家賃が払えない場合に気になる保証会社が取る行動と注意点

この記事に関するアドバイザ

貸金業務取扱主任者

手塚大輔

地方銀行に8年勤務し、住宅ローン・カードローン・フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資・創業融資など幅広い業務を担当。貸金業務取扱主任者の資格を有する、100件あまりのフリーローン、住宅ローン数十件、その他に投資信託・個人年金・国債販売も取り扱った金融商品のプロ。

どうしても家賃が払えない……

最近では連帯保証人を保証会社が請け負うことも多くなってきています。もし、何かしらの理由で家賃を払えない場合、保証会社とどのように交渉すべきなのでしょうか。

保証会社は委託契約に基づいた家賃の代位弁済を行う

保証会社の主な役割は、賃貸人が家賃を払えない時に代位弁済することです。

Q.代位弁済とはどのような手続きか

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

滞納した家賃を保証会社が立替ることです

家賃保証会社の「代位弁済」とは、住宅の借主に代わって大家に家賃を支払う手続きです。

家賃の支払日までに入金がない場合、借主に代わって家賃を大家に支払います。

保証会社の代位弁済によって、大家側の抱える家賃滞納のリスクがなくなることになるのです。

賃貸契約した時のことを思い返してみてください。その際、保証委託契約書に署名捺印をおこなっているはずです。

家賃を払えないまま滞納した場合は、立替えた保証会社に対して入金しなければいけません。

そのため、督促や催促の連絡は保証会社がおこなう流れになります。

保証会社を介することで信頼や安心感を維持している

不動産会社が保証会社を介するのは、「取り立てが怖い」というマイナスイメージを抱かれないようにする目的もあります。

もちろん、家賃の滞納によって負債を抱えるリスクを軽減させることが大前提ですが、オーナーと賃貸人、両方の信頼を維持するのも重要なポイントなのです。

督促を代行する保証会社に対して不安を抱く人は多いですが、闇金業者のように違法な取り立てが行われる訳ではありません

過度な取り立ては違法行為にあたる

保証会社の常識を逸脱した高圧的な取り立てや明渡し要求は、貸金業法の第21条「取立行為の規制」で、全て違法行為になります。

一般的に、家賃を滞納すると督促状や電話がかかってきますが、基本的には優しい口調で丁寧に確認の連絡がある程度です。

テレビドラマのような過度な取り立てはないので、落ち着いて対処していきましょう。

Q.法律で許されている取り立て行為とは

Teduka

貸金業務取扱主任者|手塚大輔

利用者の生活を脅かすことはありません

社会通念上許される範囲の督促で、基本的には電話と郵便によって連絡を行い、対応も丁寧です。

もしも、公序良俗に反する取り立てが行われたときは、警察を呼んだほうがよいでしょう。

ここがポイント!
保証会社から違法な取り立てが行われることはない!

どうしても家賃を払えないからと言って滞納すると…

保証会社は、家賃を2〜3ヶ月以上払えない場合、長期滞納者として位置付けます。

また、家賃を払えないにも関わらず、「開き直る」「独自の解釈をする」「思考回路が正常ではない」「価値観が崩壊している」など、常軌を逸した延滞者であると判断された場合、それ相応のリスクが伴います。

どんな理由であれ、債務不履行には変わりはないので、絶対に家賃を滞納してはいけません。

長期滞納者は強制退去も考えられる

長期滞納者に当てはまりそうな方に注意していただきたいのが、強制退去です。

強制退去になった場合は、自宅訪問される可能性も出てきます。

引っ越すお金が用意できれば別ですが、最悪の場合は住む家もなくなってしまうでしょう。

信用情報が傷がつく可能性もある

家賃を払えないで長期に渡って滞納し続けた場合、信用情報に傷がつく可能性があるのです。

 信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
=中略=
信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

滞納や債務整理、自己破産などの金融事故情報は5~10年間記録され、その間は下記のようなリスクを負わなければいけません。

信用情報が傷つくと

住宅や車のローンが組めなくなる
クレジットカード契約ができない
カードローンでお金が借りられなくなる
スマホの本体代金を分割払いできない
賃貸住宅の契約で保証会社を保証人にする場合に審査落ち

どうしても家賃が払えない時はすぐに適切な対処を!

