴社会

教育にお金がかかるとはいえ、子供のためを思えば大学に進学させてあげたいと考える親は多くいます。

日本はまだまだ学歴社会です。中には、就活の際に大学名で足切りをする企業もあります。

社会に出たら自分の責任で生きていかなければなりません。

そのために、「子供が苦労しないように」と思うのが親心でしょう。

オリコ学費サポートプランの概要

オリコ教育ローンは、大学・専門学校などと提携した教育ローンです。

入学金や授業料、教材費などの学納金を保護者の代わりにオリコが学校へ支払い、保護者は分割払いでオリコに返済していくというシステムになっています。

学校に自動で振り込み

オリコが自動で学校に振込をしてくれるので、安心かつ確実に教育機関への支払いが行われます

お金を借りて、それを教育機関に支払うという行程だと、手数料が無駄にかかる可能性も考えられ、さらには支払いを忘れてしまうというミスも起きかねません。

その点で、学校に自動で振込をしてくれるオリコのサービスは非常に魅力的といえます。

返済プランが選べる

学費サポートプランは月額指定払方式です。

利用合計額(残高)における月々の最低支払額以上の金額(1,000円単位)を指定することができます。

以下が、利用残高と最低返済額の対応表です。

利用残高金額の合計 毎月の返済金額
10万円以上~50万円以下 6,000円以上
50万円超~100万円以下 12,000円以上
100万円超~150万円以下 18,000円以上
150万円超~200万円以下 24,000円以上
200万円超~250万円以下 30,000円以上
250万円超~300万円以下 36,000円以上
300万円超~350万円以下 42,000円以上
350万円超~400万円以下 48,000円以上
400万円超~450万円以下 54,000円以上
450万円超~500万円以下 60,000円以上

上記の範囲で定められた最低返済額から1000円ずつ希望に合わせて、返済額を上げることができます。

また、返済方法も以下の中から選ぶことが可能です。

返済方法
  • 通常返済
  • ステップアップ返済
  • 一部繰上返済
  • 親子リレー返済

在学中は分割手数料のみを返済すればいいステップアップ返済や、在学中は親が返済・卒業後は子供が返済する親子リレー返済など、利用者の都合に合わせた返済方法を選ぶことができます。
<

一般的なローン審査に落ちる人の5つの特徴

利便性に優れたオリコ教育ローンですが、利用できるのは審査に通過した人だけです。

審査に通過できる基準が明かされていないので、オリコ教育ローンで審査落ちしてしまった人が、なぜ審査に否決されたのかを知ることはできません。

しかし、一般的なローンの審査落ちの要因は以下の5つに絞ることができます。

審査落ちの要因1|虚偽申し込み

ローンの審査は、申し込みフォームに記載する情報を基に行われます。

多少の入力ミスならば、修正を求められる程度で、すぐに審査落ちに結びつくわけではありません。

しかし、明白に虚偽の申し込みだと判断できるような場合は、詐欺の可能性が高いと認定され、その段階で審査に落ちてしまいます。

※ここに注意※
勤めている会社に関する虚偽は必ずバレます
以前まで勤務していた会社を申告したり、架空の社名で申込んだりしても、その嘘は必ずバレます。
このような嘘は不正な申し込みと判断され、審査落ちするだけでなく二度と申し込み直せなくなる恐れもあります。

審査落ちの要因2|安定していない収入

安定した収入は、返済能力を審査する上で非常に重要なポイントです。
具体的には、

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

といったポイントをチェックされます。

特筆すべきは勤続期間です。高収入を得ている人でも、転職して間もない状況では、安定性が低いと判断され、審査に落ちてしまう可能性があります。

審査落ちの要因3|多すぎる他社借入

ローンの審査は、融資を希望している人の銀行やカードローンからの借入状況も確認します。

借入件数や借入金額が多いと、返済能力が無い多重債務者であると判断され、審査に落ちるでしょう。

特に、年収の半分以上のお金を借りていたり、4社以上から同時にお金を借りている場合、審査を通過することは難しいといえます。

審査落ちの要因4|複数社への同時申込

借入件数以外にも、他社への申込件数も審査落ちする要因となります。

同時に何件申し込んだら審査に通過できない」という詳しい情報は公開されていませんが、1ヶ月以内で4社以上に同時に申し込んでいる人は、審査に落ちる可能性があります。

同時に何件も申し込んでいる人は、かなりお金に困っていると思われ、返済能力が疑わしいと判断されるからです。

審査落ちの要因5|過去5年間に生じた金融事故 

ローンの審査は、以前に行われた金融取引も信用情報で確認します。

信用情報の中に目を引く「金融事故情報」があると、返済に対する態度に問題があるのではないかと判断され、審査落ちします。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。


