UCSカードの審査が長引く理由と急いでクレジットカードを作る方法

この記事に関するアドバイザ

元 保証会社 社員

井上拓馬

保証会社(クレジットカード会社)にて、カードローン・クレジットカード・キャッシングの審査業務に従事、5,000名を超える顧客を担当。審査業務だけでなく、滞納者への対応や法務部での経験も豊富な、貸金業のプロ。

 この記事はこんな人向け 
  • 今日・明日中にクレジットカードを作りたい
  • とりあえずUCSカードに申し込んでみた
  • でも、審査結果がいつまで待っても来ない…

予定外の出費が続いて、今月はお金に余裕がない…そんな時に、UCSカードを作って乗り切ろうと考える人も少なくありません。

今日もしくは明日までにクレジットカードを作りたい人は、希望日までに利用できるのか、入会審査やカード発行にかかる時間などを把握しておきましょう。

UCSカードの審査結果が届かない…

UCSカード
年会費 無料
ブランド MasterCard、JCB、VISA
入会資格 満18歳以上の安定した収入のある方※
電話連絡可能な方
(高校生は除く)

※20歳未満の方は、親権者の同意が必要となります。

UCSカードは、「ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社」が発行するクレジットカードです。

提携先のコンビニやスーパーマーケット、ガソリンスタンドの支払いでポイントが貯まるだけでなく、国内外の旅行先でも利用できるスタンダードなカードとなっています。

普段使いのカードとして初めて申し込む人も多いですが、審査が思うように進まず、希望日までに発行できなかったケースも少なくありません。

審査では電話確認や書類郵送が必要になる

UCSカードでは、インターネットを利用した「ネット申し込み」が主流となっています。

カード申し込み登録
入会審査
電話での確認
書類送付
審査完了
カードを郵送
利用開始

上記のフローからも分かるように、通常のクレジットカードとは異なり、審査では電話確認や本人確認書類の郵送が必要になります。

書類提出後に本人確認が終了して、UCSカードの審査はようやく完了するので、一般的なクレジットカードよりも時間がかかると考えておきましょう。

申し込み内容の審査は最短1営業日で完了

UCSカードでは、申し込みフォームで入力した内容の審査に「クレジットスコアリング」を採用しています。

 クレジットスコアリングとは

統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます。
=中略=
具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

上記の内容を踏まえると、滞納を起こすリスクが低い人物であれば、基本的に審査時間が長引くことはないと言えるでしょう。

UCSカードの審査がいつまで経っても電話確認に進まない人は、自身の信用度に何らかの原因があると考えておいてください。

仮にスピード通過しても書類郵送でタイムロス

UCSカードの入会審査をスムーズに通過できたとしても、電話確認後に送られてくる「本人確認書類送付のお願い」と「口座振替依頼書」を返送しなければいけません。

単純に考えても、電話確認までに1日、書類手続きに3~4日、カード発送に2~3日と考えれば、最短でも1週間近くかかってしまうのです。

カード申し込みが土日や祝日だった場合は、翌営業日の手続きになってしまうので、さらに時間がかかると考えておきましょう。

申込者によっては審査に1日以上かかるケースも…

UCSカードの審査で特に問題なければ、2~3日で必要書類が届くようになっています。しかし、申込者の審査状況によっては、1週間近くかかるケースもあるのです。

審査が長引いてしまう理由は様々考えられますが、合格基準ギリギリで通過できるか否か判断が難しい人は、それだけ時間がかかると考えてください。

自身の収入状況や信用情報を確認しよう

UCSカードで審査に時間がかかっている人には、共通した3つの特徴が見受けられます。

急いでクレジットカードを作りたいのに審査結果が届かない…そんな人は、以下に記載する特徴を確認してください。

 審査時間が長引く人の特徴 
収入の安定性が低い
勤続期間が極端に短かったり、給料の上下が激しい職に就いていたりすると、収入の安定性が低いと見なされて審査時間が長引く。
他社借入が多い
複数のローンを組んでいたり、高額な借入をしていたりすると、支払い能力が落ちていると見なされて審査時間が長引く。
信用情報に問題がある
他クレジットカードの支払いやローン返済に遅れていたりすると、滞納の可能性が高いと見なされて審査時間が長引く。

※以上の条件を満たしている場合であっても、審査時間が長引く可能性があるので注意してください。また、実際の審査基準は公開されていないため、弊社での取材・調査によるものである点ご了承ください。

上記で特に問題がなければ、UCSカードの審査を通過している可能性はあります。時間に余裕があるのなら、1週間程度待ってみるのもアリでしょう。

1週間以上も待っていられない…そんな人はこちら!