万が一家賃を滞納してしまったら、上記のようなリスクを回避するためにも何らかの対処をしなくてはなりません。

何もせずに開き直ってしまうと、場合によっては後悔してもしきれない事態になりかねません。

まずは保証会社に連絡しよう

家賃を滞納してしまったら、まずは保証会社に連絡して事情を説明してください。
もちろん、これは根本的な解決方法ではありません。実際には、「いつまでに支払うのか」を約束するのみです。

しかし、無断滞納は最も信頼を損ねる行為なので、まずは連絡して支払いの意思を示しましょう。

再振替までに家賃を口座に入金しておこう

口座振替を利用している場合、支払期限日のあと改めて別の日に口座振替を行える場合があります

このタイミングで家賃を振替口座に入金することができれば、振替日に自動で支払われます。

ただし、遅延損害金が発生する可能性が高いため、早めに入金するようにしてください。

専門機関にも相談してみよう

場合によっては、専門機関に家賃が払えないことについて相談するという手段もあるでしょう。
例えば、国民生活センター法テラスといった選択肢があります。

国民生活センター

国民生活センターは、あらゆるサービス・商品について、消費者の相談に乗ってくれる公的機関です。消費生活全般における苦情・トラブルについて気軽に相談できるので、UR賃貸の家賃支払いに困っている方にもアドバイスを貰えるでしょう。

ただし、電話で相談する場合、平日11時~13時の間しか対応してもらえないので注意してください。

▶電話番号:03-3446-0999
▶公式サイト:国民生活センター

法テラス

法テラスは、法律の専門家に無料で相談できるサービスです。
通常、弁護士等に相談するには、それだけで一定の報酬を支払わなくてはなりません。法テラスは無料なので、まずは気軽に電話で相談してみましょう。

▶電話番号:057-007-8374

家族や知り合いにも相談しよう

根本的に家賃滞納の問題を解決するには、最終的にはお金を用意する必要があります。
例えば、両親・兄弟・友人といった、身近な人に相談してみてもいいでしょう。

場合によっては、一時的にお金を借してもらえる可能性もあります。もちろん、借りたお金は必ず返す必要がありますし、身近な人にお金の相談をする際は人間関係に悪影響が無いよう注意する必要もあります。

しかし、どうしても困っている状況なら、素直に相談してみるのも適切な手段のひとつです。

お金を借りるという選択肢も検討してみよう

身内の方からお金を借りることができたら、家賃を支払うことができるかもしれません。しかし、お金の問題はナイーブなので、簡単には相談できないという人もいるかと思います。

また、家賃の金額によっては、いくら親しい相手であっても簡単には用意してもらえないこともあるでしょう。

そういった状況では、金融機関からお金を借りて家賃の支払いに充てる、といった選択肢にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

カードローンの利用を検討してみては?

具体的な借入方法のひとつに、カードローンがあります。カードローンとは、ローン専用カードを利用してATMから現金を直接借入できる商品です。

大手コンビニに設置されているATMでも利用できるので、人目を気にせず手軽に借入と家賃支払いができるでしょう。

消費者金融では無利息で借入れできるところもある

無利息期間とは、一定の期間無利息で借入れができるというものです。大手の消費者金融には、無利息期間を設けているところが多いです。

例えば、アコムでは初めての契約で、アコムが指定した返済方法を設定すれば、契約日から30日間無利息で借入れができます。
消費者金融業者によって、無利息期間の利用条件は異なります。

直近の家賃の返済に困っている場合であれば、無利息で借入れをして無利息期間内に返済をするということも可能です。

早ければ今日中に家賃を払える

例えば、審査が早いカードローンを利用すれば、最短で今日中に家賃滞納の問題を解決できます。
具体的には、最短30分で審査結果が出るカードローンがおすすめです。
そういったカードローンは、無人店舗でカードの即日発行もできるので、今日中に家賃滞納の問題を解決したい人にもピッタリと言えるでしょう。

ちなみに、おすすめのカードローンは以下の通りです。

アコム

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

すぐお金が必要な方におすすめ。
初めてのお借入れにおすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

プロミス

限度額 最大500万円
金利 4.5~17.8%
審査 最短30分
融資 最短1時間

スマホでお借入れ可能。
20代・30代の方から人気。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

アイフル

限度額 最大800万円
金利 3.0~18.0%
審査 最短30分
融資 最短1時間

内緒で借りたい方におすすめ。
銀行振込で借りたい方におすすめ。

公式サイトはこちら
※申し込みの時間帯によっては翌日以降の対応になります。

まとめ

保証会社は、借主の払えない家賃を代位弁済する役割を担っています。

万が一家賃を滞納してしまうと、保証会社からの督促など、相応のリスクが伴うことを理解しておいてください。

状況が悪化すると法的なリスクも発生するので、家賃を払えないと感じた時点で、できるだけ早めに対処していきましょう。

請求を払えない場合の対応に関する記事一覧

特徴から探す

記事についてのお問い合わせ・ご相談

マネットカードローンでは、専門家の意見を取り入れながら、正確性に細心の注意を払って正しい情報の発信を追求し続けています。

万が一、内容に誤りがある場合、真摯に向き合って修正にあたっております。

また、ファイナンシャルプランナーへの相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。(詳細は注意事項をご確認ください。)

> 記事についてのお問い合わせ
  • 1.本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  • 2.本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  • 3.当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  • 4.本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  • 5.編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
この記事に関するキーワード

注目の特集

アドバイザ一覧バナー
返済シミュレーション
ページトップに戻る