お金貸してくださいと困っている人は必見!個人融資掲示板を使わない方が良い理由

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

本田光一

2014年より中堅消費者金融に入社。一般消費者向けのローンを中心に専門家として幅広い知識を身に着け、2015年には貸金業務取扱主任者試験に合格。その後は経験を積みながら実績を残しつつ、不動産担保ローンの領域でも活躍。現役の貸金業務取扱主任者として、無理のない返済計画を意識した業務に取り組んでいる。

「インターネット掲示板」
「Twitter」
「ダイレクトメール」
ネット上には、あらゆる手段で「お金を貸してください」とSOSを発している方がいます。

しかし、どのような方法でも、会ったこともない人に金銭的な助けを求めることは危険です。

この記事の目次

  1. 個人融資掲示板を使わざるを得ない人
  2. 個人融資掲示板の実態
  3. お金を貸してくれる掲示板の5つの被害
  4. 闇金に手を出すと生活が脅かされる
  5. 個人融資掲示板の利用を検討する前に自分の状況を確認する
  6. 信用情報に問題がない場合は大手消費者金融機関を利用する
  7. お金を貸してほしいと言われた場合の断り方
  8. まとめ

個人融資掲示板を使わざるを得ない人

個人融資掲示板を利用する人は、どのような人なのでしょうか。

お金を借りる方法はいくつかありますが、その中で個人融資掲示板に辿り着くということは、何か理由があるはずです。

個人融資掲示板を使わざるを得ない状況は、2段階に整理することができます。

段階1|家族や友人に借りられない

「お金貸してください」と思ったときに、真っ先に思い浮かぶのが家族や友人に借りるという方法でしょう。

金融機関から借りるのと異なり、利息の支払いをしする必要がなく、面倒な手続きも要りません。

しかし、家族に借りる場合は、心配をかけるというデメリットがあります。友人に借りる場合は、友情関係にヒビが入るかもしれないという危険性もあるのです。

また、お金に困っていると、家族や友人に知られてしまうという気恥ずかしさもデメリットの1つと考えられるでしょう。

「誰にも迷惑をかけたくない。」「誰にも知られたくない。」という思いから、この方法を選択できない人が多いのかもしれません。

段階2|金融機関で借りられない

家族や友人に借りられない。そのような場合、次に思いつくのが金融機関からの融資でしょう。

方法としては、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンなどが一般的です。ただし、これらの金融機関からの融資を受けるためには、審査を通過しなくてはなりません。

その審査に際に問題となるのが信用情報です。

信用情報とは
信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

出典: CIC『信用情報とは』

この信用情報に問題があると、審査を通過できないため、契約できません。個人融資掲示板を利用しようと考える人は、家族や友人も頼れず、金融機関から借りられる自身がない人が利用してしまう傾向があると言えます。

個人融資掲示板の実態

個人融資掲示板はインターネット上に多く存在しますが、その実態はどのようなものなのでしょうか。

どのような人が利用していて、どのように犯罪の被害に合うのか。その実態を紹介していきます。

実際の書き込み例

掲示板を実際に確認すると、「自分の周りの人には、迷惑をかけたくない。」「お金に困っていることを家族や友人に知られたくない。」「金融機関は利用できるか分からない。」そのようなときに、掲示板で「お金貸してください」と融資してくれる人を見つけようとしています。

名前
都道府県 希望金額
生活費と支払いの為どうしても必要です。
返済は分割で5~6回位で考えてますが、必ず返済します。
出来れば今週中に必要なのでご相談乗って頂ける方いらっしゃいましたら
どうかよろしくお願いします。
◯◯◯@~~~~

名前
都道府県 希望金額
生活費に困ってて 今日中に必要なので 貸していただきたいです。
29日には、全額必ずお返しできるので。

名前
都道府県 希望金額
急遽、出費があり5万円程足りません。
来月の10には必ず返します。
ある程度の利息もお加え下さい。。
宜しくお願い致します。

このような書き込みが1つのサイトだけで10万件以上あり、その書き込み数は常に増加しています。

中には、「お金貸してください!なんでもします!」というような、切迫している書き込みもあり、このような人が犯罪の被害に遭っているのです。

メールかLINEでやりとりをする

書き込みに記載されているメールアドレスやLINEのIDにメッセージが届き、個人の間で金利や返済期間などの交渉をします。

実際は、アフィリエイトや広告のURLが入ったメールであったり、必要以上に個人情報を聞いてきたりと、まともな交渉ができる確率は非常に低いです。

良心的にお金を貸してくれる人はいない

家族や友人からお金を借りることができない。信用情報に問題がある可能性があるので、金融機関から融資を受けることが出来ない。このような人にとって、個人融資掲示板は唯一の希望のような存在に見えるでしょう。

