CIC・JICC・JBAといった信用情報機関の違いと信用情報を開示する方法|メリット・デメリットも解説

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

審査に落ちないか不安...

カードローンやクレジットカードに申し込みをする際に、気になるのが審査です。心当たりがある人は、審査落ちしないか不安に感じる人もいるでしょう。

今回は、CICJICCといった信用情報機関の特徴と信用情報を開示する方法について解説します。

この記事の目次

  1. 審査が不安だから信用情報を確認したい...
  2. CIC・JICC・JBAで取り扱う情報が違う
  3. 信用情報の開示する方法とは?
  4. 信用情報に問題があるかどうかセルフチェックしてみてください
  5. CIC・JICC・JBAに関するよくある質問
  6. 信用情報に問題がなかった方へ

審査が不安だから信用情報を確認したい...

カードローンやクレジットカードに申し込みをする前に、誰しもが不安に感じるのが審査の結果です。

延滞や遅延でブラックになっている気がする
ローンやクレジットカードで審査落ちした

上記のような経験がある人は、自分の信用情報に傷があり、これからローンに申し込みをしても落ちてしまうのでは?と感じている人もいるでしょう。

基本的に異動情報があると審査に通らない

異動情報とは、ネガティブ情報とも呼ばれており、主に延滞といった返済でのトラブルがあると、信用情報に「異動」の文字が記載されます。この異動情報は、金融機関に対して、返済能力に問題がある人へ融資をしないように注意喚起を行なう役割を果たしているのです。

異動と記録されるケース
  • 支払いに61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延した
  • 支払いを滞納して保証会社が代わりに支払いを行った
  • 長期延滞による強制解約をされた
  • 返済困難になり債務整理で借金を減らした

異動情報がついてしまうと、今後クレジットカードの発行やローンの申し込みをする際に、審査に落ちてしまい利用ができないのです。

CIC・JICC・JBAで取り扱う情報が違う

信用情報機関は、CIC・JICC・JBAと全国に3箇所あります。
どれも似たような機関で、結局何が違うのかと疑問に思う方もいるでしょう。

しかし、各信用情報機関ごとに加盟する金融機関も違い、取り扱う情報も異なるのです。

指定信用情報機関CIC
CICは、主に消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)で登録された信用情報を取り扱っています。信用情報機関の中で最も信用情報を管理しているのがCICです。そのため、まず情報を開示するのであれば、CICから開示するのが良いでしょう。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

日本信用情報機構JICC
JICCは、消費者金融や銀行など幅広い金融機関が加盟しており、信用情報機関の中では加盟数が多いのも特徴です。銀行に関しては、メガバンクは加盟しておらず、ネット銀行や地方銀行が中心となっています。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から1年
自己破産・個人再生・任意整理|5年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

全国銀行協会JBA
JBAは、銀行を中心に加盟する信用情報機関です。メガバンクや地方銀行、ネット銀行が加盟していますが、消費者金融や信販会社は加盟していません。その他にも信用金庫やろうきんといった機関も加盟しています。
信用情報の保有期間
延滞|延滞解消から5年
自己破産・個人再生|10年
申し込み|6ヶ月
契約・借入・返済|5年

各信用情報機関、信用情報を保有する期間が異なります。自分が返済の際にどのようなトラブルを起こしたのか、トラブルを起こしてからどれくらいの月日が経過したか振り返りましょう。

加盟している金融機関が違う

信用情報機関ごとに、加盟している金融機関は異なります。

金融機関 CIC JICC JBA
アコム ×
プロミス ×
アイフル ×
JCB ×
オリエントコーポレーション ×
クレディセゾン ×
セディナ ×
三井住友銀行 × ×
三菱UFJ銀行 × ×
みずほ銀行 × ×
横浜銀行 ×
千葉銀行 ×
楽天銀行 ×
auじぶん銀行 ×
オリックス銀行 ×
SBI新生銀行レイク ×

注意していただきたいのが、申し込みをする金融機関が別に保証会社を立てている場合です。

このような場合、信用情報はカードローンを取り扱う金融機関と、審査を担当する保証会社により情報が登録されます。この金融機関と保証会社の加盟する信用情報機関が異なる場合、2つの信用情報機関から信用情報を開示しないと正確な情報は得られないと言えるでしょう。



※信用情報開示の際は、各金融機関の公式サイトを確認して保証会社を確認してください。

信用情報の開示する方法とは?

信用情報を開示する方法は、信用情報機関によって様々ですが、主に以下の方法があります。

信用情報を開示する方法
  • 窓口で開示する
  • 郵送で開示する
  • インターネットで開示する

信用情報機関と聞くと、しっかりとした機関だから手続きも信用情報機関まで足を運ばないといけないのではと感じるかもしれません。しかし、パソコンやスマホを使い、インターネットで簡単に開示をすることができます。

信用情報を開示する手順と手数料

信用情報の開示方法は様々ありますが、WEB上やアプリといったインターネットでの開示方法は、誰にもバレず簡単です。ここでは、CICに着目して、信用情報の開示手順を解説します。

利用前に環境をチェック

自身のインターネット環境が、開示に必要な環境を満たしているか確認しましょう。また、カード番号や申し込み時に記載した電話番号を確認してください。

受付番号の取得

契約時に登録した電話番号(携帯電話・固定電話)から、連絡をして受付番号を取得してください。※電話番号:0570-021-717

WEB上で受付番号を入力

お近くのCICに電話をして取得した受付番号を入力します。「スマートフォンでの開示を行なう」というボタンを押し受付番号を入力してください。この際に、使用したカードの番号も入力する必要があります。

