カードローンの審査時間を比較|結果が来ない場合の対処法を解説

本コンテンツには、紹介している商品・商材の広告(リンク)を含む場合があります。 これらの広告を経由して読者が企業ホームページを訪れ、成約が発生すると弊社に対して企業から紹介報酬が支払われるという収益モデルです。 ただし、特定の商品を根拠なくPRするものではなく、当編集部の調査/ユーザーへの口コミ収集などに基づき、公平性を担保した情報提供を行っています。
>提携企業一覧
この記事に関するアドバイザ

ファイナンシャルプランナー

村上敬

大学卒業後、多数のメディア編集業務に従事。その後、ファイナンシャルプランナー2級の資格を取得。FPとしての専門知識を活かし、カードローン、FX、不動産、保険など様々な情報におけるメディアの編集・監修業務を行ない、これまで計2000本以上の担当実績を誇る。ローン審査経験者などのインタビューなども多数行ない、専門知識と事実に基づいた信頼性の高い情報発信を心がけている。公式ページ:「ファイナンシャルプランナー村上敬」

カードローンの審査は、他のローンサービスと比べて比較的早い傾向にあります。

しかし、金融機関によって審査時間が異なるため、すぐに借入したい場合には注意が必要です。

また、工夫次第ではカードローンの審査時間を早めることができます。

今回の記事では、カードローンの審査時間を金融機関ごとに比較しました。

審査結果が遅くなるケースや来ない場合の対処法についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

カードローンの審査時間

カードローンの審査時間は、金融機関によって異なります。

審査は早いところであれば最短3分から結果がでますが、遅いところだと1週間ぐらいかかるケースもあるのです。

カードローンは消費者金融、銀行、信販会社といった金融機関が提供していることが多く、それぞれ審査時間に以下のような傾向があります。

会社 審査時間(目安)
消費者金融 最短3分〜
銀行 最短即日〜
信販会社 最短即日〜

ただし、上記の審査時間はあくまで「最短」であるため、審査状況によっては数日かかる可能性があります。

カードローンは上記すべて最短即日で審査が完了する可能性があります。

中でも消費者金融は審査時間も最短3分からと早い上に、土日も審査に対応しているケースが多いため、今すぐお金を借りたい人に選ばれています。

ここからは、消費者金融、銀行、信販会社、それぞれの金融機関の審査時間について詳細に説明していくので、カードローンを選ぶ際は参考にしてください。

消費者金融カードローン:最短3分から

消費者金融カードローンの審査時間は、最短3分からです。

最短即日での審査に対応しているため、申込当日から借入できる可能性があります。

消費者金融カードローンの審査が早いのは、スコアリングシステムを採用しているからです。

スコアリングシステムとは、審査に必要な情報をコンピューターによって点数化し判断するシステムのことです。

スコアリングシステムを採用することで、人の目を介さずにある程度審査を進められるため、スピーディな審査が可能になります。

そのため、急いでお金を借りたい人は消費者金融のカードローンが使いやすいでしょう。

代表的な消費者金融カードローンの審査時間について、以下の表にまとめました。

カードローン名 審査時間(目安)
アイフル 最短20分
プロミス 最短3分※
レイク WEBなら最短25分
アコム 最短20分
SMBCモビット 最短30分

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アイフルは申込後に電話すると優先審査

アイフルはWEB申込後、最短20分で審査が完了します。

また、申込後にフリーダイヤル0120-337-137へ連絡することで、優先的に審査を行ってくれます。

そのため、特に急いでいる人にとってアイフルは使いやすいでしょう。

さらに、アイフルはアプリを使ってセブン銀行ATMやローソン銀行ATMで借入から返済まで行えるため、カードを発行する手間もありません。

アイフル

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短18分
融資 最短18分

初めての利用なら最大30日間の利息ゼロ!
バレずに使いたい人ならアプリが充実している安心・信頼のアイフルで。

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査状況によりご希望に添えない場合があります。

アコムは最短3秒の事前審査が便利

アコムはWEBからの申込で最短20分で融資も可能な消費者金融です。

特に便利なのが「3秒診断」で、年齢、年収、他社借入の3項目で、借入できる目安があるかを判定してくれます。

3秒程度で借入できそうか分かるため、いきなり審査を受けるのは不安という方でも使いやすいでしょう。

ただし、「3秒診断」の結果が必ず本審査の結果と同じになるとは限りません。

「3秒診断」で借入可能と表示されていても、実際の審査に落ちる可能性はあるため、あくまでも一つの目安として判断しましょう。

アコム

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短20分
融資 最短20分

来店不要で最短20分融資可!周りにバレずに内緒で借入れ可能!
三菱UFJフィナンシャル・グループだからサービスが充実!初めてなら「最大30日間金利0円」でコンビニ利用も可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミスはWEB完結申込なら最短3分で審査が完了