しかし、闇金融や悪質業者の格好の餌食となりやすいのが、そのように切迫していて選択肢の限られている人なのです。

追い込まれれば追い込まれるほど、人は冷静さを失います。絶対に怪しいと普段なら思える内容でも、切迫していて選択肢の限られている状況だと信じてしまう危険性があるでしょう。

お金を貸してくれる掲示板の5つの被害

個人融資掲示板の被害の一例は、以下の通りです。

被害の一例
  • 先振込み詐欺
  • 個人情報が売られる
  • 女性は性犯罪に巻き込まれる可能性がある
  • アフィリエイトへの誘導
  • 貸主が実は闇金融

目に見えない被害は注意しても防ぐことが難しいでしょう。個人情報などを勝手に売買されていても、それを感知する方法と防ぐ方法が無いからです。

被害1|先振込み詐欺

先振込み詐欺とは、信用できるか確かめるなどと言って、先にお金を振り込ませて、そのまま融資をせずに逃げる詐欺のことです。

例えば、「お金を貸しても大丈夫か確かめたいので、お金を5万円ほど振り込んでください。振り込みが確認できたら、10万円を口座に振り込まさせていただきます」。このようなことを言ってお金をだまし取る詐欺が、先振込み詐欺です。

騙している側が不安を装うことで警戒心を下げるのが狙いかもしれません。冷静に判断をすれば詐欺だと疑えそうなものですが、お金の問題で切迫している状況だと騙されてしまう人が多くいます。

被害2|個人情報が売られる

信用したいからと、個人情報を散々聞かれた挙句、お金は借りることができないという被害もあります。

例えば、「本人か確認したいから運転免許証の写真を送ってほしい」や「連絡が取れなくなると怖いから電話番号を教えてほしい」のように、不安を装って、個人情報を手に入れようとしてくるのです。

その個人情報は、個人情報を売買する業者に情報として売られます。

個人情報はその後、闇金業者などの非合法な業者に流れ、自分の携帯電話に融資の誘いが頻繁にかかって来たり、運転免許証に記載されていた住所にチラシが次々と届くようになるのです。

お金を借りれたとしても、個人情報が売られている可能性もあり、それに気づけるのは被害が発生した後で、電話番号を変えたり、引っ越しをして住所を変更するなど、手間とお金をかけない被害の完全な改善はできません。

被害3|女性は性犯罪に巻き込まれる可能性がある

個人融資掲示板を女性が利用した場合、卑猥な写真や動画を強要されたり、性的な行為を融資の条件にされることもあります。

断ったとしても、それまでに個人情報を教えてしまっていた場合、ストーカーのように連絡が来たり、後ろを付け回されたりといった危険な犯罪に発展することも珍しくありません。

卑猥な画像や動画などを送ってしまうと、リベンジポルノのような事件に発展する危険性もあります。一度、インターネット上にアップされてしまうと一生消えることが無いといっても過言ではありません。

被害4|アフィリエイトへの誘導

アフィリエイト目的のためにメールを送ってくるという場合もあります。アフィリエイトの仕組みは、アフィリンクが設定されたURLから商品の申し込みが行われると、報酬が支払われるというものです。

アフィリエイト目的の場合は、カードローンやクレジットカードの申し込みへ誘導してきます。しかし、信用情報に大きな問題を抱えている人の場合は、そのURLから申し込みをしても審査に通過することは絶対にありません。

つまり、申し込むだけ申し込ませておいて、借りられなくても向こうに損はないような金儲けの仕組みになっているのです。

このアフィリエイト目的のメールは犯罪ではありません。しかし、悪質な行為には変わりないので注意しましょう。

被害5|個人だと思っていたが実は闇金融

まともにやり取りをしていたが、実は貸主が闇金融だったというケースは多いようです。闇金融は騙すプロなので巧妙に安心させて、違法な金利で取引をしているのでしょう。

闇金融を見抜くためには、金利(年率20%以上) に注目してください。闇金融の金利は法律を無視しているので、年率20%を遥かに超える金利を提示してきます。

いかなる場合でも、利息制限法という法律により、年20%までしか金利は上がらないということは覚えておきましょう。

闇金に手を出すと生活が脅かされる

闇金融に一度手を出してしまうと、以下のような被害が発生する可能性があります。

  1. 借り入れの容易さをアピールして集客
  2. 少額を貸付て暴利を貪る
  3. 貸付後数日で取り立て開始
  4. 本人以外の近親者にも及ぶ取り立て
  5. 同業者に個人情報を横流し

