日専連カードの厳しい審査に落ちた3つの理由と今日中にクレジットカードを作る方法

この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

 この記事はこんな人向けです 
  • 欲しいものがあるけど、正直高い
  • 百貨店によく行くし、東武カードを作ろう
  • え!?審査に落とされた!

日専連カードの審査に落ちた…

日専連カードの基本情報
国際ブランド JCB・VISA・Master Card
年会費 無料
支払い日 末日締め・翌月27日払い

利用額に応じてスマイルポイントがたまり、還元率も良いため、ポイントがたまりやすい日専連カード。入会時の特典も多様で、魅力的なサービスが多くあります。

しかし、利用にあたっては審査が行われ、落ちてしまうと日専連カードは利用できません。

日専連カードはスコアリング審査を行っている

日専連カードの審査は、スコアリングという方法を用いて行われています。
スコアリング審査とは、申込者の職業、所得、家族構成等の属性に点数をつけ、その点数の合計によって審査結果を決める方法です。日専連カードでは統計データを基にした自動的なスコアリング審査を行っているので、スピーディーに結果が出ます。

 スコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

審査は誰でも通るわけではない

クレジットカードの審査は誰でも通過できるものではありません。一般的には「支払いに決して遅れない人物である」ことが必要であるとされています。

日専連カードは厳正な審査を行っているため、収入が安定していなかったり、過去に金銭のトラブルを起こしてしまった方は審査落ちしてしまう可能性もあります。

あなたが日専連カードの審査に落ちた3つの理由

この記事を読んでいる方の中には恐らく、申込みはしたが残念ながら審査に落ちてしまったという方もいるでしょう。

日専連カードは審査基準を公表しておらず、審査落ちの理由も教えてはくれないため、審査に落ちた正確な理由を知ることはできません。
ただし、一般的にクレジットカードの審査に落ちる理由は次の3つに絞ることができます。

審査に落ちた理由1:収入が安定していないと思われた

第一に、申込者の収入が不安定であると思われたことが考えられます。
前述したように、クレジットカードの審査を通過するためには「支払いに決して遅れない人物」である必要があるため、日専連カードを利用するためには安定した収入を得ている必要があります。

正社員かつ高収入である必要はありませんが、無職の方はもちろん、パート・アルバイト勤務の方、場合によっては自営業の方は、やや不利になってしまう可能性があります。

審査に落ちた理由2:過去5年以内にお金のトラブルを起こした

クレジットカードの審査では、申込者の信用情報が必ず確認されます。
信用情報とは、クレジットやローン等の申込みや契約に関する情報のことで、過去のクレジットやローンの支払状況等の情報が記録されています。

その中に、過去に起きた長期間の支払滞納などのトラブルが一つでも記録されていると、クレジットカードの審査には必ず落ちてしまいます。信用情報の登録期間は長くても5年であるとされているので、過去にトラブルを起こした方は長くても5年間はクレジットカードを作ることができません。

審査に落ちた理由3:申し込み内容に大きな誤りがあった

申込み内容に不備があると審査に落ちてしまうことがあります。
収入は安定しているし、過去5年の間に金銭トラブルも起こしていないにもかかわらず審査に落ちてしまう場合は、このことが原因になっている可能性があります。

例えば、申込書の字が汚すぎて読めなかったり空欄が多かったりすると審査落ちしやすくなるため、申込書は丁寧に間違いがないか確認しながら記入するようにしましょう。

審査日数が長引いている人は基準ギリギリ

審査の結果が出るまでに時間がかかっている場合、担当者の目視によるマニュアル審査が行われている場合があります。

マニュアル審査とは、申込みの情報に不備がある場合や、その他の調査が必要な場合に、人の手で行われる審査のことです。

その場合、本人や勤務先に対して直接電話がかかってくることもあります。不安にはなってしまいますが、ひたすら待ち続けるしかありません。

もちろん、審査落ちの可能性も…

マニュアル審査が行われる理由としては、上述したように申込みの情報に不備があったり、詳しい調査が必要な場合等のほか、スコアリング審査の点数が基準ギリギリだった場合等も挙げられます。
その結果、審査に通る可能性はありますが、落ちる可能性も十分あるということは理解しておきましょう。

通過しても利用枠は少なくなる

ただし、マニュアル審査によって審査を通過した場合、カードの利用可能枠が低く設定される可能性があります。

高額商品を分割払いで購入するためにカードを作ろうとしていた方にとっては、当初の目的が達成できなくなるということも考えられます。

どうしてもカードを作りたい、そんな方は…

どうしても欲しいものがある
旅行に備えてカードを作りたい
大事な人にプレゼントをあげたい

カードを作れないと困るのに、日専連カードに申込んだら審査落ち…。そうなっても、カードが必要な"目的"は簡単に諦められませんよね。

安心してください。そもそも、カードというのは相性の良し悪しが審査通過の鍵を握るものです。
日専連カード以外に目を向ければ、あなたに合った適切なカードが見つかるはず。

個人的な収入に自信が無くても大丈夫

「旦那はしっかり働いているけど、自分はパートで収入が少ない」
「実は、アルバイト生活のフリーターだ」
「まだ学生だから、社会人ほどの収入が無い」

そういった方は、アルバイト・パートといった方から人気のカードを検討してください。

審査において収入というのは安定性が重視されるもの。年収額が低くても、安定的に収入をを得られているなら問題ありません。

早ければ今日中にカードを作れます

実は日専連カードの審査結果を待っていたら、時間があまりなくなった。そういった方は、審査の早さを選択条件に加えましょう。

アルバイト・パートの方から人気があり、なおかつ審査が早いカード。ある程度絞り込まれますが、それを選べば最短で今日中にカードを用意できます。

プロミス

審査 最短30分
限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%

24時間365日いつでもお申込み可能です。
公式サイトからお申込みいただいた場合、早ければ1時間後に借り入れ可能となります。

公式サイトはこちら

アコム

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

今日・明日中にでもお金が必要な方におすすめです。
借入が初めての方でも安心してご利用いただけます。

公式サイトはこちら

アイフル

審査 最短30分
限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%

初めてのご利用の方は、ご契約後30日間は金利が0%となります。
在籍確認の直前に、申込者本人に「これから電話します」と連絡をくれるなど、職場の方に利用を知られないよう配慮してくれます。

公式サイトはこちら

まとめ

日専連カードは審査基準等を公表していないため、審査落ちの正確な理由を知ることはできません。ただし、一度審査落ちしたクレジットカードには一定期間は申し込まないほうが賢明でしょう。

審査に落ちたという記録がしばらくの間は信用情報に登録されてしまうからです。他社のカードに申し込んだとしても、審査落ちしたという記録が不利に働くことがあります。どうしてもカードが必要な理由がないのであれば、日専連カード以外の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの特集ページ

カード審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る