ネットオークションで高値の落札をしたい人にオススメの専用ローン

2018年07月04日更新

Naito
この記事のアドバイザ
元 銀行員
同志社大学卒業後に、大手都市銀行に入行。個人顧客に近い窓口業務など、基本業務を経て資産家向け資産運用の提案、アパートローンの新規融資や期中管理、法人向けの融資やM&A、外為業務を担当。その他、カードローン・住宅ローンといったさまざまな個人向けのローン事業にも従事。

 この記事はこんな人向けです 
  • オークションで落札したい商品がある
  • でも、一括払いできる金額じゃない
  • ローンを組んで落札しようかな

個人が私物を出品し、多くのユーザーが競り合うネットオークション。掘り出し物や貴重なグッズなどを目当てに、日常的に参加している方も多いことでしょう。

人気が高い出品物などは、とても一括支払いができないほど高額な値がつくケースもあります。

「かなりの高額だが、どれだけお金を出しても落札したい」
そんな品物に出会ったとき、ローンを利用して手に入れるという選択肢もあります。

レアな商品には高値がつくネットオークション

ネットオークションは気軽に参加できる競売のひとつで、大手IT企業などが提供しているサイト上で個人間の取引が行われています。
物によっては、価値を知らない人からすれば「なんでそんなに高いの!?」と驚いてしまう値がつくことも、決して珍しくはありません。

カテゴリー商品の例入札価格の例
楽器ヴィンテージギター¥5,500,000
ホビートレーディングカード¥4,000,000
ブランド品高級腕時計¥12,800,000
衣類ヴィンテージデニム¥5,980,000
※こちらはマネット編集部でリサーチしたオークション出品アイテムの例であり、必ずしも同様の金額で出品・落札が行われているわけではありません。

これは、あくまでも貴重な出品物についた入札価格の一例ですが、簡単には手が出ないほどの高値と言えます。

一般的な決済方法はクレジット払い

ネット上でやり取りが行われるオークションなので、支払いは当然ながら現金ではありません。基本的な決済方法は、クレジットカード支払いです。

サイト上にクレジットカード情報を登録し、希望商品に任意の金額で入札を行い、落札ができた場合に決済が行われます。

現金を用意する必要が無いので、ネット環境さえ整っていたら簡単に競売が楽しめるわけです。

落札はできた!でも一括払いできる金額じゃない

上記で紹介したような金額では、なかなかクレジット一括払いというわけにもいかないでしょう。

収入や貯蓄に余裕がある方であれば、50万円超の落札をしても一括で支払えるかもしれません。しかし、実際は「落札したいけどすぐに用意できる金額ではない」と感じている人もいます。

解決策1:クレジットカードの支払方法を変更する

一括支払いが難しければ、クレジットカードの支払方法を「分割」や「リボ払い」に変更する方法があります。

分割払いとは、特定の決済内容を複数回に分けて支払う方法です。リボ払いは、クレジットカードの利用残高に応じて決まる一定の金額を、何ヶ月かにわたって支払い続けていく方法です。

「思わず高額の落札をしたが、一括では支払えそうにない」
そういった状況でも、カード会社に問い合わせれば一括払いから変更することができます。まずは、オークションサイトに登録しているカードの発行会社に問い合わせてみましょう。

メリット

決済後に分割払い・リボ払いに変更する方法なら、単純に支払い負担を軽減できるうえに、通常の一括払いも引き続き利用できます。
「今回だけ、何としても落札したい商品がある」といった方には、適切な解決策のひとつと言えるでしょう。

デメリット

分割払いやリボ払いは、一括払いと違って金利手数料が発生します。月々の支払額は少なくなりますが、結果的には落札価格以上の金額がかかってしまうので注意しましょう。
また、クレジットカードの利用可能枠を超えた支払いはできないので、その点にも注意してください。

解決策2:自動リボ払いのクレジットカードを利用する

クレジットカードの中には、決済時に一括払いを選択しても、自動的にリボ払いが適用されるものがあります。そういったクレジットカードをオークションサイトに登録しておけば、少額の落札を繰り返して結果的に請求額が大きくなってしまった状況でも、自動的に支払い負担を軽減することができるのです。

一括払いが基本のカードと使い分けたい場合は、事前に2枚目のカードとして登録しておき、高額の落札を行ったときだけ自動リボ払いを利用する手もあるでしょう。

メリット

カード会社に問い合わせなくてもリボ払いを利用できるので、「変更を忘れていて、一括請求が来てしまった。どうしても払えない」といったトラブルを防止できます。

デメリット

どれだけ少額の支払いもすべてリボ払いになるので、締め日が過ぎてから能動的に利用額分の入金をしなければ一括払いができません。
入金を忘れていると、そのつもりが無かったとしても金利手数料を支払うことになってしまうので、注意して利用してください。

解決策3:ローンを組む

高額の支払いを行うにあたっては、ローンを組むという選択肢もあります。ローンとは、金融機関から借入を行って代金支払いを行い、分割で返済を行う金融商品です。

借り入れである以上、金利に応じた利息を払わなくてはなりませんが、ある程度高値の落札にも対応できるでしょう。

メリット

ローンは高額商品の購入に適した金融商品なので、クレジットカードのショッピング枠に比べて、余裕のある限度額が設定されるケースが少なくありません。
クレジットカードではショッピング枠が足りず、落札しようにも決済ができない。そういった状況では、ローンが大きな助けになってくれます。

デメリット

ローンを利用するには、別途で申し込み手続きを行ったうえで、審査を受けなければなりません。審査が完了するまでは支払いができないので、目当ての商品が見つかった段階で、前もってローン申込をしておく必要があります。
審査が長引くと、落札に間に合わない可能性があるので注意してください。