審査落ちした場合の解決策

オリコ教育ローンの審査に落ちてしまったからといって、子供のためにも解決策を見つけなければなりません。

主な解決策として考えられるのは以下の通りです。

解決策
  • 国の教育ローン
  • 民間の教育ローン
  • 奨学金
  • カードローン

それぞれ特徴があるので、確認していきましょう。

国の教育ローン

国の教育ローンは、日本政策金融公庫が提供している教育一般貸付のことです。

最高で350万円まで借入することができ、金利も年率1.81%とかなり低く設定してあります。

年率1.81%の固定金利なので、長期的な返済を考えている人にとって、かなり優れた教育ローンです。

民間の教育ローン

オリコではない、他の会社の教育ローンもあります。

メガバンクや地方銀行など、教育ローンを提供している金融機関は少なくありません。

しかし、オリコ教育ローンで審査落ちしたとなると、他の民間の教育ローンの審査も通る可能性は低いと言わざるを得ません。

可能性はゼロではありませんが、他の手段を考えた方が無難でしょう。

奨学金

奨学金で大学や専門学校に通う人は多くいます。

しかし、教育ローンと異なり、奨学金の申し込みは学生本人がしなければなりません。また、申し込みも教育ローンはいつでもできるのに対して、奨学金は年1回4月にしか申し込みできません。

奨学金は返済が卒業後から始まるのに対して、教育ローンは借りた翌月から始まります。

「自分の責任で、自分のお金で進学をしたい」・「自分のお金で進学しなければならない」という人は、奨学金の方が適しているのかもしれません。

年収によってはカードローンも有効な手段

年収によっては、カードローンもオリコ教育ローンの代わりになります。ただし、カードローンは貸金業法の総量規制というルールで、年収の1/3までしか融資をすることができません。

 総量規制とは

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

例えば、必要な資金が100万円だとしたら、『年収300万円以上』は必要ということです。
▶▶▶『100万円を即日融資した人が使ったカードローン4選』

Q.カードローンって安全ですか?

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

計画的に利用すれば安全です

カードローンはATMからお金を借りることができルため、他のローンと比べて自由なローンです。
しかし、自由であるがために無計画にお金を借りていると、気づかぬ間に限度額が一杯になっていることも珍しくありません。
その後は返済だけが待っていますので、生活はむしろカードローン利用前よりも大変になってしまいます。
このため、「何に使うのか」「いつ返済できるのか」の計画を立てて利用すればカードローンは便利で安全です。

生活費の不足分としても利用できる

カードローンは、教育ローンと異なり使用目的が自由なので、学校に支払う学費だけでなく、1人暮らしを始める人は家具や家電などを揃えるためにも利用できるのです。

例えば以下のような物にも使えます。

カードローンの利用目的
  • ノートパソコン
  • 教科書のお金
  • 実家への帰省費用

学費の足りない分の補填や、日々の生活費の不足分を補うような使い道がおすすめです。何かの時のために、保険として持っておくと役に立つときが来るかもしれません。

プロミス

金利 4.5~17.8%
融資時間 最短1時間
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
ご契約時には、以下2種類の書類をご用意ください。
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 給与明細などの収入証明書類
公式サイトはこちら
※.お申し込みの時間帯によっては翌営業日の対応となります。
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。
※.身分証は顔写真付で現住所の記載があるものが必要です。
※.収入証明書は、利用限度額が50万円を超える場合もしくは他社借入れとの総額が100万円を超える場合に必要です。

アコム

金利 3.0~18.0%
融資時間 最短1時間
借入・返済
できる場所
コンビニの提携ATM
ご契約時には、以下2種類の書類をご用意ください。
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 給与明細などの収入証明書類
公式サイトはこちら
※.お申し込みの時間帯によっては翌営業日の対応となります。
※.現状の年収が確認できる書類であれば、源泉徴収票・確定申告書類等の写しも提出できます。
※.身分証は顔写真付で現住所の記載があるものが必要です。
※.収入証明書は、利用限度額が50万円を超える場合もしくは他社借入れとの総額が100万円を超える場合に必要です。

まとめ

子供にかける教育費は、未来への投資です。

社会に出てから困らないように、子供が納得できるような進学を応援するべきでしょう。

オリコ教育ローンは利便性に優れた教育ローンですが、利用できるのは審査に通過した人のみです。

もし、審査落ちしてしまっても諦めずに他の手段を模索しましょう。

国の教育ローンや・民間の教育ローン・奨学金・カードローンなど、他にも手段はあります。

目的ローンに関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る