プロミスはWEB完結申込なら、最短3分で審査が完了します。

また、「アプリローン」が利用可能でスマートフォンのアプリで申込〜返済までの手続きが完結することが特徴です。

もちろん、アプリからの申込でも、最短3分の審査に対応しています。

契約後はアプリからすぐに借入できるため、スマートフォンで申込を検討している人にとって使いやすいでしょう。

プロミス

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 17.8%
審査 最短3分
融資 最短3分

20~30代にオススメ!即日融資ならネット申し込みがおすすめ!
30日間"無利息期間"があり!カードレスでも可能だから郵送物なし!

公式サイトはこちら
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

SMBCモビットはローン契約機でも審査時間は最短30分

SMBCモビットはWEB申込だけでなく、ローン契約機からの申込でも最短30分の審査に対応しています。

ローン契約機は三井住友銀行の窓口、店舗に併設されており、全国に約400台と多く設置されています。

土日祝日でも9:00〜21:00まで受付でき、審査完了後はその場でカードを発行できるため、すぐに借入したい人に適しているでしょう。

SMBCモビット

Service image
限度額 最大 800万円
金利 年 3.0% ~ 18.0%
審査 最短30分※1
融資 最短即日

30代〜40代にオススメのモビット!【最短30分OK!】原則電話連絡・郵送物なし!PC・スマホからWEB完結
全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

レイクはWEBなら審査から融資完了まで最短25分

レイクはWEB申込を行うことで、審査から融資完了まで最短25分とスピーディーです。

当日の21時(日曜は18時)までに契約が完了すると、当日の振込融資が可能となります。

また、公式アプリのe-アルサを使えば、ローンカードなしでセブン銀行ATMから借入できるため便利です。

レイク

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 4.5% ~ 18.0%
審査 お申込後最短15秒
融資 Webで最短25分融資の可能

お借入額のうち5万円までだったら180日間無利息!
SBI新生銀行カードローンATMでお借入れ・ご返済がいつでもご利用手数料無料

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

※1.申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。最短15秒は、お申込みから審査結果表示までです。
※2.Web上でお申込みいただいた方に限ります。

銀行カードローン:最短即日

銀行カードローンの審査結果は、最短即日に対応しています。

しかし、多くの銀行カードローンでは再案翌日以降となっています。これは、銀行融資の審査では「警察庁データベース」への照会が義務付けられているからです。

「警察庁データベース」は反社会的勢力に該当しているか確認するためのもので、照会した翌営業日に結果が通知されます。

そのため、消費者金融や信販会社のようにすぐに借入できないケースが多いのです。

代表的な銀行カードローンの審査時間については、以下の表を参考にしてください。

カードローン名 審査時間(目安)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 最短翌営業日の9時~21時
三井住友銀行カードローン 最短翌営業日
横浜銀行カードローン 最短即日

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは土日も審査に対応

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、銀行の中でも審査対応時間が長いことが特徴です。

申込日の最短翌営業日以降の9時~21時(土日祝は9時~17時)に審査が完了します。

さらに、銀行カードローンでは珍しく、土日の審査に対応しています。

そのため、銀行カードローンを検討していて、土日にも審査を進めてほしいという方におすすめです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

