エディオンカードの厳しい審査に落ちた3つの理由と今日中にクレジットカードを作る方法

この記事に関するアドバイザ

元 銀行ローンセンター長

佐藤喜三男

銀行にてローンセンター長を務めた他、大手証券会社・大手クレジットカード会社において、30年に渡り審査を中心に様々な職種を担当。現在はFP兼相続診断士として、多くの消費者の力になっている。

 この記事はこんな人にオススメ 
  • 今日中・明日中にクレジットカードを作りたい
  • とりあえず、エディオンカードに申し込んでみた
  • あ、エディオンカードの審査に落ちた

急な出費が続いて、今月生活するためのお金が足りない...。このような場合にエディオンカードを作って乗り切る方法もあります。

しかし、エディオンカードは申し込みをしたら、即日作れるわけではありません。厳正な審査が行われ、発行までに数日要します。また、人によっては審査落ちして利用できない場合もあるのです。今回はそんなエディオンカードの審査について解説します。

エディオンカードとは

エディオンカード
申し込み資格 18歳以上(高校生除く)
初年度年会費 無料
年間会員サービス料 980円(税別)

※エディオンで15万円以上利用があれば翌年度無料

家電製品やパソコンを購入すると5000円以上で5年間保証、10万円以上で10年間保証が付帯されます。
エディオンカードは「オリコ」で作るとETCカードも年会費や発行手数料が無料で作れるメリットがあります。また、脹紀保症サービスや会員サービス利用料の割引も受けられるのが特徴です。是非オススメしたい1枚です。

エディオンカードはスコアリング審査を行っている

エディオンカードの審査は、他のクレジットカードとは異なる審査ですが、厳正な審査は行われます。安定した収入があるアルバイトやパートの方でも申し込みはできます。

審査は必要事項記入内容を基にスコアリング審査を自動的に行っています。スコアリングの点数によって合否が決まります。その為、結果はスピーディーで1週間くらいで審査結果が判明します。その後、2~3週間ぐらいでカードが郵送で手元に届きます。

審査は誰でも通るわけではない

パートやアルバイト、専業主婦でも申し込みはできますが、審査は誰でも通るわけではありません。過去に支払い遅延やカード事故など何らかの原因がある場合には審査は落ちてしまいます。

エディオンカードも厳正な審査を行っています。
審査に通過するためには、「支払いに決して遅れない人物」というのが最低条件となります。過去に支払い遅延がある場合には、通りにくいこともあります。

あなたがエディオンカードの審査に落ちた3つの理由

エディオンカードに落ちたと考えられる理由は以下のとおりです。

何らかの手続きミス
1度だけ督促の知らせが来た(即日納付はして完済済み)
居住年数が短い

エディオンカードは審査基準を公表してないため、落ちた正確な理由は分かりません。一般的にクレジットカードの審査に落ちる理由は5つに絞られます。

理由1:収入が安定していないと思われた

3~6ヶ月程度、同じ金額の収入が確保できれば、安定しているとみなしてくれる可能性が高いと言えます。

基準はクレジット会社にも依るので明確な基準はわかりません。エディオンカードを利用するには安定した収入がなければ、審査落ちしてしまうのです。

理由2:過去5年以内にお金のトラブルを起こした

現在、日本には信用情報機関として3つあります。

審査では信用情報で滞納や事故案件の有無などトラブルがあると審査落ちすることがあります。クレジットカードなどの長期滞納には注意しましょう。

Q.お金のトラブルとは具体的にどんなことですか?

Sato

元 銀行ローンセンター長|佐藤喜三男

支払い遅延や自己破産などです

お金のトラブルとは、一般的には延滞、債務整理、多重申込みの3つを指します。61日以上の延滞、または3回目の支払い日を超える遅延が発生したり、自己破産などの債務整理をすると信用情報機関へ登録されます。

また、半年間に多数の申込みをすると金策のためと判断され、審査に通らなくなることがあります。一度信用情報が悪化してしまうと、回復するまでかなりの時間が必要です。支払期日は必ず守るように気を付けましょう。

理由3:申し込み内容に大きな誤りがあった

申し込み内容に虚偽の内容があると判断されてしまうと審査落ちする事があります。

免許証などの身分証明書と現住所が異なる場合にも悪質であると判断されてしまうことも。印鑑の相違なども大切なものを間違えるはずはないと判断されてしまう可能性があります。

