審査が甘いと評判の大手消費者金融に申し込んでみた結果【実録】

2017年04月21日更新

Samune01

消費者金融の審査は厳しくないの?甘いところで借りたい!

どうしてもお金を用意したい
でも本当に借りられるか不安…
できれば審査なんて受けたくない

消費者金融(サラ金)でお金を借りようと思っても、審査が不安で仕方がない。
通過できる自信がないし、せめて甘いところに申し込みたい…。正直言って、そう思いますよね。

安心してください。流石に無条件で借りられるところはありませんが、審査が厳しくない消費者金融はここでしっかり紹介します。

実際に多くの人が消費者金融の審査に通過している

消費者金融は「踏み倒されるリスク」を少しでも減らすために審査を行います。そのため「返済する能力が無い人」は借り入れできませんが、そうでなければ審査は怖くありません。

実際に審査をクリアして借入している人は国内に1,040万人いて、実に全日本人の10人に1人が消費者金融を利用しています(参考:日本信用情報機構JICC『各種統計データ』)。

特に以下2社は、利用者数は業界トップクラス。つまり、最も審査に通る可能性が高いカードローンなのです。

商品審査のカンタン
利用者数
詳細
アコム
★★★★★
(4.8)
142万5,000人
アイフル
★★★★☆
(4.4)
69万4,000人

甘いか厳しいかは「利用者の体験談」から判断できる

いくら多くの人が通過できていても、やっぱり「審査が厳しいかどうか」の確証を得たい。そういった方は、ぜひ実際に審査を受けた人の体験談を見て判断してください。

特に、収入や信用情報に不安を抱えていた人の体験談は、非常に参考になります。

マネットでは消費者金融利用者Yさんから話を伺いました

675a83f1568623ea18d69eb0381c17b7 s

審査に通過する最低条件をしるために、マネットでは実際に消費者金融を利用したYさんからお話を伺いました。
Yさんのプロフィールは、以下の通りです。

Yさんのプロフィール

☑年齢:26歳
☑年収:280万円
☑借入希望額:10万円
☑収入証明書:用意せず
☑借入経験:なし
☑申込期間:2社とも1ヶ月以内に申し込み

どうしても確実にお金を用意したかったYさんは、「審査に通過できるかどうか」を基準に消費者金融を探していました。

消費者金融の審査で重要なポイント1
安定した収入

収入が安定していない人は、借入できません。この点の確認が甘いと踏み倒される可能性が高くなるので、年収や雇用形態、勤続期間はしっかりと確認されます。

Yさんの場合

Yさんの勤続期間は短い
非正規雇用として働いている
勤務先の規模が小さい

消費者金融の審査で重要なポイント2
クリアな信用情報

信用情報とは、クレジットカードの支払いを含めた「金融取引」に関する記録です。
本当に審査が甘いなら、どんなトラブルがあってもお金は借りられるでしょう。しかし、実際は大きなトラブルがあれば融資を受けられません。

Yさんの場合

Yさんはカードローンを使ったことがない
クレジットカードを滞納して利用停止になったことがある
家賃や公共料金の支払いには遅れがち

このように、Yさんは「収入状況」と「信用情報」にそれぞれある程度の不安を抱えていました。
Yさんが選んだ申し込み先はアコム・アイフルの2社ですが、果たして審査結果はどうだったのでしょうか?

アコムの場合

最初にYさんが申し込んだのは、アコムです。アコムは即日融資に強みがある消費者金融ですが、審査を受けた印象はどうだったのでしょうか。

借入申し込み方法と条件

方法:ネット申し込み
借入希望額:10万円
提出した書類:免許証
申し込んだ曜日:水曜日

審査結果:通過(所要時間:1時間05分)

アコムに申し込んでから30分経過した時、結果通知が無いことからYさんは「あ、落ちたかな」と不安になったそうです。

しかし、申し込みから50分後にアコム担当者から電話があり、その15分後に届いたメールは「合格」となっていました。
初のキャッシングにして、Yさんは消費者金融の審査に見事通過できたわけです。

審査時間の詳しい内訳は、以下の通りです。

審査時間

合計審査時間:1時間05分
11:50 申し込み(所要時間5分)
12:40 担当者から電話(所要時間10分)
12:45 職場に電話連絡(所要時間1分)
12:55 審査結果メール受信(所要時間:なし)

アコムから提示された条件

アコムから提示された条件は以下の通りです。

☑借入限度額:50万円
☑金利(実質年利):18.0%

希望額の5倍にもなる限度額が付き、Yさんも本心では驚いたと言います。時間がかかったために厳しい審査が行われていると感じていたYさんですが、結局は多少時間がかかっただけでした。

Yさんの感想

正直、やっぱり楽に感じましたよ。だって、小さなベンチャーの契約社員でも受かっちゃったわけですから。
しかも2時間もせずにキャッシングできたわけですし。

公式サイトへ

アイフルの場合

アコムの次にYさんが申し込んだのは、アイフルです。アイフルはここ数年で成約率を大きく伸ばしており、審査が不安な人にとっては特に申し込みやすいカードローンと言えるでしょう。

しかし、Yさんはこの時点ですでにアコムを契約しています。果たして、 無事に審査は通過できるのでしょうか?