Service image
限度額 最大 500万円
金利 年 1.8% ~ 14.6%
審査 最短即日
融資 最短翌営業日

毎月の返済は1,000円から!※1。
テレビ窓口でカードの即日発行が可能!※2。

公式サイトはこちら
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行

※1.金利が年率8.1%以下の方の場合
※2.カードの発行は即日で可能ですが、借入は審査終了後となります。

三井住友銀行カードローンは普通預金口座がなくても申込可能

三井住友銀行カードローンは、申込から最短翌営業日で審査が完了します。

また、銀行カードローンの申込は自社の普通預金口座が必要なケースが多いですが、三井住友銀行カードローンは当行の普通預金口座なしで申込可能です。

口座開設の手続きを併せて行う必要がないため、比較的早く申込手続きができるでしょう。

また、すでに普通預金口座を持っている方であれば、キャッシュカードを使って借入ができます。

カードローンの申込時に入力する項目も少なくなるため、三井住友銀行口座がある方も使いやすいでしょう。

三井住友銀行カードローン

Service image
限度額 10万円 ~ 800万円
金利 年 1.5% ~ 14.5%
審査 公式サイト参照
融資 公式サイト参照

できる大人のもしもの備え!お手持ちのカードで借入・返済できる!
用途自由なので、旅行費にもご利用いただけます!

公式サイトはこちら

横浜銀行カードローンは最短3秒の事前診断が便利

横浜銀行カードローンは神奈川県近郊にお住まいの方を対象とするカードローンです。

WEB申込の受付は24時間対応しており、最短即日中に結果がわかります。

また、横浜銀行のサイトに用意されている「3秒診断」が便利です。

「3秒診断」は年齢、年収、借入件数の3つを入力するだけで、借入可能かどうかの目安がわかります。

必ず本審査の結果と同じになる訳ではありませんが、いきなり審査されるのが不安な方にとって便利でしょう。

なお、横浜銀行カードローンの契約には、横浜銀行の普通預金口座が必要です。

口座開設の手続きは「はまぎん365」から行えます。

横浜銀行カードローンの申込を検討している方で、普通口座を持っていない方は口座開設の準備も行いましょう。

横浜銀行 カードローン

Service image
限度額 10万円 ~ 1000万円 (10万円単位)
金利 年 1.5% ~ 14.6% (変動金利)
審査 最短即日
融資 公式サイト参照

30代以上の男性におすすめです。審査は最短即日に結果通知、
WEB申し込みで来店不要、口座をお持ちでない場合、ご契約までに開設すればOK!

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

信販カードローン:最短即日

信販カードローンは、クレジットカードなどを発行している信販会社が提供しています。

審査時間については消費者金融同様、最短即日に対応しているものが多いです。

そのため、なるべく早く審査して欲しい場合には、信販カードローンが使いやすいでしょう。

代表的な信販カードローンの審査時間について以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

カードローン名 審査時間(目安)
三井住友カード カードローン 最短5分〜即日
JCB CARD LOAN FAITH 最短即日

三井住友カード カードローンは最短5分の即時審査に対応

三井住友カード カードローンは最短5分の即日審査に対応しています。

申込状況によって審査時間は変動しますが、なるべく急いで借入したい場合は使いやすいでしょう。

ただし、申込方法はWEBに限定されており、カード発行から到着まで1週間程度かかる点に注意が必要です。

三井住友カード カードローン

Service image
限度額 最大 900万円
金利 年 1.5% ~ 15.0%
審査 最短即日
融資 最短即日

金利は年1.5~15.0%!入会お申込み後、最短即日でお振込みも可能!
銀行・ATM・Webから様々な方法でお借入れ可能!

公式サイトはこちら

JCB CARD LOAN FAITHは最短1秒の事前診断が便利

JCB CARD LOAN FAITHはWEB完結申込に対応し、最短即日で審査が完了するカードローンです。

審査時間が早いだけでなく、「簡易審査シミュレーション」が利用できます。

「簡易審査シミュレーション」は年収と他社借入額の2項目のみを入力するだけで審査結果の目安を表示してくれるツールです。

最短1秒で結果が分かるため、お試しで借入の目安を知りたい人にとって便利でしょう。

ただし、実際の本審査との結果が異なる場合があるため、注意が必要です。

JCB CARD LOAN FAITH

限度額 最大500万円
金利 4.40~12.50%
審査 最短即日
融資 最短即日

WEB上で全て手続き完了
最大2カ月半の無利息期間を適用

公式サイトはこちら

申込方法に応じて審査を受けるまでの時間が異なる

カードローンは、申込方法に応じて審査を受けるまでの時間が異なります。

一般的なカードローンの申込方法と審査受付のタイミングについて、以下の表にまとめました。

申込方法 審査受付のタイミング
WEB 申込情報の入力、必要書類の提出後
自動契約機 申込情報の入力、必要書類の提出後
電話 申込情報の申告、必要書類の提出後
店頭窓口 申込書の記入、必要書類の提出後
郵送 申込書、必要書類を郵送し、金融機関に到着後