 ここからはこんな人向け 
  • UCSカードが届く頃にはもう手遅れ…
  • 収入や信用情報は問題ないのに…
  • 今日・明日中に作れるカードはないの?

急いでクレジットカードを作りたかったのに、審査に時間がかかっている…カード郵送が予定日までに間に合わない…そんな方も安心してください。

UCSカードで間に合わなかったとしても、他社のサービスを利用すれば今日中にカードを発行できる可能性は十分あります。

もう間に合わないと諦めず、UCSカード以外の選択肢も、ぜひ検討してみてください。

Q.審査待ちの間に申し込んでも大丈夫?

Inoue

元 保証会社 社員|井上拓馬

可能だが闇雲に申し込むべきではない。

複数のカード会社のクレジットカードを並行して申し込むこと自体は可能です。したがって、審査結果を待っている状態で、他社や同じ会社の別のカードを申し込むことはできます。
しかし、申込の事実は信用情報機関に記録されますので、同時期の複数申込は、切迫した資金需要者と判断される可能性があるでしょう。
審査待ちの間に他社を検討する際は、闇雲に申し込むのではなく、自身の状況にマッチしたカードを絞ってみてください。

今日中に融資してもらうなら「ACマスターカード」

どうしても急いでクレジットカードを作りたいのであれば、「ACマスターカード」が非常に有効です。

ACマスターカードは、TVCMでもおなじみの大手カードローン会社「アコム」が提供するクレジット機能付きカードローンで、全国各地に設置されている自動契約機を使ってカードを即日発行できます。

公式サイトからネット申し込み
必要書類をネット上で提出
最短30分の審査
契約完了
自動契約機でカード発行
カード利用

審査スピードにも定評があり、先述した収入面や信用情報の状況に問題がなければ、最短30分で完了します。

どうしてもUCSカードが間に合わないのであれば、即日発行できるACマスターカードを検討してみてください。

ACマスターカード

限度額 10万~300万円※1
金利 10.0~14.6%※2
審査 最短30分
融資 最短1時間

カードの即日発行をすることができます。
見た目では「アコム」とわかりません。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。
※1ショッピング枠ご利用時の限度額
※2ショッピング枠ご利用時  

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う業務の縮小によりただいまアコムのクレジットカードは発券できない場合がございます。

クレジットカードに拘らない人は「カードローン」

急な出費や高額な買い物に対処できるのは、UCSカードやACマスターカードのようなクレジットカードだけではありません。

クレジットカードにこだわらないのであれば、アコムのカードローンを利用するのも選択肢のひとつとして挙げられます。

カードローンは、借入専用のカードを発行してお金を借りられるサービスです。指定口座に振り込んでもらったり、最寄りのコンビニATMで現金を引き出せます。

クレジット機能を付ける手間がかからない分、カードの発行も若干早い傾向にあるので、あわせて検討してみてはいかがでしょうか?

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

UCSカードの入会審査やカード発行にかかる時間を確認しながら、今日中に作れるクレジットカードを紹介していきました。

記事中の大切なポイント
審査に時間がかかる人は収入や信用情報に注意
即日審査通過してもカード発行に時間がかかる
急ぎなら即日発行できるアコムのカードが最適

普段の買い物で使えるポイントサービスや国内外でも利用可能な人気のUCSカードですが、今日・明日中にカードを発行したい人にはおすすめできません。

希望日までにカード発行が間に合わないのであれば、自動契約機で即日発行できるアコムのサービスを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの特集ページ

カード審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る