闇金は、「審査がない」「誰でも借りられる」と甘い言葉で利用を勧めてきますが、一度使ってしまうと上記の流れの様に、自分だけでなく周囲にも悪影響を及ぼます。さらに、個人情報を別の違法業者に流されてしまうため、お金の問題を解決することが難しくなります。
金融庁「違法業者の手口及びその被害」

金融庁が行っている闇金への注意喚起

闇金融の被害は、毎年発生していて、金融庁からも注意喚起が行われています。

 金融庁からの注意 
登録の有無を確認してください
貸金業を営む者は、主たる営業所等の所在地を管轄する財務局長又は都道府県知事の登録を受けなければならないこととなっています。借入れをする場合には、当該業者の登録の有無を確認し、登録の確認ができない業者からは、絶対に借入れしないで下さい。
なお、無登録でありながら架空の登録番号や別の登録業者の登録番号を詐称するなどして貸金業務を行っている会社名をPDF公表していますのでご確認ください。

金利が合法か確認してください
出資法で定める上限金利は年20%です。これを超える利息は出資法違反となり罰則の対象となります。借入れの際には、利息が年20%を超えていないかどうか確認してください。

万が一被害に遭ったら記録をとってください
万が一、違法な高金利の請求や悪質な取り立ての被害にあった場合には、お金の借入れ・返済の状況がわかる契約書又はその他資料や業者とのやり取りの録音データなど犯罪行為を立証するための証拠を残しておくことが必要です。

個人融資掲示板の利用を検討する前に自分の状況を確認する

「前に申し込んだローンで審査落ちの経験がある」
「過去に一回クレジットカードの支払いが遅れた」
「公共料金の支払いを滞納した」

上記のような経験から「自分は信用情報に大きな問題があるかもしれない」と思っていませんか?

しかし、それは思い込みの可能性もあり得ます。個人融資掲示板を利用する前に、本当にブラックなのか確認しましょう。

確認方法1|専門機関で情報を開示する

自分の信用情報に傷があるか確かめるには、信用情報機関に情報開示を請求しましょう。

情報開示請求は手数料が1000円かかりますが、スマートフォンやPCで簡単に行うことができます。

詳しい手順は以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

確認方法2|セルフチェックで確認する

「信用情報を確認するのが面倒」「どうせブラックだし、1000円もかけたくない」。

そのような人は以下の項目で、ブラックリスト入りするような問題を起こしていないかチェックしましょう。

以下の経験がないかセルフチェック
カードローンの返済で3ヶ月以上遅延した
クレジットカードの支払いが長期間遅れた
携帯端末の分割払いで長期間滞納した
家賃の支払いで滞納した(保証会社を通す場合)
カードローンの強制解約をされた
借金返済ができなくて債務整理した

1つでもチェックがついた人は、信用情報に傷がついている可能性が高いでしょう。逆にチェックがつかなかった人は、信用情報に大きな傷がついていない可能性があります。

マネットに寄せられた口コミを紹介

Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.6
40代 /女性 /職業: 派遣社員 /年収: 100-299万円 /目的: 趣味・娯楽

アコムで審査落ちした後他の消費者金融でも否決になった

私が審査に落ちたのは、どうやら家賃の滞納経験が理由だったようです。家賃の滞納も審査に悪影響らしいので、普段からしっかり管理した方がいいです。

利用したカードローン アコム
借入金額 0万円 金利 年0.0%
審査時間 覚えてない 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 審査の容易さ、口コミ・評判
Face

ユーザー評価

full star
full star
full star
full star
half star
4.6
40代 /男性 /職業: 会社員 /年収: 300-499万円 /目的: 趣味・娯楽

アイフルは早めに返済すると利息が節約できるのでお得

過去に債務整理をしており、その影響か大手のローン会社は審査が通りませんでした。アイフルは独自の独立した審査体制を取っているという噂をきいていたので、決めました。

利用したカードローン アイフル
借入金額 10万円 金利 年18.0%
審査時間 覚えてない 借入事実の把握 誰も知らない
重視した点 借入スピード、会社の知名度・信頼性