一般的なカードローンでは、WEB完結や店頭での申込を行うと、すぐに審査が開始されます。

一方で、郵送で申込を行った場合、書類が金融機関に届くまで審査が始まりません。

そのため、なるべく早く審査を受付してもらうためにはWEBや店頭などで申込を行うことが望ましいでしょう。

WEB

WEB申込は、パソコンやスマートフォンからカードローンの公式サイトにアクセスして手続きする方法です。

WEB上で申込情報を入力し、必要書類をアップロードすることで手続きが完了します。

24時間いつでも申込ができ、手続き完了後すぐに審査を受付してくれることがメリットです。

消費者金融カードローンの中には、WEB申込を行うことで最短即日の融資が可能となるものもあります。

そのため、急いで申込を行いたい場合はWEBを利用するのが適しているでしょう。

WEB申込は、24時間いつでも申込が可能です。

ただし、カードローンの審査受付時間内に申込を行わないと、審査がスムーズに進まない可能性があるため注意が必要です。

自動契約機

自動契約機とは、カードローンの申込や契約専用の機械のことで、金融機関によっては「無人契約機」と言われたりもします。

大手消費者金融会社の店舗やATMに併設されているケースが多いです。

自動契約機では、機械の案内にしたがって、申込情報の入力や必要書類のアップロードを行います。

必要書類の提出が完了すると、すぐに審査受付となるため、早く審査してもらえる可能性が高いです。

ただし、自動契約機には営業時間があるため、注意が必要です。

一般的な金融機関の自動契約機は9:00〜21:00となっており、早朝や深夜は営業していません。

また、場所や時間帯によっては混雑しているケースも考えられるため、待ち時間が発生する可能性もでてきます。

無人契約機を使った手続きの流れから必要なものまで解説【近くの契約機がわかるツールも公開】
カードローンの申込方法の1つである無人契約機の申込手順について詳しく解説しているので、参考にしてください