審査日数が長引いている人は基準ギリギリ

審査日数が長い人は審査基準がギリギリで審査に時間がかかっていると考えられます。

3日から1週間経過しても結果が判明してない人は、何らかの審査が行われている可能性があります。そのため時間も日数も多くかかってしまいます。

もちろん、審査落ちの可能性も…

審査結果が長くなると「審査落ち」の可能性も否定できません。

記載内容など総合的に担当者の目視により判断されている可能性があります。その場合には結果として審査落ちの可能性が十分に高いと言えるでしょう。

通過しても利用枠は少なくなる

審査に通過したとしても、審査基準をギリギリで通過した人は希望金額よりも下回る可能性があります。利用枠は少なくなります。

審査日程に時間がかかった人は、希望枠が減らされる傾向にあります。なので、自分が欲しい商品を購入できない可能性も考えられます。クレジットカードを使わずに、特別出費など予め備えられるように普段から対策をしておく方がいいですね。

クレジットカードで買い物をするのも、ポイントは貯まりますが「借金」と同じです。希望枠が減らされることでリスクも考えられるので、しっかりと向き合ってみましょう。予想外の結果になった時のことも考えておく必要があります。

どうしてもカードが必要、そんな方は…

 ここからの内容 
  • カードを作れなかった
  • なんとしてもクレジットカードを作りたい
  • 今日中・明日中にカードを作る方法はないの?

今すぐクレジットカードを入手したいのに、エディオンカードカードの審査に落ちてしまった。このような事態でも、ご安心ください。

例え、エディオンカードがダメでも、他のクレジットカードを作るという対応策があります。
カードが必要なタイミングに間に合わないと諦めず、エディオンカード以外の対応策も用意しておきましょう。

今日中にクレジットカードを作るなら「ACマスターカード」

何がなんでも、今日中にクレジットカード発行をしたい。こう考えている人は、「ACマスターカード」も検討してみましょう。

ACマスターカードは、カードローン業界で有名な「アコム」が提供するクレジットカードです。ACマスターカードは全国にある自動契約機を使って作れます。

公式サイトからネット申し込み
必要書類をネット上で提出
最短30分の審査
契約完了
自動契約機でカード発行
カード利用

審査にかかる時間が短く、最短30分で手続きが終わることもあります。

エディオンカードが必要なタイミングに間に合わない場合は、当日発行可能なACマスターカードも検討してみてください。

ACマスターカード

審査 最短30分※1
限度額 10万~300万円※2
金利 10.0~14.6%※2
※1.キャッシング枠ご利用時
※2.ショッピング枠ご利用時
公式サイトはこちら

クレジットカード以外の解決策

お金がないときの対処法は、クレジットカードだけとは限りません。
クレジットカードに固執しないのであれば、カードローンを使うのも一つの手です。

カードローンは借り入れに特化した金融商品で、カードを利用してATMで現金借り入れができます。カードローンは、早ければ審査が30分。借り入れが1時間なのでぜひご検討ください。

 アコム三菱UFJフィナンシャル・グループ
金利 
限度額
審査 
融資 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分
:最短1時間
利用者数が全国でトップクラス!30日分の利息が基本的にゼロ円!最短60分で借りられる!
 公式サイトへ▶ 

まとめ

エディオンカードは、「エディオン各店舗」での買い物時にポイントが貯まるだけでなく、家電製品などを購入したときに長期保証が付帯されます。ただ、エディオンカードは、誰でもクレジットカードの審査に通るわけではありません。希望枠も審査状況によって減らされる可能性も考えておく必要があります。

審査までに時間が長い方は、通過が難しいか希望枠が減らされてる可能性もあります。1週間以上連絡のない場合には、別の方法も考えておく方がいいでしょう。
気軽に作れるカードのイメージがあると思いますが、使い方を間違えると「借金地獄」になることもあります。使用する時には、収支のバランスをしっかりと考えましょう。

おすすめカードローン
アコム 金利 
限度額
審査 
:3.0~18.0%
:最大800万円
:最短30分

おすすめの特集ページ

カード審査に関する記事一覧

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • 6.カードローンお申し込み時に保険証を提出する場合、保険者番号、被保険者記号・番号、通院歴、臓器提供意思確認欄に記載がある場合はマスキングしてお送りください。その他、バーコードなど個人情報にアクセス可能な情報についても隠したうえでご提出ください。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る