信用情報に問題がない場合は大手消費者金融機関を利用する

個人融資掲示板の利用は危険です。信用情報に問題がないとわかった場合は、アコムやプロミスといった大手消費者金融のカードローンを利用しましょう。

大手消費者金融であれば、安心かつ安全にお金を借りることができます。申込した日に融資を受けることができ、金利も最大で年18.0%と個人融資より安全に利用ができます。

また、大手消費者金融のカードローンならではのメリットもあります。

Q.大手消費者金融は安全ですか?

Img 8529

貸金業務取扱主任者|本田光一

安全です。違法な利率、取り立て等を行う業者は限りなく0に近いといえます。

闇金を見極める方法として、まずその名前の会社が都道府県の貸金業者登録がされているか確認することが必要です。登録がされていない場合ほぼ間違いなくその業者は闇金と判断して良いでしょう。闇金と融資、返済という通帳上の関係を持ち、それが金融機関(銀行など)に把握された場合、最悪の場合口座が凍結され引き出し・預け入れといったことが出来なくなってしまう可能性もあります。

大手消費者金融のメリット

今すぐにお金を借りたいという人は、スピードと安全性に定評のある大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

アコムやプロミスといった大手消費者金融に共通するメリットは、主に以下の2点があります。

 消費者金融のメリット 
審査が早いので今日・明日中に借りられる
消費者金融は最短30分で審査結果を通知しており、よほど遅くに申込まなければ、申し込んだ当日中の借入も難しくありません。
30日分の利息をゼロ円にできる
一部の消費者金融は「無利息期間サービス」を提供しており、初回限定で30日分の利息をゼロ円にできます。

おすすめの消費者金融カードローン

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短30分

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 公式サイト参照
融資 最短即日

SMBCグループの会社。
WEB完結なら電話連絡なし。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

お金を貸してほしいと言われた場合の断り方

周囲の人から、お金を貸してほしいとお願いされることがあるかもしれません。
急に言われて間違った対処をしてしまうと、今後の人間関係に大きな亀裂が入ってしまう可能性も考えられるでしょう。

ここからは、反対に周囲の人から「お金貸してほしい」と言われた場合の対処法をご紹介します。

親にお金を貸してほしいと言われたときの断り方

親に「お金貸してほしい」と言われると、育ててもらったし助けてあげなきゃという気持ちになるかもしれません。しかし、お金が必要な理由を聞かずに、お金を貸すべきではありません。

例えば、ギャンブルなどの理由で「お金貸して」と言われた場合、一度貸してしまうと何度も繰り返す可能性があります。

そのような場合は、何度も無心される可能性があるので、お金を貸さないとはっきり伝えたほうが良いでしょう。

友達にお金を貸してほしいと言われたときの断り方

友達に「お金貸して」と言われた場合、友達同士でお金の貸し借りはしたくないときっぱりと断ってください。

「以前、お金を貸して関係性が壊れたことがある」などと、痛い目にあって友達を無くしたことがあるというエピソードを交えることで、「友達なのに…」という反論をさせないようにしましょう。

その上で、一緒にお金を工面する方法を考えてあげてください。「お金は貸せないけど、頑張って」では、友情関係が壊れかねません。あくまでも、あなたのことは大切だけど、お金は貸したくないというスタンスを貫きましょう。

しつこい場合は連絡を断つ

「お金貸して」という連絡がしつこい場合、一度連絡を断つのも1つの方法です。
一度断ったのにしつこく「貸して」と迫ってくる場合、押せば借りられると思っている可能性があります。

本当に貸したくない場合、その意思表明として連絡を断つのも1つの方法といえるでしょう。

まとめ

個人融資掲示板の利用は非常にリスクが高いです。実際に、お金を貸してくれる掲示板で犯罪の被害にあっている人もいます。

「自分は絶対に大丈夫」。そう思っている人でも犯罪に巻き込まれる危険性は0ではありません。また、金融機関からお金を借りるよりも損をする可能性は非常に高いでしょう。

もし、信用情報に問題がなければ、大手消費者金融を利用しましょう。
大手消費者金融が難しい場合は中小消費者金融を利用するのも、ひとつの手段と言えるかもしれません。

おすすめの特集ページ

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る