店頭窓口

窓口での申込は、カードローンを提供する金融機関の店舗に直接来店し手続きを行う方法です。

店舗で申込書を記入し、必要書類を提出することで、申込が完了します。

スタッフに話を聞きながら手続きができるので、疑問点を解消しながら契約したい方におすすめです。

ただし、ネット銀行や一部の消費者金融会社、信販会社などは店舗窓口がないため、利用できません。

店頭窓口で申込した場合、申込書と必要書類の提出後審査受付となります。

そのため、比較的早く審査を開始してもらえる可能性が高いです。

また、即日発行に対応している場合、審査完了後すぐにカードを発行してもらえます。

しかし、店頭窓口は土日に営業していないケースが多く、営業時間内に手続きする必要がでてくるので注意してください。

電話

一部のカードローンでは、電話での申込受付に対応しています。

電話で申込を行う場合、申込情報を口頭で申告した後、WEB上で必要書類のアップロードを行う必要があります。

申込情報の申告と必要書類の提出が完了すると、受付となるため、すぐに審査が始まる可能性が高いです。

ただし、電話による申込の場合、申込情報を1件ずつ口頭でやり取りする必要があるため、手続きに時間がかかります。

また、電話が混雑しており繋がらない可能性もあるため、審査受付まで時間がかかるケースが考えられるでしょう。

郵送

郵送による申込は、カードローンの申込書と必要書類を会社宛に郵送することで手続きが完了します。

WEB上の手続きが難しい場合や来店する時間がない場合に、郵送での申込を利用するケースが多いでしょう。

郵送による申込は金融機関にに書類が届いた段階で申込受付となるため、他の方法に比べて審査開始までの時間が長いです。

そのため、急いで審査して欲しい場合には郵送以外の方法を検討することが望ましいでしょう。

カードローンの審査が遅くなる原因

カードローンの審査が遅くなる原因は、次の4つが考えられます。

審査が遅くなる原因

  • 申込が集中している
  • 在籍確認が取れていない
  • 借入希望額が大きい
  • 営業時間外に申込している

上記に該当する場合、最短の審査時間から遅れる可能性があります。

そのため、急いで審査結果を知りたい場合、上記の原因を避けて申込を行う必要があるでしょう。

申込が集中している

カードローンの新規申込が集中している場合、審査が遅くなります。

カードローンの審査は、申込を受けた順に行われるのが一般的です。

そのため、単純に申込件数が多いと、審査に時間がかかります。

特に、転勤時期、連休前、引っ越しシーズンなどのお金が必要になりやすい時期は、申込が増えるため注意が必要です。

上記のような繁忙期の申込は避け、なるべく余裕を持って申込を行うことが望ましいでしょう。

在籍確認が取れていない

在籍確認が取れないと審査が進まないため、結果の連絡が遅くなります。

在籍確認とは、申込時に申告した勤務先に勤めているかを確認する審査です。

金融機関は、嘘の情報を申告した場合に返済能力に影響を及ぼすため、必ず在籍確認を行います。

在籍確認の電話は基本的に以下のように進みます。

上記のように、個人名で電話をかけてくれるため、会社の同僚がでてもカードローンの申込をした事は分からないようになっています。

また、一部のカードローンでは電話以外の方法で在籍確認を行う場合があります。

例えば、健康保険証や源泉徴収票などを提出することで、勤務先に勤めていることがわかるため、電話を行わない場合があるのです。

在籍確認を電話以外の方法で行うカードローンは、以下の通りです。

在籍確認を電話以外の方法で行うカードローン

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス

職場の都合で電話による在籍確認が難しい場合、申込後に利用するカードローンのオペレーターへ連絡しましょう。

あらかじめ利用する金融機関へ相談することで、他の方法を検討してくれる場合があります。

借入希望額が大きい

借入希望額が大きいと審査に時間がかかる傾向があります。

カードローンの審査では、本人の収入と借入希望額を比べて、問題なく支払い続けられるかを判断します。

つまり、本人の収入と借入希望額とのバランスが悪いと、より慎重に審査を行うため時間がかかるケースが多いのです。

そのため、カードローンに申込する際は、なるべく必要最低限の金額で申込を行うことが望ましいでしょう。

総量規制にも注意する

総量規制とは借入金額を規制する法律をいいます。

具体的には「貸金業者からの借入は年収の1/3を超えてはいけない」という内容です。

この借入金額というのは、全ての貸金業者の借入を含みます。

例えば、3社からお金を借りている人は、3社合わせて年収の1/3を超えてはいけません。

総量規制を超える借入は法律に反してしまうため、審査に落ちてしまうので注意してください。

営業時間外に申込している

金融機関の営業時間外に申込すると、審査の実施が翌営業日以降になるため注意してください。

例えば、土日祝日が休みのカードローンの場合、数日審査が行われない可能性もあるでしょう。

代表的な金融機関の営業日、営業時間については、次の表を参考にしてください。

カードローン名 受付時間
アイフル 自動契約機
9:00~21:00(土日祝含む)

店頭窓口
9:00~18:00(平日のみ)

※審査受付は9:00~21:00(土日祝含む)
アコム 自動契約機
9:00~21:00(土日祝含む)

店頭窓口
9:30~18:00(平日のみ)
プロミス 自動契約機
9:00~21:00(土日祝含む)

店頭窓口
10:00~18:00(平日のみ)
SMBCモビット 自動契約機
9:00~21:00(土日祝含む)
レイク 自動契約機
9:00~21:00(土日祝含む)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 店頭窓口
9:00~15:00(平日のみ)

※審査結果の連絡
9:00~21:00(土・日・祝日は9:00~17:00)
横浜銀行カードローン 店頭窓口
9:00~15:00(平日のみ)

申込受付時間
9:00~19:00(平日のみ)
三井住友銀行カードローン 店頭窓口
平日9:00~15:00
※一部店舗を除く

WEB、電話
平日9:00~18:00
※土日祝日年末年始を除く
三井住友カード カードローン 即時発行受付時間
9:00〜19:30
JCB CARD LOAN FAITH JCB ローンカードデスク
9:00~17:00(土日祝含む)