信用情報の開示

以上の手続きを行なうと、信用情報の開示ができます。パスワードを入力して信用情報を開示しましょう。

CICやJICCでの開示は、基本的に1,000円の手数料がかかり、窓口で開示をする場合にのみ500円となります。なお、JICCの開示にはスマホアプリのインストールが必要になります。

また、JBAに関して、開示は郵送のみとなっており、手数料は一律1,000円となっております。

CICの信用情報を確認する際は、主に入金状況の欄を確認しましょう。

表示 内容
請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
P 請求額の一部が入金された
R お客様以外から入金があった
A お客様の事情で、お約束の日に入金がなかった(未入金)
B お客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因が分からない
請求もなく入金もなかった※
空欄 クレジットカード会社から情報の更新がなかった※

※クレジットの利用がない場合の記号

この入金状況が悪いと、返済状況の欄に異動と記載されます。各金融期間によって、明確な基準は決まっていませんが、A・B・Cといった返済の遅延に関する情報があると異動となってしまうでしょう。

情報開示のメリットは誤情報の修正ができること

情報開示するメリットは2つあります。

情報開示のメリット
  • 信用情報を確認できる
  • 誤った情報があれば修正してもらえる

収入が安定していて、申し込み条件は満たしているのに、なぜか審査落ちしてしまう。

そのような人は、もしかしたら信用情報に誤った情報が残っているのかもしれません。

延滞・滞納していない場合は開示の必要はない

過去にクレジットカードの支払いを延滞滞納した記憶がない人は、クレヒスを開示する必要性は全くありません。

審査落ちの原因の多くは、支払いの延滞・滞納による信用情報の傷だからです。

一方で過去にクレジットカードの支払いを長期にわたって滞納していたという覚えがある人は、信用情報を確認すべきといえます。

過去の滞納の状況次第では、信用情報でブラックという扱いを受けているかもしれません。

誤った情報を修正してもらえる

過去に支払いを滞納してブラックリストに追加された人も、完済から5年間でその記録は消えます。

しかし、完済から5年以上経過しているのにも関わらず、審査落ちしてしまった。このような場合は信用情報に誤った情報が残っている可能性があります。

誤情報が残っているということは極めて稀なことですが、もし誤情報があれば修正を求めることができるので、情報開示をするメリットは十分にあるといえます。

情報開示のデメリットは手数料がかかること

クレヒスを開示をする方法は以下の3種類あります。

クレヒスの確認方法
  • インターネットで開示
  • 郵送で開示
  • 窓口で開示

インターネットもしくは郵送でクレヒスを開示すると1000円、窓口で直接クレヒスを開示すると500円の手数料がかかります。

しかし、高くても1000円で自分の審査落ちの可能性を測れると考えれば、この手数料を払う価値はあるでしょう。

信用情報の開示は本人でないと請求することができない

個人の信用情報はプライバシー配慮のため、本人でないと開示請求を行うことができません。

たとえ配偶者であっても本人の委任状がないと開示請求を行うことができないため注意しましょう。

窓口やインターネットを利用しての開示請求なら家族に知られる心配もない

開示請求を行う際、家族や身近な人に開示請求をしていることが知られたくない場合には、信用情報機関からの郵送物が自宅に届いて怪しまれることがないように、インターネットや窓口での開示請求を行うと良いでしょう。

窓口での手続きであれば、足を運ばなければいけない手間はかかりますが、ほかの方法と比較して手数料が安いため、おすすめです。

信用情報に問題があるかどうかセルフチェックしてみてください

まずは、以下のチェックリストをご覧ください。

審査前のセルフチェック
過去5年間にクレカが強制解約になった
過去5年間にスマホ・携帯が利用停止になった
奨学金の一括請求がきた
借金問題を法的に解決した

いかがでしょうか?1つも心当たりがないなら、あなたの信用情報は問題ない可能性が高いです。

ちなみに、公共料金の支払いは信用情報と無関係なので、光熱費等を滞納していても信用情報に影響ありません。

審査が不安な人は「成約率」に注目

審査に通るか不安な人が注目すべきは「成約率」です。

上記の通りですが、成約率とは、新規で申し込みをした人で、実際にお金を借りられる人の割合を表した数字です。

この数字が高ければ高いほど、審査に通りやすいと考えてください。

業界では成約率が「40%」を超える成約率を誇る金融機関は、非常に優れていると言われています。

審査が不安な人は、実際に通過している人の多いカードローンを選びましょう!

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

CIC・JICC・JBAに関するよくある質問

Q.CIC・JICC・JBAの違いは何ですか?
CIC・JICC・JBAは、所属している金融機関が異なります。具体的には、CICとJICCはクレジットカード会社と消費者金融が所属しており、JBAは銀行のみを扱っています。
Q.CIC・JICC・JBAは情報の保存期間が異なりますか?
CIC・JICC・JBAでは保存される情報の期間が異なります。CICとJICCでは、最長5年間情報が保存されますが、JBAでは最大10年間になります。
Q.CIC・JICC・JBAは情報開示ができますか?
いずれの信用情報機関も情報開示が可能ですが、方法が異なるため事前に確認しましょう。また、情報開示をする際には、500円~1,000円の費用が必要です。情報の開示方法によって金額が異なるため注意してください。

信用情報に問題がなかった方へ

信用情報に問題がなかった方は、改めてカードローンやクレジットカードに申込むことを検討しましょう。

お金を借りるのであればカードローンとなりますが、実際に申込むとなると審査への不安は残っているでしょう。

審査が不安な方は、マネットの「簡易診断」をご利用ください。

正式な審査ではありませんが、借入できる可能性があるカードローンをご提案します。

条件を入力する

年齢
職業
ご本人の年収 万円
借入残高 万円

おすすめの特集ページ

信用情報機関に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る