借入申し込み方法と条件

方法:ネット申し込み
借入希望額:10万円
提出した書類:免許証
申し込んだ曜日:金曜日

審査結果:通過(所要時間:1時間45分)

すでにアコムと契約していたので、Yさんは更に時間がかかることを覚悟していました。
総量規制のことを考え、契約できたとしても限度額は少額になることも覚悟したそうです。

しかし、結果は1時間45分での「通過」。アコムには及ばないものの、十分スピーディーでした。
当日にYさんがとった行動と時間は、以下の通りです。

審査時間

合計審査時間:1時間45分
14:00 申し込み(所要時間5分)
14:55 担当者から電話(所要時間10分)
15:15 職場に電話連絡(所要時間:1分)
15:45 審査結果通知メール受信(所要時間:なし)

アイフルから提示された条件

アイフルから提示された条件は以下の通りです。

☑借入限度額:50万円
☑金利(実質年利):18.0%

何と、アコムと全く同じ金利・限度額が提示されたのです。やはり消費者金融の審査は厳しくないのでしょうか?

もちろん、それは違います。ポイントは、Yさんが1円も借入せずに2社申込んだということです。

与信があるだけでは、個人信用情報に「借入金額の記録」が残らないため、どの消費者金融でも年収の1/3までは限度額がつく可能性があります。
たとえば、アコムから限度額一杯借入をしていたら、少なくとも50万円の限度額はつかなかったでしょう。

Yさんの感想

正直、消費者金融ってどこもこんな感じかな?って思いました。だって、合計100万分の限度額ですよ。
2社目はさすがにキツいかなーと思ってましたが、こっちもイケました。

公式サイトへ

アコム・アイフルなら即日融資もできる

ちなみに、今回Yさんが申込んだアコムとアイフルには、即日融資がしやすいという魅力もあります。

クレカの支払い日前なのにお金がない…
家賃の引き落としがあるのに残高不足…
今日中に10万用意しないと…

そういった緊急でお金が必要というときにも、今回紹介した大手消費者金融2社なら余裕で対処できるでしょう。

口座振込・ATMキャッシング、どちらで即日融資する?

即日融資には、口座振込ATMキャッシングの2つ方法があります。 残高不足で困っているなら口座振込が、現金がなくて焦っているならATMキャッシングが役立ってくれるでしょう。

ただし、審査が終わった時間によっては必ず「ATMキャッシング」が必要になります。そしてそのためには、無人契約機でのカード発行もしなくてはいけません。

申し込みが早ければキャッシング方法を選べるので借りやすいですし、即日融資もしやすくなります。早めにお金を用意したいなら、今すぐにでも申し込みを進めた方が良いでしょう。

即日融資について詳しくはこちら

申し込みが正確だと即日融資の成功率もUPする

1点だけ注意していただきたいのは、申し込むフォームは正確に記入する必要があるということです。氏名や住所、勤務先情報、年収などに誤りがあると、情報の修正に時間を取られてしまいます。

あまりにも間違いが多ければ、最悪の場合で審査落ちもあり得るでしょう。
確実に審査を通過し、即日融資をしたいのであれば、なおさら申し込みは正確に行ってください。
その点にだけ注意しておけば、消費者金融の審査は決して怖くありません。

さっそく申し込む

結局借りやすい(利用しやすい)消費者金融の条件とは?

ここまで消費者金融の審査について解説してきましたが、結局どの消費者金融が利用しやすいのか気になっている人もいるはずです。

どの消費者金融も審査を受けなければいけないので、容易に借り入れできるというわけではありませんが、あるポイントに注目すれば自分にとって一番借りやすい(利用しやすい)カードローンがわかってきます。

ポイント:無人契約機が自宅から最も近いこと

今回紹介した消費者金融は、どの会社も無人契約機を全国に設置しています。無人契約機の台数にはばらつきがありますが、重要なのは最も自分の家に近い無人契約機をチェックすることです。

例えば無人契約機むじんくんが自宅付近にあるなら、最も利用しやすいのはアコムということになります。
無人契約機が近ければ、それだけ今日中にカードを受け取るのが楽になるからです。

無人契約機の位置はGoogle mapでも確認できるので、ぜひチェックしておいてください。

【まとめ】審査が甘いわけではないが利用しやすい

今回は大手消費者金融2社に借入を申し込んだYさんの体験から、その審査が厳しいのかどうかを検証してみました。
Yさんの話を伺った結果、事実として以下のようなことがわかりました。

与信があっても借入していなければ限度額は限りなく高くなる
収入証明書がないから50万円になった
初回契約時の金利(実質年利)は上限金利が適用される

今回はどの消費者金融でも、審査には3時間以上かかっています。その間にアコムやアイフルはYさんの属性をスコアリングしたり、信用情報の照会をしたりしていたのでしょう。

審査の工程を全て行っていたと考えるのが自然なので、審査が甘いというわけではないようです。
しかし審査が甘いわけではなくても、ちゃんと働いていて信用情報に問題がなければ、消費者金融は十分利用できます。

甘い消費者金融にこだわって探している人は、ぜひとも思い切って大手消費者金融に申し込んでみてください。

※今回紹介した消費者金融一覧

特徴から探す

低金利で借りられるカードローン徹底比較
この記事に関するキーワード

審査が早いカードローンに関する記事

RSS

注目の特集

ページトップに戻る