上記の時間以外の申込については、翌営業日以降の受付です。

また、最短即日審査に対応しているカードローンの場合、受付時間ギリギリだと審査が間に合わない可能性があります。

即日審査を希望する場合は、少なくとも受付時間の1時間以上前に手続きを済ませることが望ましいでしょう。

カードローンの審査時間を短くするためのポイント

カードローンは申込の状況に応じて審査時間が異なりますが、工夫次第で審査を早めることが可能です。

具体的に審査時間を短くするためのポイントとしては、以下の5つが考えられます。

審査時間を短くするためのポイント

  • WEB申込を利用する
  • 申込書は正しく記入する
  • 事前に必要書類を用意する
  • 早い時間に申込を行う
  • 申込後に連絡する

WEB申込を利用する

早く審査をしてほしい場合は、WEB申込を利用することが望ましいです。

WEB申込は手元に必要書類さえあれば、お手持ちのスマホから好きなタイミングで申込ができます。

他の申込方法に比べて申込手続きが早く終わるため、審査の受付が早くなるでしょう。

申込書は正しく記入する

申込書を正しく記入することで、審査時間を早めることができます。

もし、申込書に記載した内容に誤りがあると、修正を求められたり、電話で確認されたりする可能性があるため、審査まで時間を要してしまうので注意してください。

また、記入ミスももちろんですが、嘘の情報を記入するのは控えましょう。

カードローンの審査ではその人の信用度を判断しています。

審査時に虚偽の申込が発覚した場合、信用を失うこととなるため、正しい情報を申告しましょう。

申込の際に特に気をつけたいポイントについて、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

項目 注意するポイント
住所 本人確認書類に記載されている通り記入する
年収 概算で記入しない
収入証明書類(源泉徴収票など)に記載されている金額を申告する
勤務先 住所、連絡先は実際に働いている支店などを記入する(在籍確認を円滑に行うため)
他社の借入額 なるべく詳細な金額、件数を記載する

事前に必要書類を用意しておく

カードローンの申し込みに必要な書類を事前に用意しておけば、審査にかかる時間を一定早められます。

理由はシンプルで、申込手続きをよりスムーズに進められれば、審査を少しでも早く開始してもらえるからです。

カードローンの審査は、必要書類の提出が完了しないと始まりません。

申込してから必要書類を用意すると、書類を探す時間がかかる可能性があります。

そのため、あらかじめ必要書類を準備しておくことが望ましいでしょう。

カードローンの申込で必要な書類は、以下の2点です。

申込時に必要な書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類

本人確認書類はカードローンの申込時に必ず必要な書類です。

提出できる書類としては、以下のものが挙げられます。

本人確認書類の一例

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)
  • 旅券(パスポート)
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 官公庁が顔写真を貼付した各種福祉手帳(身体障害者手帳など)

本人確認書類として認められるのは、官公庁から発行された公的な書類に限られます。

例えば、学生証は公的書類ではないため、本人確認書類として提出できません。

収入証明書類

申込金額や他社の借入状況によっては、収入証明書類の提出が必要です。

具体的には、以下のケースで収入証明書類の提出が求められます。

収入証明書の一例

  • 申込金額が50万円を超える場合
  • 他社借入額を含めた申込金額が100万円を超える場合

他社の借入がある場合や申込金額が大きい場合は収入証明書類を用意しておきましょう。

収入証明書類として提出できる書類には以下のようなものがあります。

収入証明書となるもの

  • 源泉徴収票(前年度のもの)
  • 給与明細書(直近のもの)
  • 住民税決定通知書・納税通知書(前年度のもの)
  • 確定申告書(前年度のもの)
  • 青色申告決算書(前年度のもの)
  • 収支内訳書(前年度のもの)
  • 所得証明書(前年度のもの)
  • 年金証書(当年度のもの)
  • 年金通知書(当年度のもの)