ネットオークション専用ローンという選択肢

ローンには様々な種類があり、中には「ネットオークション専用ローン」もあります。
その名の通り、ネットオークションでの落札金額の支払いに利用できる、ショッピングローンの一種です。

ネットオークション専用ローンを使って競売を行う場合、利用の流れは以下の通りとなります。

ネット上でローン申し込み
ローン会社による事前審査
オークションサイトで落札
書類提出のうえ本審査
契約手続き
借り入れ
開示手数料の支払方法選択
開示結果郵送

どうしても手に入れたい出品物に入札できる

ローンの事前審査に通過できたら、提示された融資額の範囲内で入札・落札ができるようになります。
総量規制という制度の都合上、年収の1/3を超える融資額を得ることはできませんが、余裕をもって競売に参加することができるでしょう。

特に、数十万円~100万円を超える入札を行いたい場合は、オークション専用ローンは大きな助けになってくれるはずです。

金利の相場は13%前後

ネットオークション専用ローンの金利相場は、13%前後になっています。融資額次第では、もっと低い金利が設定されることもあるでしょう。

ちなみに、金利13%のローンを利用して100万円で商品を落札した場合、月々5万円ずつ返済したとすると、22回払いで合計利息は約14万円となります。

おすすめのネットオークション専用ローン

Tポイント付き
アプラスネットオークションローン
金利8.90~13.90%
限度額10万~500万円
返済方式・元利均等返済
・ボーナス併用元利均等返済
返済回数・10万~30万円:最大36回
・30万超~100万円:最大60回
・100万超~500万円以内 :最大84回ま
返済方法自動引落し
≫詳細はこちら

オリコ
オークション分割払いサービス
金利12.0%
限度額公式サイト参照
返済方式公式サイト参照
返済回数最大60回
返済方法自動引落し
≫詳細はこちら

カードローンという選択肢もある

ローンを組むことができたら、確かに高値の落札がしやすくなり、一括払いが難しいような金額でやり取りされる競売にも参加できます。

しかし、ローンを組んだ経験が無い人などは、上記で解説した手続きの流れをみて「面倒くさそう」と感じることもあるのではないでしょうか?

そういった方は、手続きがシンプルなカードローンという選択肢にも目を向けてみてください。カードローンは、オークション専用ローンと比較して、手続きの工程が少なくシンプルになっています。

オークション専用ローンカードローン
ネット上でローン申し込み
ローン会社による事前審査
オークションサイトで落札
書類提出のうえ本審査
契約手続き
借り入れ
開示手数料の支払方法選択
開示結果郵送
ネット上でローン申し込み
審査
契約手続き
借り入れ

金利はオークション専用ローンより高いので注意

カードローンの利用を検討する際は、金利の高さに注意しておいてください。はっきり言って、カードローンの金利はネットオークション専用ローンよりも高めに設定されています。
実際に商品別の金利を比較してみたので、確認してみてください。

ローンの種類商品・会社名金利
オークション専用Tポイント付きアプラスネットオークションローン8.90~13.90%
オークション専用オークション分割払いサービス12.0%
カードローンアコム3.0~18.0%
カードローンプロミス4.5~17.8%
カードローンアイフル3.0~18.0%

ご覧の通り、カードローンの金利は上限18%程度が相場となっています。同じ金額を借り入れした場合、基本的にはネットオークション専用ローンの方が利息が安くなることは確かです。

ただし、カードローンも限度額次第で金利が安くなります。例えば100万円以上の限度額になった場合、利息制限法という法律の影響を受け、金利は必ず15%以下まで引き下げられます。

即日融資も可能なので急な落札に対応できる

確かに、ネットオークション専用ローンと比較して金利が高いカードローンですが、即日融資も可能であるというメリットがあります。

特に大手消費者金融が提供しているカードローンは、審査が最短30分で終わるので、早ければ申し込み後1時間で融資を受けられるでしょう。

オークションサイトで欲しい物を見つけたが、入札の締め切りが間近なので今日中にお金を用意しておきたい。そういった状況では、カードローンは特に大きな助けとなってくれるでしょう。

ちなみに、最短で即日融資も可能なおすすめのカードローンは以下の通りです。

アコム
申し込みの手軽さと審査の早さで人気を集める、延べ利用者数1,000万人超えの業界人気トップクラスのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス
ネット上で申し込めば最短1時間でお金を借りられる、幅広い層から人気のカードローン!
金利4.5~17.8%審査最短30分
限度額最大500万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル
郵送物が届く時間を指定できる、こっそりお金を借りたい人におすすめのカードローン!
金利3.0~18.0%審査最短30分
限度額最大800万円融資最短1時間
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

SMBCモビット
三井住友銀行グループの会社なので、安心感が大きいカードローン!
金利3.0~18.0%審査公式サイト参照
限度額最大800万円融資最短即日
コンビニ
公式サイトへ ▶
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

オークションサイトでは、とても一括払いでは対応できないほど高額な競売が行われるケースがあります。
そこに参加しようと思うなら、収入や貯蓄に余裕が無い限り、何らかの解決策を打っておく必要があるでしょう。

簡単に実行できる方法としては、クレジットカードの支払方法を分割やリボ払いに変更するというものがあります。
場合によっては、ローンを組むというのもいいでしょう。

ローンには種類があり、ネットオークション専用ローンという商品も存在します。金利が低めに設定されているので、比較的に少ない負担で高額の入札・落札ができるでしょう。

しかし、ネットオークション専用ローンには「手続きに手間がかかる」という難点があります。時間に余裕が無い場合は、最短で即日融資も可能なカードローンにも目を向けてみてください。

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザー一覧バナー
ページトップに戻る