カードローンによって提出できる書類が異なる場合があるため、事前に公式ホームページ確認しておくことが望ましいです。

早い時間に申込を行う

カードローンの審査を早めるためには、なるべく早い時間に申込しましょう。

カードローンの審査は原則として申込が来た順に行われます。

遅い時間に申込した場合、翌日以降に後回しとなるケースが考えられるため、午前中に申込を済ませるなどの工夫をしましょう。

申込後に連絡する

どうしても急いで審査してほしい場合には、申込後にカスタマーセンターへ連絡しましょう。

申込後にカスタマーセンターへ連絡することで、優先的に審査を行ってくれる場合があります。

例えば、消費者金融のアイフルでは、優先審査について以下のように記載されていました。

「今、スグ、借りたい」
そんなときはWEB申し込み後、メール連絡。
審査の時間が短縮できます。

出典: アイフル お急ぎのとき

上記のように、一部のカードローンでは、優先審査が可能な場合があります。

即日審査に対応してくれる可能性もあるため、急いでお金を借りたい場合はぜひ活用しましょう。

カードローンの審査結果が来ない場合の対処法

カードローンの審査結果が来ない場合の対処法としては、以下の2つが考えられます。

審査結果が来ない時の対処法

  • 迷惑メールのフォルダを確認する
  • カスタマーセンターに連絡する

カードローンの審査は早ければ即日〜数日程度で完了します。

1週間以上審査結果が来ない場合は、連絡することが望ましいでしょう。

なぜなら、カードローンは遅いところでも1週間以内に結果が来るケースが多いからです。

迷惑メールのフォルダを確認する

カードローンの審査結果が来ない場合、迷惑メールのフォルダを確認しましょう。

審査結果が来ない原因として、審査そのものは完了しているのに、メールが届いていないというケースが考えられます。

一般的な金融機関が提供するカードローンは、審査結果に有効期限が設定されています。

有効期限をすぎてしまうと、審査結果が無効となるため注意が必要です。

そのため、迷惑メールのフォルダに入ったまま放置していると、再度申込が必要になる可能性があります。

1週間近く経っても審査の連絡が来ない場合は、登録したメールのフォルダを再度確認してみましょう。

カスタマーセンターに連絡する

審査結果の連絡がなく不安な場合は、自分から利用するカードローンのカスタマーセンターに連絡してみましょう。

カスタマーセンターに連絡することで、審査の状況などを教えてもらえる可能性があります。

主な金融機関の審査結果問い合わせ先について、以下の表でまとめましたので参考にしてください。

カードローン名 受付時間
アイフル 申込専用ダイヤル
0120-201–810

女性専用ダイヤル
0120-201–884

対応時間
9:00〜18:00(平日のみ)
アコム アコムフリーコール
0120-07-1000

対応時間
9:00〜18:00(平日のみ)
プロミス プロミスコール
0120-24-0365

女性専用ダイヤル レディースコール
0120-86-2634

対応時間
9:00〜18:00(平日のみ)
SMBCモビット フリーコール
0120-03-5000

対応時間
9:00〜21:00
レイク フリーコール
0120-09-09-09

対応時間
9:00〜18:00(平日のみ)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店
0120-959-555

対応時間
平日9:00~21:00
土・日・祝日9:00~17:00
※12/31~1/3を除く
横浜銀行カードローン 横浜銀行カードローンプラザ
045-225-1981

受付時間
9:00~19:00(平日のみ)
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行カードローンプラザ
0120-923-923

受付時間
9:00~21:00
※12/31~1/3を除く
三井住友カード カードローン 案内デスク
0120-956-000

受付時間
10:00~17:00
※12/30~1/3を除く
JCB CARD LOAN FAITH JCB ローンカードデスク
0120-16-5140

受付時間
9:00~17:00
※土・日・祝・年末年始を除く)

カードローンの審査時間に関するよくある質問

Q.土日や夜間も審査に対応している?
対応しているカードローンもあります
アイフルやアコムなど一部のカードローンでは、土日に審査も行ってくれます。
Q.審査が完了してから融資までの時間はどのくらい?
最短でも数十分かかります
審査完了後は契約手続きを行う必要があります。契約書類の記入やカードの発行を行うため、最短でも数十分はかかります。
Q.審査結果はどのように連絡される?
メール、もしくは電話で連絡が来ることが多いです
基本的には登録したメールアドレス宛に結果が送付されます。
本人確認を行う場合などメール以外で審査結果を連絡したい場合に電話が用いられることが多いです。

まとめ

カードローンの審査時間は会社ごとに異なりますが、最短で即日〜翌営業日程度が目安です。

最短即日審査に対応しているのは消費者金融、信販会社で、銀行カードローンは最短でも翌営業日以降に審査結果が出るケースが多くなります。

そのため、なるべく早く審査結果を知りたい場合は消費者金融や信販会社のカードローンに申込を行うのが望ましいです。

また、カードローンによっては申込後に連絡することで優先審査を行ってくれる場合があります。

必ず最短の審査時間となるわけではありませんが、急いで借入したい場合はカスタマーセンターへ連絡しましょう。

おすすめの特集ページ

  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
  • ※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム/プロミス/アイフルなど)から委託を受け広告収益を得て運営しております。

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る